ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

漢方 を使って一人ひとりの体質に応じた うつ病 ・ うつ症状の治療を

漢方 を使って一人ひとりの体質に応じた うつ病 ・ うつ症状の治療を

head0109

一日中気分が落ち込んで何をしても楽しく感じないなどの精神的な症状に加えて、眠れない、食欲がない、疲れやすいなど体の症状にも悩まされていないでしょうか。

 

こういった症状が続いている場合、うつ病 の可能性があります。

 

現在ではうつ病は日本人の13人に1人が生涯に一度はかかるといわれており、その数は増加の一途をたどっています。

 

メンタルの病気は、西洋薬による薬物療法やカウンセリングなどを中心に治療が進められていくことが多いのですが、漢方 も治療の選択肢のひとつです。

 

しかし、西洋医学の病院で処方される 漢方 と、東洋医学の理論で処方される 漢方 では異なる点があります。

 

どのような場合に 漢方 が役立つのか、また 東洋医学 からみた うつ病 のからだがどうなっているのか、そして 漢方 の本来の使い方をみていきましょう。

 

東洋医学 と うつ病

 

西洋医学で、うつ 病は脳の働きに何らかの異常が起こりさまざまな症状が出る病気とされています。うつ病 になりやすい遺伝的な性質があり、それにストレスなど何かのきっかけが加わって発症すると考えられているのです。

 

多くの場合、脳の働きに関係する物質に直接働きかける抗うつ薬 などの向精神薬が処方されます。また睡眠に問題がある場合は、睡眠導入剤など対症療法の薬が出されます。

 

西洋医学 では、表に現れている症状や検査結果をもとに病名がつけられて、それをもとに薬が処方されます。漢方 も例外ではありません。

 

一方、東洋医学 では、脳だけに注目することはありません。東洋医学 には心身一如という言葉があります。心身一如とは、心と体は別物ではなく、お互いに強い影響を与え合っているという考えです。

 

そのため、気分の落ち込みなどメンタルの症状が中心のうつ病も、からだ全体の機能を回復させることで治癒に導くことを目指します。

 

漢方 では、人の体は「気・血・水」という3つの要素で成り立っていると考えられています。気・血・水の3つがバランスよく機能していれば、心身ともに健康な状態です。

 

しかし、どれか一つでも不足したり循環が悪くなったりすると、体調不良や病気の原因となってしまいます。

 

詳しくは後から述べますが、うつ病 は、主に気や血に問題があることが多いのです。

 

東洋医学では、症状や検査結果から西洋医学のような病名をつけて 漢方 を出すわけではありません。患者さん一人ひとりのからだの状態を東洋医学独特の理論で分類して、それに基づき 漢方 を処方します。

 

そのため、西洋医学の病院で同じ病名がついたとしても、他のうつ病患者さんと同じ処方がされるわけではないのです。

 

うつ病 治療における 漢方

 

うつ病 の症状には、イライラする、気分が落ち込む、意欲がわかないなどといった精神的な症状と、睡眠障害、体のだるさ、食欲不振などの身体的な症状があります。

 

頭痛やめまい、のどの違和感、吐き気、肩こり、便秘、関節痛などの自律神経の乱れによる症状に悩まされる人も少なくありません。

 

症状が軽い場合は、漢方 のみで治療することも可能です(ただし、現在西洋薬を使って治療をしている方は、自分の判断で勝手に薬をやめることはしないようにしましょう)。

 

主症状である気分の落ち込みは、漢方 では気の異常と考えます。気は人の体を動かすエネルギーの源です。

 

気が不足している状態の「気虚」になると、疲れやすい、やる気が出ない、だるい、食欲がない、めまいがするなどの症状が出てきます。

 

気がうまく流れない状態の「気滞」では、イライラする、不安になる、気分が落ち込む、のどに違和感を感じるなどの症状が起こりやすく、お腹にガスがたまったり睡眠に問題が出てくることもあります。

 

「気逆」はストレスや怒りなどで気が逆行してしまっている状態です。本来、気は上半身から下半身へと流れるものですが、逆行すると頭の方に流れてしまいます。そのため、怒りっぽくなったり、のぼせや頭痛などの症状が起こったりします。

 

「気血両虚」とは、気の不足とともに、全身に栄養や酸素を運ぶ役割をする血も不足している状態です。気虚による症状に加えて、動悸や不眠など血虚の症状も現れます。

 

体の中ではさまざまな要因が複雑に絡まりあい、こういった状態になってしまっています。あなたの症状は何が大元の原因なのかを探り、原因に応じて気血水の過不足や流れを整える働きをする 漢方 を選ぶことが大切です。

 

主症状の治療のほかにも、漢方 は活用できます。抗うつ剤 で気分の落ち込みなどが良くなっても、やる気が出なかったり、のどの違和感や頭痛、肩こり、便秘など自律神経症状が残ったりすることがあります。漢方 は、こういった症状の改善が得意なので、抗うつ剤 では取りきれなかった症状を改善させていくことができます。

 

また抗うつ剤の中には、便秘や口の渇き、胃腸症状、めまい、ふらつき、尿が出にくいなどの副作用が出てしまう薬があります。基本的に副作用が強い場合は抗うつ剤が減量されますが、漢方 で副作用の症状を緩和させるケースもあります。

 

うつ病 の漢方治療 における注意点

 

西洋薬や一般的な病院で処方される 漢方 は症状に対して薬を処方するので、同じような症状の患者さんは同じような薬を飲むことになります。

 

けれども 漢方 の場合、診るのは症状だけではなく、患者さんの体質や現在のからだ全体の状態です。ですから、同じような症状であっても、人によって処方される 漢方 は異なります。

 

西洋医学と東洋医学では、同じ 漢方 という言葉を使用していてもアプローチの仕方が違います。「西洋医学の病院で 漢方 を処方されているけれど、いまいち効いている気がしない」という方でも、東洋医学での理論で診立てて、本来の使い方で処方されればよくなる可能性があります。

 

漢方 を処方してもらうときは、しっかりと全身状態を見極めてくれる 漢方薬局 を選びましょう。うつ症状が出ている根本的な原因を探るためには、生活習慣も含めてしっかりと話を聞いてくれる漢方薬局かどうかがポイントです。

 

ただし、東洋医学の 漢方 だからといって、どこの 漢方薬局 の 漢方 も品質が同じなわけではありません。

 

漢方薬 は、粉 や エキス、煎じ薬など異なる形状で流通していますが、煎じ薬がおすすめです。また、原料である薬草を一つひとつ厳選するところから品質に責任を持ち、自社製造している漢方薬局を選ぶと良いでしょう。

【不妊治療中】に【うつ】になりやすい理由と予防法

不妊治療は夫婦で乗り切るものです。しかし、不妊治療は母体への身体的な負担は大きく、周囲からのプレッシャー、焦り、通院の負担など、女性側が受けるストレスの比重が大きいといえます。落ち込みがあったり、ふと涙が出てきたり、不安で押しつぶされそうになることも多いでしょう。そんな時に「自分はもしかしたらうつ病なのかも?」と気になったり、「事前の予防法を知りたい」という方も多いと思います。不妊治療時のうつが気になる方は、今回の記事を参考にしてくださいね。

漢方で治った!抑うつ症状が改善

「朝起きられない」「学校や会社に行けない」「夜眠れない」「やる気が起きない」「気分が落ち込みやすい」など、こころの不調はSOSのサインです。気づいたときは早めに相談したり対処したりすることが大切です。心療内科やメンタルクリニックを受診するほどではないけれど、こころの不調を感じている、そんな方は1人ひとりの状態を丁寧に聞きとり、自身のチカラを引き出してくれる漢方による治療法を提供してくれる漢方専門の薬局に相談してみませんか?

ご存知ですか?【自律神経失調】という状態を。

自律神経のバランスが崩れてしまうと、動悸・息切れ・めまい・頭痛・肩こり・不眠・イライラ・体のだるさ・気力の低下・発汗・下痢・便秘・食欲不振・むくみ・手足の冷えなど様々な体の不調が現れるのですが、辛くて病院にかかっても検査では特に異常が見つからなかったり…漢方を飲んで生活改善と食生活の見直しを図る事で上記のような辛い症状が改善されていきます。一度漢方を試してみては如何でしょうか?

うつの薬から脱却!漢方で回避できる

「朝起きるのがつらくて学校や仕事に行けない」「やる気が起きなくて食欲も出ない」などの症状があり、心療内科やクリニックを受診してみようか悩んでいる人は多いでしょう。一方、心療内科やクリニックを受診してもなかなか症状が改善されず、薬の量が増えていき悪循環の輪の中から抜け出せない、いわゆる薬漬けになってしまったという声も多く聞かれます。ここでは、うつの薬の副作用や問題点について解説しながら、漢方による考え方と効果についてご紹介します。

PMS(生理前症候群)の改善方法

PMSは生理前症候群とも呼ばれていて、生理が始まる3~10日ほど前から起こる、からだやココロの不快な症状のことです。PMSは、排卵後の女性ホルモンの急激な変化が関係していると言われていますが、はっきりとした原因はわかっていません。PMSの改善には薬による治療とそうでない治療のふたつの方法が考えられますが、PMSから本当に解放され気にせず過ごしたいのであれば、対処療法ではなく薬に頼らない根本からの治療が必要です。

パニック障害に漢方薬は使える?漢方的解釈とともに解説

パニック障害は適切な治療を続けることで治る心の病気ですが、治療期間が長引いたり、薬が合わなかったりしてお困りの方がいらっしゃると思います。一般的な治療薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)や抗不安薬だけでなく、漢方もパニック障害の治療に効果があることが分かっています。

【起立性調節障害と漢方/札幌】朝起きられない、学校に行けない…辛い起立性調節障害から抜け出す方法とは

現在、あなたのお子さんが「朝起きられない」「午前中は特に調子が悪く、朝ごはんも食べられない」「強い怠さや眠気を訴える」そんな状態であるならば、それは自律神経失調症状のひとつである【起立性調節障害】と呼ばれる病気かもしれません。小学校高学年から中学生の時期に多いと言われる起立性調節障害ですが、なつめ薬局には高校生も多くご来局されていますよ。漢方で改善した16歳の女性の例をご紹介しますね。

【慢性疲労症候群と漢方/札幌】慢性疲労・だるさ・倦怠感に抗うつ剤は有効か?

何となくだるい、やる気が出ないなど、明らかな病気はないけれど疲れが抜けず仕事や学校に行きたくない、という事はありませんか。実は、この疲れ・疲労感・倦怠感は、私たちに「休息が必要」だとか、「体に異常がある」という事を教えてくれる重要なサインであり、そのまま放置すると取り返しのつかない重大事になる恐れすらあります。病院受診・検査を受けても問題が見られない場合は心療内科・精神科などを勧められ安定剤や抗うつ薬を処方されるのですが、これらの薬では残念ながら改善しない事が多いようです。

【パニック障害と漢方/札幌】この不安はパニック障害!?症状にふりまわされないための方法

最近はスポーツ選手やタレントなどパニック障害を持っていると発表している著名人も少なくありません。パニック障害は100人に1人はかかることもあると言われておりめずらしい病気ではなくなりました。とはいえ、パニック障害をお持ちの方にとっては、外出意欲をそがれたり、何かにつけて無気力になったりする原因となってしまいます。パニック障害とはどのような病気なのかどのような治療法があるのかを理解して、不安に支配されない生活を取り戻しましょう。

【向精神薬が不安な方必見】漢方薬で起立性調節障害を治すには

朝なかなか起きられず学校にいけない子どもは、もしかしたら起立性調節障害かもしれません。病院を受診しようと考えているけれど向精神薬の使用に不安を持っている保護者の方には、心身への負担が少なくお子さんに合った治療が可能な漢方をおすすめします。

コメントは締め切りました