ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【春の不調】漢方理論からみた原因とは。

【春の不調】漢方理論からみた原因とは。

head0070

 札幌の漢方専門 なつめ薬局の薬剤師宝田です。

 

春になり、進学や転勤など新しい環境で生活を始められる人も

多いことと思います。

 

夢が叶った喜び。

これから始まっていく生活への期待。

新しく仕事を覚えながらスキルアップしていこうとする責任感。

 

早く新しい生活に慣れようと焦りが生まれる。

自分のことよりも周りを優先してしまう。

 

必要以上に頑張りすぎてしまったり、無理をしてしまうことが
 
心と体に負担をかけて、自分を追い込んでしまうことになるのです。

 

・全身倦怠感

・無気力

・食欲不振

・不眠

・頭痛

・めまい

などの身体的症状や

 

・不安

・落ち込みやすい

・焦燥感

などの精神的症状などが起こりやすいです。

 

これらの症状が長引いてしまうと、うつに近い状態にまで悪化したり

何もする気がおきなく無気力になってしまい学校や職場を休みがちに

なったりする場合もあります。

 

きちんと自分の心と体の声を聞いていますか。

自分の本当の気持ちを見て見ぬふりをしていませんか。

 

 

【春の不調】漢方理論では「肝」の働きが肝心です。

 

漢方理論での「肝」は、血を貯蔵し、全身へ血とともに栄養を送る役割と

気(エネルギー)の流れを調節して精神を安定させる役割があります

 

・肝のエネルギーが足りない

不規則な食事や疲労などによって肝の血が不足することで肝の働きが悪くなり

気(エネルギー)不足になります。

元気がなくなり、やる気が起きず無気力や全身倦怠感などの症状が

出やすくなります。

 

・肝の気が滞る

肝の気が体の中をうまく巡らず、気が滞っている状態を

「気滞(きたい)」といいます。

気滞の状態の人は、イライラしたり、頭痛やめまいなどの

症状が出やすくなります。

 

【春の不調】漢方薬は心と体の元気を養うことができます。

 

春は環境の変化も多く、知らず知らずのうちにストレスがたまっていたり

緊張しやすい時期でもあります。

 

心と体の元気を養う漢方薬をしっかり服用し

併せて食生活や生活習慣をしっかり見直すことで

心身のバランスを整えることができます。

 

自分自身のおかれている環境をきちんと

整えていくこともとても大切になってきます。

 

・リフレッシュできることを見つける

・リラックスできる時間を増やす

・睡眠のリズムを整えていく

・辛い気持を周りの人に伝えていく

 

自分を守れるのは自分自身です。

 

季節の変わりめの不調をしっかり治したい方は漢方専門 なつめ薬局に

電話またはメールでご予約をお願い致します。

 

漢方相談は完全予約制となっております。

相談枠には限りがありますので、ご希望の日時があれば早めにご連絡を

お願い致します。   

鎮痛剤・ピルに頼らない!漢方の力でつらい生理痛から解放されよう

学校や仕事を休むなど生活に支障をきたすほどの重い生理痛は「月経困難症」という病気になりますが、病院で検査しても原因が見つからないことがあるかもしれません。そんなときは東洋医学の出番です。一人ひとりの体質や体調に合わせた漢方の養生法で、生理痛のない生活を送れるようになりますよ。

【男性不妊】と【睡眠時間】は関係があるのか?

男性の睡眠時間と妊娠力の関係を調べた調査があります!調査の内容は、「男性側の平均睡眠時間が○時間で、パートナー女性が妊娠したか、しないか」で評価しています。調査結果は・・・?

マグロを食べると妊娠率アップ!?

今回はマグロを食べると体外受精の治療成績が上がる!というお話です。「マグロで妊娠率アップ!?」「え?どういうこと??」…

【花粉症】辛いシーズンを乗り越える方法とは。

北海道に住んでいると暖かくなるのを心待ちにしていますが、花粉症でお悩みの方たちにとっては憂鬱ですよね。花粉症がひどくなると、頭が重い、ボーッとして熱っぽくなる、倦怠感を伴うなどの全身症状も出て辛い毎日を送ることになります。花粉症にならないためにも悪化しないためにも必要なことをお話します。

【妊娠報告】いただきました!

なつめ薬局の漢方を5か月続けてくれた30代の方より妊娠の報告をいただきました!毎度のことながら、妊娠報告は本当に嬉しいですね。体外受精などは実は身体に負担がかかり、かなり消耗してしまうんです。そうなってしまう前になつめ薬局の漢方を始めていただいた事が早い段階での妊娠につながりました!

【保険適用】の漢方で、あなたは治りましたか?

病院で漢方薬を処方してもらった経験がある方も数多くいらっしゃるかと思います。しかし、病院で使える漢方薬には「保険適用」という縛りがあるんです。つまり使える漢方薬の種類が少ないということ。あなたに合った漢方ではないかもしれません。

【不妊治療中】に【うつ】になりやすい理由と予防法

不妊治療は夫婦で乗り切るものです。しかし、不妊治療は母体への身体的な負担は大きく、周囲からのプレッシャー、焦り、通院の負担など、女性側が受けるストレスの比重が大きいといえます。落ち込みがあったり、ふと涙が出てきたり、不安で押しつぶされそうになることも多いでしょう。そんな時に「自分はもしかしたらうつ病なのかも?」と気になったり、「事前の予防法を知りたい」という方も多いと思います。不妊治療時のうつが気になる方は、今回の記事を参考にしてくださいね。

【ニキビと漢方/札幌】自粛生活で肌への影響が出ていませんか?運動不足とニキビの関係

コロナ禍で日常生活への影響が長期化する中、肌のトラブルに悩まされている人も多いのではないでしょうか。在宅勤務が増えたり思うように外出や趣味のスポーツを楽しめなくなったりしている方も少なくないでしょう。大人ニキビはさまざまな要因が組み合わさって発生しますが、運動不足もニキビができる大きな原因のひとつです。今回の記事ではニキビの漢方的な考え方と運動不足の関係についてまとめてあります。

【糖尿病と漢方/札幌】糖尿病ってどんな病気?原因や対策を知って、漢方を活用して合併症を予防しよう

糖尿病はインスリンの働きが十分ではないために、血液中の糖の量が増えてしまう病気です。そのままにしておくと、網膜症や腎症、神経障害など合併症が進行してしまいます。そのためきちんと治療を続け血糖値のコントロールをすることが必要です。糖尿病はどのような病気でどういった治療があるのか、理解したうえで糖尿病とつきあっていくことが大切です。

【不妊と漢方/札幌】多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できますか?

最近、「多囊胞性卵巣でも妊娠できますか?」というお問い合わせが増えています。特に妊娠、出産をご希望の方は、多囊胞性卵巣という病気をそのままにしておくと妊娠のタイミングを逃してしまいがちになります。少しでも早い時期に妊娠、出産に向けた身体づくりをしていくことが大切です。そこで、今回は多囊胞性卵巣症候群とはどのような病気なのか?多囊胞性卵巣症候群でも無事に妊娠、出産ができるのか?についてのお話です。

コメントは締め切りました