Home / お肌の悩みを解決するブログ /

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】鎖骨が痛い!?掌蹠膿疱症性骨関節炎とは?

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】鎖骨が痛い!?掌蹠膿疱症性骨関節炎とは?

札幌の漢方専門 なつめ薬局の阿部です。

私たちの薬局では、掌蹠膿疱症の漢方相談をたくさん受けていますが、胸・鎖骨のあたりに強い痛みを訴える方が時折いらっしゃいます。

これは、掌蹠膿疱症性骨関節炎(しょうせきのうほうしょうせいこつかんせつえん)と言い、掌蹠膿疱症の合併症の一つです。

掌蹠膿疱症性骨関節炎とは?

掌蹠膿疱症については関連記事がありますので、そちらをご覧ください。

参考記事→掌蹠膿疱症に漢方が有効である理由とは?

参考記事→掌蹠膿疱症。人の視線を気にせず過ごせる手のひらを取り戻しませんか?

参考記事→掌蹠膿疱症を改善する漢方専門 なつめ薬局

掌蹠膿疱症は一般的には皮膚の病気・症状なのですが、合併症に骨関節炎があり、掌蹠膿疱症性骨関節炎があると、胸の中央や鎖骨、その他の全身の関節、もしくは骨に、非常に強い痛みが現れます。皮膚症状で日常生活がただでさえ困難なのに、さらに日常生活が困難になってしまうのです。痛みの部位が、胸の辺りですので、心筋梗塞や狭心症と間違えられ、対処が遅れる場合がありますし、対処が遅れると、症状は進行し、関節が変形することもあります。変形した関節は元に戻すことはできませんので、そうなる前に早期に対処が必要です。

この記事をご覧のあなたも、

・腕を動かしたり寝返りをうつだけで痛みが生じる
・ビリビリ、ズキズキ、ジンジンするような痛みがある

といった症状が出ていないでしょうか?

骨関節炎の原因と治療

掌蹠膿疱症性骨関節炎の治療には、やはり元となる掌蹠膿疱症を改善する必要があります。対処療法として鎮痛剤などを服用する場合もありますが、鎮痛剤の効果はあまり期待できず、鎮痛剤の副作用もありますので、本質的な治療・取り組みが大切です。

掌蹠膿疱症の一般的な治療法としては、塗り薬による治療(ステロイド軟膏、活性型ビタミンD3軟膏など)や抗生物質、部分的な紫外線療法などがありますが、実はこれも対処療法です。根本的な治療ではありません。

では、どのように治療をするといいのでしょうか?

掌蹠膿疱症は皮膚に症状が現れますが、合併症として骨関節炎があります。

この事実が示しているように、掌蹠膿疱症は皮膚だけの病気ではありません。身体全体の性質が関係している病気です。ですので、塗り薬で局所的な治療をしたところで治りませんし、抗生物質は感染症を治療する薬にしかすぎず、菌が存在しない掌蹠膿疱症を根本的に治す薬ではないのです。

その治療には、身体の内部から性質を改善する取り組みが必要で、その方法の一つに漢方薬という選択肢があります。

私たち、札幌の漢方専門 なつめ薬局は、掌蹠膿疱症の相談を多数受けてきました。漢方理論的に、この病気を分析すると、特徴的な性質がありますので、そこを漢方薬でアプローチする事で、驚くほど良くなります。

とは言いましても、個別の体質などによって漢方薬を使い分ける必要がありますので、漢方を服用する際は、漢方薬を自社製造するほど漢方理論に詳しい所にご相談ください。

 

なお、漢方専門 なつめ薬局は大変混雑しております。私たちに相談したい場合は、早めに、ご連絡・ご予約することをお勧め致します。

Share this article

Comments are closed.