ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【顕微授精】も成功せず…。そんな方でも妊娠できます。

【顕微授精】も成功せず…。そんな方でも妊娠できます。

head0073

漢方専門 なつめ薬局の薬局長藤本です。

 

近頃、嬉しい妊娠報告を立て続けにいただいておりますが、今回はその中のお一人…漢方治療を始めて1年3カ月で妊娠判定が出た女性の例をご紹介します。

 

その方は、初回相談時には既に40代。

  • 乳癌
  • 子宮ポリープ

等の手術経験もありました。

卵子の数の目安であるAMH(抗ミュラー管ホルモン)がとても低く、医師より もうすぐ生理が終わる と言われたそうです。

 

【顕微授精】を行っても、分裂が途中で止まって凍結・移植までたどり着けなかったり、移植まで行っても異常受精となってしまったりという状況でした。

卵胞が育つのが通常よりとても早く、排卵の日が読みにくかったり、採卵のタイミングを逃すこともありました。

 

そこで食事内容の注意点をお伝えし、改善を行い、更に運動・生活習慣などの見直しを行ってもらうとともに、漢方専門 なつめ薬局の本格的な煎じの漢方薬での治療を開始しました。

 

すると、元々18~20日という短い周期で来ていた生理が、漢方治療を続けることで24~28日周期へと改善。卵が時間をかけてしっかり成長できるようになりました。

勿論、漢方治療を始めたからと言って直ぐに質の良い卵が育つわけではありませんし、身体もすぐに体質改善できるわけではありませんので、その後も受精卵の分裂が止まったり、変形してしまったり、タイミングを逃して採卵出来なかったりという事がありました。

 

長く不妊治療を続けていた為に強いストレスも感じており、ご本人の中では「ここまで頑張ったらもう治療はやめよう」という期限を設けていたそうですが、ご夫婦での話し合いの結果、ひとまず一旦病院での治療を中断してリフレッシュすることに。

もうすぐ生理が終わると言われている中での治療中断は、かなりの決心が必要だったことと思います。

 

心と身体を休ませている間、食事の見直しは重点的に行ってくれていたようです。そのうえで更に漢方薬での身体作りもしっかり続けていただきました。

 

数か月間のリフレッシュを挟んだのち、病院での治療を再開したところ順調に卵が育ち、採卵、受精、移植までトントン拍子に進みました。

こんなに順調に行ったのは奇跡!と御夫婦で喜んだそうです。

そして、無事着床。妊娠の判定となりました。

 

頑張った甲斐がありましたね!不妊治療のストレスに苦しみ悩んでいる姿をずっと見ていたので、嬉しさもひとしおです。

病院治療の中断も良い結果につながった要因だと思います。諦めないで本当に良かったですね。

 

 

ここをご覧になっている方は、既に病院での不妊治療で心と身体が疲れ切っている方が多いかと思います。心のありようは身体の状態へ影響を与えますから、長く続く不妊治療でストレスを抱えることは、身体のバランスを崩し、卵子の質の低下など更に不妊へとつながる悪循環となり得るのです。

そのような状態から脱する為には漢方薬の力でまずは身体と心のバランスを調えていくことが有効です。

漢方専門 なつめ薬局の本格的な漢方薬であれば母体への負担もなく、卵子の質を上げていくことができます。ただし卵子の質を上げるのには時間がかかりますのでAMHが低い方、早く赤ちゃんが欲しい方は今すぐにでも漢方治療を始めてみては如何でしょうか。

 

漢方相談は完全予約制となっておりますので、漢方専門 なつめ薬局の漢方薬で体質改善して絶対に赤ちゃんを授かるんだと心に決めた方は、お早めにご予約をどうぞ。

大変込み合っておりますのでご希望に添えない場合もございます。ご了承下さい。

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?という記事はすでにお読みになりましたか?この記事で着床不全や不育症改善にはビタミンDが大切というお話をしましたが、今回も【ビタミンD】についてのお話です。

【妊活】と【運動】の関係を。

今回は運動が及ぼす妊活への影響についてお話しますね。実は【運動】と【妊娠】の関係については様々な検証が行われているんです。いったいどんな運動が妊活によいのでしょうか?

【不育症と漢方/札幌】病院で出来る事は少ないのが不育症。漢方的な考え方とは?

赤ちゃんを望んでいる方の中には、妊娠はするけれど出産まで至らず悩んでいる方も多いでしょう。不育症を改善するためにはどのようなことができるのでしょうか。西洋医学では様々な治療もスムーズに解決に結びつかないことが多いというのが実情ですが、漢方では患者さん一人ひとりの体質を見極め赤ちゃんがお腹の中で元気に成長できるようにお母さんのカラダ全体のバランスを整えていくことができます。

【男性の生殖能力向上に亜鉛が有効】は本当か??

【男性不妊に対しては亜鉛】と思われており、実際に摂取している方は多い気がします。ですが、亜鉛と精液所見の関連を確認できた研究報告はありません。最近の専門家の見解としては亜鉛よりも抗酸化物質で一致しています。しかし抗酸化物質の摂取では十分な対策と言えない事も事実です。そこで必要なことは?

【妊活と漢方/札幌】夏こそ体を温める!冷え対策の生活習慣とは?

女性にとって冷えは大敵。妊娠を望んでいるなら、なおさらです。夏でも体は冷えている、という話を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。または暑く感じているから自分は冷えていない!と思っている人もいるかもしれません。しかし、冷房や冷凍・冷蔵庫が完備された現代では、涼しい室内でキンキンに冷えたものを食べたり飲んだりしていたら、体は冷えていく一方です。冷えにくい体をつくる6つの生活習慣を取り入れて、冷え知らずの夏を過ごしましょう。

【不妊/漢方薬局】妊活中の甘いものが妊娠を遠ざける?知っておきたい甘いものとの付き合い方

妊活中に「妊娠するためにはコレがいい!」と言われるものがたくさんあり、さまざまな食品やサプリをとっている方がいるかもしれません。しかし、実は摂らない方が妊娠に近づくものがあり、「甘いもの」はその一つです。精製糖、人口甘味料、黒糖、甜菜糖などたくさんの種類がありますが、身体によいもの、よくないものを知っておくことは妊活にはとても大切です。

【季節の変わり目】に弱い方は妊娠しづらいかも!?

「季節の変わり目には体調を崩すし、気分もあまり良くないの。」という方、妊娠しにくいかもしれません。季節の変わり目に体調を崩すのはいろいろな原因がありますが、影響力が大きいのが、ホルモンとも関係の深い【自律神経のバランスが悪い】ことです。

【不妊漢方相談】39歳女性の出産報告

40歳を目前にした女性が不妊症の漢方相談にきました。その方は、それまで病院の漢方や他局の漢方を服用し不妊治療していました。漢方服用歴はその時点で4年にのぼります。不妊相談ですが、今回用意したのは不妊に使う漢方ではありません。それでもその方は妊娠し、無事出産までたどり着きました。

【子宮内膜症と漢方/札幌】子宮内膜症による不妊と漢方

妊娠を望んでいる方の中には、子宮内膜症を患っている方も少なくないでしょう。子宮内膜症と不妊は大きく関係しています。子宮内膜症とはどのような病気なのかを理解して、妊娠に向けてできることを確認していきましょう。漢方を使って妊娠しやすいからだへと体質改善していくことが大切です。

目に見えることだけが【成果】ではないんです。

何年間も生理不順や不正出血で悩んでおり、婦人科の検査では原因が見つからず、赤ちゃんが欲しいけれど、できなかったので何とかしたい、ということで、札幌・漢方専門なつめ薬局に漢方相談にいらした方が、昨年末に出産なさいました。目に見える成果がなかなか無い中で続けるのは大変ですが、自分が信じた取り組みをしっかり続けることが大切です。

コメントは締め切りました