ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【妊活中の運動と漢方/札幌】妊活中も運動は大切!でも、できないときはどうしたら良い?

【妊活中の運動と漢方/札幌】妊活中も運動は大切!でも、できないときはどうしたら良い?

head043

札幌の漢方専門 なつめ薬局の阿部祐哉です。

不妊に悩んでいる方の中には、生活習慣に気をつけて毎日を過ごしているという人も多いのではないでしょうか。妊娠しやすい体づくりのために、睡眠や食事、運動などの生活習慣は大切です。

運動不足は、全身の血流を低下させ、冷えやホルモンバランスの崩れなど不妊の原因を引き起こします。

適度な運動は妊活にとって重要です。けれども、忙しさや新型コロナウイルスの流行などで、思うように体を動かすことができないという悩みもあることでしょう。

体をしっかり動かすと、全身の血のめぐりが良くなり、卵子や子宮、精子が元気になっていきます。

どうしても運動ができない場合は、運動以外で血のめぐりを良くしていく必要があるのです。

 

【運動不足と不妊の関係】

まずは、なぜ運動が妊娠しやすい体づくりにつながるのかを見ていきましょう。

ウォーキングやストレッチなどの適度な運動をすると、全身の血行が良くなり、卵巣や子宮内膜など生殖器官へも十分に血がめぐります。

血流が良くなると、ホルモンや栄養、酸素などがきちんと生殖器官に届き、卵の質も良くなります。

また、子宮内に古い血が溜まっていると着床しづらいのですが、どんどん新しい血が送り込まれることでフレッシュな状態が維持できます。

運動によって筋肉量が増えることも、妊娠を目指している方にとっては大きなメリットです。筋肉は体の中で熱を作ってくれるので、不妊の大敵である「体の冷え」に効果があります。

「強すぎる運動は、かえって妊娠にいたらない」という研究報告もありますので、ハードな筋トレをしてムキムキの筋肉質になる必要はありません。適度な運動でしなやかな筋肉が自然につくことを目指しましょう。

運動が大切なのは、女性だけではありません。男性も同じです。不妊の原因の半分は男性側にあるとも言われています。血流や良くなれば、元気な精子づくりや勃起能力の改善につながります。

 

【運動以外で血のめぐりを良くするには】

ここまでは、運動が妊娠にとってどのように良い働きをするのかを見てきました。

西洋医学では、子宮や卵巣、精子など、それぞれの生殖器官に問題があって不妊になっていると考えます。

しかし、運動は問題のある生殖器官に対して、ピンポイントに効くわけではありません。体全体の血流を良くすることで、結果としてそれぞれの生殖器官の状態が良くなるのです。

東洋医学では、西洋医学のように個別の生殖器官だけに注目しません。全身のパランスが崩れているため、妊娠にいたる機能が低下して、赤ちゃんが授かりにくい体になっていると考えます。

「気・血・水」という考え方が、漢方にはあります。これら3つのバランスが良い状態が、心身ともに正常な人間本来の姿です。

気・血・水のバランスが崩れていると、五臓六腑と呼ばれる内蔵の働きも悪くなり、体の機能がうまく働きません。

適度な運動によって体の調子が良くなったのは、気・血・水のめぐりが良くなり、バランスが整っていったからです。

不妊の場合、特に血と気の状態が大切です。

漢方治療で、血のめぐりを良くし、血の質も上げてあげると、妊娠しやすい体になっていきます。

気の滞りも、不妊につながります。気は、生命活動のエネルギー源です。ところがストレスが大きいと、気のめぐりが滞ります。

気が滞ると、ホルモン分泌のバランスが悪化して、生殖機能も低下してしまいます。ストレスは不妊に良くないと聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。

不妊治療中は、多かれ少なかれストレスを感じていることでしょう。不妊治療のストレスによりホルモンバランスが乱れ、さらに妊娠しづらい状態になるという悪循環にはまりがちです。

漢方治療では、傾いてしまった体のバランスを整えていきます。不足しているものを補ってあげることで、心身ともに本来のバランスの取れた状態へと戻ってゆくのです。

とはいえ、どのように崩れているのか、どこを補ってあげればより良い状態になるのかは、人によって違います。

漢方を服用するときは、体質をしっかりと見極めることができ、煎じ薬を処方してくれるところで治療することが大切です。

思うように運動ができない今こそ、漢方で気・血・水の状態を整えていきましょう。

 

【運動できなくても血のめぐりを良くしよう】

運動は、全身の血流を良くし、生殖機能の働きを改善します。

妊活中だけでなく健康に暮らしていくためには、とても大切な生活習慣です。けれども、運動ができない状況におちいってしまうこともあるでしょう。

妊活中は、1日1日が貴重で大切な日々です。運動ができないときこそ、血流の改善を見込める漢方の出番です。

もちろん血流改善以外にも、不妊の根本的な原因となる崩れたバランスを整える働きが漢方にはあります。

元気な赤ちゃんを迎えられるように、健康で調和のとれた体づくりをしていきましょう。

【妊活と漢方/札幌】夏こそ体を温める!冷え対策の生活習慣とは?

女性にとって冷えは大敵。妊娠を望んでいるなら、なおさらです。夏でも体は冷えている、という話を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。または暑く感じているから自分は冷えていない!と思っている人もいるかもしれません。しかし、冷房や冷凍・冷蔵庫が完備された現代では、涼しい室内でキンキンに冷えたものを食べたり飲んだりしていたら、体は冷えていく一方です。冷えにくい体をつくる6つの生活習慣を取り入れて、冷え知らずの夏を過ごしましょう。

【妊活中】の【食事】を考えるために。

妊活相談をお受けする際に重要視している事があります。それは食事についてです。そして、食事内容を考える際に重要になるのが、「痩せているのか?太っているのか?」ということです。

子供が欲しい方は【PMS】改善が必要です

あなたの生理は「ふつう」ですか?生理痛があったり気持ちが不安定になったり、、それは「ふつう」ではないかもしれません。まずは「ふつう」の生理に整えてあげるとぐっと妊娠へつながっていきますよ。

【冷え性】どなたにでも効果があるポカポカポイント

不妊でお悩みの皆さんに共通する体質の一つに【冷え性】があります。冷え性対策をしている方もいらっしゃるのですが、ご自分の状態には合っていない間違った方法をしている方が多くいらっしゃいます。冷え症の原因は人によって違いますので、その改善方法も人それぞれ異なりますが、今回はどなたにも効果的な温めポイントをお伝えします!

【妊活と漢方/札幌】食べる油の種類で妊娠のしやすさは変わるのか?取るべき油と避けたい油

妊娠・出産を希望している方の中には、食事に気をつかっている方も多いと思います。今回は、食の中でも油に注目して、科学的に研究された妊娠率との関連を紹介します。摂りたい油、避けたい油、あります。あなたはどんな油を摂っていますか?

卵管狭窄(閉塞)と言われました。漢方で妊娠はできますか?

「卵管狭窄(閉塞)と言われました。漢方で妊娠できますか?」この手のお問い合わせは実は多いです。この答えですが・・・これだけでは答えにくいです。ですが、「漢方は服用した方がいいです!」もちろんちゃんと理由があります。

【妊活とお酒とカフェインと】

【妊活】と【アルコール】と【カフェイン】と、妊活中に摂取していいかどうか、ご相談中にたくさん聞かれます。皆さんの関心がそれだけ強いんですね。このテーマは世界的にも関心が高く、ハーバード大学やコペンハーゲン大学からも研究報告が出されています!

【妊娠力】を高める【地中海食】とは?

【地中海食で妊娠率が上がる】という情報を聞いたことはありますか?これは海外での調査結果を基にした根拠のある情報なのですが、「おしゃれで、おいしそうな料理やワインがメインの華やかな料理を食べると妊娠しやすくなる!」と、少し勘違いしてる方もいるようなので、すごく簡単にですが説明しようと思います。

大豆食品は【出産率】を上げるのか?

ある研究では、大豆食品の摂取で環境ホルモンの不妊治療成績へのマイナスの影響が緩和されるという結果が出ています。しかし別の研究では違う結果も出ています。

夜間にスマホを使うと妊娠に悪影響?妊活に活用したい子午流注と漢方

現在妊活をしている方も、これから妊娠を考えている方も、夜間のスマホ利用は妊娠を遠ざける可能性があることを知っていますか?妊娠したいなら、夜にスマホを使わないほうがよい理由があります。西洋医学からみても東洋医学からみても、質の良い睡眠をとることは妊娠に向けてとても大切です。

コメントは締め切りました