ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

あなたの【妊娠力】を奪う、皆が当たり前にしている事とは?

あなたの【妊娠力】を奪う、皆が当たり前にしている事とは?

head0056

漢方専門なつめ薬局の薬局長藤本です。

 

さて、皆様は普段ジュースや炭酸飲料など、清涼飲料水をお飲みになりますか?

今回はジュースなどの甘い飲み物が妊娠力に悪影響を及ぼす!というお話です。

 

あなたは、普段自分が習慣的に飲んでいるペットボトルや缶の飲み物に、角砂糖何個分の砂糖が入っているか御存じですか?

缶コーヒー

紙パックの紅茶

炭酸飲料

スポーツドリンク

野菜や果物のジュース

など、その商品によっても違いますが、多いものでは清涼飲料水500mLに角砂糖16個も含まれている物さえあるのです。

 

想像するとびっくりする量ですよね。

ジュースやスポーツドリンクなんて口当たりが良くて、あっという間に飲んでしまいますが…

実は短時間に、食べろと言われても食べられないような大量の砂糖があっさりと体内に取り込まれてしまっているのです。

 

その大量の砂糖が、体外受精での採卵数・成熟卵数を減らしてしまうという実験結果が出ております。更にその後、無事に出産までに至る確率も、ジュースなどの砂糖のたっぷり入った飲み物を1日1杯飲む人は全く飲まない人と比べると10%低下してしまうのです!

体外受精のみならず、自然妊娠でも妊娠率に大きな影響があります。

ジュースなどの清涼飲料水500mLを1日1本飲む女性と3本以上飲む女性を、全く飲まない方と比較すると

  • 1日1本飲む女性   →15%
  • 1日3本以上飲む女性 →50%以上

妊娠率が低いのです。

 

どうですか?

1日1本だけならいいよね、では済まされない妊娠率の低下ですね!

 

不妊でお悩みの方は、まずジュースや甘い缶コーヒーを控えてみましょう。

そして自分が何を食べ、何を飲んでいるのか改めて見直す事が大切です。

今のあなたの身体を造っているのは、過去にあなたが食べた物・飲んだ物なのですから!

 

勿論、ジュースほどの量ではありませんが、お菓子やお惣菜にも砂糖は使われていますので、そういった物も少しずつ控えて妊娠力を守っていきましょう!

 

食生活はばっちり見直した。

それでも中々妊娠に至らない…という方は、漢方専門なつめ薬局の本格的な漢方薬で妊娠力の底上げをしてみませんか?

 

漢方相談は完全予約制となっております。是非漢方専門なつめ薬局の漢方薬で赤ちゃんを授かりたい!という方は電話またはメールでご予約をお願いいたします。

相談枠には限りがありますので、ご希望の日時があれば早めにご連絡くださいね。

【パニック障害と漢方/札幌】この不安はパニック障害!?症状にふりまわされないための方法

最近はスポーツ選手やタレントなどパニック障害を持っていると発表している著名人も少なくありません。パニック障害は100人に1人はかかることもあると言われておりめずらしい病気ではなくなりました。とはいえ、パニック障害をお持ちの方にとっては、外出意欲をそがれたり、何かにつけて無気力になったりする原因となってしまいます。パニック障害とはどのような病気なのかどのような治療法があるのかを理解して、不安に支配されない生活を取り戻しましょう。

高級化粧品は「マスク老け」撃退に効果あり?

新型コロナウイルスの影響で新しいライフスタイルが推奨されて早2年。外出時のマスクの着用もすっかりスタンダードになっています。そんなマスク生活で気になるのが“マスクによる老化”。「マスク老け」という言葉も生まれ、美容雑誌などではマスク老け対策の企画をよく見かけるようになりました。即効性を求めて基礎化粧品に気を配り、つい外側からのフェイスケアばかりに目がいってしまうかもしれません。しかし、果たして外側だけのケアで美肌は作れるものでしょうか?

【妊娠/妊活/札幌】なかなか妊娠できず悩んでいる方へ、不妊改善のためにできること

赤ちゃんができない…と悩んでいる方の多くは病院で原因を調べたことがあるのではないでしょうか。検査をしても異常がなかったり、病名はついたけれど治療の効果が出ていなかったりする方はめずらしくありません。東洋医学では身体全体のバランスを総合的にみていきます。崩れているバランスを見極めてそこを回復させることで結果として出ている症状が改善していきます。漢方の力を借りて妊娠のしやすい身体づくりをめざしていきませんか。

【妊娠力】を高める【地中海食】とは?

【地中海食で妊娠率が上がる】という情報を聞いたことはありますか?これは海外での調査結果を基にした根拠のある情報なのですが、「おしゃれで、おいしそうな料理やワインがメインの華やかな料理を食べると妊娠しやすくなる!」と、少し勘違いしてる方もいるようなので、すごく簡単にですが説明しようと思います。

パニック障害に漢方薬は使える?漢方的解釈とともに解説

パニック障害は適切な治療を続けることで治る心の病気ですが、治療期間が長引いたり、薬が合わなかったりしてお困りの方がいらっしゃると思います。一般的な治療薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)や抗不安薬だけでなく、漢方もパニック障害の治療に効果があることが分かっています。

【季節の変わり目】に弱い方は妊娠しづらいかも!?

「季節の変わり目には体調を崩すし、気分もあまり良くないの。」という方、妊娠しにくいかもしれません。季節の変わり目に体調を崩すのはいろいろな原因がありますが、影響力が大きいのが、ホルモンとも関係の深い【自律神経のバランスが悪い】ことです。

マグロを食べると妊娠率アップ!?

今回はマグロを食べると体外受精の治療成績が上がる!というお話です。「マグロで妊娠率アップ!?」「え?どういうこと??」…

うつの薬から脱却!漢方で回避できる

「朝起きるのがつらくて学校や仕事に行けない」「やる気が起きなくて食欲も出ない」などの症状があり、心療内科やクリニックを受診してみようか悩んでいる人は多いでしょう。一方、心療内科やクリニックを受診してもなかなか症状が改善されず、薬の量が増えていき悪循環の輪の中から抜け出せない、いわゆる薬漬けになってしまったという声も多く聞かれます。ここでは、うつの薬の副作用や問題点について解説しながら、漢方による考え方と効果についてご紹介します。

【不妊と漢方/札幌】妊娠しやすい睡眠とは?アメリカの研究でわかったこと

妊娠を望まれている方のなかには、日々の生活習慣を気にかけている方も多いのではないでしょうか?睡眠時間が短かったり不規則な生活であったりすると、不妊に影響しているのでないかと心配になることもあるかと思います。アメリカのボストン大学では、妊娠を希望している女性にアンケートをとり、どういった睡眠をとっていた女性が自然妊娠をしやすかったかについての研究を行いました。その結果は??

【頭痛と漢方/札幌】つらい頭痛のタイプや原因はなに?どう対処したらよいのでしょう

頭痛はだれもが一度は経験のある症状ではないでしょうか。頭痛には、大きく分けて一次性頭痛と二次性頭痛の2種類があります。いわゆる「頭痛持ち」といわれるのが、一次性頭痛。原因となる病気が見つからず、日常的に頭痛をくり返す慢性頭痛です。頭が痛くなる原因はさまざまです。自分の頭痛のタイプを理解しておくことは、予防や対処に役立ちますよ。

コメントは締め切りました