43歳女性の妊娠報告。

Woman laughing. Pregnant woman laughing while her daughter and mother listening to her tummy at home

札幌の漢方専門 なつめ薬局の阿部です(^_^)/

43才の女性で、

なつめ薬局のオーダーメイド漢方で治療を始めて1年くらいになる方ですが、

先日、

妊娠の報告をいただきました!!

この方は、

ご結婚が40歳の時でして、

その後すぐ病院で不妊治療を始めたのですが結果が出ず・・・

 

年齢的にも諦めようかと悩んでいた時に、

もう一年頑張ろうと、

漢方不妊相談で、なつめ薬局にご来局されました。

聞けば、

過去に子宮筋腫の手術も受けている、

以前より体重が増えている、

などなど・・・あまり前向きな材料はありませんでしたが、

生活習慣の改善と、

なつめ薬局のオーダーメイド漢方薬と、

しっかりと根気よく取り組んでいただけました。

結果、

妊娠報告につながりました!!

もちろん、まだ油断はできない時期ですが、

うれしい報告となりました。

これからは、

赤ちゃんの順調な成長、

母体の健康、

流産予防、

等を考慮した取り組みになります。頑張りましょう(^^♪

 

それはそれとして、

この方は妊娠できたので、良いのですが、

正直、もっと早いタイミングでご相談をいただいた方が絶対的に良いんです。

今の日本の風潮では、病院で治療というのがファーストチョイスになっているのが残念です。

漢方治療は、「不妊かも??」と思った時点から、すぐに始めた方がいいんです。

その方が、自然妊娠の確立は高くなります。

仮に

器質的な異常であったとしても、

高度生殖医療(ART)を受ける必要が出てきても、

漢方薬はとにかく早い時期から始めていた方がいいんです。

なぜなら、

高度生殖医療の成果が期待できるから。

です。

高度生殖医療の成功率は残念ながら、そんなに高くはありません。

その成功率は、ご夫婦の身体状態に左右されることになります。

漢方治療は、ご夫婦の身体状態を改善する物ですから、当然、高度生殖医療の成功率も期待できるわけなんです。

漢方不妊相談は、

この記事を書いている時点では若干の空きがありますので、

ご希望される方は、お早めにご予約をお願いします。

身体の状況的にも早い方が妊娠確率は上がりますので、お早めにどうぞ(^_^)

男性にも起こる更年期障害、漢方薬で治療してイライラや不調を改善しよう!

加齢による原因不明の様々な不定愁訴といえば、更年期障害を思い浮かべる方は多いかもしれません。その不調は女性だけではなく男性にも現れます。原因も症状も辛さも人それぞれですが、漢方ではあなたに合わせた対応ができます。…

【不妊と漢方/札幌】子宮の中に細菌が!?妊娠・出産との関連とは!?

長い間、子宮の中に細菌はいないと考えられていました。ところが、最近の進んだ技術により子宮内にも細菌がいることがわかってきました。さらに近年では、膣や子宮に住んでいる細菌と妊娠や流産、早産などの関係を調べた報告が増えてきています。いったいどんな細菌がどんな影響を与えているのでしょうか。

【アトピーと漢方/札幌】アトピー性皮膚炎とは?漢方を活用してステロイド治療の無限ループから抜け出そう

かゆみや皮ふの状態がつらいアトピー性皮膚炎。患者数は増加し続けており、厚生労働省の調査によると、2017年の日本国内における患者総数は51万人を超えるということです。症状や治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。また、漢方におけるアトピー性皮膚炎についての考え方もご紹介します。

【不妊と漢方/札幌】赤ちゃんが欲しいと願う人必見!妊活を成功させるための食事

妊娠・出産を願う方は、何かしらの妊活に取り組んでいると思います。今回は基本に戻り、妊活における食事についてです。妊活の中でも食事は最も重要な役割を占めます。「赤ちゃんが欲しい」という目的のために、今一度ご自分の食生活について見直してみましょう。

【不妊/漢方薬局】妊活中の甘いものが妊娠を遠ざける?知っておきたい甘いものとの付き合い方

妊活中に「妊娠するためにはコレがいい!」と言われるものがたくさんあり、さまざまな食品やサプリをとっている方がいるかもしれません。しかし、実は摂らない方が妊娠に近づくものがあり、「甘いもの」はその一つです。精製糖、人口甘味料、黒糖、甜菜糖などたくさんの種類がありますが、身体によいもの、よくないものを知っておくことは妊活にはとても大切です。

【逆子】の原因のアレとは??漢方的逆子の考え方

札幌・漢方専門 なつめ薬局に通っていただき冷えを改善し妊娠できた方がいらっしゃいました。その方は、医師から余計な物は飲まない方がいいと言われ、妊娠とともに漢方を止めてしまいましたそして、数ヵ月後、その方から連絡がありました。「妊娠後期に逆子になってしまった・・・」。

【妊活/札幌漢方薬局】不妊の原因?基礎体温の低温期に体温が高いまま下がらない!原因とその改善方法とは?

「妊活のために基礎体温を測っている」という女性は多いのではないでしょうか。基礎体温からは排卵日や妊娠だけでなく、自分の体の状態、不調や不妊の原因などわかることがたくさんあります。この記事では、低温期に体温がしっかり下がらない場合の漢方の視点からみたからだの状態、またその原因と改善方法についてお伝えしていきます。

一番妊娠しやすいタイミングは【排卵日】。というのは間違いです。

「排卵日」が妊娠できない日、というわけではありませんが、もっとよいタイミングがありますよ。

【掌蹠膿疱症】人の視線を気にせず過ごせる手のひら、取り戻しませんか?

長年、掌蹠膿疱症に悩まされていた現在治療中のお一人も、手の平は全体的に膿疱が潰れ、皮膚がボロボロに剥けてしまっている状態でしたが、対症療法じゃ駄目だと考え、漢方薬で体質改善をして治したい!と来局されました。1年半、病院の治療と共になつめ薬局の本格的な煎じの漢方薬を続けて頂いた結果、今は膿疱があった跡も見当たりません!

漢方医学の大原則:気血津液と精について

「漢方・中医学を学ぶ」第4回目は気血津液についてです。これなくして東洋医学は語れないという重要な物質について学びます。

コメントは締め切りました