ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【起立性調節障害】心の持ち方、関わり方。

【起立性調節障害】心の持ち方、関わり方。

かなしい

【札幌】で【起立性調節障害】に取り組む【漢方専門なつめ薬局】です。

【起立性調節障害】がツライのは身体症状だけではない

起立性調節障害は周りの理解が得られにくい病気です。また、ご本人も症状を明確化しづらく伝える事自体がストレスになります。ですので、身体的症状以上に周囲との関係に苦しむ病気なのです。いくつか具体例を挙げると、

怠け者・だらしがないと思われる苛立ち

会社での評価低下

親子関係の悪化

学校生活でのトラブル

人間不信

などなど、周囲環境とのトラブル、社会的地位の低下、など肉体的な症状と同時に心理的なダメージが発生するわけですね。

 

起立性調節障害を本質的に改善するには日数がかかりますので、この心理的ダメージのケアが必ず必要になります。

もし、お子さんや周りの方が起立性調節障害であれば、理解しづらい訴えがあっても、訴えを聞いて受け止めること、その心情に寄り添う事が大切です。

また、起立性調節障害のご本人であれば、病気のメカニズムを知ることで、心理的安定がある程度得られます。

【起立性調節障害】の治療に本当に必要な事とは?

一方で、心理的背景をいくら整えても、身体的症状に取り組みをしなければ、起立性調節障害の本質は何も変わらず、悪化を続け、【不安症】【うつ病】などにもつながりかねません。

血圧調節薬、頭痛薬、吐き気止め、等はあくまで対処療法です。本質的には何も改善されないのです。

大切なのは、本質を改善する事

であって、枝葉の症状である頭痛やだるさを改善したところで何も解決はしないのです。

 

例えば、

ご本人が起床時の頭痛を訴えて起きられない。ゆえに、学校に行けず進級できない。とします。

頭痛薬を使い、血圧調節薬を使い、なんとか学校に行けたとします。

しかし、学校での生活は苦痛でしかなく、出席してるというだけの状態。勉強は全くはかどりません。

結局、自主退学することになるケースも多いです。

また、なんとか卒業できたとします。

その後は、学校よりもツライ社会が待ち構えています。

就職自体が困難であり、なんとか就職できたとしても学生よりも社会人になった方が、理解されにくい病気ですから、仕事を続けられないほど追い詰められる事がほとんどです。

私たち、札幌の漢方専門なつめ薬局には、そのような状態でご相談に来られる方が本当に多いです。

これは、いつか良くなると楽観視している事、対処療法を本質的な治療だと思っていた事、が原因です。

起立性調節障害を疑う症状がある場合、診断の為に病院受診するのは必要な事です。ですが、自分に、お子さんに、本当に必要な治療が何か?は真剣に考えて下さい。

【起立性調節障害】を改善するには?

適切な運動、生活習慣などいくつかポイントはありますが、漢方薬というのは非常に有効な手段になります。それも、漢方理論に基づき、しっかり本質を見極めて、オーダーメイド自社製造する漢方薬を使う事が大切です。

一部、病院でも漢方薬を処方する医師が居ますが、多くは有名メーカーの漢方薬で、西洋医学の理論で運用されている漢方薬です。西洋医学で運用される漢方薬は、私たち専門家から見れば漢方薬とは言いません。

しっかり、漢方理論に基づき漢方薬をオーダーメイド自社製造しており、かつ、カウンセリングにチカラをいれている漢方薬局にご相談ください。

起立性調節障害を改善するのに、重要なのは、

適切な習慣

カウンセリング

オーダーメイド自社製造の漢方薬

です。

【不妊と漢方/札幌】妊娠しやすい睡眠とは?アメリカの研究でわかったこと

妊娠を望まれている方のなかには、日々の生活習慣を気にかけている方も多いのではないでしょうか?睡眠時間が短かったり不規則な生活であったりすると、不妊に影響しているのでないかと心配になることもあるかと思います。アメリカのボストン大学では、妊娠を希望している女性にアンケートをとり、どういった睡眠をとっていた女性が自然妊娠をしやすかったかについての研究を行いました。その結果は??

【妊活/漢方薬局】不妊と仕事の関係とは?働き方によっては不妊の原因になることも?

「仕事をしながら妊活や不妊治療をしているけれど、なかなか妊娠できない」というご相談をいただくことがあります。実は働き方や仕事の内容、それに伴う生活習慣によって、不妊につながっている場合があるのです。この記事では、どんな働き方が妊娠しづらいのか?妊娠のためには外せない重要な生活習慣は何なのか?についてお伝えしていきます。

漢方の基本「整体観念」から身体を整える秘訣を知る

「漢方・中医学を学ぶ」第2回目は整体観念についてです。中医学のもとになる考え方である「整体観念」の本当の意味と季節が身体に与える影響や関わりについて学びます。

【頻尿】オシッコの悩みありませんか?

日中頻繁にトイレに駆け込むため仕事に支障が出てしまう、夜中に何度も起きてトイレに…そのせいで熟睡できず疲れが取れない、、そんな状態になってはいませんか?普段の生活習慣や食事に気を配る事により身体の機能を保ち、頻尿を予防・改善することが重要となりますが、それでも改善しない場合には、なつめ薬局の漢方薬を試してみませんか?

【保険適用】の漢方で、あなたは治りましたか?

病院で漢方薬を処方してもらった経験がある方も数多くいらっしゃるかと思います。しかし、病院で使える漢方薬には「保険適用」という縛りがあるんです。つまり使える漢方薬の種類が少ないということ。あなたに合った漢方ではないかもしれません。

【妊娠報告】いただきました!

なつめ薬局の漢方を5か月続けてくれた30代の方より妊娠の報告をいただきました!毎度のことながら、妊娠報告は本当に嬉しいですね。体外受精などは実は身体に負担がかかり、かなり消耗してしまうんです。そうなってしまう前になつめ薬局の漢方を始めていただいた事が早い段階での妊娠につながりました!

【不妊と漢方/札幌】赤ちゃんが欲しいと願う人必見!妊活を成功させるための食事

妊娠・出産を願う方は、何かしらの妊活に取り組んでいると思います。今回は基本に戻り、妊活における食事についてです。妊活の中でも食事は最も重要な役割を占めます。「赤ちゃんが欲しい」という目的のために、今一度ご自分の食生活について見直してみましょう。

【自臭症】あなたの口臭の真実とは。

あなたの口臭の真実とは。。。いったい何だろう?と頭の中が?マークでいっぱいになった方も多いのではないでしょうか。本当は匂いがしていないのに、自分自身は匂いがしていると思い込んでしまう「自臭症」という症状についてお話します。

ご存知ですか?出産後の【うつ病】を。

妊娠とは身体の中で命を養う事。新しい命を誕生させるわけですから、たくさんのエネルギーが必要になります。そして出産は養った命(エネルギーの塊)を身体の中から外に出す行為で、お母さんはエネルギーを大量に失うことになります。出産後のお母さん産後うつの原因は、子育ての不安、社会的な孤立なども原因ですが、身体のエネルギー不足も原因です。出産後のうつを防ぐ・改善するために漢方を試してみませんか?

【認知症と漢方/札幌】認知症の基礎知識と漢方薬

高齢化が進んでいくなかで認知症患者も増えつづけています。軽度認知症を含めると65歳以上である高齢者の4人に1人が認知症または予備軍という調査もあります。認知症はとても身近なものではないでしょうか。認知症は患者さん本人だけでなく介護をする家族にとっても大きな問題です。認知症にはどのような種類があるのか、また病院での治療や漢方にできることをご紹介します。

コメントは締め切りました