ホーム / お肌の悩みを解決するブログ /

【掌蹠膿疱症】人の視線を気にせず過ごせる手のひら、取り戻しませんか?

【掌蹠膿疱症】人の視線を気にせず過ごせる手のひら、取り戻しませんか?

head0044

札幌の漢方専門なつめ薬局の薬局長藤本です。

 

手の平の皮むけが酷くて人の視線が気になるし、痒い!

剥がれかけた皮膚が気になって、ついついむしってしまう。

足の裏も水疱・膿疱が出ては潰れの繰り返しで治る気配がない…。

 

 手の平や足の裏に膿が溜まる【掌蹠膿疱症】

長年掌蹠膿疱症に悩まされているという方からは、上記の様な訴えでご相談を受けます。

 

手の平は良く人目に触れる部分なので気になりますよね。

足の裏の症状が強いと歩くのもしんどいです。

常に痒みや痛みがあるのでイライラして集中出来なかったりもしますね。

 

現在治療中のお一人も、やはり手の平は全体的に膿疱が潰れ、皮膚がボロボロに剥けてしまっている状態でした。

かゆみも強く、ついつい掻いてしまうので更に皮膚を傷めてしまい回復が遅れ、更にその間に新たな膿疱が生じる、という悪循環が生じていました。

 

足裏の方は、症状の繰り返しにより角質が分厚くなってしまい保湿しているにも係わらず乾燥で割れ、出血し、痛くて歩くのも辛いという状態でした。

そんな状況なのでもちろん運動もできません。

 

病院に通い、ビオチン等内服薬と外用薬でずっと治療していたにも係わらず上記の様な状態。

対症療法じゃ駄目なんだと考え、なつめ薬局の本格的な煎じの漢方薬で体質改善をして治したい!と来局されました。

 

 

すると!

 

 

この1年半、病院の治療と共になつめ薬局の漢方薬を続けて頂いた結果

 

手の平の皮むけは比較的早い段階で改善し、今は膿疱があった跡も見当たりません。

足の裏は全体重が掛かる分、手の平よりも回復には時間が掛かりましたが、現在角質は通常の厚さになって割れることもなくなり、勿論新たな膿疱も現れなくなりました。

 

この方は

  1. 効果の高い、なつめ薬局の煎じのオーダーメイド漢方をしっかり続けていただいた
  2. ご本人の「治したい!」と言う気持ちが大きく、私達がお伝えした通りに食生活や生活習慣改善に励んでいただいた

上記の努力が実を結び、先日漢方薬を減量することができました。

次のステップへも、あと少しですね!

 

 

他にも、掌蹠膿疱症でなつめ薬局の漢方薬を服用するようになってそろそろ半年になろうかという方がおられますが、新しい膿疱はもう現れておらず、手の平にあった潰れた膿疱の跡もわずかに残るばかり。

よく使う指先も普通のお肌になりました。

食生活の指導、守ってくれてありがとうございます!早々に努力が実ってますね!

 

 

毎月毎月綺麗になっていく手の平を見せてもらう事は私達にとっても、スゴく嬉しいんですよ~!

良くなってきたよというその言葉と笑顔、励みになります!

 

 

 

長年病院で治療していても掌蹠膿疱症が治らないと嘆いている方。

諦める前に漢方専門 なつめ薬局の本格的な漢方薬を試してみませんか?

 

綺麗な手の平・足の裏を取り戻したい方、ご相談をお待ちしております!

急な腹痛にふりまわされる生活から卒業!過敏性腸症候群(IBS)は漢方とFODMAPで改善

新しい腸活であるFODMAPという食事療法をご存じでしょうか?過敏性腸症候群(IBS)の改善に取り入れられることが増えています。今回はFODMAPのご紹介をします。食事療法に加えて漢方を取り入れることはIBSの改善への確実な近道となります。

【高プロラクチン血症】と言われたら。

高プロラクチン血症といわれたら、あなたはどうしますか?はっきりと原因がわからないことも多いですが、そんなときにも漢方もが活躍します。

耳馴染みある五臓六腑という言葉 「六腑」の東洋医学的な意味

「漢方・中医学を学ぶ」第3回目は六腑と奇恒の腑についてです。東洋医学の理論のひとつである蔵象学説における五臓以外のはたらきについて学びます。

【起立性調節障害】のメカニズム

【起立性調節障害】は、血圧を正常にコントロールできないという血液の循環機能障害です。一方で、起立性調節障害に使用するお薬というのは多くありません。血圧に焦点を当てた薬ばかりで、しかも効果は残念ながらイマイチなんです。起立性調節障害は、病院では理解されにくく、治療方法も少ない為、昔から漢方治療を選択する人が多かった病気です。起立性調節障害でお悩みであれば、私たち漢方専門なつめ薬局に相談するというのも選択肢の一つですよ!

【慢性疲労症候群と漢方/札幌】慢性疲労・だるさ・倦怠感に抗うつ剤は有効か?

何となくだるい、やる気が出ないなど、明らかな病気はないけれど疲れが抜けず仕事や学校に行きたくない、という事はありませんか。実は、この疲れ・疲労感・倦怠感は、私たちに「休息が必要」だとか、「体に異常がある」という事を教えてくれる重要なサインであり、そのまま放置すると取り返しのつかない重大事になる恐れすらあります。病院受診・検査を受けても問題が見られない場合は心療内科・精神科などを勧められ安定剤や抗うつ薬を処方されるのですが、これらの薬では残念ながら改善しない事が多いようです。

【喘息】漢方で分析する咳の考え方とは。

「肺」の潤いが不足し機能低下が起こると、咳や痰、息切れ、喘息といった呼吸障害だけでなく、むくみや頻尿、尿量の減少、発汗といった水分代謝に関わるトラブル。そして風邪を引きやすくなるなどの免疫に関わるトラブルが生じやすくなります。

不妊症・不育症・流産に関わる「ある物」の存在。

私たちが不妊症・不育症・流産の相談を受けるとき、身体の様子を様々うかがっていきますが、そんな中でも特に重要視している「ある物」があります。不妊症・不育症・流産の方は、その「ある物」にトラブルがあります。この「ある物」は、検査はできるのですが、現在の検査技術ではトラブルを見つけられないことが多いです。この「ある物」の状態に応じて、札幌・漢方専門なつめ薬局では、あなた用の漢方薬をオーダーメイドで製造して、お渡しします。

ご存知ですか?【自律神経失調】という状態を。

自律神経のバランスが崩れてしまうと、動悸・息切れ・めまい・頭痛・肩こり・不眠・イライラ・体のだるさ・気力の低下・発汗・下痢・便秘・食欲不振・むくみ・手足の冷えなど様々な体の不調が現れるのですが、辛くて病院にかかっても検査では特に異常が見つからなかったり…漢方を飲んで生活改善と食生活の見直しを図る事で上記のような辛い症状が改善されていきます。一度漢方を試してみては如何でしょうか?

【不妊と漢方/札幌】妊活中のガタガタ基礎体温を改善する

妊活をしようとしている皆さん、妊活中の皆さんは、基礎体温をつけていますか?自分の体のことを知る方法のひとつに、基礎体温があります。基礎体温を毎日測るメリットは、いろいろありますが、実際に測定を始めると、予想しているよりも続けるのが大変ですし、思うような結果が現れないというケースも多いです。そのような時は漢方という方法がありますよ!

【不妊と漢方/札幌】妊娠しやすい睡眠とは?アメリカの研究でわかったこと

妊娠を望まれている方のなかには、日々の生活習慣を気にかけている方も多いのではないでしょうか?睡眠時間が短かったり不規則な生活であったりすると、不妊に影響しているのでないかと心配になることもあるかと思います。アメリカのボストン大学では、妊娠を希望している女性にアンケートをとり、どういった睡眠をとっていた女性が自然妊娠をしやすかったかについての研究を行いました。その結果は??

コメントは締め切りました