ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【妊活中】の【食事】を考えるために。

【妊活中】の【食事】を考えるために。

head0032

【札幌】の【漢方専門なつめ薬局】の阿部です(^_^)/

妊活相談をお受けする際に重要視している事があります。それは食事についてです。

まあ、当たり前のことなんですが、あまり出来ていないです。ご自分では気をつけているつもりでも、内臓を冷やし、妊活には逆効果の取り組みだったりします。

具体的な食事内容は個別の対応が必要なので今回は割愛しますが、食事内容を考える際に重要になるのが、「痩せているのか?太っているのか?」ということです。

 

適正体重を把握しよう

何をどのように食べるのか?という事も、もちろん大事なのですが、まず自分の適正体重を把握することが何より重要です。この体重というのは自身の価値観で判断しているケースが多く、「本当は痩せているのに太っていると思いこみダイエットしてる」「肥満気味なのに自覚が無く間食してる」という事があります。自分の状態把握は必ず行いましょう。

というわけで、客観的な指標の一つにBMI(ボディ・マス・インデックス)というものがあります。身長と体重から簡単に計算できるので、これを使うのが手軽です。

 

BMI = 体重kg ÷ 身長m ÷ 身長m

この式からBMIが求められますが、このBMIが22の時が最も病気になりづらい健康体と言われています。ちなみに25以上は肥満、18.5以下は低体重という評価になります。健康体について細かく言えば、体脂肪など他の要素も絡みますので、絶対的なものではありませんが、手軽に評価できる方法なので活用しましょう。

この式を変化させると、適正体重がわかります。

適正体重kg = 22(理想的なBMI数値) × 身長m × 身長m

いかがでしょうか。ご自分の適正体重はわかりましたか?

適正体重がわかったところで、初めて、妊活に適した食事内容を考える事が出来ます。

この当たり前のことが意識の外にいってる方もいますので、改めて向き合ってくださいね!

BMIが22というのは、人によっては「少しふっくらした体形」と思われるかもしれません。そのような方は筋力不足(体脂肪が多い)の恐れがありますので、筋トレも必要になるかもしれません。まあ、この辺りは個別の判断が必要になってきますね。

札幌の漢方専門なつめ薬局では、妊活の相談を多く頂きますが、ただ漢方をお渡しするだけではなく、食事や運動・睡眠・心の持ち方など、生活のメンテナンスも提案しています(初回相談は90分前後かかりますから・・・)。

妊活中の方は、ご相談くださいね(^^)/

【季節の変わり目】に弱い方は妊娠しづらいかも!?

「季節の変わり目には体調を崩すし、気分もあまり良くないの。」という方、妊娠しにくいかもしれません。季節の変わり目に体調を崩すのはいろいろな原因がありますが、影響力が大きいのが、ホルモンとも関係の深い【自律神経のバランスが悪い】ことです。

妊娠中に漢方は飲んでもいいのでしょうか?

妊娠中の漢方服用を心配される方もいますが、身体の状態に応じて漢方を選べば問題はありません。むしろ流産を防いだり、つわりを軽減したり、出産後のお肌や髪の毛のラブルが防げたりとよいことだらけです。とはいっても、妊娠中に注意が必要な漢方薬もあります。なつめ薬局では一人ひとりの状況に応じた細かいアドバイスも行いながら、出産にむけてサポートしていきます。妊娠をお考えの方は、ご相談ください。

【自律神経失調症と漢方/札幌】自律神経失調症との向き合い方

あなたは原因不明の体調不良に悩んでいませんか??ふと気づくと動悸や息苦しさを感じたり、だるさや疲れがなかなか抜けず無気力になったり、それなのに夜なかなか寝付けなかったり…。病院を受診しても特に異常は見つからず、これは気のせいなのでは?と思われている方、それは決して気のせいなのではなく自律神経の乱れからくる自律神経失調症という病気かもしれません。今回は、この『自律神経失調症』にまつわるお話をしたいと思います。

お肌のニキビ・吹出物はあなたの内臓が原因かもしれません

「皮膚は内臓の鏡」と言う言葉を聞いたことはありますか?ニキビに対しては身体の内側からの改善が不可欠なのです。そしてどれだけ生活習慣に気をつけていても、ニキビ・吹出物が治らない方がいます。そんなときは漢方の出番です。

くりかえす皮むけ「落屑(らくせつ)」、なかなか治らないアトピー性皮膚炎に漢方は効く?

秋から冬にかけて乾燥が強くなると、皮膚がパラパラと剥け落ちる落屑がより気になってくるというアトピー性皮膚炎の方も多いと思います。漢方は乱れた体内のバランスを整えて体質を改善するので、繰り返す落屑でなかなか治らない皮膚の根本的な回復に繋がります。

【掌蹠膿疱症】人の視線を気にせず過ごせる手のひら、取り戻しませんか?

長年、掌蹠膿疱症に悩まされていた現在治療中のお一人も、手の平は全体的に膿疱が潰れ、皮膚がボロボロに剥けてしまっている状態でしたが、対症療法じゃ駄目だと考え、漢方薬で体質改善をして治したい!と来局されました。1年半、病院の治療と共になつめ薬局の本格的な煎じの漢方薬を続けて頂いた結果、今は膿疱があった跡も見当たりません!

東洋医学の大切な治療方針である弁証論治と治療原則

「漢方を知ろう!」シリーズの第8回目は、治療原則についてです。弁証論治という漢方の治療方針である重要な理論を学びます。

【口臭】口臭の原因は口の中だけではない!口臭と心の意外な関係とは。

患者様のご相談を受けていると、ストレスとの関わりがとても多くて深いと感じることが多いです。口臭や自臭症の場合もそうですが、心の影響が口臭や自臭症に繋がってしまいますし、反対に口臭や自臭症が気になると落ち込みやすくなったり不安を感じやすくなってしまいます。心と体は繋がっているということを患者様のご相談を受けながら毎日ひしひしと感じています。では、心と口臭や自臭症はどのように関わっていくのでしょう。ちょっと知りたくありませんか?

【冷え性】どなたにでも効果があるポカポカポイント

不妊でお悩みの皆さんに共通する体質の一つに【冷え性】があります。冷え性対策をしている方もいらっしゃるのですが、ご自分の状態には合っていない間違った方法をしている方が多くいらっしゃいます。冷え症の原因は人によって違いますので、その改善方法も人それぞれ異なりますが、今回はどなたにも効果的な温めポイントをお伝えします!

コメントは締め切りました