ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【葉酸】が【妊娠】の可能性を上げる?

【葉酸】が【妊娠】の可能性を上げる?

head0069

漢方専門 なつめ薬局の薬局長藤本です。

 

あなたが赤ちゃんを望んでいるのであれば、きっと【葉酸】という名前を聞いたとこがあると思います。

妊娠期の葉酸欠乏により胎児に神経管閉鎖障害が生じたり、無脳児の発生リスクが高まる為、現在厚生労働省は妊娠を計画している女性に対して1日0.4mg以上の摂取を勧めています。

 

葉酸は水溶性のビタミンB群の一種で、広く食品に含まれており、日本においては通常の食生活をしていれば摂取不足の心配はほぼありません。

ですが、妊娠や授乳によって必要量が普段の2倍近くに増えてしまうので、この時期には特に欠乏に注意が必要になります。

 

今回はこの【葉酸】と【環境ホルモン】と【不妊】についてのお話です。

 

大豆食品は【出産率】を上げるのか?

という記事はすでにお読みになりましたか?まだの方はこちらをお読みください。

その記事の中で、環境ホルモンの一つであるビスフェノールA(BPA)について

精子数や性ホルモンレベルの低下に関係している

尿中のBPA濃度が高い女性は体外受精の成績が悪くなる

そして大豆食品がそのマイナスの影響を緩和してくれる

というお話をしましたが、実は葉酸にも大豆食品と同様の効果があるのです。

 

ハーバード大学の研究では以下の様な結果が出ています。

体外受精を受ける女性を、食事からの葉酸摂取量の多いグループと少ないグループに分けてその治療成績をみたところ

葉酸摂取量が多い女性 → 尿中のBPA濃度が高くても低くても、治療成績に影響はない

葉酸摂取量が少ない女性 → 尿中のBPA濃度が高いほど、治療成績が低くなる

 

つまり、葉酸を食事でしっかり摂れていない方は環境ホルモンによる影響を受けやすくなっており、逆にしっかり摂れていれば環境ホルモンのマイナス要素が打ち消されているのです。

 

葉酸は、胎児の正常な成長に必要なだけでなく、環境ホルモンから母親となるべき身体を守ってくれる物でもあるのですね。

 

葉酸はほうれん草やブロッコリー、モロヘイヤなどの緑黄色野菜や、果物、レバーなどに多く含まれています。

が、長期保存による酸化で壊れてしまうので出来るだけ新鮮な物を食べるように心掛けてください。ビタミンCと一緒に摂ると吸収率が上がりますよ。

水溶性のビタミンなので、茹でてしまうと上手に摂取出来ない可能性があるので、蒸したり炒めたりと調理方法にも注意が必要です。

 

食べ物は色々な物を取ることで相互作用が生まれます。

栄養素単品を摂るのではなく多くの種類の食材を摂って身体を作っていってくださいね。

妊娠する為に大切なことは、親となる身体にきちんと赤ちゃんの受け入れ態勢が調っているかです。ダイエットなどしていては葉酸も足りなくなってしまいますよ。

 

これから病院で治療を始めようと考えている方は、治療の期間を短くする為にまず初めに身体の土台を作る事が大切。

長い間不妊治療を続け体外受精でも中々上手くいかず、肉体的にも精神的にも疲れてしまっている方はその身体と精神のフォローに、漢方薬がお勧めです。

漢方専門 なつめ薬局の本格的な煎じの漢方薬があなたの身体を妊娠に近付けます。

 

漢方専門 なつめ薬局の漢方薬で赤ちゃんの為の身体を作ると決断なさったならば、ご連絡ください。

漢方相談は完全予約制です。

相談枠には限りがありますので、ご希望の日時があるようならお早めにどうぞ。

鎮痛剤・ピルに頼らない!漢方の力でつらい生理痛から解放されよう

学校や仕事を休むなど生活に支障をきたすほどの重い生理痛は「月経困難症」という病気になりますが、病院で検査しても原因が見つからないことがあるかもしれません。そんなときは東洋医学の出番です。一人ひとりの体質や体調に合わせた漢方の養生法で、生理痛のない生活を送れるようになりますよ。

【起立性調節障害】のメカニズム

【起立性調節障害】は、血圧を正常にコントロールできないという血液の循環機能障害です。一方で、起立性調節障害に使用するお薬というのは多くありません。血圧に焦点を当てた薬ばかりで、しかも効果は残念ながらイマイチなんです。起立性調節障害は、病院では理解されにくく、治療方法も少ない為、昔から漢方治療を選択する人が多かった病気です。起立性調節障害でお悩みであれば、私たち漢方専門なつめ薬局に相談するというのも選択肢の一つですよ!
漢方 札幌 なつめ薬局

【漢方】どこで漢方治療を始めるか?病院・クリニック・薬局を選ぶときに気を付けるポイントとは?

漢方薬での治療を考えた時に、どこで、どのように、漢方薬を手に入れたらいいのか困ったり、悩んだりした経験はありませんか?今回の記事は、漢方薬のグレードや、漢方薬をどこで手に入れたらいいのかなど悩んだ時の参考にしていただければと思います。

【春の不調】漢方理論からみた原因とは。

春になり進学や転勤など新しい環境で生活を始められる人も多いことと思います。早く新しい生活に慣れようと焦りが生まれ、必要以上に頑張りすぎてしまったり、無理をしてしまうことが心と体に負担をかけて自分を追い込んでしまうことになり、不調をもたらすことになってしまいます。そんなときは漢方の出番です。

【パニック障害と漢方/札幌】この不安はパニック障害!?症状にふりまわされないための方法

最近はスポーツ選手やタレントなどパニック障害を持っていると発表している著名人も少なくありません。パニック障害は100人に1人はかかることもあると言われておりめずらしい病気ではなくなりました。とはいえ、パニック障害をお持ちの方にとっては、外出意欲をそがれたり、何かにつけて無気力になったりする原因となってしまいます。パニック障害とはどのような病気なのかどのような治療法があるのかを理解して、不安に支配されない生活を取り戻しましょう。

【妊活中の運動と漢方/札幌】妊活中も運動は大切!でも、できないときはどうしたら良い?

不妊に悩んでいる方の中には、生活習慣に気をつけて毎日を過ごしているという人も多いのではないでしょうか。妊娠しやすい体づくりのために、睡眠や食事、運動などの生活習慣は大切です。特に運動で体をしっかり動かすと、全身の血のめぐりが良くなり、卵子や子宮、精子が元気になっていきます。けれども、忙しさや新型コロナウイルスの流行などで思うように体を動かすことができないという悩みもあることでしょう。どうしても運動ができない場合は、運動以外で血のめぐりを良くしていく必要があるのです。

【起立性調節障害と漢方/札幌】朝起きられない、学校に行けない…辛い起立性調節障害から抜け出す方法とは

現在、あなたのお子さんが「朝起きられない」「午前中は特に調子が悪く、朝ごはんも食べられない」「強い怠さや眠気を訴える」そんな状態であるならば、それは自律神経失調症状のひとつである【起立性調節障害】と呼ばれる病気かもしれません。小学校高学年から中学生の時期に多いと言われる起立性調節障害ですが、なつめ薬局には高校生も多くご来局されていますよ。漢方で改善した16歳の女性の例をご紹介しますね。

【膀胱炎と漢方/札幌】繰り返す膀胱炎に有効な手段とは?

排尿トラブルは膀胱炎の恐れがあり、そのまま放置すると腎盂炎という腎臓の病気になることもあります。さらに悪化すると透析になる場合があります。膀胱炎の治療には、抗生物質や抗菌剤などが使われますが、膀胱炎を繰り返す人、抗生物質が効かない人は身体の防御機能を高める必要があります。生活習慣の見直しとともに有効な手段として漢方薬がありますよ。

【起立性調節障害】の【改善】に必要な5つのポイント

【起立性調節障害】に限った話ではありませんが、人が何かの症状を改善しようとする時には、必ず生活習慣や環境を見直す必要があります。私たち、【札幌】の【漢方専門なつめ薬局】では、【漢方薬】を用意するだけではなく、あなたに合った生活習慣や置かれている環境などの改善の提案も必要と考えています。その5つのポイントとは?

【妊娠/妊活/札幌】なかなか妊娠できず悩んでいる方へ、不妊改善のためにできること

赤ちゃんができない…と悩んでいる方の多くは病院で原因を調べたことがあるのではないでしょうか。検査をしても異常がなかったり、病名はついたけれど治療の効果が出ていなかったりする方はめずらしくありません。東洋医学では身体全体のバランスを総合的にみていきます。崩れているバランスを見極めてそこを回復させることで結果として出ている症状が改善していきます。漢方の力を借りて妊娠のしやすい身体づくりをめざしていきませんか。

コメントは締め切りました