ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

head0067

漢方専門 なつめ薬局の薬局長藤本です。

 

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?という記事はすでにお読みになりましたか?

読まれていない方は、まずコチラをお読み下さい。

 

上述の記事で着床不全や不育症改善にはビタミンDが大切というお話をしましたが、今回も【ビタミンD】についてのお話です。

 

ビタミンDは実は食事から摂り入れられるだけでなく、体内でも作られています。

日光に当たり、紫外線を浴びることでコレステロールから合成されているのです。

1980年代に世界規模でフロンガスが大量に消費され、紫外線を防ぐオゾン層の破壊が問題となってから、皮膚がんやしみを予防する為に紫外線対策が注目されるようになりました。

特に女性はしみの無い白いお肌を守るために紫外線対策に熱心に取り組んでいますよね。

しかし、実は必要なビタミンD量のうち、体内でコレステロールから合成される量と食事から摂取される分の比率は7:3

体内で合成される割合の方が格段に多いのです。

 

日本における研究で、20代女性101人を対象に日焼け止めクリームの使用頻度や食習慣などを調べたところ、日焼け止めクリームを週に3回以上使用したグループでは、血中のビタミンDの濃度が通年で「欠乏状態」だったとの結果が出ています。

 何事も適度が大切ですが、紫外線も適度に浴びることが大事なのですね。

 

あなたが

着床不全や不育症に悩んでる

紫外線対策を毎日ばっちり行っている

ビタミンDが豊富な魚やキノコ類などをあまり食べていない

という自覚があるなら、今の紫外線対策を少し見直してみてください。

 

 

しみは怖いですよね。

皮膚がんも確かに怖い。

 

でも、「今」のあなたにとって何が一番大事なことなのか、考えてみてください。

卵子の老化は日々着実に進んでいきます。あなたが赤ちゃんを授かるために動くタイミングは、今。この先、今より卵子が若くなることはありません。

 

食事を改善し、日に当たってビタミンDを体内で合成し、そこに漢方薬を取り入れて崩れた身体のバランスを調えて後押しをしてあげれば、赤ちゃんを授かるまでの時間がぐっと短くなります。

漢方専門 なつめ薬局の本格的な漢方薬で赤ちゃんを授かる身体の土台を作っていくのだと決断された方はご連絡ください。

漢方相談の枠には限りがあります。大変込み合っておりますので、ご希望の日時がある方はお早めにどうぞ。

【子宮筋腫と漢方/札幌】あなたの不妊やひどい生理痛、経血過多の原因は?子宮筋腫が及ぼす影響と漢方薬の活用

妊娠を目指しているけど中々うまくいかない、立っていられないくらい生理痛が酷くて仕事や日常生活にも支障が出ているような月経にともなう辛い症状、貧血気味で眩暈や立ちくらみが多く疲れやすさを感じている、腰痛があるため整体に行くけど全然改善しない、、、などの症状で婦人科にかかった時や、普段は無症状で過ごしていたけど子宮がん検診を受けた際に指摘される事が多いのが子宮筋腫です。今回は子宮筋腫の種類や症状及ぼす影響と漢方の活用についてです。
漢方 札幌 なつめ薬局

【漢方】どこで漢方治療を始めるか?病院・クリニック・薬局を選ぶときに気を付けるポイントとは?

漢方薬での治療を考えた時に、どこで、どのように、漢方薬を手に入れたらいいのか困ったり、悩んだりした経験はありませんか?今回の記事は、漢方薬のグレードや、漢方薬をどこで手に入れたらいいのかなど悩んだ時の参考にしていただければと思います。

ツライのにわかってもらえない事ありませんか?

なんだかめまいがする、寝る時に動悸がする、気持ちがイライラ・不安になる、気力が無くうつっぽい、寝ようとしても眠れない…このような症状のある皆さんに共通するのは、『病院で検査を受けても治療が必要な異常が認められない』という点です。漢方では治療方法も確立されていて漢方が得意とする分野でもありますよ!

【妊活】と【運動】の関係を。

今回は運動が及ぼす妊活への影響についてお話しますね。実は【運動】と【妊娠】の関係については様々な検証が行われているんです。いったいどんな運動が妊活によいのでしょうか?

【不妊漢方相談】39歳女性の出産報告

40歳を目前にした女性が不妊症の漢方相談にきました。その方は、それまで病院の漢方や他局の漢方を服用し不妊治療していました。漢方服用歴はその時点で4年にのぼります。不妊相談ですが、今回用意したのは不妊に使う漢方ではありません。それでもその方は妊娠し、無事出産までたどり着きました。

【喘息】漢方で分析する咳の考え方とは。

「肺」の潤いが不足し機能低下が起こると、咳や痰、息切れ、喘息といった呼吸障害だけでなく、むくみや頻尿、尿量の減少、発汗といった水分代謝に関わるトラブル。そして風邪を引きやすくなるなどの免疫に関わるトラブルが生じやすくなります。

【頻尿】トイレが近い!改善するための近道とは。

頻尿や残尿感など泌尿器系のトラブルでお悩みの方は多いと思います。今回は東洋医学からみた泌尿器のトラブルについてお話します。日常生活に支障が出てしまう前にお読み下さいね。

【不妊と漢方/札幌】妊娠しやすい睡眠とは?アメリカの研究でわかったこと

妊娠を望まれている方のなかには、日々の生活習慣を気にかけている方も多いのではないでしょうか?睡眠時間が短かったり不規則な生活であったりすると、不妊に影響しているのでないかと心配になることもあるかと思います。アメリカのボストン大学では、妊娠を希望している女性にアンケートをとり、どういった睡眠をとっていた女性が自然妊娠をしやすかったかについての研究を行いました。その結果は??

鎮痛剤・ピルに頼らない!漢方の力でつらい生理痛から解放されよう

学校や仕事を休むなど生活に支障をきたすほどの重い生理痛は「月経困難症」という病気になりますが、病院で検査しても原因が見つからないことがあるかもしれません。そんなときは東洋医学の出番です。一人ひとりの体質や体調に合わせた漢方の養生法で、生理痛のない生活を送れるようになりますよ。

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】鎖骨が痛い!?掌蹠膿疱症性骨関節炎とは?

私たちの薬局では、掌蹠膿疱症の漢方相談をたくさん受けていますが、胸・鎖骨のあたりに強い痛みを訴える方が時折いらっしゃいます。これは、掌蹠膿疱症性骨関節炎(しょうせきのうほうしょうせいこつかんせつえん)と言い、掌蹠膿疱症の合併症の一つです。掌蹠膿疱症は皮膚だけの病気ではありません。身体全体の性質が関係している病気なのです。

コメントは締め切りました