ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【保険適用】の漢方で、あなたは治りましたか?

【保険適用】の漢方で、あなたは治りましたか?

head0023

ご存知ですか?

保険適用(病院漢方)がもたらす、漢方治療のデメリットを。

 

 

札幌・漢方専門 なつめ薬局の藤本ですm(__)m

 

病院で漢方薬を処方してもらった経験がある方も数多くいらっしゃるかと思います。

確かに病院でも漢方薬は処方してもらえます。

しかし、

病院で使える漢方薬には「保険適用」という縛りがあるんです。

保険適応ってなあに??

それは、

使える漢方薬の種類が少ない

ということ。

なぜなら、

保険適用(病院漢方)とは

「教科書通りの使い方しか保険適用にしません。あなたの症状なら、この漢方薬だけです。この漢方以外を使ったら保険適用にしません!」

というルールの事なんですね。

つまり、

「保険適用で漢方薬を出すには、決まった漢方しかだせない」

ということです。

これでは、現代の人々の多種多様な十人十色の症状を改善することはできません。

もし、あなたが病院で漢方薬を処方されていて、保険適用になっているのなら、それはあなたに合っていない恐れがあるのです。

 

・保険適用だけれども、あなたに合っていない漢方薬(病院漢方)。

・保険適用では無いけれども、あなた用にオーダーメイド製造される漢方薬。

 

病院の漢方で十分満足な効果を感じているのであれば、それは相当幸運なことです。そのまま保険適用の漢方で問題ありません。

ですが、

あなたが保険適用漢方(病院漢方)で満足できるほどの効果を実感していないなら、オーダーメイド漢方薬をご検討ください。

漢方専門 なつめ薬局ではオーダーメイド漢方薬を用意しています。病院の漢方では効果がなかったという方も多数ご来局しており、オーダーメイド漢方で病状改善しております。

漢方薬の本当の効果は、オーダーメイドで製造する煎じタイプでなければ発揮されないのです。

【男性不妊】には【漢方】という方法があります

妊娠関係の相談が多い漢方専門なつめ薬局ですが、【男性不妊】の相談も多いです。精子の数が少ない、精子の運動能力が低い、などで男性不妊で病院を受診すると、病院では治療方法がありませんので、ご主人側のトラブルにも関わらず、奥様側が不妊治療をうけるという摩訶不思議な選択が行われているんですね。そこで、皆さん、漢方専門なつめ薬局にご相談くださると言う事なんです。

【頻尿】トイレが近い!改善するための近道とは。

頻尿や残尿感など泌尿器系のトラブルでお悩みの方は多いと思います。今回は東洋医学からみた泌尿器のトラブルについてお話します。日常生活に支障が出てしまう前にお読み下さいね。

【糖尿病と漢方/札幌】糖尿病ってどんな病気?原因や対策を知って、漢方を活用して合併症を予防しよう

糖尿病はインスリンの働きが十分ではないために、血液中の糖の量が増えてしまう病気です。そのままにしておくと、網膜症や腎症、神経障害など合併症が進行してしまいます。そのためきちんと治療を続け血糖値のコントロールをすることが必要です。糖尿病はどのような病気でどういった治療があるのか、理解したうえで糖尿病とつきあっていくことが大切です。

漢方医学の基本 陰陽五行論と五行色体表から心身の不調の原因と対処方法を知る

今回から、漢方・中医学を学ぶためのブログを始めます。第1回目は漢方・中医学の基本「陰陽五行論」です。五行色体表という便利な表の使い方を学びます。

妊娠中に漢方は飲んでもいいのでしょうか?

妊娠中の漢方服用を心配される方もいますが、身体の状態に応じて漢方を選べば問題はありません。むしろ流産を防いだり、つわりを軽減したり、出産後のお肌や髪の毛のラブルが防げたりとよいことだらけです。とはいっても、妊娠中に注意が必要な漢方薬もあります。なつめ薬局では一人ひとりの状況に応じた細かいアドバイスも行いながら、出産にむけてサポートしていきます。妊娠をお考えの方は、ご相談ください。

【妊活とお酒とカフェインと】

【妊活】と【アルコール】と【カフェイン】と、妊活中に摂取していいかどうか、ご相談中にたくさん聞かれます。皆さんの関心がそれだけ強いんですね。このテーマは世界的にも関心が高く、ハーバード大学やコペンハーゲン大学からも研究報告が出されています!

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】掌蹠膿疱症に漢方薬が効果的である理由とは?

掌蹠膿疱症の患者さんの7-8割は原因が不明と言われています。病院治療で一般的な塗り薬による治療(ステロイド軟膏など)、紫外線療法で効果が期待できる場合もありますが、いずれも病院の治療は対処療法でしかありません。掌蹠膿疱症の症状が起きているということは、皮膚だけでなく体のどこかに問題が生じているということだからです。

【妊活中の運動と漢方/札幌】妊活中も運動は大切!でも、できないときはどうしたら良い?

不妊に悩んでいる方の中には、生活習慣に気をつけて毎日を過ごしているという人も多いのではないでしょうか。妊娠しやすい体づくりのために、睡眠や食事、運動などの生活習慣は大切です。特に運動で体をしっかり動かすと、全身の血のめぐりが良くなり、卵子や子宮、精子が元気になっていきます。けれども、忙しさや新型コロナウイルスの流行などで思うように体を動かすことができないという悩みもあることでしょう。どうしても運動ができない場合は、運動以外で血のめぐりを良くしていく必要があるのです。

妊活中の冷えが妊娠を遠ざける?知っておきたい「漢方」から考えた夏の冷え

活中は妊娠のために良いと言われていることをたくさんしていると思いますが、意外と気づかないのが夏の冷えです。夏に起こりやすい冷えの原因と理由、妊活/妊娠への影響、漢方から考えた夏の冷えやその対処方法としての「温活」についてご紹介します。

葉酸は取り過ぎても胎児異常になりますよ

妊娠前・妊娠中に葉酸を取ろう!というのは今や常識になりつつありますが、葉酸を取り過ぎると胎児に先天性異常が現れる事は、あまり知られていないようです。妊娠に向けて、葉酸のことをいろいろ調べている方も多いと思います。ぜひご参考にしてください。

コメントは締め切りました