ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【花粉症】辛いシーズンを乗り越える方法とは。

【花粉症】辛いシーズンを乗り越える方法とは。

head0065

漢方専門なつめ薬局の薬剤師宝田です。

 

札幌も少しずつ春めいてきました。

北海道に住んでいると暖かくなるのを心待ちにしていますが

花粉症でお悩みの方たちにとっては憂鬱な季節が近づいてきましたね。

 

花粉症の不快な症状としては

・目のかゆみ、充血                                 

・水っぽい鼻水

・鼻づまり

・くしゃみ

・咳

・喉のかゆみ

など

 

花粉症がひどくなると、頭が重い、ボーッとして熱っぽくなる、倦怠感を

伴うなどの全身症状も出て辛い毎日を送ることになります。

 

【花粉症】抵抗力が要です。

 

花粉症にならないためにも体の抵抗力を高めていくことが大切です。

 

東洋医学ではこれを「衛気」(えき)と呼びます。

花粉症の原因である花粉を体の中に侵入させないように

体にバリアをはる役割になります。

 

衛気が十分にあると花粉症を予防できます。

反対に衛気が十分に養われないと、辛い花粉症の症状に悩まされることに

なります。

 

胃腸が弱い方、睡眠不足になっている方、ストレスを感じている方は

衛気が充分にいきわたっていないので、生活習慣をしっかり見直していく

必要があります。

 

【花粉症】予防と本質から改善できるのが漢方薬です。

 

・体の中に余分な熱がこもっていないか

・冷えはないか

・体に余分な水はたまっていないか

など、患者様の置かれている状況や背景は一人一人違いますので

カウンセリングで把握し漢方薬をオーダーメイドでお作りしていきます。

 

漢方薬がバリアである衛気をしっかり養い抵抗力を持つことで

花粉症の予防と治療ができるのです。

 

漢方薬をしっかり服用し、併せて食生活や生活習慣も見直していくことで

花粉症は本質から改善できますし、予防もできるのです。

 

花粉症をしっかり治したい方、花粉症にならないように予防したい方は

漢方専門なつめ薬局に電話またはメールでご予約をお願い致します。

 

漢方相談は完全予約制となっております。

相談枠には限りがありますので、ご希望の日時があれば早めにご連絡を

お願い致します。

【向精神薬が不安な方必見】漢方薬で起立性調節障害を治すには

朝なかなか起きられず学校にいけない子どもは、もしかしたら起立性調節障害かもしれません。病院を受診しようと考えているけれど向精神薬の使用に不安を持っている保護者の方には、心身への負担が少なくお子さんに合った治療が可能な漢方をおすすめします。

【自臭症】あなたの口臭の真実とは。

あなたの口臭の真実とは。。。いったい何だろう?と頭の中が?マークでいっぱいになった方も多いのではないでしょうか。本当は匂いがしていないのに、自分自身は匂いがしていると思い込んでしまう「自臭症」という症状についてお話します。

【 うつ病 と 漢方 / 札幌 】うつ病を改善するために必要な取り組みとは。

「最近、やる気がでない」「何をするのもおっくうに感じる」「昔ほど趣味が楽しめなくなった」こういった症状が出ていたら、もしかしたらうつ病かもしれません。うつ病は、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、ゆううつな気分や意欲の低下といった状態が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状をともなうことも珍しくありません。今回はうつ病の原因や治療について、そして漢方で期待できることをみていきましょう。

季節と住処と【不妊】の関係とは?

以前の記事で妊娠とビタミンDの関係についてお話をしました。あなたの不妊の要因かもしれない、その大事なビタミンDですが…今回は住んでいる場所や季節によっても体内濃度に違いが出るというお話です。

【パニック障害と漢方/札幌】この不安はパニック障害!?症状にふりまわされないための方法

最近はスポーツ選手やタレントなどパニック障害を持っていると発表している著名人も少なくありません。パニック障害は100人に1人はかかることもあると言われておりめずらしい病気ではなくなりました。とはいえ、パニック障害をお持ちの方にとっては、外出意欲をそがれたり、何かにつけて無気力になったりする原因となってしまいます。パニック障害とはどのような病気なのかどのような治療法があるのかを理解して、不安に支配されない生活を取り戻しましょう。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)をともなう不妊は漢方で体質改善!

最近ではライフスタイルの変化などにより 不妊 に悩む方はますます増えています。不妊の原因は男女双方で考えられますが、その中のひとつに…

【癌と漢方/札幌】がん治療と漢方薬にできること

日本人のがん患者は増えつづけています。厚生労働省の発表によると、2016年の1年間で約100万人の方が新たにがんと診断されました。一生のうちでがんになる方は2人に1人の計算です。がん治療の中心は西洋医学的な手法です。けれども、漢方薬にも大きな役割があります。からだのバランスを整えてがんと戦う心身の土台をつくっていくことができます。

【季節の変わり目】に弱い方は妊娠しづらいかも!?

「季節の変わり目には体調を崩すし、気分もあまり良くないの。」という方、妊娠しにくいかもしれません。季節の変わり目に体調を崩すのはいろいろな原因がありますが、影響力が大きいのが、ホルモンとも関係の深い【自律神経のバランスが悪い】ことです。

更年期障害 のつらい症状は 漢方 で改善しよう

更年期のカラダの不調は多くの方が経験しますが、その症状の種類や重さは人それぞれです。カラダのどこを検査してもはっきりとした原因がわからない症状を不定愁訴といいますが、更年期の症状はまさに不定愁訴そのものです。今回は、更年期障害についてみていきましょう。漢方が不定愁訴の治療を得意とする理由をお話します。

ご存知ですか?【自律神経失調】という状態を。

自律神経のバランスが崩れてしまうと、動悸・息切れ・めまい・頭痛・肩こり・不眠・イライラ・体のだるさ・気力の低下・発汗・下痢・便秘・食欲不振・むくみ・手足の冷えなど様々な体の不調が現れるのですが、辛くて病院にかかっても検査では特に異常が見つからなかったり…漢方を飲んで生活改善と食生活の見直しを図る事で上記のような辛い症状が改善されていきます。一度漢方を試してみては如何でしょうか?

コメントは締め切りました