ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

季節と住処と【不妊】の関係とは?

季節と住処と【不妊】の関係とは?

Happy beautiful girl in knit red hat smiling while walking in winter park. Young woman on snowy park background

  漢方専門 なつめ薬局の薬局長藤本です。

 

*【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

 

という記事は読んでいただけましたか?

今回は上記の記事に関連したお話です。未読の方はまずコチラからどうぞ。

 

 

前述の記事では妊娠とビタミンDの関係についてお話をしました。

 

あなたの不妊の要因かもしれない、その大事なビタミンDですが…

実は住んでいる場所や季節によっても体内濃度に違いが出るのです。

 

ビタミンDは紫外線を浴びることにより、体内で必要とされる量の約7割が作られています。その為、【日照時間】がビタミンDの体内濃度に大きく係わってきます。

 

北九州での研究ですが、7月と11月に529名の男女の血中ビタミンDマーカーを測定したところ、その平均値は

  • 7月→27.4ng/mL
  • 11月→21.4ng/mL

でした。

 

つまりビタミンDの体内濃度は

日照時間の長い夏→高い

日照時間の短い冬→低い

という事になります。

 

しかもビタミンD欠乏(20ng/mL未満)の割合は

7月→9.3%

11月→46.7%

冬になると約半数の人々のビタミンDが足りなくなっています。

 

 

そして更に日本は縦に長いので、日照時間の短い北日本に住む方々の方が南に住んでいる方々よりもビタミンDの体内濃度が低くなりやすいのです。

例えば漢方専門 なつめ薬局のある札幌と沖縄の那覇で、1日の必要ビタミンD量が作られるまでにかかる日光浴の時間を比較した研究では、両手と顔を露出した場合

7月正午では

  • 札幌→4.6分
  • 那覇→2.9分

 

12月正午では

  • 札幌→76分
  • 那覇→8分

と、特に冬に大きな差が出ました。

 

以前、免疫を整えて着床不全や流産を予防する為にはビタミンDが必要であり、不妊の方の9割に近い方でビタミンDが足りていない、と言う研究結果のお話をしましたが、北日本に住む方々は特に冬のビタミンD不足に注意しなければなりませんね。

春になれば雪も解けて歩きやすくなり、花を愛でながらのお散歩でしっかり日光浴もできるでしょう。紫外線対策はほどほどにして、十分に日の光を浴びて欲しいと思います。

 

 

漢方専門 なつめ薬局のある札幌に住む方々は特に、日照時間が増えビタミンDが作られ充足する夏は、妊娠の好機かもしれません。

その好機を逃さない為には、夏が来る前になつめ薬局の本格的な漢方薬でしっかり身体づくりをしていく事が大切です。

漢方専門 なつめ薬局の漢方薬で妊娠に備えた身体を作っていくことを決断なさった方は、ご連絡をお待ちしております。

大変込み合っておりますので、ご予約はお早めにどうぞ。

耳馴染みある五臓六腑という言葉 「六腑」の東洋医学的な意味

「漢方・中医学を学ぶ」第3回目は六腑と奇恒の腑についてです。東洋医学の理論のひとつである蔵象学説における五臓以外のはたらきについて学びます。

東洋医学で考える、健康と病気とは?

「漢方を知ろう!」シリーズの第7回目は、病機についてです。漢方で病気が発生する過程のことを病機といいます。病機から、健康や未病、病気の捉え方の西洋医学との違いを知ると漢方についての理解がグッと深まります。

【膀胱炎と漢方/札幌】繰り返す膀胱炎に有効な手段とは?

排尿トラブルは膀胱炎の恐れがあり、そのまま放置すると腎盂炎という腎臓の病気になることもあります。さらに悪化すると透析になる場合があります。膀胱炎の治療には、抗生物質や抗菌剤などが使われますが、膀胱炎を繰り返す人、抗生物質が効かない人は身体の防御機能を高める必要があります。生活習慣の見直しとともに有効な手段として漢方薬がありますよ。

パニック障害に漢方薬は使える?漢方的解釈とともに解説

パニック障害は適切な治療を続けることで治る心の病気ですが、治療期間が長引いたり、薬が合わなかったりしてお困りの方がいらっしゃると思います。一般的な治療薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)や抗不安薬だけでなく、漢方もパニック障害の治療に効果があることが分かっています。

メンタルや感情が病気の原因になる、東洋医学的な理由

「漢方・中医学を学ぶ」第6回目は内因と不内外因です。私たちの感情も生活習慣も病気の原因となることについて学びます。

漢方医学の大原則:気血津液と精について

「漢方・中医学を学ぶ」第4回目は気血津液についてです。これなくして東洋医学は語れないという重要な物質について学びます。

【起立性調節障害】を改善する漢方専門なつめ薬局/札幌

起立性調節障害は、病院受診・検査をしても異常は認められないことが多く、「怠け者」「甘えている」と思われたりしてしまいます。この病気を放置してしまうと、かなりの高確率で「不安症やうつ病などの精神疾患」になるとも言われています。私たちは、対処療法ではなく、患者さまの状況を漢方理論で分析し、あなたの症状の本質は何かを見極めます。その上で、あなたの為の漢方薬を自社製造します。

【大人ニキビ】が冬に悪化するのはナゼなのか?

この数日で、大人ニキビの相談予約がドカドカ入りまして・・・今年もこの季節が来たか~と感じています。そうなんです、大人ニキビは冬に悪化しやすいんです。その理由と対策についてご説明しますね。

子供が欲しい方は【PMS】改善が必要です

あなたの生理は「ふつう」ですか?生理痛があったり気持ちが不安定になったり、、それは「ふつう」ではないかもしれません。まずは「ふつう」の生理に整えてあげるとぐっと妊娠へつながっていきますよ。

【口臭】口臭の原因は口の中だけではない!口臭と心の意外な関係とは。

患者様のご相談を受けていると、ストレスとの関わりがとても多くて深いと感じることが多いです。口臭や自臭症の場合もそうですが、心の影響が口臭や自臭症に繋がってしまいますし、反対に口臭や自臭症が気になると落ち込みやすくなったり不安を感じやすくなってしまいます。心と体は繋がっているということを患者様のご相談を受けながら毎日ひしひしと感じています。では、心と口臭や自臭症はどのように関わっていくのでしょう。ちょっと知りたくありませんか?

コメントは締め切りました