ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【春の不調】漢方理論からみた原因とは。

【春の不調】漢方理論からみた原因とは。

head0070

 札幌の漢方専門 なつめ薬局の薬剤師宝田です。

 

春になり、進学や転勤など新しい環境で生活を始められる人も

多いことと思います。

 

夢が叶った喜び。

これから始まっていく生活への期待。

新しく仕事を覚えながらスキルアップしていこうとする責任感。

 

早く新しい生活に慣れようと焦りが生まれる。

自分のことよりも周りを優先してしまう。

 

必要以上に頑張りすぎてしまったり、無理をしてしまうことが
 
心と体に負担をかけて、自分を追い込んでしまうことになるのです。

 

・全身倦怠感

・無気力

・食欲不振

・不眠

・頭痛

・めまい

などの身体的症状や

 

・不安

・落ち込みやすい

・焦燥感

などの精神的症状などが起こりやすいです。

 

これらの症状が長引いてしまうと、うつに近い状態にまで悪化したり

何もする気がおきなく無気力になってしまい学校や職場を休みがちに

なったりする場合もあります。

 

きちんと自分の心と体の声を聞いていますか。

自分の本当の気持ちを見て見ぬふりをしていませんか。

 

 

【春の不調】漢方理論では「肝」の働きが肝心です。

 

漢方理論での「肝」は、血を貯蔵し、全身へ血とともに栄養を送る役割と

気(エネルギー)の流れを調節して精神を安定させる役割があります

 

・肝のエネルギーが足りない

不規則な食事や疲労などによって肝の血が不足することで肝の働きが悪くなり

気(エネルギー)不足になります。

元気がなくなり、やる気が起きず無気力や全身倦怠感などの症状が

出やすくなります。

 

・肝の気が滞る

肝の気が体の中をうまく巡らず、気が滞っている状態を

「気滞(きたい)」といいます。

気滞の状態の人は、イライラしたり、頭痛やめまいなどの

症状が出やすくなります。

 

【春の不調】漢方薬は心と体の元気を養うことができます。

 

春は環境の変化も多く、知らず知らずのうちにストレスがたまっていたり

緊張しやすい時期でもあります。

 

心と体の元気を養う漢方薬をしっかり服用し

併せて食生活や生活習慣をしっかり見直すことで

心身のバランスを整えることができます。

 

自分自身のおかれている環境をきちんと

整えていくこともとても大切になってきます。

 

・リフレッシュできることを見つける

・リラックスできる時間を増やす

・睡眠のリズムを整えていく

・辛い気持を周りの人に伝えていく

 

自分を守れるのは自分自身です。

 

季節の変わりめの不調をしっかり治したい方は漢方専門 なつめ薬局に

電話またはメールでご予約をお願い致します。

 

漢方相談は完全予約制となっております。

相談枠には限りがありますので、ご希望の日時があれば早めにご連絡を

お願い致します。   

【冷え性】どなたにでも効果があるポカポカポイント

不妊でお悩みの皆さんに共通する体質の一つに【冷え性】があります。冷え性対策をしている方もいらっしゃるのですが、ご自分の状態には合っていない間違った方法をしている方が多くいらっしゃいます。冷え症の原因は人によって違いますので、その改善方法も人それぞれ異なりますが、今回はどなたにも効果的な温めポイントをお伝えします!

鎮痛剤・ピルに頼らない!漢方の力でつらい生理痛から解放されよう

学校や仕事を休むなど生活に支障をきたすほどの重い生理痛は「月経困難症」という病気になりますが、病院で検査しても原因が見つからないことがあるかもしれません。そんなときは東洋医学の出番です。一人ひとりの体質や体調に合わせた漢方の養生法で、生理痛のない生活を送れるようになりますよ。

漢方医学の基本 陰陽五行論と五行色体表から心身の不調の原因と対処方法を知る

今回から、漢方・中医学を学ぶためのブログを始めます。第1回目は漢方・中医学の基本「陰陽五行論」です。五行色体表という便利な表の使い方を学びます。

【パニック障害と漢方/札幌】この不安はパニック障害!?症状にふりまわされないための方法

最近はスポーツ選手やタレントなどパニック障害を持っていると発表している著名人も少なくありません。パニック障害は100人に1人はかかることもあると言われておりめずらしい病気ではなくなりました。とはいえ、パニック障害をお持ちの方にとっては、外出意欲をそがれたり、何かにつけて無気力になったりする原因となってしまいます。パニック障害とはどのような病気なのかどのような治療法があるのかを理解して、不安に支配されない生活を取り戻しましょう。

【多嚢胞性卵巣と漢方/札幌】不妊の原因となる多嚢胞性卵巣とは?

女性の20人に1人はなっているといわれる多嚢胞性卵巣。排卵がうまくいかないため不妊の原因の一つです。超音波検査をして多嚢胞性卵巣だといわれた方もいるのではないでしょうか。多嚢胞性卵巣とはどういう状態なのか、治療にはどういったものがあるのかについてご紹介します。

あきらめなくても大丈夫!漢方で髪のエイジングケア

年齢を重ねるうちに、ツヤやハリがなくなりボリューム不足の髪の毛に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。…

ニキビはストレスが原因?治らない肌荒れでお悩みの方は漢方で体質改善しよう

不規則な生活やストレスが原因の「大人ニキビ」に悩んでいる20代〜30代の方は少なくありません。なかなか治らないのも厄介です。ですが漢方は、身体の内側から働きかけ体質の改善をしていくので、ニキビができにくい肌へ変わっていきます。

【耳鳴り】放置しておくと、もっと辛い症状が待っていますよ。

軽いのも含めたら、耳鳴りを経験されたことのある方は多いのではないでしょうか。耳鳴りがしている間、他の人の話し声が聞こえにくかったり、耳鳴りが気になって眠れなくなったり、いつまで続くのか不安で気持ちも落ち込みとても辛いですよね。でも漢方薬は耳鳴りにも効果を発揮するんです。

【糖尿病と漢方/札幌】糖尿病ってどんな病気?原因や対策を知って、漢方を活用して合併症を予防しよう

糖尿病はインスリンの働きが十分ではないために、血液中の糖の量が増えてしまう病気です。そのままにしておくと、網膜症や腎症、神経障害など合併症が進行してしまいます。そのためきちんと治療を続け血糖値のコントロールをすることが必要です。糖尿病はどのような病気でどういった治療があるのか、理解したうえで糖尿病とつきあっていくことが大切です。

1生理周期の中で妊娠する日としない日と。

「そもそも妊娠する日としない日はいつなの?」案外、知られていないようですが、これを知るだけでも妊娠確率は上がるかもしれません。

コメントは締め切りました