ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【喘息】漢方で分析する咳の考え方とは。

【喘息】漢方で分析する咳の考え方とは。

苦しい顔をした女性

札幌の漢方専門なつめ薬局の藤本です。

 

東洋医学においては、秋とは大気が乾燥し、冬に向けて自然界の気が陽から陰に変わっていく時期です。

この時期に咳がひどい、咳が長く続くといった症状に悩まされる方も多いのではないでしょうか?

 

咳は大きく分けて2つ

大気の乾燥やウイルスなど外部からの影響を受けておきる咳、

それと「肺」の乾燥や「腎」の弱り、ストレスの影響などから臓腑の機能失調によって起こる咳があります。

 

上記にあります「肺」。

これは大気の乾燥により秋に不調を訴えやすい臓器なんです。

西洋医学では肺は呼吸機能を司りますが、東洋医学において「肺」とは呼吸機能の他に、水分代謝や免疫機能も担っています。

 

そのため「肺」の潤いが不足し機能低下が起こると、咳や痰、息切れ、喘息といった呼吸障害だけでなく、むくみや頻尿、尿量の減少、発汗といった水分代謝に関わるトラブル、

そして風邪を引きやすくなるなどの免疫に関わるトラブルが生じやすくなります。

 

肺の機能低下による主な症状は

 

エネルギーの不足:普段から咳をしやすい、力のない咳、息苦しさ、透明な痰、疲れやすい

 

「肺」の水分が不足:乾いた咳、午後や夕方から悪化する咳、口や喉の渇き、粘り気のある痰、午後から微熱が出る、手足のほてり、寝汗

 

身体に余分な水分が溜まっている:重く濁った咳、朝方の急な咳き込み、痰が多い、もたれや食欲低下、だるさ

 

身体に余分な水分と熱が溜まっている:激しい咳、朝方の急な咳き込み、喉で痰の音(ゴロゴロ)がする、黄色い痰、痰が多い、口が渇く

 

などになります。皆様の症状は当てはまりますでしょうか?

病院でもらった薬を飲んでも咳が治まらない、薬を飲み終わったら症状がぶり返してしまうという様な方は、身体の内側からのアプローチ…体質改善が必要かもしれません。

 

秋に旬を迎える柿、梨、落花生、銀杏、きくらげ、青梗菜などには肺を潤し咳を止めてくれる作用があるのでお勧めです。肌も潤してくれますよ!

ただし、摂り過ぎは逆に身体の不調を招きますのでご注意を。

 

それでも治らない、という方はなつめ薬局の漢方を試してみては如何でしょうか?

 

咳の原因は「肺」の機能低下の他にも体力の低下・ストレス・暴飲暴食・加齢など色々あります。

過ごしやすいからと言って頑張りすぎず、旬の食材をしっかり摂って冬の寒さに対抗できる体力・気力を養ってください。

 

【妊活】と【運動】の関係を。

今回は運動が及ぼす妊活への影響についてお話しますね。実は【運動】と【妊娠】の関係については様々な検証が行われているんです。いったいどんな運動が妊活によいのでしょうか?

【不妊と漢方/札幌】子宮の中に細菌が!?妊娠・出産との関連とは!?

長い間、子宮の中に細菌はいないと考えられていました。ところが、最近の進んだ技術により子宮内にも細菌がいることがわかってきました。さらに近年では、膣や子宮に住んでいる細菌と妊娠や流産、早産などの関係を調べた報告が増えてきています。いったいどんな細菌がどんな影響を与えているのでしょうか。

【妊活中】の【食事】を考えるために。

妊活相談をお受けする際に重要視している事があります。それは食事についてです。そして、食事内容を考える際に重要になるのが、「痩せているのか?太っているのか?」ということです。

【冷え性】どなたにでも効果があるポカポカポイント

不妊でお悩みの皆さんに共通する体質の一つに【冷え性】があります。冷え性対策をしている方もいらっしゃるのですが、ご自分の状態には合っていない間違った方法をしている方が多くいらっしゃいます。冷え症の原因は人によって違いますので、その改善方法も人それぞれ異なりますが、今回はどなたにも効果的な温めポイントをお伝えします!

【子宮筋腫と漢方/札幌】あなたの不妊やひどい生理痛、経血過多の原因は?子宮筋腫が及ぼす影響と漢方薬の活用

妊娠を目指しているけど中々うまくいかない、立っていられないくらい生理痛が酷くて仕事や日常生活にも支障が出ているような月経にともなう辛い症状、貧血気味で眩暈や立ちくらみが多く疲れやすさを感じている、腰痛があるため整体に行くけど全然改善しない、、、などの症状で婦人科にかかった時や、普段は無症状で過ごしていたけど子宮がん検診を受けた際に指摘される事が多いのが子宮筋腫です。今回は子宮筋腫の種類や症状及ぼす影響と漢方の活用についてです。

ご存知ですか?出産後の【うつ病】を。

妊娠とは身体の中で命を養う事。新しい命を誕生させるわけですから、たくさんのエネルギーが必要になります。そして出産は養った命(エネルギーの塊)を身体の中から外に出す行為で、お母さんはエネルギーを大量に失うことになります。出産後のお母さん産後うつの原因は、子育ての不安、社会的な孤立なども原因ですが、身体のエネルギー不足も原因です。出産後のうつを防ぐ・改善するために漢方を試してみませんか?

排卵障害改善に役立つ習慣とは

今回は日常的な運動が卵巣機能に良い影響があるというお話です。あなたは1週間にどれくらいの時間を運動に費やしていますか?排卵障害に悩む方は必読です。

【症例報告/不妊】低温期なのに体温が高いあなたが不妊である理由。漢方薬でいう陰虚とは?

赤ちゃんを望んで病院で不妊治療もしているのに授からないのは何故なんだろう…?基礎体温は標準より高いけど病院では他に特に問題はないと言われているし…など、悪いところは特に見当たらないし色々頑張っているのに妊娠できないというその不妊体質、漢方薬だったら改善できる可能性があります!今回は漢方薬でいう【陰虚】が原因の不妊でお悩みだった女性のご相談例を一つご紹介します。

【妊娠/妊活/札幌】なかなか妊娠できず悩んでいる方へ、不妊改善のためにできること

赤ちゃんができない…と悩んでいる方の多くは病院で原因を調べたことがあるのではないでしょうか。検査をしても異常がなかったり、病名はついたけれど治療の効果が出ていなかったりする方はめずらしくありません。東洋医学では身体全体のバランスを総合的にみていきます。崩れているバランスを見極めてそこを回復させることで結果として出ている症状が改善していきます。漢方の力を借りて妊娠のしやすい身体づくりをめざしていきませんか。

卵子の老化を進める皆がしている習慣とは

メラトニンという卵子の老化に関係しているホルモンをご存知ですか?日本において、メラトニンは卵子の数や質の低下を遅らせる働きをしている、つまりメラトニンは卵子のアンチエイジングに役立っているという研究があります。メラトニンとは何なのか?どうすれば増えるのか?をお話ます。

コメントは締め切りました