ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?

head0053

漢方専門 なつめ薬局の薬局長藤本です。

 

あなたが幾度か流産を経験している、もしくは不育症と言われたことがあるなら…

もしかしたら、「とある栄養素」が不足しているのかもしれません。

その栄養素を摂る事で免疫が整えられ、着床不全や不育症のリスクが軽減するという研究結果があります。

では、その免疫を正常な動きにしてくれる栄養素とは何なのか?

 

それは【ビタミンD】です。

ビタミンDという名称は良く耳にされると思いますが、そのビタミンDが関係する免疫が一体どのように着床不全や流産、不育症に係わって来るのかをお話します。

 

あなたは「ヘルパーT細胞」という名前を聞いたことがありますか?

 

ヘルパーT細胞とは免疫応答に関与するリンパ球「T細胞」の一つです。抗体を作らせるために抗原の情報を伝えたり、免疫応答を誘導したりして司令塔として働きます。

その中に相反する働きをするTh1とTh2というものがあるのですが、その二つが着床や妊娠継続に大きく係わっています。Th1とTh2は着床時において以下の様な働きをします。

Th1は胚を排除しようとする

Th2は胚を受け入れようとする

 

つまりTh1が優勢になると着床しづらくなったり、流産しやすくなったりするのです。

上記の2つのバランスがとれていれば問題ないのですが、ビタミンDが不足すると免疫が乱れTh1とTh2のバランスが崩れてしまい、妊娠しづらく・また妊娠を継続しにくい身体になってしまうのです。

 

日本において不妊女性(276名)をビタミンD欠乏(<20ng/ml)・ビタミンD不足(21~30ng/ml)・ビタミンD充足(>30ng/ml)に分け研究した結果は以下の通りです。

  • ビタミンD欠乏…130名(約47%)
  • ビタミンD不足…111名(約40%)
  • ビタミンD充足…35名(約13%)

 

どうでしょう。一目瞭然ですね。不妊女性276名のうちの約87%もの方達でビタミンDが足りていない状況である、という結果になりました。

そして、上記のビタミンDが足りていない女性では胚を排除しようとするTh1が優位だったという結果も出ています。

 

繰り返す流産や不育症にお悩みのあなたはビタミンD、足りていますか?

 

足りている自信がない…と言う方はこれから積極的に摂ってみてください。

しかし、安易にサプリメントに頼る、というのも考え物です。

ビタミンDは脂溶性のビタミンで、摂り過ぎると身体に蓄積し、過剰症を引き起こしてしまうのです。

ビタミンD過剰症の症状としては

  • 悪心
  • 嘔吐
  • 腎障害(多尿)
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 高カルシウム血症
  • 石灰沈着

などが挙げられます。

まずは普段の食事から意識して改善してみてください。どうしても足りてない、食事で摂ることが出来ないと感じる時のみサプリに頼るようにしてください。

何事も適量が重要です。

ビタミンDが豊富な食材としては、きくらげや身欠きにしん、いわし、しらす干し、鮭などが手に入りやすいですね。

 

食事をしっかり見直しながら、漢方薬を服用していただくともっと早く妊娠・出産に備えた体質に変わることが出来ます。赤ちゃんを授かる為に動きだすタイミングは「今」です。あなたが赤ちゃんを授かるんだと決意なさっているのであれば、漢方専門 なつめ薬局までご連絡ください。

力のある煎じの漢方薬でぐぐっと後押しをして妊娠・出産に備えた身体づくりが出来ます。

漢方相談の枠には限りがあります。大変込み合っておりますので、ご希望の日時がある方はお早めにどうぞ。

【膀胱炎と漢方/札幌】繰り返す膀胱炎に有効な手段とは?

排尿トラブルは膀胱炎の恐れがあり、そのまま放置すると腎盂炎という腎臓の病気になることもあります。さらに悪化すると透析になる場合があります。膀胱炎の治療には、抗生物質や抗菌剤などが使われますが、膀胱炎を繰り返す人、抗生物質が効かない人は身体の防御機能を高める必要があります。生活習慣の見直しとともに有効な手段として漢方薬がありますよ。

更年期障害 のつらい症状は 漢方 で改善しよう

更年期のカラダの不調は多くの方が経験しますが、その症状の種類や重さは人それぞれです。カラダのどこを検査してもはっきりとした原因がわからない症状を不定愁訴といいますが、更年期の症状はまさに不定愁訴そのものです。今回は、更年期障害についてみていきましょう。漢方が不定愁訴の治療を得意とする理由をお話します。

鎮痛剤・ピルに頼らない!漢方の力でつらい生理痛から解放されよう

学校や仕事を休むなど生活に支障をきたすほどの重い生理痛は「月経困難症」という病気になりますが、病院で検査しても原因が見つからないことがあるかもしれません。そんなときは東洋医学の出番です。一人ひとりの体質や体調に合わせた漢方の養生法で、生理痛のない生活を送れるようになりますよ。

【不妊治療中】に【うつ】になりやすい理由と予防法

不妊治療は夫婦で乗り切るものです。しかし、不妊治療は母体への身体的な負担は大きく、周囲からのプレッシャー、焦り、通院の負担など、女性側が受けるストレスの比重が大きいといえます。落ち込みがあったり、ふと涙が出てきたり、不安で押しつぶされそうになることも多いでしょう。そんな時に「自分はもしかしたらうつ病なのかも?」と気になったり、「事前の予防法を知りたい」という方も多いと思います。不妊治療時のうつが気になる方は、今回の記事を参考にしてくださいね。

漢方医学の基本 陰陽五行論と五行色体表から心身の不調の原因と対処方法を知る

今回から、漢方・中医学を学ぶためのブログを始めます。第1回目は漢方・中医学の基本「陰陽五行論」です。五行色体表という便利な表の使い方を学びます。

【高プロラクチン血症】と言われたら。

高プロラクチン血症といわれたら、あなたはどうしますか?はっきりと原因がわからないことも多いですが、そんなときにも漢方もが活躍します。

【不妊と漢方/札幌】妊娠しやすい睡眠とは?アメリカの研究でわかったこと

妊娠を望まれている方のなかには、日々の生活習慣を気にかけている方も多いのではないでしょうか?睡眠時間が短かったり不規則な生活であったりすると、不妊に影響しているのでないかと心配になることもあるかと思います。アメリカのボストン大学では、妊娠を希望している女性にアンケートをとり、どういった睡眠をとっていた女性が自然妊娠をしやすかったかについての研究を行いました。その結果は??

【起立性調節障害と漢方/札幌】朝起きられない、学校に行けない…辛い起立性調節障害から抜け出す方法とは

現在、あなたのお子さんが「朝起きられない」「午前中は特に調子が悪く、朝ごはんも食べられない」「強い怠さや眠気を訴える」そんな状態であるならば、それは自律神経失調症状のひとつである【起立性調節障害】と呼ばれる病気かもしれません。小学校高学年から中学生の時期に多いと言われる起立性調節障害ですが、なつめ薬局には高校生も多くご来局されていますよ。漢方で改善した16歳の女性の例をご紹介しますね。

女性の 薄毛 ・ 抜け毛 はカラダ全体のバランスを整えることで解決しましょう。 漢方 で出来る事。

更年期にさしかかる40代から薄毛が気になり始める女性が多いものの、20代、30代の若いうちから髪の薄さに悩んでいる方も少なくありません。体質だから、もう年だから、とあきらめてしまっている方はいないでしょうか?薄毛の原因となっているカラダ全体のバランスの崩れを根本的に改善できれば、頭皮の状態が良くなり髪の毛の状態も良くなってきます。漢方は、この崩れてしまったバランスを正しく整える手助けをします。

コメントは締め切りました