ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【口臭】あなたの知らない口臭の原因とは。

【口臭】あなたの知らない口臭の原因とは。

head0052

札幌の漢方専門なつめ薬局の薬剤師宝田です。

 

口臭いよって指摘されて傷ついた。

話し相手が口を押さえたのがショックだった。

もしかしたら、口の匂いのせいで嫌われているかも。

自分に自信を持てない。

 

最近、上記のようなお辛い思いを抱えて来局されている方が増えています。

 

口臭があることで相手に不快な思いをさせているのではないか。

臭いが気になるから行動も自分で制限してしまう。

この様に症状に加えてストレスを感じている方は少なくありません。

 

【口臭】ストレスでお口の中の環境が変化してしまいます!

 

ストレスが溜まると唾液の分泌が落ちて口の中が乾燥してしまいます。

すると、口の中の細菌が増えたり口の中がネバネバしたりして

口臭の原因となるのです。

ストレスが口臭の原因になる。口臭を気にして更にストレスが溜まるという

悪循環のループにはまっていくのです。

 

【口臭】悪循環のループから今すぐにでも抜け出そう!!

 

口臭を改善するために必要なことは

 

口の中の環境を整えていく

食生活の見直し

生活習慣を改善する

ストレスを減らしていく

 

歯の治療を受けたり、マウスウォッシュなどを使用して口臭予防に

取り組まれている方も多いかと思いますが・・・

睡眠や食生活などの生活習慣の見直しに加えて

ご自分のストレス状況の把握

ストレスに対する取り組みが大切になってきます。

 

ここが、皆さん見落としてしまっている所ですよ。

色々と試してみたけど、全然良くならないという方。

 

口臭の治療では本質を改善していくことはもちろんですが

心の負担を減らしていくことも大切になっていきます。

 

漢方薬をしっかり服用していただき体質を改善していくと同時に

相談員がカウンセリングにお時間をかけてお一人お一人のお悩みや

思いをしっかり受け止めていきます。

 

心身の負担が減ることで口臭は良くなりますよ。

 

口臭が良くならないとずっと悩んでいる方へ。

なつめ薬局のオーダーメイド漢方薬を試して、悪循環のループから

抜け出しませんか?

【起立性調節障害】心の持ち方、関わり方。

起立性調節障害は周りの理解が得られにくい病気です。また、ご本人も症状を明確化しづらく伝える事自体がストレスになります。ですので、身体的症状以上に周囲との関係に苦しむ病気なのです。起立性調節障害を本質的に改善するには日数がかかりますので、この心理的ダメージのケアが必ず必要になります。

【葉酸】が【妊娠】の可能性を上げる?

あなたが赤ちゃんを望んでいるのであれば、きっと【葉酸】という名前を聞いたとこがあると思います。現在厚生労働省は妊娠を計画している女性に対して1日0.4mg以上の摂取を勧めています。今回はこの【葉酸】と【環境ホルモン】と【不妊】についてのお話です。

43歳女性の妊娠報告。

43才の女性で、なつめ薬局のオーダーメイド漢方で治療を始めて1年くらいになる方ですが、先日、妊娠の報告をいただきました!!漢方治療は、「不妊かも??」と思った時点からすぐに始めた方がいいんです。自然妊娠の確立が高くなりますし高度生殖医療の成果も期待できるんです。

葉酸は取り過ぎても胎児異常になりますよ

妊娠前・妊娠中に葉酸を取ろう!というのは今や常識になりつつありますが、葉酸を取り過ぎると胎児に先天性異常が現れる事は、あまり知られていないようです。妊娠に向けて、葉酸のことをいろいろ調べている方も多いと思います。ぜひご参考にしてください。

卵管狭窄(閉塞)と言われました。漢方で妊娠はできますか?

「卵管狭窄(閉塞)と言われました。漢方で妊娠できますか?」この手のお問い合わせは実は多いです。この答えですが・・・これだけでは答えにくいです。ですが、「漢方は服用した方がいいです!」もちろんちゃんと理由があります。

【口臭】口臭の原因は口の中だけではない!口臭と心の意外な関係とは。

患者様のご相談を受けていると、ストレスとの関わりがとても多くて深いと感じることが多いです。口臭や自臭症の場合もそうですが、心の影響が口臭や自臭症に繋がってしまいますし、反対に口臭や自臭症が気になると落ち込みやすくなったり不安を感じやすくなってしまいます。心と体は繋がっているということを患者様のご相談を受けながら毎日ひしひしと感じています。では、心と口臭や自臭症はどのように関わっていくのでしょう。ちょっと知りたくありませんか?

【更年期障害】 不快な症状を改善できるのは漢方薬です。

「検査で異常はないけれど、ほてりや汗などの不快な症状が出ていて辛い」、などのような様々な更年期障害の不快な症状の治療は漢方薬が一番得意としているところです。体のどこに問題がおきているかなどカウンセリングを通して患者様の状態をしっかり把握し漢方薬をオーダーメイドでお作りしています。漢方薬をしっかり服用し、併せて食生活や生活習慣も見直していくことで更年期障害は本質から改善できますよ。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)をともなう不妊は漢方で体質改善!

最近ではライフスタイルの変化などにより 不妊 に悩む方はますます増えています。不妊の原因は男女双方で考えられますが、その中のひとつに…

【膀胱炎と漢方/札幌】繰り返す膀胱炎に有効な手段とは?

排尿トラブルは膀胱炎の恐れがあり、そのまま放置すると腎盂炎という腎臓の病気になることもあります。さらに悪化すると透析になる場合があります。膀胱炎の治療には、抗生物質や抗菌剤などが使われますが、膀胱炎を繰り返す人、抗生物質が効かない人は身体の防御機能を高める必要があります。生活習慣の見直しとともに有効な手段として漢方薬がありますよ。

子供が欲しい方は【PMS】改善が必要です

あなたの生理は「ふつう」ですか?生理痛があったり気持ちが不安定になったり、、それは「ふつう」ではないかもしれません。まずは「ふつう」の生理に整えてあげるとぐっと妊娠へつながっていきますよ。

コメントは締め切りました