ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【不妊漢方相談】39歳女性の出産報告

【不妊漢方相談】39歳女性の出産報告

head045

札幌の漢方専門 なつめ薬局の阿部です。

今回は、出産の報告です。

日ごろから妊娠出産の報告はいただいていますが、

この方に関しては特に思い入れが強いので、紹介します。

病院の漢方薬と、他の薬局の漢方では妊娠しなかった

2018年の2月、40歳を目前にした女性が不妊症の漢方相談にきました。

それまで、病院の漢方、他の薬局の漢方、を服用し不妊治療していた人です。

漢方服用歴はその時点で4年にのぼります。

 

病院では、不妊にお決まりの当帰芍薬散エキス顆粒。

他の薬局では周期療法(生理周期に応じて使用漢方薬を変える方法です)。

を受けていたそうです。

 

当帰芍薬散自体は良い漢方薬ですが、

この方に使う漢方薬では無いように感じます。

 

周期療法も良い治療法ですが、

基本的根本的な体の状態を改善する方が優先です。

周期療法を行うのであれば、

それだけの身体状況にしてからでなければ効果はありません。

 

当帰芍薬散が不妊には良いと東洋医学会で発表されていたから・・・

とか、

周期療法は中医学の勉強会で推奨されているから・・・

とか、

ではいけません。

 

患者さん個人と向きあい、

漢方理論で分析して初めて、

必要となる漢方処方が明確になります。

ただどこかで発表された使い方をするだけでは良い結果にはつながらないのです。

漢方による不妊治療は、人本来の能力を引き出す事

私は、この方に、一般論で言えば不妊治療に用いない漢方薬を用いました。

なぜなら、妊娠云々の前に、健康力に関して根本的改善が必要だったからです。

用意したのは、その1種類だけです。

 

不妊相談なのに、用意したのは不妊に使う漢方ではない。

それでも、その方は妊娠し、無事出産までたどり着きました。

*具体的な漢方処方の構成は表記しません。人により必要な漢方成分は異なる為です。ご了承ください。

 

大切なのは、

人本来の健康力を引き出す事です。

人には本来、妊娠出産する能力が備わっているのですから。

 

特別な何かをするのではなく、

本当の意味で健康であればいいだけの話しなのです。

 

多くの人は、

現代の情報過多の世界で、

健康風味な、

まやかしの健康情報を実践し、

自ら不健康になっています。

 

医師・薬剤師など専門家までもが、

嘘か真か、真偽のわからない健康法に踊らされているように感じます。

 

情報は大切ですが人をみる方が重要です。

それが医療に従事する私たちの大前提です。

【子宮内膜症と漢方/札幌】子宮内膜症による不妊と漢方

妊娠を望んでいる方の中には、子宮内膜症を患っている方も少なくないでしょう。子宮内膜症と不妊は大きく関係しています。子宮内膜症とはどのような病気なのかを理解して、妊娠に向けてできることを確認していきましょう。漢方を使って妊娠しやすいからだへと体質改善していくことが大切です。

【妊娠報告】いただきました!

なつめ薬局の漢方を5か月続けてくれた30代の方より妊娠の報告をいただきました!毎度のことながら、妊娠報告は本当に嬉しいですね。体外受精などは実は身体に負担がかかり、かなり消耗してしまうんです。そうなってしまう前になつめ薬局の漢方を始めていただいた事が早い段階での妊娠につながりました!

マグロを食べると妊娠率アップ!?

今回はマグロを食べると体外受精の治療成績が上がる!というお話です。「マグロで妊娠率アップ!?」「え?どういうこと??」…

【妊活】と【運動】の関係を。

今回は運動が及ぼす妊活への影響についてお話しますね。実は【運動】と【妊娠】の関係については様々な検証が行われているんです。いったいどんな運動が妊活によいのでしょうか?

【妊活中の運動と漢方/札幌】妊活中も運動は大切!でも、できないときはどうしたら良い?

不妊に悩んでいる方の中には、生活習慣に気をつけて毎日を過ごしているという人も多いのではないでしょうか。妊娠しやすい体づくりのために、睡眠や食事、運動などの生活習慣は大切です。特に運動で体をしっかり動かすと、全身の血のめぐりが良くなり、卵子や子宮、精子が元気になっていきます。けれども、忙しさや新型コロナウイルスの流行などで思うように体を動かすことができないという悩みもあることでしょう。どうしても運動ができない場合は、運動以外で血のめぐりを良くしていく必要があるのです。

【不妊/漢方薬局】妊活中の甘いものが妊娠を遠ざける?知っておきたい甘いものとの付き合い方

妊活中に「妊娠するためにはコレがいい!」と言われるものがたくさんあり、さまざまな食品やサプリをとっている方がいるかもしれません。しかし、実は摂らない方が妊娠に近づくものがあり、「甘いもの」はその一つです。精製糖、人口甘味料、黒糖、甜菜糖などたくさんの種類がありますが、身体によいもの、よくないものを知っておくことは妊活にはとても大切です。

【不妊治療中】に【うつ】になりやすい理由と予防法

不妊治療は夫婦で乗り切るものです。しかし、不妊治療は母体への身体的な負担は大きく、周囲からのプレッシャー、焦り、通院の負担など、女性側が受けるストレスの比重が大きいといえます。落ち込みがあったり、ふと涙が出てきたり、不安で押しつぶされそうになることも多いでしょう。そんな時に「自分はもしかしたらうつ病なのかも?」と気になったり、「事前の予防法を知りたい」という方も多いと思います。不妊治療時のうつが気になる方は、今回の記事を参考にしてくださいね。

【不妊と漢方/札幌】子宮の中に細菌が!?妊娠・出産との関連とは!?

長い間、子宮の中に細菌はいないと考えられていました。ところが、最近の進んだ技術により子宮内にも細菌がいることがわかってきました。さらに近年では、膣や子宮に住んでいる細菌と妊娠や流産、早産などの関係を調べた報告が増えてきています。いったいどんな細菌がどんな影響を与えているのでしょうか。

子宮内膜症だけど妊娠したい!漢方による治療が効果的な理由とは?

子宮内膜症は妊娠可能な年齢の10人に1人が発症するともいわれています。子宮内膜症になったら妊娠できないの?治療法はあるの?と気になっている方へ、漢方による効果的な治療法についてご紹介します。正しい知識を得て、赤ちゃんを迎える準備をしましょう。

【不妊と漢方/札幌】多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できますか?

最近、「多囊胞性卵巣でも妊娠できますか?」というお問い合わせが増えています。特に妊娠、出産をご希望の方は、多囊胞性卵巣という病気をそのままにしておくと妊娠のタイミングを逃してしまいがちになります。少しでも早い時期に妊娠、出産に向けた身体づくりをしていくことが大切です。そこで、今回は多囊胞性卵巣症候群とはどのような病気なのか?多囊胞性卵巣症候群でも無事に妊娠、出産ができるのか?についてのお話です。

コメントは締め切りました