ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【不妊治療中】に【うつ】になりやすい理由と予防法

【不妊治療中】に【うつ】になりやすい理由と予防法

head0074

【不妊治療中】に【うつ】になりやすい理由と予防法

不妊治療は夫婦で乗り切るものです。しかし、不妊治療は母体への身体的な負担は大きく、周囲からのプレッシャー、焦り、通院の負担など、女性側が受けるストレスの比重が大きいといえます。家族や友人の支えがあっても不安や孤独感を感じやすい時期になります。

落ち込みがあったり、ふと涙が出てきたり、不安で押しつぶされそうになることも多いでしょう。そんな時に「自分はもしかしたらうつ病なのかも?」と気になったり、「事前の予防法を知りたい」という方も多いと思います。不妊治療時のうつが気になる方は、今回の記事を参考してください。

それでは、不妊治療中にうつになりやすい理由と、うつを予防する方法について解説させていただきます。

不妊治療中にうつになりやすい3つの理由

女性ホルモンがうつと関係する
うつ病の罹患率は、女性が男性の2倍です。なぜでしょうか。それはうつと女性ホルモンが関係しているからです。女性ホルモンの変化やバランスが崩れるとうつになりやすくなります。例えば、生理前に気分が変動する月経前症候群(PMS)や、月経前不快気分障害(PMDD)、更年期の落ち込みやイライラも同じ原理です。不妊治療中にホルモン治療を受けることで、女性ホルモンが急激に変化し、ホルモンバランスが崩れるとうつになりやすくなります。

ストレスがうつに影響する
不妊治療中はストレスフルな出来事に多く遭遇します。婦人科へ何度も通院する負担もありますし、働いている場合は通院時間を確保するため職場との調整が必要です。なかには不妊治療に理解を示さない上司や同僚もいたり、不妊治療と仕事を両立するストレスがあります。また身体的な負担や、「なかなか子供ができない」「このまま子供ができなかったらどうしよう」という不安や焦りなど精神的なストレスも大きいです。金銭的な面で不安を感じる方も多いでしょう。このような様々なストレスがかかると、うつになりやすくなります。ひとつのストレスでは耐えられた方でも、ストレスが重なった場合はうつに注意する必要があります。

環境の変化が影響する
環境の変化はうつのきっかけになります。不妊治療中は、自宅で過ごすことが増えたり、勤務状況が変わったり、今までと生活環境が変わりやすく、うつになりやすい時期です。環境の変化によって、ひとりの時間が増えるなど、孤独感が増すような状況ですとマイナスな方向に考えやすくなります。

不妊治療時にできる4つのうつ予防

ゆっくり休むこと
母体に負担がかかり疲れやすい状態なので、しっかり休むことが大切です。ストレスが大きくかかると、身体の疲れだけではなく、脳にも疲労が溜まります。脳の疲労はうつの原因になりますので、適切な睡眠を心掛け、休日はゆったりと過ごすなど、十分に休養を取ることが大切です。

リラクゼーション法を身につける
ストレスがたまりすぎる前にリラクゼーション法を実施し、適度にストレス解消しましょう。どんなリラクゼーション法が有効かは人によってそれぞれなため、自分にぴったりと合った方法を日ごろから見つけておきましょう。呼吸法やヨガ、ストレッチ、アロマなど、いろいろな方法があります。不妊治療中はハードなものではなく、ゆったりと心地よいリラクゼーション法をおすすめします。

規則正しい生活
生活リズムを整えることは、不妊治療だけではなく、うつ予防にも有効です。規則正しい生活を送ることで自律神経やホルモンバランスが整います。朝決まった時間に起き、夜決まった時間に寝ることが習慣になるように心がけましょう。また、朝に目を覚まし、朝日を浴びることで、体内時計のリセットや、うつ予防に有効な成分が脳から出るという仕組みもあるので、昼過ぎまで寝るのは避けた方が良いでしょう。

漢方薬を使う
心療内科に行き西洋医学のお薬に頼るという方法もありますが、妊娠中は避けたほうがいい薬も多く、妊活中の方にはあまりおすすめできません。そんな時は漢方薬に頼りましょう。漢方薬は妊娠・出産に備えた身体を作る作用のほか、気分の波を抑えたり、自律神経やホルモンバランスを抑えるような作用まで幅広く取り扱いがあります。妊娠中に飲める漢方が多いのも安心ですね。今まで漢方薬を飲んだことがない方でも、不妊治療や妊娠を機に漢方薬を使用する方はとても多いです。

不妊症もうつ病も早めの対応が大切

健康な体で健康な赤ちゃんを迎えたいものです。うつになりやすい状況をしっかりと理解し、うつを未然に防ぐことが大切です。早めの対処で重症化は防げます。すこし心配だなと思ったら早めに対処することをおすすめします。

漢方専門 なつめ薬局に相談するには

私たち漢方専門なつめ薬局は完全予約制のカウンセリング薬局です。使用する漢方薬は自社製造の漢方薬のみを提供しています。混雑していることも多いですが、気になる方は是非一度、ご連絡をお待ちしております。

【不妊/漢方薬局】妊活中の甘いものが妊娠を遠ざける?知っておきたい甘いものとの付き合い方

妊活中に「妊娠するためにはコレがいい!」と言われるものがたくさんあり、さまざまな食品やサプリをとっている方がいるかもしれません。しかし、実は摂らない方が妊娠に近づくものがあり、「甘いもの」はその一つです。精製糖、人口甘味料、黒糖、甜菜糖などたくさんの種類がありますが、身体によいもの、よくないものを知っておくことは妊活にはとても大切です。

【妊活】基礎体温のグラフがガタガタになる!高温期と低温期がない!不妊につながる不安定な基礎体温の原因と改善方法

妊娠しづらい体調のときに現れる「基礎体温がギザギザになる」「高温期がなく、グラフが二相にならない」という基礎体温のグラフの原因や改善方法を知り、身体を妊娠に向けて整えていきましょう。

出産報告を続々といただいております(^^)

札幌のなつめ薬局に漢方不妊相談にいらっしゃる方は、基本的には不妊症の方で、病院治療で結果の出なかった方々が多いです。つまり妊娠確率の相当低い方々ばかりが集まっているんです。そんな中の出産ラッシュ!本当にうれしいです!!

【妊活/札幌漢方薬局】不妊の原因?基礎体温の低温期に体温が高いまま下がらない!原因とその改善方法とは?

「妊活のために基礎体温を測っている」という女性は多いのではないでしょうか。基礎体温からは排卵日や妊娠だけでなく、自分の体の状態、不調や不妊の原因などわかることがたくさんあります。この記事では、低温期に体温がしっかり下がらない場合の漢方の視点からみたからだの状態、またその原因と改善方法についてお伝えしていきます。

季節と住処と【不妊】の関係とは?

以前の記事で妊娠とビタミンDの関係についてお話をしました。あなたの不妊の要因かもしれない、その大事なビタミンDですが…今回は住んでいる場所や季節によっても体内濃度に違いが出るというお話です。

【不妊治療中】に【うつ】になりやすい理由と予防法

不妊治療は夫婦で乗り切るものです。しかし、不妊治療は母体への身体的な負担は大きく、周囲からのプレッシャー、焦り、通院の負担など、女性側が受けるストレスの比重が大きいといえます。落ち込みがあったり、ふと涙が出てきたり、不安で押しつぶされそうになることも多いでしょう。そんな時に「自分はもしかしたらうつ病なのかも?」と気になったり、「事前の予防法を知りたい」という方も多いと思います。不妊治療時のうつが気になる方は、今回の記事を参考にしてくださいね。

妊活の第一歩!漢方で基礎体温を改善する

妊娠を望んでいるのになかなか恵まれずに不妊に悩んでいる方にとって、基礎体温はとても大切なカラダの情報です。また、さまざまな症状や困りごとをカラダ全体から診る…

【不妊漢方相談】39歳女性の出産報告

40歳を目前にした女性が不妊症の漢方相談にきました。その方は、それまで病院の漢方や他局の漢方を服用し不妊治療していました。漢方服用歴はその時点で4年にのぼります。不妊相談ですが、今回用意したのは不妊に使う漢方ではありません。それでもその方は妊娠し、無事出産までたどり着きました。

【不妊と漢方/札幌】妊活中のガタガタ基礎体温を改善する

妊活をしようとしている皆さん、妊活中の皆さんは、基礎体温をつけていますか?自分の体のことを知る方法のひとつに、基礎体温があります。基礎体温を毎日測るメリットは、いろいろありますが、実際に測定を始めると、予想しているよりも続けるのが大変ですし、思うような結果が現れないというケースも多いです。そのような時は漢方という方法がありますよ!

妊娠中に漢方は飲んでもいいのでしょうか?

妊娠中の漢方服用を心配される方もいますが、身体の状態に応じて漢方を選べば問題はありません。むしろ流産を防いだり、つわりを軽減したり、出産後のお肌や髪の毛のラブルが防げたりとよいことだらけです。とはいっても、妊娠中に注意が必要な漢方薬もあります。なつめ薬局では一人ひとりの状況に応じた細かいアドバイスも行いながら、出産にむけてサポートしていきます。妊娠をお考えの方は、ご相談ください。

コメントは締め切りました