ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

妊活の第一歩!漢方で基礎体温を改善する

妊活の第一歩!漢方で基礎体温を改善する

head0003

妊娠を望んでいるのになかなか恵まれずに不妊に悩んでいる方にとって、基礎体温はとても大切なカラダの情報です。

 

さまざまな症状や困りごとをカラダ全体から診る 漢方 治療では、継続してカラダの状態を確認できる 基礎体温 グラフはとても貴重なデータとなります。

 

漢方 から考える 基礎体温

 

そもそも 基礎体温 とは、人間が生きていくうえで必要最低限のエネルギーしか使っていない状態の体温のことです。しっかりと睡眠をとって目覚めたときの体温を測るのがよいとされています。

 

女性は、生理周期 によって 基礎体温 が変化します。健康なカラダの 基礎体温 は、低温期と高温期の2層にきれいにわかれています。排卵期がわかるので、妊娠しやすいタイミングを予測することが可能です。

 

ところが不妊に悩んでいる方の多くは、この 基礎体温 のパターンが理想的な2層になっていません。

 

低温期からダラダラと上昇して高温期になるのでは排卵日がわからないパターン、低温期や高温期が短いパターン、高温期の途中で低温期になってしまうパターン、ジグザグで 基礎体温 の変動が激しいパターンなど、さまざまな 基礎体温 のパターンが見られます。

 

基礎体温 のパターンは、カラダの中を知るとても貴重な情報源です。西洋医学的に見ると、排卵はありそうか、女性ホルモンの分泌期間が正常か、卵巣の働きは悪くないか、などを知ることができます。

 

そして 東洋医学 の観点では、基礎体温 のパターンは排卵やホルモンの状態がわかるだけでなく、あなたの体質と関連しています。

 

東洋医学 には、気・血・水というカラダを健康に保つために重要な3つの要素があります。不妊 では、特に気や血と強く関連しています。また、東洋医学における内蔵の考え方である五臓(肝・心・脾・肺・腎)のうち、老化と関連する腎も不妊と大きく関係しています。

 

基礎体温 のパターンを見れば、気や血は不足していないか、きちんとめぐっているか、腎のはたらきは弱っていないか、陰陽のバランスは整っているか、などカラダの中が健康で妊娠できる状態に整っているかがわかるのです。

 

生理周期 と 漢方 治療

 

東洋医学 には 陰陽 という考え方もあります。自然界のさまざまな法則は、性質が相反する2つの要素で成り立っているというものです。

 

女性の1か月のカラダの変化を 陰陽 でみてみると、低温期が陰となり、陰が極まったところで排卵が起こり(排卵期)って、陽に転じて高温期へと変化します。そして、陽が極まると月経が起こり、陰へと転化するのです。

 

月経期は、不要となった月経血や子宮内膜をカラダからすべて出し切ることが大切です。体内に残ってしまうと、血のめぐりが悪くなります。

 

低温期は、卵子が育つ大切な時期です。陰と血が十分に満ちることで、質のよい卵子と厚い子宮内膜ができあがります。

 

排卵期では、陰から陽に転化します。スムーズな排卵をするためには、気や血が活発に働かなければなりません。また腎のはたらきも重要になってきます。

 

高温期は、受精卵が着床しやすくするために、体温がしっかりと上がりカラダが温まっていることが大切です。そのため、きちんと陽に転換している必要があります。また着床した後に受精卵に十分な栄養を与えるためにも、腎の補給もしていきます。

 

若くても 基礎体温 の乱れは放置しないようにしよう

 

なかなか妊娠にいたらない方の多くは、気虚、血虚、気滞、腎陽虚、腎陰虚などの体質になっています。しかも、ほとんどの方はどれかひとつの体質に当てはまるのではなく、いくつかの状態が複雑に混ざりあっています。

 

体質を整えて妊娠できるカラダへと変化するためには、健康的な食生活や適度な運動などの日常にも気を配り、ストレスを減らしていくことが大切です。また、冷えると気が不足したり血のめぐりが悪くなったりするので、妊活には大敵です。

 

これらの日々の気配りは重要ですが、それだけでは一度崩れてしまったバランスを戻すのは大変です。漢方 は、これらの不足を改善してめぐりをよくするお手伝いをします。

 

不妊の原因となっているカラダの状態はお一人おひとりで違います。そのため、あなたのカラダの状態によく理解して、あなたにあった 漢方 を自社で煎じてくれる漢方薬局を選びましょう。

【子宮内膜症と漢方/札幌】子宮内膜症による不妊と漢方

妊娠を望んでいる方の中には、子宮内膜症を患っている方も少なくないでしょう。子宮内膜症と不妊は大きく関係しています。子宮内膜症とはどのような病気なのかを理解して、妊娠に向けてできることを確認していきましょう。漢方を使って妊娠しやすいからだへと体質改善していくことが大切です。

【妊娠・漢方相談/札幌】妊活・不妊治療の前に妊娠確率を上げる方法

病院で本格的な不妊治療の前に、また、不妊治療をしている方でも、妊娠の確率を上げるためにできることがあります。この記事では、「妊娠しやすいからだの状態とはどのような状態なのか?」「日常生活でできるからだを整える方法」「不妊治療と並行して漢方の使用をおすすめする理由」などについてお伝えします!

【妊活/漢方薬局】不妊と仕事の関係とは?働き方によっては不妊の原因になることも?

「仕事をしながら妊活や不妊治療をしているけれど、なかなか妊娠できない」というご相談をいただくことがあります。実は働き方や仕事の内容、それに伴う生活習慣によって、不妊につながっている場合があるのです。この記事では、どんな働き方が妊娠しづらいのか?妊娠のためには外せない重要な生活習慣は何なのか?についてお伝えしていきます。

【妊活と漢方/札幌】食べる油の種類で妊娠のしやすさは変わるのか?取るべき油と避けたい油

妊娠・出産を希望している方の中には、食事に気をつかっている方も多いと思います。今回は、食の中でも油に注目して、科学的に研究された妊娠率との関連を紹介します。摂りたい油、避けたい油、あります。あなたはどんな油を摂っていますか?

【妊活/札幌漢方薬局】不妊の原因?基礎体温の低温期に体温が高いまま下がらない!原因とその改善方法とは?

「妊活のために基礎体温を測っている」という女性は多いのではないでしょうか。基礎体温からは排卵日や妊娠だけでなく、自分の体の状態、不調や不妊の原因などわかることがたくさんあります。この記事では、低温期に体温がしっかり下がらない場合の漢方の視点からみたからだの状態、またその原因と改善方法についてお伝えしていきます。

当り前の生活習慣が【不妊】の原因だったりするんです。

近年、検査をしても異常は見当たらないけど妊娠できない…と不妊に悩むご夫婦が増えてきています。…

【橋本病】でも妊娠を目指せます!

今回は妊娠報告の中の一例をご紹介します!一人目を帝王切開にて出産後、全身の浮腫みや産後うつ・貧血などに悩まされ二人目不妊となってしまった、橋本病の40代女性の方です。1年間、漢方専門なつめ薬局の漢方薬で身体づくりをしていただき、嬉しい妊娠の報告をいただきました。

1生理周期の中で妊娠する日としない日と。

「そもそも妊娠する日としない日はいつなの?」案外、知られていないようですが、これを知るだけでも妊娠確率は上がるかもしれません。

【不妊と漢方/札幌】子宮の中に細菌が!?妊娠・出産との関連とは!?

長い間、子宮の中に細菌はいないと考えられていました。ところが、最近の進んだ技術により子宮内にも細菌がいることがわかってきました。さらに近年では、膣や子宮に住んでいる細菌と妊娠や流産、早産などの関係を調べた報告が増えてきています。いったいどんな細菌がどんな影響を与えているのでしょうか。

1生理周期で【妊娠する確率】を知っていますか?

人間は、他の哺乳動物と比べると【妊娠率】が低いと言われていますが、具体的にどのくらいなのかご存知ですか?健康で何の問題も無いカップルでも、お子さんを希望してタイミングを合わせるようにしてから1周期あたりで考えてみると驚きの確率なんです。

コメントは締め切りました