ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【不妊漢方相談】39歳女性の出産報告

【不妊漢方相談】39歳女性の出産報告

head045

札幌の漢方専門 なつめ薬局の阿部です。

今回は、出産の報告です。

日ごろから妊娠出産の報告はいただいていますが、

この方に関しては特に思い入れが強いので、紹介します。

病院の漢方薬と、他の薬局の漢方では妊娠しなかった

2018年の2月、40歳を目前にした女性が不妊症の漢方相談にきました。

それまで、病院の漢方、他の薬局の漢方、を服用し不妊治療していた人です。

漢方服用歴はその時点で4年にのぼります。

 

病院では、不妊にお決まりの当帰芍薬散エキス顆粒。

他の薬局では周期療法(生理周期に応じて使用漢方薬を変える方法です)。

を受けていたそうです。

 

当帰芍薬散自体は良い漢方薬ですが、

この方に使う漢方薬では無いように感じます。

 

周期療法も良い治療法ですが、

基本的根本的な体の状態を改善する方が優先です。

周期療法を行うのであれば、

それだけの身体状況にしてからでなければ効果はありません。

 

当帰芍薬散が不妊には良いと東洋医学会で発表されていたから・・・

とか、

周期療法は中医学の勉強会で推奨されているから・・・

とか、

ではいけません。

 

患者さん個人と向きあい、

漢方理論で分析して初めて、

必要となる漢方処方が明確になります。

ただどこかで発表された使い方をするだけでは良い結果にはつながらないのです。

漢方による不妊治療は、人本来の能力を引き出す事

私は、この方に、一般論で言えば不妊治療に用いない漢方薬を用いました。

なぜなら、妊娠云々の前に、健康力に関して根本的改善が必要だったからです。

用意したのは、その1種類だけです。

 

不妊相談なのに、用意したのは不妊に使う漢方ではない。

それでも、その方は妊娠し、無事出産までたどり着きました。

*具体的な漢方処方の構成は表記しません。人により必要な漢方成分は異なる為です。ご了承ください。

 

大切なのは、

人本来の健康力を引き出す事です。

人には本来、妊娠出産する能力が備わっているのですから。

 

特別な何かをするのではなく、

本当の意味で健康であればいいだけの話しなのです。

 

多くの人は、

現代の情報過多の世界で、

健康風味な、

まやかしの健康情報を実践し、

自ら不健康になっています。

 

医師・薬剤師など専門家までもが、

嘘か真か、真偽のわからない健康法に踊らされているように感じます。

 

情報は大切ですが人をみる方が重要です。

それが医療に従事する私たちの大前提です。

ご存知ですか?出産後の【うつ病】を。

妊娠とは身体の中で命を養う事。新しい命を誕生させるわけですから、たくさんのエネルギーが必要になります。そして出産は養った命(エネルギーの塊)を身体の中から外に出す行為で、お母さんはエネルギーを大量に失うことになります。出産後のお母さん産後うつの原因は、子育ての不安、社会的な孤立なども原因ですが、身体のエネルギー不足も原因です。出産後のうつを防ぐ・改善するために漢方を試してみませんか?

【妊活と漢方/札幌】夏こそ体を温める!冷え対策の生活習慣とは?

女性にとって冷えは大敵。妊娠を望んでいるなら、なおさらです。夏でも体は冷えている、という話を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。または暑く感じているから自分は冷えていない!と思っている人もいるかもしれません。しかし、冷房や冷凍・冷蔵庫が完備された現代では、涼しい室内でキンキンに冷えたものを食べたり飲んだりしていたら、体は冷えていく一方です。冷えにくい体をつくる6つの生活習慣を取り入れて、冷え知らずの夏を過ごしましょう。

マグロを食べると妊娠率アップ!?

今回はマグロを食べると体外受精の治療成績が上がる!というお話です。「マグロで妊娠率アップ!?」「え?どういうこと??」…

【男性不妊】と食事から摂る脂肪の関係

以前、女性ではマグロやイワシなどの魚を食べると血液中にオメガ3系脂肪酸であるEPA・DHAが多く含まれ、結果体外受精での妊娠率が上昇したという研究結果についてのお話ししましたが、実は女性の不妊だけでなく、男性の不妊に関しても食事から摂取する脂肪酸が大きな影響を及ぼしているという海外の研究があるんです。

【多嚢胞性卵巣と漢方/札幌】不妊の原因となる多嚢胞性卵巣とは?

女性の20人に1人はなっているといわれる多嚢胞性卵巣。排卵がうまくいかないため不妊の原因の一つです。超音波検査をして多嚢胞性卵巣だといわれた方もいるのではないでしょうか。多嚢胞性卵巣とはどういう状態なのか、治療にはどういったものがあるのかについてご紹介します。

葉酸は取り過ぎても胎児異常になりますよ

妊娠前・妊娠中に葉酸を取ろう!というのは今や常識になりつつありますが、葉酸を取り過ぎると胎児に先天性異常が現れる事は、あまり知られていないようです。妊娠に向けて、葉酸のことをいろいろ調べている方も多いと思います。ぜひご参考にしてください。

1生理周期で【妊娠する確率】を知っていますか?

人間は、他の哺乳動物と比べると【妊娠率】が低いと言われていますが、具体的にどのくらいなのかご存知ですか?健康で何の問題も無いカップルでも、お子さんを希望してタイミングを合わせるようにしてから1周期あたりで考えてみると驚きの確率なんです。

【男性不妊と漢方/札幌】身の回りの化学物質が男性不妊の原因になっている!?

男性側に不妊の原因のある割合はどれくらいかご存知でしょうか?不妊症カップルの少なくとも48%で男性にも不妊の原因があるとされています。妊娠を望んでいるカップルであれば、精子の働きは気になるところですが、私たちが日常使っている日焼け止めや歯磨き粉、食品添加物などに含まれている化学物質が精子の機能に直接的に影響しているという研究結果が報告されました。

【季節の変わり目】に弱い方は妊娠しづらいかも!?

「季節の変わり目には体調を崩すし、気分もあまり良くないの。」という方、妊娠しにくいかもしれません。季節の変わり目に体調を崩すのはいろいろな原因がありますが、影響力が大きいのが、ホルモンとも関係の深い【自律神経のバランスが悪い】ことです。

【不妊と漢方/札幌】妊活中のガタガタ基礎体温を改善する

妊活をしようとしている皆さん、妊活中の皆さんは、基礎体温をつけていますか?自分の体のことを知る方法のひとつに、基礎体温があります。基礎体温を毎日測るメリットは、いろいろありますが、実際に測定を始めると、予想しているよりも続けるのが大変ですし、思うような結果が現れないというケースも多いです。そのような時は漢方という方法がありますよ!

コメントは締め切りました