ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【更年期障害】 不快な症状を改善できるのは漢方薬です。

【更年期障害】 不快な症状を改善できるのは漢方薬です。

体調不良のミドル女性

札幌の漢方専門 なつめ薬局の薬剤師宝田です。

 

病院で検査を受けても異常がないと言われました。

でも、症状があって辛いです。

このような訴えで来局される患者様は多いです。

 

更年期障害の代表的な症状は

 

・(血管運動神経症状)ホットフラッシュ、発汗、動悸

・(精神神経症状)イライラ、不安、落ち込み、不眠、意欲の低下

・(運動器官系症状)肩こり、腰痛

 

など、全身のあらゆる所に複数の症状が現れている方が多いです。

 

【更年期障害】女性の体は7の倍数で変化していきます。

 

東洋医学では女性の体は7の倍数で節目を迎えるとされています。

 

 7歳 永久歯に生えかわる

14歳 初潮を迎える

21歳 女性の体ができあがる

28歳 女性として体が最も充実する

42歳 容姿が衰えはじめる。

49歳で閉経を迎え、閉経前後に不調が起こりやすくなる。

 

この閉経の前後約10年間を更年期といい

この時期に女性ホルモンが急激に減少し様々な

不調が出てくるようになります。

 

東洋医学ではこの世の全てのものを「陰」と「陽」の

2つに分けられると考えられています。

 

「陽」は火のように体を温める役割

「陰」は体の余分な熱を冷ましたり潤したりする働き

になります。

 

陰と陽のバランスが崩れてくると体に色々な不調が出てくることになります。

例えば、ほてりや多汗など暑い時に見られるような症状は

陰の機能が低下していることになります。

反対に冷え性の人は陽の機能が低下するため

温められなくなり手足が冷えたりします。

 

また、睡眠は体の熱を鎮める効果があるため

不眠の症状が現れるということは陰の力が弱くなっている

ことが考えられます。

 

【更年期障害】不快な症状の治療は漢方薬が得意としています。

 

検査で異常はないけれど、ほてりや汗などの不快な症状が出ていて辛い。
 
このような様々な更年期障害の不快な症状の治療は
 
漢方薬が一番得意としているところです。
 

 

陰陽のバランスがどちらに傾いているのか

体のどこに問題がおきているかなどカウンセリングを通して

患者様の状態をしっかり把握し漢方薬をオーダーメイドでお作りしています。

 

漢方薬をしっかり服用し、併せて食生活や生活習慣も見直していくことで

更年期障害は本質から改善できます。

 

更年期障害をしっかり治したい方は

漢方専門 なつめ薬局に電話またはメールで

ご予約をお願い致します。

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】掌蹠膿疱症に漢方薬が効果的である理由とは?

掌蹠膿疱症の患者さんの7-8割は原因が不明と言われています。病院治療で一般的な塗り薬による治療(ステロイド軟膏など)、紫外線療法で効果が期待できる場合もありますが、いずれも病院の治療は対処療法でしかありません。掌蹠膿疱症の症状が起きているということは、皮膚だけでなく体のどこかに問題が生じているということだからです。

【アトピー】と【熱】と【漢方】と。

日常生活に大きな悪影響を及ぼすアトピー性皮膚炎に悩まされている方…最近、増えています。現在、かゆみで眠れない・集中出来ない・じゅくじゅくした浸出液がつらい・落屑があって人目が気になる・ステロイド剤をやめたい、そんなお悩みを抱えている方、なつめ薬局の本格的な漢方薬で悪さをしている「熱」を追い出してみませんか?

【大人ニキビ】が冬に悪化するのはナゼなのか?

この数日で、大人ニキビの相談予約がドカドカ入りまして・・・今年もこの季節が来たか~と感じています。そうなんです、大人ニキビは冬に悪化しやすいんです。その理由と対策についてご説明しますね。

卵子の老化を進める皆がしている習慣とは

メラトニンという卵子の老化に関係しているホルモンをご存知ですか?日本において、メラトニンは卵子の数や質の低下を遅らせる働きをしている、つまりメラトニンは卵子のアンチエイジングに役立っているという研究があります。メラトニンとは何なのか?どうすれば増えるのか?をお話ます。
漢方 札幌 なつめ薬局

【漢方】どこで漢方治療を始めるか?病院・クリニック・薬局を選ぶときに気を付けるポイントとは?

漢方薬での治療を考えた時に、どこで、どのように、漢方薬を手に入れたらいいのか困ったり、悩んだりした経験はありませんか?今回の記事は、漢方薬のグレードや、漢方薬をどこで手に入れたらいいのかなど悩んだ時の参考にしていただければと思います。

【アトピーと漢方/札幌】アトピー性皮膚炎とは?漢方を活用してステロイド治療の無限ループから抜け出そう

かゆみや皮ふの状態がつらいアトピー性皮膚炎。患者数は増加し続けており、厚生労働省の調査によると、2017年の日本国内における患者総数は51万人を超えるということです。症状や治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。また、漢方におけるアトピー性皮膚炎についての考え方もご紹介します。

季節と住処と【不妊】の関係とは?

以前の記事で妊娠とビタミンDの関係についてお話をしました。あなたの不妊の要因かもしれない、その大事なビタミンDですが…今回は住んでいる場所や季節によっても体内濃度に違いが出るというお話です。

【掌蹠膿疱症】人の視線を気にせず過ごせる手のひら、取り戻しませんか?

長年、掌蹠膿疱症に悩まされていた現在治療中のお一人も、手の平は全体的に膿疱が潰れ、皮膚がボロボロに剥けてしまっている状態でしたが、対症療法じゃ駄目だと考え、漢方薬で体質改善をして治したい!と来局されました。1年半、病院の治療と共になつめ薬局の本格的な煎じの漢方薬を続けて頂いた結果、今は膿疱があった跡も見当たりません!

【男性の生殖能力向上に亜鉛が有効】は本当か??

【男性不妊に対しては亜鉛】と思われており、実際に摂取している方は多い気がします。ですが、亜鉛と精液所見の関連を確認できた研究報告はありません。最近の専門家の見解としては亜鉛よりも抗酸化物質で一致しています。しかし抗酸化物質の摂取では十分な対策と言えない事も事実です。そこで必要なことは?

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?

あなたが幾度か流産を経験している、もしくは不育症と言われたことがあるなら…もしかしたら、「とある栄養素」が不足しているのかもしれません。その栄養素を摂る事で免疫が整えられ、着床不全や不育症のリスクが軽減するという研究結果があります。その免疫を正常な動きにしてくれる栄養素とは何なのでしょうか?

コメントは締め切りました