ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

更年期障害 のつらい症状は 漢方 で改善しよう

更年期障害 のつらい症状は 漢方 で改善しよう

体調不良の女性

多くの女性が経験する 更年期障害。「最近不調だけれどもしかして更年期?」「いつまでこのツライ症状が続くのだろう」「自分の心身はどうなってしまうのだろう」と悩んでいる方も多いことでしょう。

 

更年期 のカラダの不調は多くの方は経験しますが、その症状の種類や重さは人それぞれです。カラダのどこを検査してもはっきりとした原因がわからない症状を不定愁訴といいますが、更年期 の症状はまさに不定愁訴そのものです。

 

不定愁訴の治療は、漢方 が得意とするところです。今回は、更年期障害 について見ていきましょう。

 

更年期障害 の症状は 漢方 が得意とするところ

 

女性の場合、閉経前後の約10年を 更年期 とよびます。人によって違いますが、だいたい50歳前後で閉経を迎える方が多いので、45〜55歳くらいが 更年期 と思っておくとよいでしょう。

 

中医学 では、女性は7の倍数の年齢のときにカラダに大きな変化が出るといわれています。7の倍数である49歳も、ちょうど更年期の真っただ中にあたります。

 

更年期 とよばれる年齢になると、生理の周期や日数、出血量などが不安定になってきます。その辺りから、さまざまな不定愁訴の症状がカラダのあちこちにあらわれてきます。

 

のぼせやほてり、突然の発汗、イライラ、頭痛、肩こり、めまいなど。眠りが浅くなったり、感情の起伏が激しくなる方もいるでしょう。

 

今まで健康で元気だったのに、突然の心身の変化に驚かれる方も少なくありません。

 

西洋医学では、更年期障害 は女性ホルモンの量が、年齢とともに大きくゆらぎながら低下していくことが原因と考えられています。その結果、ホルモン分泌の乱れにカラダがついていけず、自律神経がうまく働かなくなってさまざまな不定愁訴があらわれるのです。

 

西洋医学での治療法は、薬を使う薬物療法とカウンセリングや生活習慣改善などの非薬物療法にわかれます。

 

薬物療法は、女性ホルモンを補充する方法がよく行われています。しかし、がんや脳卒中などの副作用のおそれがあるため、ためらう方もいるでしょう。

 

また不定愁訴の症状を取り除くことを目的に、 漢方 も一般的に処方されています。しかし漢方 は、例えば西洋薬の痛み止めのように、同じ症状だからといって全員に同じ薬が効くわけではありません。

 

ましてや、更年期 は症状も人それぞれなので、安易に 更年期 特有の症状があるからといって、 漢方 の種類を選ぶのではなく症状の原因となる個人の体質に合った 漢方 を選ぶことが重要です。

 

漢方 からみる 更年期障害 の原因

 

女性は誰しも年齢を重ねると女性ホルモンの量が減り、閉経を迎えます。しかし、更年期障害 の症状は、ちょっと体調が悪いかな?という軽い方から、日常生活に支障が出る方まで、程度は人によって大きく異なります。

 

その原因は、症状の出方には個人の体質が影響しているからです。

 

漢方 では、人の臓器の働きを「肝・心・脾・肺・腎」の5つに分けて考え、これを五臓とよびます。

 

腎は老化やホルモン分泌を司っているため、更年期障害 と大きく関係しています。そのため加齢により腎の力が衰えてくると、体内のバランスが崩れさまざまな症状が表に出てきます。

 

また、漢方 では人のカラダは「気・血・水」という3つの要素で成り立っていると考えます。それぞれがバランスよく体内に満ちており、十分にカラダ中を巡っているとき、健康が保たれているのです。

 

更年期の女性のカラダでは気や血に問題がみられることが多く、血の流れがスムーズではなく滞っている「お血」、血や気が不足している「血虚」や「気虚」の状態になっている人が多くいます。

 

また気・血・水はそれぞれに影響を及ぼしあっているので、どこかのバランスが崩れると他の要素にも問題が生じてきます。

 

なお、ここでいう腎や血などは、西洋医学の腎臓や血液と名前が似ていますが、漢方 特有の考え方です。血虚でも、貧血検査で異常がみられないことはよくあります。

 

更年期障害 の 漢方 治療

 

先ほど、更年期障害 の症状の出方は、個人の生活習慣や体質が関係していると言いました。漢方 は、まさにその体質を整える役割を果たします。

 

加齢によるカラダの変化や外部からのストレスにビクともしないカラダをつくるためには、気・血・水の三本柱が整っていることが重要です。

 

漢方 からみた 更年期障害 のタイプには、肝腎陰虚、肝鬱気滞、痰湿阻絡などがあります。

 

肝腎陰虚は、肝の血が不足して腎に影響を及ぼし、腎陰が不足している状態です。倦怠感やほてり、イライラなどの症状が多くなります。

 

肝鬱気滞はストレスの影響を受けやすく、イライラや憂うつ感などメンタル面での不調が大きくあらわれます。気の流れが滞ると、血の巡りも悪くなってきます。

 

痰湿阻絡は、脾のエネルギーが不足するため余分な水分が体内にたまり、気の流れをじゃましている状態です。耳鳴りや吐き気、のぼせなどの原因になります。

 

漢方 は、不足しているものを補い、カラダの中を巡りやすくするように働きかけます。

 

けれども、病名や症状だけでは、どの 漢方 がその人に合うのかはわかりません。

 

たとえ同じ「イライラする」という症状でも、その原因となる体質は人それぞれです。一番の大元の原因が何かをしっかりと把握して、そこに働きかける漢方を選ぶことが重要です。

 

漢方 を服用する際は、ご自身のカラダのどこにアプローチすれば良いのかをしっかりと見極めて、それに合った 漢方 を処方してくれる 漢方薬局 を選びましょう。自社で 煎じ薬 を作っているところであれば安心です。

【子宮内膜症と漢方/札幌】子宮内膜症による不妊と漢方

妊娠を望んでいる方の中には、子宮内膜症を患っている方も少なくないでしょう。子宮内膜症と不妊は大きく関係しています。子宮内膜症とはどのような病気なのかを理解して、妊娠に向けてできることを確認していきましょう。漢方を使って妊娠しやすいからだへと体質改善していくことが大切です。

【症例報告/不妊】低温期なのに体温が高いあなたが不妊である理由。漢方薬でいう陰虚とは?

赤ちゃんを望んで病院で不妊治療もしているのに授からないのは何故なんだろう…?基礎体温は標準より高いけど病院では他に特に問題はないと言われているし…など、悪いところは特に見当たらないし色々頑張っているのに妊娠できないというその不妊体質、漢方薬だったら改善できる可能性があります!今回は漢方薬でいう【陰虚】が原因の不妊でお悩みだった女性のご相談例を一つご紹介します。

【更年期障害】 不快な症状を改善できるのは漢方薬です。

「検査で異常はないけれど、ほてりや汗などの不快な症状が出ていて辛い」、などのような様々な更年期障害の不快な症状の治療は漢方薬が一番得意としているところです。体のどこに問題がおきているかなどカウンセリングを通して患者様の状態をしっかり把握し漢方薬をオーダーメイドでお作りしています。漢方薬をしっかり服用し、併せて食生活や生活習慣も見直していくことで更年期障害は本質から改善できますよ。

【妊娠/妊活/札幌】なかなか妊娠できず悩んでいる方へ、不妊改善のためにできること

赤ちゃんができない…と悩んでいる方の多くは病院で原因を調べたことがあるのではないでしょうか。検査をしても異常がなかったり、病名はついたけれど治療の効果が出ていなかったりする方はめずらしくありません。東洋医学では身体全体のバランスを総合的にみていきます。崩れているバランスを見極めてそこを回復させることで結果として出ている症状が改善していきます。漢方の力を借りて妊娠のしやすい身体づくりをめざしていきませんか。

更年期障害 のつらい症状は 漢方 で改善しよう

更年期のカラダの不調は多くの方が経験しますが、その症状の種類や重さは人それぞれです。カラダのどこを検査してもはっきりとした原因がわからない症状を不定愁訴といいますが、更年期の症状はまさに不定愁訴そのものです。今回は、更年期障害についてみていきましょう。漢方が不定愁訴の治療を得意とする理由をお話します。

子供が欲しい方は【PMS】改善が必要です

あなたの生理は「ふつう」ですか?生理痛があったり気持ちが不安定になったり、、それは「ふつう」ではないかもしれません。まずは「ふつう」の生理に整えてあげるとぐっと妊娠へつながっていきますよ。

コメントは締め切りました