ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

あきらめなくても大丈夫!漢方で髪のエイジングケア

あきらめなくても大丈夫!漢方で髪のエイジングケア

head052

年齢を重ねるうちに、ツヤやハリがなくなりボリューム不足の髪の毛に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 漢方 で 体質 を改善すると、髪の毛にも良い影響が出てきます。

漢方 からみた年齢とともに髪質が変わるワケ

髪の毛は、カラダの内側の状態を映し出す鏡です。 東洋医学 では、血や腎が 髪質 に大きく影響していると考えます。

*東洋医学における血や腎は、西洋医学の血液や腎臓と似た機能も含みますが、まったく違う働きもあり別物です。

髪は 血余 と 漢方 では言う

漢方 では、髪の毛のことを「 血余 (けつよ)」と呼びます。 東洋医学 における血は、西洋医学での血液と似た働きもしており、全身に栄養を行き渡らせます。

体内の血が余るほど豊富でしっかりと機能していれば、全身に栄養が満ちあふれ、豊かでつややかな髪の毛を維持できるのです。

年齢とともに、 髪質 が変わってきたと感じる人は少なくないでしょう。これまでと同じようなケアをしているのに、カットやカラー、パーマをしてもいまいちヘアスタイルが決まらなくなってきた……、とお悩みの方もいるかもしれません。

髪の毛が細くなったり、抜け毛が増えたり、パサつきやクセが強くなったりすることは、年齢のせいだから仕方ないと感じてしまうかもしれませんが、いくつになってもきれいな髪の毛の人もいます。

こういった方は、体内の血が十分でカラダのすみずみまで循環しているのです。若い人の髪の毛がフサフサとしてつやがあるのは、カラダのバランスが取れているので血がしっかりと機能しているからです。

髪とつながりが深い内臓は腎

また、髪の毛は「 腎の華 (じんのはな)」とも呼ばれています。腎とは、 東洋医学 における内臓の考え方「五臓(肺・心・肝・脾・腎)」のうちのひとつです。

腎には、生命活動の根本である精を蓄えておく機能があります。精は生命エネルギーですので、腎が弱まり精を蓄えられなくなると、体の中のエネルギーが枯渇してしまいます。

精の不足は、老化と同じです。髪の状態を見れば、カラダの中の老化状態がわかってしまうのです。

年齢とともに腎の力は弱まり、髪質も変化します。けれども腎の弱まり方は、人にとって違いますし、補ってあげることがエイジングケアになります。

つまり、「年齢とともに髪質が悪くなるのは当たり前」ではなく、カラダのバランスが整い腎の調子がよくなれば、髪質もよくなっていくのです。

漢方 で生き生きした髪の毛に

年齢とともにカラダの中のバランスは、どうしても崩れていきます。そのため、 髪質 が変わってしまったと感じる方も多いでしょう。

髪質 が悪くなってきたと感じたとき、これまでより少し高級なシャンプーやトリートメントなどのヘアケア用品に変えてみたり、美容室でスペシャルケアをしてみたりと外側からのケアに力を入れる方が多いのではないでしょうか?

けれども、 髪質 の悪化の原因が体内の状態にあると知れば、こうした外側からケアをする方法はその場しのぎであまり意味をなさないことがわかります。

髪質 を決定するカラダの内側から変えていかなければ、きれいな髪を根本的には作れません。

髪質 に問題があるということは、体内で血や腎に問題が生じている可能性が高いので、これらの崩れているバランスを整えていくことが 髪質改善 には重要です。

病気の治療や エイジングケア に 漢方 は使われますが、西洋医学と違って問題のある部分だけに対処するわけではありません。カラダ全体に働きかけて、全身トータルで状態を良くしていきます。

髪の毛は1日に0.3センチ、1ヶ月に約1センチ程度伸びるといわれています。そのため髪質の改善 には少々時間はかかりますが、体内のバランスが整うと良くなってくるので、あせらずに長い目で見ていきましょう。

効果をより引き出す 漢方 とは

血や腎の状態により、髪質 が悪くなることをお話ししてきましたが、同じ 髪質 の人が皆同じようにバランスが崩れているわけではありません。

原因となるバランスの崩れ方は人によって違いますし、そもそもバランスが崩れる理由も人それぞれです。

「髪の エイジングケア に良い!」といわれている 漢方 を服用したとしても、全員に効果があるわけではないのは、これが原因です。

ご自身に合った 漢方 を選ぶことで、あなたの 体質 は変わります。 漢方 で 髪質改善 をしたいのであれば、しっかりと話を聞いてくれてカラダの状態を見極めることができる 漢方専門薬局 を利用することが重要です。

あなたに合った 漢方 を自社製造で煎じてくれる 漢方薬局 を選ぶと良いでしょう。

ご存知ですか?【妊活中】の心の在り方。

妊活中は検査という数値化されている情報も大事なのですが、それ以上に心の在り方が大事なんです。そして出産後の子育てにおいても大切なことです。なつめ薬局ではそんな心の在り方もご説明しております。

【不妊と漢方/札幌】妊娠しやすい睡眠とは?アメリカの研究でわかったこと

妊娠を望まれている方のなかには、日々の生活習慣を気にかけている方も多いのではないでしょうか?睡眠時間が短かったり不規則な生活であったりすると、不妊に影響しているのでないかと心配になることもあるかと思います。アメリカのボストン大学では、妊娠を希望している女性にアンケートをとり、どういった睡眠をとっていた女性が自然妊娠をしやすかったかについての研究を行いました。その結果は??

30代後半・40代からの【不妊治療】

最近の不妊漢方相談の方々が口をそろえて、「年齢の事があるので焦ってます。手遅れですか?もう無理ですか?何とかなりませんか?」とおっしゃいます。いろいろな情報を目にして、焦りを感じているようですね。妊娠出産は確かに年齢の影響を受けます。でも、何とかなります!が、、あることが必要です。

ご存知ですか?【自律神経失調】という状態を。

自律神経のバランスが崩れてしまうと、動悸・息切れ・めまい・頭痛・肩こり・不眠・イライラ・体のだるさ・気力の低下・発汗・下痢・便秘・食欲不振・むくみ・手足の冷えなど様々な体の不調が現れるのですが、辛くて病院にかかっても検査では特に異常が見つからなかったり…漢方を飲んで生活改善と食生活の見直しを図る事で上記のような辛い症状が改善されていきます。一度漢方を試してみては如何でしょうか?

メンタルや感情が病気の原因になる、東洋医学的な理由

「漢方・中医学を学ぶ」第6回目は内因と不内外因です。私たちの感情も生活習慣も病気の原因となることについて学びます。

妊活の第一歩!漢方で基礎体温を改善する

妊娠を望んでいるのになかなか恵まれずに不妊に悩んでいる方にとって、基礎体温はとても大切なカラダの情報です。また、さまざまな症状や困りごとをカラダ全体から診る…

目に見えることだけが【成果】ではないんです。

何年間も生理不順や不正出血で悩んでおり、婦人科の検査では原因が見つからず、赤ちゃんが欲しいけれど、できなかったので何とかしたい、ということで、札幌・漢方専門なつめ薬局に漢方相談にいらした方が、昨年末に出産なさいました。目に見える成果がなかなか無い中で続けるのは大変ですが、自分が信じた取り組みをしっかり続けることが大切です。

ニキビはストレスが原因?治らない肌荒れでお悩みの方は漢方で体質改善しよう

不規則な生活やストレスが原因の「大人ニキビ」に悩んでいる20代〜30代の方は少なくありません。なかなか治らないのも厄介です。ですが漢方は、身体の内側から働きかけ体質の改善をしていくので、ニキビができにくい肌へ変わっていきます。

【自律神経失調症と漢方/札幌】自律神経失調症との向き合い方

あなたは原因不明の体調不良に悩んでいませんか??ふと気づくと動悸や息苦しさを感じたり、だるさや疲れがなかなか抜けず無気力になったり、それなのに夜なかなか寝付けなかったり…。病院を受診しても特に異常は見つからず、これは気のせいなのでは?と思われている方、それは決して気のせいなのではなく自律神経の乱れからくる自律神経失調症という病気かもしれません。今回は、この『自律神経失調症』にまつわるお話をしたいと思います。

【口臭】口臭の原因は口の中だけではない!口臭と心の意外な関係とは。

患者様のご相談を受けていると、ストレスとの関わりがとても多くて深いと感じることが多いです。口臭や自臭症の場合もそうですが、心の影響が口臭や自臭症に繋がってしまいますし、反対に口臭や自臭症が気になると落ち込みやすくなったり不安を感じやすくなってしまいます。心と体は繋がっているということを患者様のご相談を受けながら毎日ひしひしと感じています。では、心と口臭や自臭症はどのように関わっていくのでしょう。ちょっと知りたくありませんか?

コメントは締め切りました