ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)をともなう不妊は漢方で体質改善!

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)をともなう不妊は漢方で体質改善!

head0002

最近ではライフスタイルの変化などにより 不妊 に悩む方はますます増えています。不妊の原因は男女双方で考えられますが、その中のひとつに 多嚢胞性卵巣症候群 (PCOS)があります。

もしかしたらすでに病院で治療を受けている方もいるかもしれません。漢方では、西洋医学とはまったく違う視点で妊娠力を高めるサポートをして、ひとりひとりの体質に応じて妊娠できるカラダの土台づくりをしていきます。

不妊 の 漢方相談 でも多く見られる 多嚢胞性卵巣症候群

漢方相談 には、不妊 に悩んでいる方が多くいらっしゃいます。漢方 では、腎がしっかり働き気血が充実していると、妊娠しやすいカラダの状態になっていると考えます。

漢方医学の腎とは西洋医学でいうところの腎臓だけでなく、生命力のもとを蓄えるさまざまな臓器を表しています。卵巣などの生殖器官の働きも、腎機能に含まれます。

また血(けつ)は血液と似ていますが、全身に栄養を行き渡らせるだけでなく、人間の精神活動も支えるより大きな概念です。

このように、東洋医学では人間のカラダの機能に対して特有のとらえ方をしています。そしてそれぞれの機能は互いに影響しあって、どこかひとつでも欠けることなくカラダ全体で調和していると心身が健康に保たれているのです。

どこかの機能で問題が生じているときに、症状となり表に現れます。そのため 漢方 は、体内で不足しているものを補ったり、カラダ全体に作用したりして、妊娠できるカラダへとアプローチします。

多嚢胞性卵巣症候群 (PCOS)の基礎知識

漢方治療 を考えている 不妊 の方の中には、 多嚢胞性卵巣症候群 (PCOS)と病院で診断される方もいらっしゃいます。

多嚢胞性卵巣症候群 は、月経異常をともなう 不妊 の原因のひとつです。妊娠可能な年齢の女性のうち5〜10%が 多嚢胞性卵巣症候群 であるともいわれており、めずらしい病気ではありません。

健康であれば、1ヶ月に1回、卵巣のなかにいくつかある卵胞のうち1つが大きく成長して排卵します。そして大きく成長できなかった他の卵胞は小さくなっていきます。

ところが、多嚢胞性卵巣症候群 の場合、大きく成長する卵胞はなく排卵できずに卵巣の中にたまってしまいます。超音波(エコー)検査をしてみると、排卵できずにたまったたくさんの未熟な卵胞が、卵巣表面にネックレスのように並んでいるのが見えます。この状態は 多嚢胞性卵巣症候群 に特徴的で「 ネックレスサイン 」と呼ばれています。

排卵されないため、生理が遅れたり、生理が来なかったりする月経異常が起こるのです。

病院で 多嚢胞性卵巣症候群 と診断されるには、月経異常(遅れや無月経など)と ネックレスサイン のほかに、ホルモンが異常であることが必要です。ホルモン異常などがなく、ネックレスサイン が確認できる状態は、 多嚢胞性卵巣 (PCO)と呼ばれます。

漢方 で考える 多嚢胞性卵巣症候群

最初に書いたように、漢方 の理論では、生殖器官をつかさどる腎の機能が低下していたり、気血のバランスが崩れたりしていると、なかなか妊娠できません。

多嚢胞性卵巣症候群 の場合、腎 がうまく働いていないと卵胞の成長や排卵するための力が弱くなり、月経が遅れる原因となります。

また、血も 多嚢胞性卵巣症候群 ではとても重要です。卵巣の膜を流れる血のめぐりが悪いと、血が滞っているお血(おけつ)という状態になり、さらに痰湿(たんしつ)と呼ばれるねばねばした老廃物が卵巣に周りにこびりつき固くなってしまいます。

その結果、排卵ができずに ネックレスサイン の状態になるのです。ネックレスサイン 自体が、お血や痰湿であると考えられています。

また気の流れが滞ると気滞という状態になり、スムーズな排卵を妨げてしまいます。

気や血のめぐりは、ストレスが大きくかかっても悪くなります。妊活 中は肉体的にも精神的にもさまざまなストレスにさらされがちです。対策をしていかないと、どんどん悪循環になってしまうでしょう。

このように、多嚢胞性卵巣症候群 の方のカラダの中では カラダの土台がぐらついて、その結果 排卵障害 が起こり、不妊 へとつながります。

けれども、不妊 の根本的な原因である、体内のバランスの崩れ方は人それぞれです。

そのため、漢方 で 妊活 に成功するためには、何が原因でカラダの中が乱れており、どの臓腑や気血水が、どのように機能していないのかを見極めることが大切です。

しっかりとヒアリングし、あなたのカラダの状態や症状にあった治療方針と 漢方薬 を提供してくれる 漢方薬局 に相談しましょう。自社製造の 煎じ薬 を処方する 漢方薬局 であれば安心です。

【不妊治療中】に【うつ】になりやすい理由と予防法

不妊治療は夫婦で乗り切るものです。しかし、不妊治療は母体への身体的な負担は大きく、周囲からのプレッシャー、焦り、通院の負担など、女性側が受けるストレスの比重が大きいといえます。落ち込みがあったり、ふと涙が出てきたり、不安で押しつぶされそうになることも多いでしょう。そんな時に「自分はもしかしたらうつ病なのかも?」と気になったり、「事前の予防法を知りたい」という方も多いと思います。不妊治療時のうつが気になる方は、今回の記事を参考にしてくださいね。

【妊活と漢方/札幌】卵子や精子の質を守る!気をつけたい野菜の食べ方4ポイント

妊娠を希望している方は、卵子や精子が若々しい状態を保っているか気になりますよね。最近の研究では、卵子や精子の機能の低下に活性酸素がかかわっていることが証明されています。活性酸素を減らすために自分でできることはあるのでしょうか?ここでは、活性酸素を取りのぞく成分が多く含まれる野菜を、より効果的に食べる方法をご紹介します。

【不妊漢方相談】39歳女性の出産報告

40歳を目前にした女性が不妊症の漢方相談にきました。その方は、それまで病院の漢方や他局の漢方を服用し不妊治療していました。漢方服用歴はその時点で4年にのぼります。不妊相談ですが、今回用意したのは不妊に使う漢方ではありません。それでもその方は妊娠し、無事出産までたどり着きました。

【妊活と漢方/札幌】夏こそ体を温める!冷え対策の生活習慣とは?

女性にとって冷えは大敵。妊娠を望んでいるなら、なおさらです。夏でも体は冷えている、という話を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。または暑く感じているから自分は冷えていない!と思っている人もいるかもしれません。しかし、冷房や冷凍・冷蔵庫が完備された現代では、涼しい室内でキンキンに冷えたものを食べたり飲んだりしていたら、体は冷えていく一方です。冷えにくい体をつくる6つの生活習慣を取り入れて、冷え知らずの夏を過ごしましょう。

【妊活と漢方/札幌】食べる油の種類で妊娠のしやすさは変わるのか?取るべき油と避けたい油

妊娠・出産を希望している方の中には、食事に気をつかっている方も多いと思います。今回は、食の中でも油に注目して、科学的に研究された妊娠率との関連を紹介します。摂りたい油、避けたい油、あります。あなたはどんな油を摂っていますか?

当り前の生活習慣が【不妊】の原因だったりするんです。

近年、検査をしても異常は見当たらないけど妊娠できない…と不妊に悩むご夫婦が増えてきています。…

【男性の生殖能力向上に亜鉛が有効】は本当か??

【男性不妊に対しては亜鉛】と思われており、実際に摂取している方は多い気がします。ですが、亜鉛と精液所見の関連を確認できた研究報告はありません。最近の専門家の見解としては亜鉛よりも抗酸化物質で一致しています。しかし抗酸化物質の摂取では十分な対策と言えない事も事実です。そこで必要なことは?

【子宮筋腫と漢方/札幌】あなたの不妊やひどい生理痛、経血過多の原因は?子宮筋腫が及ぼす影響と漢方薬の活用

妊娠を目指しているけど中々うまくいかない、立っていられないくらい生理痛が酷くて仕事や日常生活にも支障が出ているような月経にともなう辛い症状、貧血気味で眩暈や立ちくらみが多く疲れやすさを感じている、腰痛があるため整体に行くけど全然改善しない、、、などの症状で婦人科にかかった時や、普段は無症状で過ごしていたけど子宮がん検診を受けた際に指摘される事が多いのが子宮筋腫です。今回は子宮筋腫の種類や症状及ぼす影響と漢方の活用についてです。

【男性不妊】と食事から摂る脂肪の関係

以前、女性ではマグロやイワシなどの魚を食べると血液中にオメガ3系脂肪酸であるEPA・DHAが多く含まれ、結果体外受精での妊娠率が上昇したという研究結果についてのお話ししましたが、実は女性の不妊だけでなく、男性の不妊に関しても食事から摂取する脂肪酸が大きな影響を及ぼしているという海外の研究があるんです。

一番妊娠しやすいタイミングは【排卵日】。というのは間違いです。

「排卵日」が妊娠できない日、というわけではありませんが、もっとよいタイミングがありますよ。

コメントは締め切りました