Home / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【妊娠/妊活/札幌】なかなか妊娠できず悩んでいる方へ、不妊改善のためにできること

【妊娠/妊活/札幌】なかなか妊娠できず悩んでいる方へ、不妊改善のためにできること

■イメージ写真です。

赤ちゃんができない…と悩んでいる方の多くは、病院で原因を調べたことがあるのではないでしょうか。

検査をしても異常がなかったり、病名はついたけれど治療の効果が出ていなかったりする方はめずらしくありません。

たとえば、多嚢胞性卵巣、チョコレート嚢腫、子宮内膜症、子宮筋腫などの病名がついて治療を続けていても、なかなか妊娠にいたらない方もいますよね。

男性不妊で長年悩んでいるカップルも多いでしょう。精子の数や機能に問題があって受精に結びつかないケースでも、治療効果が出ずに悩んでいるのではないでしょうか。

残念なことに、病院の治療では男性不妊を根本的に治すことはできません。

病院の検査では数値をもとに判断をしますが、人間の身体は数値だけではわからないことも多いのです。

病院の治療だけでは、なかなか妊娠に結びつかず長年悩んでいる方は後を絶ちません。

妊娠を目指している人にとって、1か月1か月はとても貴重な時間です。「病院に通っているから、いつかは…」とばくぜんと過ごすのではなく、妊娠に向けてできることを早めに行うことが大切です。

【妊娠できる身体へ土台から整えていこう】

東洋医学では、身体全体のバランスを総合的にみていきます。症状が出ている部分や病名だけに注目するのでありません。

崩れているバランスを見極めて、そこを回復させることで、結果として出ている症状が改善していきます。

ストレスを感じてイライラしたり、体が冷えていたり、毎月PMSや生理痛に悩まされていたり……。

こういった身体の不調を、「よくあること」として片づけていないでしょうか。

あなたの中では当たり前になっているかもしれませんが、これらはすべて身体が本来のはたらきをできていない証拠です。不妊と無関係ではありません。

不妊の改善のためには、病名だけにとらわれないお母さんの身体づくりが大切です。赤ちゃんと出会うという最終目標を達成するために、身体の根本から整えていきましょう。

また、男性不妊でも同様です。土台を整えることで、精子が元気でじょうぶで、活発な状態になっていきます。

【身体へ土台から整える方法】

「身体全体の調子を整えるためにできること」というと、どんなことを思い浮かべますか?

赤ちゃんを望んでいる方の中には、食事や運動、睡眠など生活習慣に気を使っている方も多いと思います。

加工食品を避けたバランスの良い食事や適度な運動、十分な睡眠時間などは、妊娠のしやすさにかかわってくるといわれています。

けれども、残念ながら生活習慣を変えるだけでは、長年にわたり崩れてしまった身体のバランスを整えることは難しいといえるでしょう。

生活習慣の改善だけでは難しい、身体の状態を変えるサポートをするのが漢方薬です。漢方では、不妊になっている方の多くが、「気」や「血」に問題があると考えます。また、東洋医学の考え方における内蔵のひとつ「腎」が弱っていることも不妊の原因です。

漢方の力を借りて、気血の不足や滞りを解消したり、腎の機能を高めたり不足を補ったりして、妊娠のしやすい身体づくりをめざしていきます。

長年の生活習慣が積み重なった結果が、今の身体です。そこを変えていくには、どうしても時間がかかります。

あきらめずにコツコツと続けることが、赤ちゃんに出会える第一歩です。バランスの良い身体づくりを継続していきましょう。

同じ病名でも身体の状態は、ひとりひとり違います。ひと言で「気血に問題がある」といっても、細かい状況は人それぞれ。

漢方薬を飲むときは、根本的な原因はどこにあるのかを見極めることがとても大切ですし、それは検査データには表れにくいものです。あなたが感じてる事を遠慮なく伝えられて、あなたが気づいていない事を引き出してくれるカウンセリングを重視している漢方薬局を選びましょう。
また、妊娠出産を目指すにあたって、漢方薬は煎じタイプであることも大切です。効果がしっかりしている事と、添加物が入っていない事が主な理由です。特に漢方薬を自社製造している薬局は、こだわりの原料から体に合わせて漢方薬を用意してくれるので、お勧めです。

一番は対面でのご相談ですので、カウンセリング・煎じ・自社製造の漢方を実施しているところを、まずは、ご近所でお探しください。ご近所に、そのような薬局・クリニックが無ければ、私たちにご相談ください(遠隔相談を実施しております)。
*予約が取りづらい状況ですので、早めのご連絡をお勧めいたします。

【このサイトには、妊活に関する様々な情報が掲載されていますので、いろいろご覧になってください。】

Comments are closed.