ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

漢方で 不安障害・パニック障害 を改善

漢方で 不安障害・パニック障害 を改善

head0122

突然理由もなく不安になり、ドキドキする、呼吸が苦しくなる…。次にいつまた同じように発作が出るのか不安が続いて日常生活を満足に送れない。こんな症状に悩んでいないでしょうか。

 

心配や不安が過度になり日常生活に支障が出ている状態は、心療内科や精神科を受診すると 不安障害 と診断されます。上に書いたようなパニック発作やそれに続く予期不安がある場合は、不安障害の中でも パニック障害 と分類されます。

 

薬や精神療法で治療が進められますが、なかなか不安やパニック症状が治まらず困っている方もいるでしょう。パニック発作が治っても、倦怠感やめまいなどの自律神経症状が続く方もいらっしゃいます。

 

こころとからだの両面に出る症状の改善は、漢方 が得意とするところです。

 

漢方 では西洋医学とは全く異なるアプローチで 不安障害・パニック障害 を治療します。漢方 の観点からみた不安障害・パニック障害とはどのようなものなのでしょうか。

 

不安障害・パニック障害 に対する西洋医学と 東洋医学 の考えの違い

 

まずは、西洋医学と東洋医学では、不安障害・パニック障害 について全く違う観点で見ていることを確認しましょう。

 

西洋医学では、不安障害・パニック障害 は脳の病気と考えられています。心身両面でのストレスなどが複雑に絡み合い、脳内の神経伝達物質のバランスが崩れてしまうことで、さまざまな症状が出るという理論です。

 

そのため、治療は脳に直接作用する薬の服用がメインとなります。対症療法として、神経伝達物質のバランスを調整するために、抗うつ薬や向不安薬が用いられます。

 

また認知行動療法などの精神療法が取り入れられることもあります。

 

しかしこういった治療で副作用に悩んでいる方や薬がなかなかやめられない方もいるでしょう。パニック発作が無くなっても、いつまでも身体症状が残っている方もいるかもしれません。

 

一方、東洋医学では脳のように局所的に問題があるのではなく、その症状が出やすくなっているからだ全体の環境に問題があると考えます。

 

ですので、西洋医学では同じ 不安障害 と名前がついても、東洋医学 の面から見ると、患者さんによって大元の原因は異なります。

 

人によってからだの環境の乱れ方や乱れる原因が異なるため、からだの環境を整える 漢方 の処方も変わってきます。

 

西洋医学での「不安障害・パニック障害には、この抗うつ薬」のように、「不安障害・パニック障害には、この漢方」とは単純に決められないので、気をつけてくださいね。

 

漢方 における気血水や五臓と不安障害・パニック障害 の関係

 

東洋医学 では、人間のからだは「気・血・水」という3つの要素でできていると考えます。

 

気・血・水が十分にあり全身をスムーズに巡っていると、心身は健康な状態です。逆に、過不足があったりどこかで停滞していたりすると、からだのバランスが崩れ症状が出てきます。

 

「気」は生命を維持するためのエネルギーのようなものです。精神や神経のはたらきに関与し、内分泌系を司るはたらきもあります。そのため気に異常があると、精神的な不調や自律神経症状が起こりやすくなるのです。

 

不安障害・パニック障害の患者さんにも、気に問題のある方が多くいます。

 

また、東洋医学 独自の内臓のとらえ方である「五臓」も、漢方 治療を考える上でとても大切です。

 

肝・心・脾・肺・腎を五臓といいます。西洋医学の臓器と名前は似ていますが、単純に内臓そのものを指すのではなく、はたらきも含めたもっと広い概念を指しています。

 

肝はストレスと関係が深く、気や血が不足するとうまく機能しません。また心、脾、腎も不安障害・パニック障害 の症状と深く関連しています。

 

五臓は西洋医学の内臓のようにそれぞれが独立してはたらいているわけではありません。互いに協力しあって全体のバランスを調整しています。ですから、どこかひとつ悪いところが出てくると、ほかの臓腑にも悪影響を与えます。

 

不安障害・パニック障害 における 漢方 治療

 

漢方 治療では、不安感やパニック発作などの症状を引き起こす、大元の原因を見極めることが重要です。

 

この見極めたものを「証(しょう)」と呼びます。体質や症状の現れ方を総合的に判断した東洋医学 独自の考えで、西洋医学でいう診断のようなものです。

 

証を判断するためには、外部からの刺激に対する反応の出方や体力の充実度、気・血・水の状態などをみていきます。漢方 は、証をもとに処方されます。

 

不安障害・パニック障害の方に多い証には、肝鬱気滞、脾気虚、心血虚、腎虚などがあります。

 

肝鬱気滞は、ストレスの影響を受けやすい肝の気が停滞している状態です。過度な緊張や息苦しさなどが現れます。肝鬱気滞の治療は、気の巡りを良くする 漢方 が用いられます。

 

脾気虚の方は、脾の気が不足して脾のはたらきが弱くなります。脾は、消化吸収や食べ物から取り出した気や水のもとを全身に運ぶはたらきを持つため、結果として全身の気も不足してしまいます。脾気虚は、漢方 により体力や気力を補う治療をします。

 

心血虚は、全身的に血が不足しており、特に心のはたらきが悪い状態です。心は精神活動と関連が深く、動悸や驚きやすくなるなどの症状が出ます。心血虚の方は、漢方 で心血を補うことが大切です。

 

腎虚は、腎の機能が低下しています。腎ははたらきの一つが生命エネルギーの貯蔵庫です。腎虚になるとエネルギーが不足して心身ともに全身が衰弱し、恐怖を感じやすくなります。腎虚の方は、腎を補う 漢方 を使って根本からのからだの立て直しが必要です。

 

このように西洋医学では同じ 不安障害・パニック障害 と呼ばれる症状でも、漢方 では患者さんによって治療法はさまざまです。

 

漢方 は、表に出てくる症状を抑えるのではなく、お一人おひとりの体質を考慮して根本からお悩みの解決を目指します。

 

そのためには、ご自身の証をしっかり判断できる人に 漢方 を処方してもらわなければなりません。

 

また有効成分だけを取り出して統一した基準で作られている西洋薬と違い、漢方 は同じ名前の薬でも、一部の成分だけが含まれている製品もあれば生薬を煎じて丸ごと摂取できるものもあります。

 

漢方 は複数の生薬で構成されていて、それぞれの成分が互いに影響してからだに作用します。ですので、漢方 を処方してもらう際は、品質の良い生薬を用いて 煎じ薬 を自家製造している 漢方薬局 を選ぶと良いでしょう。

【パニック障害と漢方/札幌】この不安はパニック障害!?症状にふりまわされないための方法

最近はスポーツ選手やタレントなどパニック障害を持っていると発表している著名人も少なくありません。パニック障害は100人に1人はかかることもあると言われておりめずらしい病気ではなくなりました。とはいえ、パニック障害をお持ちの方にとっては、外出意欲をそがれたり、何かにつけて無気力になったりする原因となってしまいます。パニック障害とはどのような病気なのかどのような治療法があるのかを理解して、不安に支配されない生活を取り戻しましょう。

【向精神薬が不安な方必見】漢方薬で起立性調節障害を治すには

朝なかなか起きられず学校にいけない子どもは、もしかしたら起立性調節障害かもしれません。病院を受診しようと考えているけれど向精神薬の使用に不安を持っている保護者の方には、心身への負担が少なくお子さんに合った治療が可能な漢方をおすすめします。

男性にも起こる更年期障害、漢方薬で治療してイライラや不調を改善しよう!

加齢による原因不明の様々な不定愁訴といえば、更年期障害を思い浮かべる方は多いかもしれません。その不調は女性だけではなく男性にも現れます。原因も症状も辛さも人それぞれですが、漢方ではあなたに合わせた対応ができます。…

うつの薬から脱却!漢方で回避できる

「朝起きるのがつらくて学校や仕事に行けない」「やる気が起きなくて食欲も出ない」などの症状があり、心療内科やクリニックを受診してみようか悩んでいる人は多いでしょう。一方、心療内科やクリニックを受診してもなかなか症状が改善されず、薬の量が増えていき悪循環の輪の中から抜け出せない、いわゆる薬漬けになってしまったという声も多く聞かれます。ここでは、うつの薬の副作用や問題点について解説しながら、漢方による考え方と効果についてご紹介します。

漢方 を使って一人ひとりの体質に応じた うつ病 ・ うつ症状の治療を

メンタルの病気は、西洋薬による薬物療法やカウンセリングなどを中心に治療が進められていくことが多いのですが、漢方も選択肢のひとつです。しかし、病院で処方される漢方と、東洋医学の理論で処方される漢方では異なる点があります。漢方の本来の使い方をみていきましょう。

子どものチック症は治るの?チック治療と“漢方薬”の関係

子どものチック症は西洋薬で症状の軽減を図る治療が主流ですが、それだけでは対応できないこともあります。病院では西洋薬に漢方をあわせる治療が増え、症状が良くなるケースも多く、漢方が効くと期待されています。ここでは子どものチック症に対する漢方の有効性についてご紹介します。

ツライのにわかってもらえない事ありませんか?

なんだかめまいがする、寝る時に動悸がする、気持ちがイライラ・不安になる、気力が無くうつっぽい、寝ようとしても眠れない…このような症状のある皆さんに共通するのは、『病院で検査を受けても治療が必要な異常が認められない』という点です。漢方では治療方法も確立されていて漢方が得意とする分野でもありますよ!

漢方で 不安障害・パニック障害 を改善

突然理由もなく不安になり呼吸が苦しくなる...いつまた発作が出るのか不安が続いて日常生活を満足に送れない...、このような不安障害やパニック障害は薬や精神療法で治療が進められますが、なかなか症状が改善しないという方には西洋医学とは全く異なるアプローチで治療する漢方がおすすめです。

【 うつ病 と 漢方 / 札幌 】うつ病を改善するために必要な取り組みとは。

「最近、やる気がでない」「何をするのもおっくうに感じる」「昔ほど趣味が楽しめなくなった」こういった症状が出ていたら、もしかしたらうつ病かもしれません。うつ病は、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、ゆううつな気分や意欲の低下といった状態が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状をともなうことも珍しくありません。今回はうつ病の原因や治療について、そして漢方で期待できることをみていきましょう。

【不妊治療中】に【うつ】になりやすい理由と予防法

不妊治療は夫婦で乗り切るものです。しかし、不妊治療は母体への身体的な負担は大きく、周囲からのプレッシャー、焦り、通院の負担など、女性側が受けるストレスの比重が大きいといえます。落ち込みがあったり、ふと涙が出てきたり、不安で押しつぶされそうになることも多いでしょう。そんな時に「自分はもしかしたらうつ病なのかも?」と気になったり、「事前の予防法を知りたい」という方も多いと思います。不妊治療時のうつが気になる方は、今回の記事を参考にしてくださいね。

コメントは締め切りました