ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【不育症と漢方/札幌】病院で出来る事は少ないのが不育症。漢方的な考え方とは?

【不育症と漢方/札幌】病院で出来る事は少ないのが不育症。漢方的な考え方とは?

head041

札幌の 漢方 専門 なつめ薬局です。

赤ちゃんを望んでいる方の中には、妊娠はするけれど出産まで至らず悩んでいる方も多いでしょう。不育症を改善するためには、どのようなことができるのでしょうか。西洋医学と漢方、それぞれの考え方を見ていきましょう。

【不育症とは?】

不育症とは、妊娠はするものの、流産のくり返しや死産で元気な赤ちゃんを得られない状態です。

1回の流産はめずらしいことではなく、妊娠した人の15%程度起こるといわれています。流産の80%は、受精卵つまり赤ちゃん側が原因です。受精卵の染色体に異常がある場合などに、胎児として成長していくことができず流産してしまいます。

続けて2回流産することを反復流産、3回以上連続することを習慣性流産といいます。妊娠した方のうち、反復流産は約5%、習慣性流産は約1%です。

流産が1回だけでなくくり返される場合、考えられる原因は受精卵の異常だけではありません。母体側に問題がある場合や、両親のどちらかに染色体異常があり、それが受精卵に引き継がれて流産となる場合もあります。

【検査をしても原因の分からない不育症は6割も存在します】

流産が2回続いた場合、両親側に原因がないか調べることが厚生労働省の不育症研究班により勧められています。

西洋医学的に見た不育症の原因は、ひとつではありません。大きく分けると、次の4種類です。

・血液の凝固異常(抗リン脂質抗体症候群、血液凝固因子の異常など)

・子宮形態異常(子宮粘膜下筋腫など)

・内分泌異常(甲状腺機能異常、糖尿病など)

・両親どちらかの染色体異常

しかし実際は、不育症の6割以上は「両親側の原因は不明」です。この中には、一般的な流産の原因である受精卵側の問題も含まれます。

流産は母親の加齢にともない増加します。最近は、出産の高齢化が進んでいることもあり、出生数が少ないにもかかわらず流産の数は増えています。これらも不育症の原因のひとつと考えられるでしょう。

【不育症の治療とは?】

血液検査やエコー・CT検査などで異常がないかを調べ、原因が分かった場合は薬物療法や手術療法などを必要に応じて行います。

とはいえ、スムーズに解決に結びつかないことが多いというのが実情です。

両親の染色体異常のように原因が分かっていても根本的な治療法がありせんし、薬物などの治療を受けても改善しない方も多くいます。そもそも不育症の半数以上は原因が分かりませんので、病院での治療には限界があるのです。

「妊娠をくり返すことで、赤ちゃんが生まれるチャンスを増やす」という手法が取られることも多いのですが、流産をくり返すことにもなり、心身に与える影響はとても大きなものです。

漠然と妊娠をくり返すだけでなく、赤ちゃんをお腹の中で育てる母体の能力や受精卵の質を高めることが大切です。そのためには、お母さんやお父さんのカラダづくりにも目を向けましょう。

【不育症と漢方治療】

漢方では、患者さん一人ひとりの体質を見極め、赤ちゃんがお腹の中で元気に成長できるように、お母さんのカラダ全体のバランスを整えます。受精卵の質を高めるという意味では、お父さんのカラダの状態も重要です。

例えば、お母さんのストレスは不育症に関係していると、漢方では考えます。漢方で内臓を表す肝・心・脾・肺・腎のうち、ストレスがあると肝の働きが悪くなります。肝の働きが悪くなると、気のめぐりが低下して血にも影響します。

この状態のことを「肝鬱気滞(かんうつきたい)」といいますが、流産につながるのです。忙しさや不規則な生活、妊娠に対するプレッシャーなども、ストレスのもとになっています。

また、五臓のうち、腎も不育症と関連が深いものです。腎における気が低下した状態を「腎陽虚」、腎における血や水が不足した状態を「腎陰虚」といいます。

腎陽虚・腎陰虚どちらの状態でも、不育症の原因となります。漢方の治療では、体質に合わせて、腎陽・腎陰どちらかを補う必要があるのかを見極めることが大切です。

不育症の改善には、血や気の状態を良くすることが大切です。けれども、カラダの状態は患者さんそれぞれで異なります。漢方治療で結果を出すには、流産という表に出ている問題より、カラダ全体でどこのバランスが崩れているかを探ることが必要なのです。

漢方の力も借りて、元気な赤ちゃんを迎えられるカラダづくりを目指していきましょう。

先天的な理由で不妊症・不育症・流産になる方はほとんどいない。

「赤ちゃんが欲しいと思ってから、初めて自分が不妊症だと気がつきました。」という方、多いです。妊娠によいと思っているその取り組みがあなたには合っていないかもしれません。

ご存知ですか?【妊活中】の心の在り方。

妊活中は検査という数値化されている情報も大事なのですが、それ以上に心の在り方が大事なんです。そして出産後の子育てにおいても大切なことです。なつめ薬局ではそんな心の在り方もご説明しております。

【冷え性】どなたにでも効果があるポカポカポイント

不妊でお悩みの皆さんに共通する体質の一つに【冷え性】があります。冷え性対策をしている方もいらっしゃるのですが、ご自分の状態には合っていない間違った方法をしている方が多くいらっしゃいます。冷え症の原因は人によって違いますので、その改善方法も人それぞれ異なりますが、今回はどなたにも効果的な温めポイントをお伝えします!

卵子の老化を進める皆がしている習慣とは

メラトニンという卵子の老化に関係しているホルモンをご存知ですか?日本において、メラトニンは卵子の数や質の低下を遅らせる働きをしている、つまりメラトニンは卵子のアンチエイジングに役立っているという研究があります。メラトニンとは何なのか?どうすれば増えるのか?をお話ます。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)をともなう不妊は漢方で体質改善!

最近ではライフスタイルの変化などにより 不妊 に悩む方はますます増えています。不妊の原因は男女双方で考えられますが、その中のひとつに…

【季節の変わり目】に弱い方は妊娠しづらいかも!?

「季節の変わり目には体調を崩すし、気分もあまり良くないの。」という方、妊娠しにくいかもしれません。季節の変わり目に体調を崩すのはいろいろな原因がありますが、影響力が大きいのが、ホルモンとも関係の深い【自律神経のバランスが悪い】ことです。

【不妊と漢方/札幌】子宮の中に細菌が!?妊娠・出産との関連とは!?

長い間、子宮の中に細菌はいないと考えられていました。ところが、最近の進んだ技術により子宮内にも細菌がいることがわかってきました。さらに近年では、膣や子宮に住んでいる細菌と妊娠や流産、早産などの関係を調べた報告が増えてきています。いったいどんな細菌がどんな影響を与えているのでしょうか。

【顕微授精】も成功せず…。そんな方でも妊娠できます。

近頃、嬉しい妊娠報告を立て続けにいただいておりますが、今回はその中のお一人…漢方治療を始めて1年3カ月で妊娠判定が出た女性の例をご紹介します。その方は、初回相談時には既に40代、乳癌、子宮ポリープ等の手術経験もありました。さらに医師より…

【子宮筋腫と漢方/札幌】あなたの不妊やひどい生理痛、経血過多の原因は?子宮筋腫が及ぼす影響と漢方薬の活用

妊娠を目指しているけど中々うまくいかない、立っていられないくらい生理痛が酷くて仕事や日常生活にも支障が出ているような月経にともなう辛い症状、貧血気味で眩暈や立ちくらみが多く疲れやすさを感じている、腰痛があるため整体に行くけど全然改善しない、、、などの症状で婦人科にかかった時や、普段は無症状で過ごしていたけど子宮がん検診を受けた際に指摘される事が多いのが子宮筋腫です。今回は子宮筋腫の種類や症状及ぼす影響と漢方の活用についてです。

あなたの【妊娠力】を奪う、皆が当たり前にしている事とは?

皆様は普段ジュースや炭酸飲料など、清涼飲料水をお飲みになりますか?今回はジュースなどの甘い飲み物が妊娠力に悪影響を及ぼす!というお話です。

コメントは締め切りました