ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

季節と住処と【不妊】の関係とは?

季節と住処と【不妊】の関係とは?

Happy beautiful girl in knit red hat smiling while walking in winter park. Young woman on snowy park background

  漢方専門 なつめ薬局の薬局長藤本です。

 

*【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

 

という記事は読んでいただけましたか?

今回は上記の記事に関連したお話です。未読の方はまずコチラからどうぞ。

 

 

前述の記事では妊娠とビタミンDの関係についてお話をしました。

 

あなたの不妊の要因かもしれない、その大事なビタミンDですが…

実は住んでいる場所や季節によっても体内濃度に違いが出るのです。

 

ビタミンDは紫外線を浴びることにより、体内で必要とされる量の約7割が作られています。その為、【日照時間】がビタミンDの体内濃度に大きく係わってきます。

 

北九州での研究ですが、7月と11月に529名の男女の血中ビタミンDマーカーを測定したところ、その平均値は

  • 7月→27.4ng/mL
  • 11月→21.4ng/mL

でした。

 

つまりビタミンDの体内濃度は

日照時間の長い夏→高い

日照時間の短い冬→低い

という事になります。

 

しかもビタミンD欠乏(20ng/mL未満)の割合は

7月→9.3%

11月→46.7%

冬になると約半数の人々のビタミンDが足りなくなっています。

 

 

そして更に日本は縦に長いので、日照時間の短い北日本に住む方々の方が南に住んでいる方々よりもビタミンDの体内濃度が低くなりやすいのです。

例えば漢方専門 なつめ薬局のある札幌と沖縄の那覇で、1日の必要ビタミンD量が作られるまでにかかる日光浴の時間を比較した研究では、両手と顔を露出した場合

7月正午では

  • 札幌→4.6分
  • 那覇→2.9分

 

12月正午では

  • 札幌→76分
  • 那覇→8分

と、特に冬に大きな差が出ました。

 

以前、免疫を整えて着床不全や流産を予防する為にはビタミンDが必要であり、不妊の方の9割に近い方でビタミンDが足りていない、と言う研究結果のお話をしましたが、北日本に住む方々は特に冬のビタミンD不足に注意しなければなりませんね。

春になれば雪も解けて歩きやすくなり、花を愛でながらのお散歩でしっかり日光浴もできるでしょう。紫外線対策はほどほどにして、十分に日の光を浴びて欲しいと思います。

 

 

漢方専門 なつめ薬局のある札幌に住む方々は特に、日照時間が増えビタミンDが作られ充足する夏は、妊娠の好機かもしれません。

その好機を逃さない為には、夏が来る前になつめ薬局の本格的な漢方薬でしっかり身体づくりをしていく事が大切です。

漢方専門 なつめ薬局の漢方薬で妊娠に備えた身体を作っていくことを決断なさった方は、ご連絡をお待ちしております。

大変込み合っておりますので、ご予約はお早めにどうぞ。

ツライのにわかってもらえない事ありませんか?

なんだかめまいがする、寝る時に動悸がする、気持ちがイライラ・不安になる、気力が無くうつっぽい、寝ようとしても眠れない…このような症状のある皆さんに共通するのは、『病院で検査を受けても治療が必要な異常が認められない』という点です。漢方では治療方法も確立されていて漢方が得意とする分野でもありますよ!

【漢方】と西洋医学

東洋医学や漢方薬の考え方は、一般の方はもちろん、西洋医学の医師や薬剤師・看護師などですら理解しにくいものですが、大まかにでも、それぞれの特徴は知っておいた方が良いと思います。それぞれの特徴についてお話します。

【アトピー】と【熱】と【漢方】と。

日常生活に大きな悪影響を及ぼすアトピー性皮膚炎に悩まされている方…最近、増えています。現在、かゆみで眠れない・集中出来ない・じゅくじゅくした浸出液がつらい・落屑があって人目が気になる・ステロイド剤をやめたい、そんなお悩みを抱えている方、なつめ薬局の本格的な漢方薬で悪さをしている「熱」を追い出してみませんか?

漢方薬は花粉症の治療もできます。

スギ・ブタクサ・ヨモギ・シラカバなどなど…花粉症の方は毎年毎年「ああ、今年もこの時期が来たか~」と憂鬱になりますよね。東洋医学で花粉症は「水分の循環が悪くなり身体に溜まってしまった状態」と考えます。抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬で副作用に悩んでいる方、漢方を試してみませんか?

目に見えることだけが【成果】ではないんです。

何年間も生理不順や不正出血で悩んでおり、婦人科の検査では原因が見つからず、赤ちゃんが欲しいけれど、できなかったので何とかしたい、ということで、札幌・漢方専門なつめ薬局に漢方相談にいらした方が、昨年末に出産なさいました。目に見える成果がなかなか無い中で続けるのは大変ですが、自分が信じた取り組みをしっかり続けることが大切です。

あきらめなくても大丈夫!漢方で髪のエイジングケア

年齢を重ねるうちに、ツヤやハリがなくなりボリューム不足の髪の毛に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。…

漢方 を使って一人ひとりの体質に応じた うつ病 ・ うつ症状の治療を

メンタルの病気は、西洋薬による薬物療法やカウンセリングなどを中心に治療が進められていくことが多いのですが、漢方も選択肢のひとつです。しかし、病院で処方される漢方と、東洋医学の理論で処方される漢方では異なる点があります。漢方の本来の使い方をみていきましょう。

【妊活とお酒とカフェインと】

【妊活】と【アルコール】と【カフェイン】と、妊活中に摂取していいかどうか、ご相談中にたくさん聞かれます。皆さんの関心がそれだけ強いんですね。このテーマは世界的にも関心が高く、ハーバード大学やコペンハーゲン大学からも研究報告が出されています!

【自臭症】あなたの口臭の真実とは。

あなたの口臭の真実とは。。。いったい何だろう?と頭の中が?マークでいっぱいになった方も多いのではないでしょうか。本当は匂いがしていないのに、自分自身は匂いがしていると思い込んでしまう「自臭症」という症状についてお話します。

漢方の基本「整体観念」から身体を整える秘訣を知る

「漢方・中医学を学ぶ」第2回目は整体観念についてです。中医学のもとになる考え方である「整体観念」の本当の意味と季節が身体に与える影響や関わりについて学びます。

コメントは締め切りました