ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【逆子】の原因のアレとは??漢方的逆子の考え方

【逆子】の原因のアレとは??漢方的逆子の考え方

head0038

札幌の漢方専門なつめ薬局の阿部です(^^)/

 

少し前の出来事ですが、こんな事がありました。

札幌・漢方専門 なつめ薬局に通っていただき冷えを改善し妊娠できた方がいらっしゃいました。その方は、医師から余計な物は飲まない方がいいと言われ、妊娠とともに漢方を止めてしまいました。私は漢方で冷えを改善し妊娠できたとはいえ、元々の性質が冷えに寄っているので、少なくとも出産を終えるまでは服用した方がいいとお伝えしました。ですが、結局、漢方を止めてしまったんですね。そして、数ヵ月後、その方から連絡がありました。

「妊娠後期に逆子になってしまった・・・」と。

【逆子】は【骨盤位】という呼び方もしますが、胎児の頭が正常な位置に無い状態です。正常な頭位に比べると通常分娩ではリスクが高くなります。

 

東洋医学では、逆子の原因の一つとして、冷えを挙げています。母体が冷えることで、胎児は温かい場所を求めて、母体の心臓方向に頭を向けると考えています。妊娠準備のためだけでなく、妊娠後も正常な分娩に辿り着くために漢方は続けた方が良い物です。漢方は余計な物ではないのです。

しかも、漢方専門なつめ薬局の漢方薬は、厳しい基準をクリアした原料と水だけでオーダーメイド製造しています。病院やドラックストアで手に入る漢方よりも使用期限がずっと短いのは、保存料を使用していないためです。ですから、妊婦さんでも安心して続けることができるのです。

結局、この方は帝王切開で出産しました。漢方を続けていても、逆子になってしまう事はありますが、この方は、あの時、漢方を中止したことを悔いていました・・・

漢方薬は妊娠中でも服用した方が良い物です。妊娠中でも問題の無い成分がほとんどです。妊娠中のトラブル回避のチカラになります。とは言っても、一部には気をつけなければいけない漢方薬もありますので、ご自身の判断で漢方を選ばずに、専門家にご相談いただくのが一番です。そして、実際に服用するなら、保存料などが入っていない漢方薬を服用するのがベストです。

 

漢方薬は、逆子対策の他にも、授乳のトラブル対策だったり、抜け毛対策だったり、老け見え対策だったり、二人目不妊対策だったり、出来る事がたくさんあるんです!もちろん授乳中でも服用できますよ(^_^)/

30代後半・40代からの【不妊治療】

最近の不妊漢方相談の方々が口をそろえて、「年齢の事があるので焦ってます。手遅れですか?もう無理ですか?何とかなりませんか?」とおっしゃいます。いろいろな情報を目にして、焦りを感じているようですね。妊娠出産は確かに年齢の影響を受けます。でも、何とかなります!が、、あることが必要です。

【花粉症】辛いシーズンを乗り越える方法とは。

北海道に住んでいると暖かくなるのを心待ちにしていますが、花粉症でお悩みの方たちにとっては憂鬱ですよね。花粉症がひどくなると、頭が重い、ボーッとして熱っぽくなる、倦怠感を伴うなどの全身症状も出て辛い毎日を送ることになります。花粉症にならないためにも悪化しないためにも必要なことをお話します。

【不育症と漢方/札幌】病院で出来る事は少ないのが不育症。漢方的な考え方とは?

赤ちゃんを望んでいる方の中には、妊娠はするけれど出産まで至らず悩んでいる方も多いでしょう。不育症を改善するためにはどのようなことができるのでしょうか。西洋医学では様々な治療もスムーズに解決に結びつかないことが多いというのが実情ですが、漢方では患者さん一人ひとりの体質を見極め赤ちゃんがお腹の中で元気に成長できるようにお母さんのカラダ全体のバランスを整えていくことができます。

【癌と漢方/札幌】がん治療と漢方薬にできること

日本人のがん患者は増えつづけています。厚生労働省の発表によると、2016年の1年間で約100万人の方が新たにがんと診断されました。一生のうちでがんになる方は2人に1人の計算です。がん治療の中心は西洋医学的な手法です。けれども、漢方薬にも大きな役割があります。からだのバランスを整えてがんと戦う心身の土台をつくっていくことができます。

【アトピーと漢方/札幌】アトピー性皮膚炎とは?漢方を活用してステロイド治療の無限ループから抜け出そう

かゆみや皮ふの状態がつらいアトピー性皮膚炎。患者数は増加し続けており、厚生労働省の調査によると、2017年の日本国内における患者総数は51万人を超えるということです。症状や治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。また、漢方におけるアトピー性皮膚炎についての考え方もご紹介します。

年齢とともに痩せにくくなったカラダも 漢方ダイエット でスッキリ健康的に

「 ダイエット をしても若い頃のように 痩せない ……」「 漢方 が ダイエット に効くと聞くけれど、何を選んだらよいのか分からない」このような悩みを持っている40代以上の方も多いのではないでしょうか。更年期にさしかかる40代は、脂肪をためやすく痩せにくいカラダになるといわれています。痩せにくくなったカラダで…

ご存知ですか?【自律神経失調】という状態を。

自律神経のバランスが崩れてしまうと、動悸・息切れ・めまい・頭痛・肩こり・不眠・イライラ・体のだるさ・気力の低下・発汗・下痢・便秘・食欲不振・むくみ・手足の冷えなど様々な体の不調が現れるのですが、辛くて病院にかかっても検査では特に異常が見つからなかったり…漢方を飲んで生活改善と食生活の見直しを図る事で上記のような辛い症状が改善されていきます。一度漢方を試してみては如何でしょうか?

【高プロラクチン血症】と言われたら。

高プロラクチン血症といわれたら、あなたはどうしますか?はっきりと原因がわからないことも多いですが、そんなときにも漢方もが活躍します。

女性の 薄毛 ・ 抜け毛 はカラダ全体のバランスを整えることで解決しましょう。 漢方 で出来る事。

更年期にさしかかる40代から薄毛が気になり始める女性が多いものの、20代、30代の若いうちから髪の薄さに悩んでいる方も少なくありません。体質だから、もう年だから、とあきらめてしまっている方はいないでしょうか?薄毛の原因となっているカラダ全体のバランスの崩れを根本的に改善できれば、頭皮の状態が良くなり髪の毛の状態も良くなってきます。漢方は、この崩れてしまったバランスを正しく整える手助けをします。

【春の不調】漢方理論からみた原因とは。

春になり進学や転勤など新しい環境で生活を始められる人も多いことと思います。早く新しい生活に慣れようと焦りが生まれ、必要以上に頑張りすぎてしまったり、無理をしてしまうことが心と体に負担をかけて自分を追い込んでしまうことになり、不調をもたらすことになってしまいます。そんなときは漢方の出番です。

コメントは締め切りました