ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【めまい】軽いからと放置してしまう油断が、めまいを悪化させます。

【めまい】軽いからと放置してしまう油断が、めまいを悪化させます。

head0063

札幌の漢方専門なつめ薬局の薬剤師宝田です。

 

めまいはクラッとする程度の軽いものならあまり気になりませんが

軽いからと油断して何もしないで放置しておくと症状がひどくなり

・嘔吐

・起き上がれなくなる

・焦点が定まらなくなる

・真っ直ぐ歩けなくなる

のような症状が出る場合があります。

 

さらに

・食事が摂れなくなる

・ゆっくりしか歩けなくなる

・立っていることさえ難しくなる

など

 

日常生活に支障をきたしてしまい、そのうち仕事も辞めなければ

いけない状況になるかも知れません。

 

めまいを悪化させないためにも早めの対策が
 
必要になってきます。

 

それを出来るのが漢方薬になります。

 

めまいが引き起こされる原因は様々です。

 

・自律神経の乱れ

・脳の血流が乱れている

・心因性のもの

・耳の病気に付随するもの

・全身の病気からくるもの

 

など沢山あり、原因が1つだけではなく複数の場合もあります。

 

患者様自身も

・ストレスがかかり過ぎていないか

・疲れがたまっていないか

・寝不足ではないか

などの生活習慣の振り返りも大切になってきます。

 

【めまい】漢方薬は本質から改善できます。

 

患者様から西洋薬のめまいのお薬を飲んだ時は一時的にめまいは良くなるけど

その後はまた繰り返してしまうというご相談を受けます。

 

西洋薬のめまいのお薬は対症療法でしかないので

根本的に原因を解決できるわけではないのです。

 

それに対して漢方薬は本質から改善していくことが出来ますので
 
めまいが良くなっていくのです。
 

患者様の置かれている状況や背景は一人一人違いますので

それをカウンセリングで把握し漢方薬をオーダーメイドで

お作りしていきます。

 

漢方薬をしっかり服用して頂き、併せて食生活や生活習慣も

見直していただきます。

 

漢方専門なつめ薬局の本格的な漢方薬でしっかり治したい方は

電話またはメールでご予約をお願い致します。

 

漢方相談は完全予約制となっております。

相談枠には限りがありますので、ご希望の日時があれば早めにご連絡を

お願い致します。

【喘息】漢方で分析する咳の考え方とは。

「肺」の潤いが不足し機能低下が起こると、咳や痰、息切れ、喘息といった呼吸障害だけでなく、むくみや頻尿、尿量の減少、発汗といった水分代謝に関わるトラブル。そして風邪を引きやすくなるなどの免疫に関わるトラブルが生じやすくなります。

【妊活中】の【食事】を考えるために。

妊活相談をお受けする際に重要視している事があります。それは食事についてです。そして、食事内容を考える際に重要になるのが、「痩せているのか?太っているのか?」ということです。

鎮痛剤・ピルに頼らない!漢方の力でつらい生理痛から解放されよう

学校や仕事を休むなど生活に支障をきたすほどの重い生理痛は「月経困難症」という病気になりますが、病院で検査しても原因が見つからないことがあるかもしれません。そんなときは東洋医学の出番です。一人ひとりの体質や体調に合わせた漢方の養生法で、生理痛のない生活を送れるようになりますよ。

【保険適用】の漢方で、あなたは治りましたか?

病院で漢方薬を処方してもらった経験がある方も数多くいらっしゃるかと思います。しかし、病院で使える漢方薬には「保険適用」という縛りがあるんです。つまり使える漢方薬の種類が少ないということ。あなたに合った漢方ではないかもしれません。

【妊娠/妊活/札幌】なかなか妊娠できず悩んでいる方へ、不妊改善のためにできること

赤ちゃんができない…と悩んでいる方の多くは病院で原因を調べたことがあるのではないでしょうか。検査をしても異常がなかったり、病名はついたけれど治療の効果が出ていなかったりする方はめずらしくありません。東洋医学では身体全体のバランスを総合的にみていきます。崩れているバランスを見極めてそこを回復させることで結果として出ている症状が改善していきます。漢方の力を借りて妊娠のしやすい身体づくりをめざしていきませんか。

漢方医学の基本 陰陽五行論と五行色体表から心身の不調の原因と対処方法を知る

今回から、漢方・中医学を学ぶためのブログを始めます。第1回目は漢方・中医学の基本「陰陽五行論」です。五行色体表という便利な表の使い方を学びます。

【高プロラクチン血症】と言われたら。

高プロラクチン血症といわれたら、あなたはどうしますか?はっきりと原因がわからないことも多いですが、そんなときにも漢方もが活躍します。

排卵障害改善に役立つ習慣とは

今回は日常的な運動が卵巣機能に良い影響があるというお話です。あなたは1週間にどれくらいの時間を運動に費やしていますか?排卵障害に悩む方は必読です。

【起立性調節障害】のメカニズム

【起立性調節障害】は、血圧を正常にコントロールできないという血液の循環機能障害です。一方で、起立性調節障害に使用するお薬というのは多くありません。血圧に焦点を当てた薬ばかりで、しかも効果は残念ながらイマイチなんです。起立性調節障害は、病院では理解されにくく、治療方法も少ない為、昔から漢方治療を選択する人が多かった病気です。起立性調節障害でお悩みであれば、私たち漢方専門なつめ薬局に相談するというのも選択肢の一つですよ!

【不妊と漢方/札幌】多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できますか?

最近、「多囊胞性卵巣でも妊娠できますか?」というお問い合わせが増えています。特に妊娠、出産をご希望の方は、多囊胞性卵巣という病気をそのままにしておくと妊娠のタイミングを逃してしまいがちになります。少しでも早い時期に妊娠、出産に向けた身体づくりをしていくことが大切です。そこで、今回は多囊胞性卵巣症候群とはどのような病気なのか?多囊胞性卵巣症候群でも無事に妊娠、出産ができるのか?についてのお話です。

コメントは締め切りました