ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

漢方で治った!抑うつ症状が改善

漢方で治った!抑うつ症状が改善

「朝起きられない」「学校や会社に行けない」「夜眠れない」「やる気が起きない」「気分が落ち込みやすい」などこころの不調は誰もが経験するものです。

このようなこころの不調はなぜ起きるのでしょうか?

こころの不調は、SOSのサインです。

こころの不調を放っておくと、こころの病気など入院治療が必要なレベルに移行する可能性があります。

こころのサインに気づいたときは、早めに相談したり、対処することが大切です。

近年は精神科以外にも心療内科やメンタルクリニックなど、こころの不調を相談できる場が増えていますが、抗不安薬や抗うつ薬などの薬に頼った治療が一般的です。

薬剤には副作用や依存性があり、薬なしでは生活できなくなる危険性も潜んでいるのが事実です。

「じゃぁ、いったいどこに相談したら良いの?」

そんなふうに悩んだときには、漢方専門のなつめ薬局を頼ってみませんか?

人工的に化学合成された物質でつくられた薬剤に対し、漢方は天然の生薬を使用しているため、副作用も少なく、自らのチカラを引き出してくれます。

ここでは、漢方からみる抑うつ症状と漢方薬で改善する方法をご紹介します。

 

漢方で身体を考える

 

東洋医学の考え方の1つに「気血水(きけつすい)」があります。

体内は「気・血・水」という3つの要素から構成されており、それらの正常な働きによって健康が維持されているという考え方です。

それぞれの要素を詳しく見てみましょう。

 

「気」の要素の症状

 

「気」は目に見えない要素で生命活動を支えるエネルギーと考えられています。

「気」の要素には3種類のタイプがあります。

 

気虚(ききょ)

元気が出ない・身体がだるい・疲れやすい・日中眠気がある・食欲低下・下痢と便秘の繰り返し・むくみ・風邪をひきやすい・いろいろなことで悩み続ける

 

気滞(きたい)または気うつ(きうつ)

のどがつまる・息がしにくい・お腹がはる・ため息が出る・不安や焦る気持ちが強い

 

気逆(きぎゃく)

のぼせる・動悸・発汗・頭痛・吐き気・めまい・足の冷え

 

「気」は元気ややる気の気であり、気が少なくなると気虚や気滞、気逆の症状がみられるようになり、抑うつ状態となります。

 

「血」の要素と症状

 

「血」は身体をめぐる目に見える要素で「血液」をあらわします。

「血」の要素には2種類のタイプがあります。

 

血虚(けっきょ)

爪がわれやすい・肌がカサカサする・髪が抜けやすい・爪や肌、髪のハリがない・こむら返り・目がかすむ・不眠・集中力がない・生理不順

 

瘀血(おけつ)

顔色が悪い・唇の色が悪い・目の周りのクマやシミが目立つ・不眠・腰痛・筋肉痛・痔(じ)・月経異常

 

「血」は血液のみではなく、血液がもととなっている脳や筋肉、爪、髪、皮膚なども含まれます。

主に心臓、肝臓、腎臓でつくられ血が少なくなると血虚、瘀血の症状がみられるようになり、栄養が足りない状態となります。

 

「水」の要素と症状

 

「水」はヒトの身体の6~7割を占めています。

「水」の要素は1種類です。

 

水滞(すいたい)または水毒(すいどく)

のどが渇きやすい・むくみ・悪心・嘔吐(おうと)・鼻水・乗り物酔い・発汗・頻尿

 

「水」は環境にも左右され、海に囲まれ、梅雨や台風などで比較的多湿な日本では、体内の水のかたよりが生じやすいといわれています。

 

漢方でこころを治療する

「気・血・水」を整えるために効果があるといわれている対処法をそれぞれの要素別に詳しく見てみましょう。

 

「気」の要素に効果がある対処法

「気」の要素には3種類のタイプがあります。

 

・気虚(ききょ)

温かく消化が良いものを摂り、十分な睡眠をとるようにしましょう。

天ぷら、揚げ物などの油っぽい食べ物は避け、ゆっくり食べることを心がけましょう。

 

気滞(きたい)または気うつ(きうつ)

柑橘類や香りの強いハーブを取り入れた食事をとりましょう。

味の濃い食べ物や辛い食べ物、冷たい食べ物は避けましょう。

 

気逆(きぎゃく)

アルコールや香辛料は控えましょう。

腹式呼吸をしたり、ぬるめのお風呂でゆったり身体を温めましょう。

 

「血」の要素に効果がある対処法

 

「血」の要素には2種類のタイプがあります。

 

血虚(けっきょ)

夜更かしや目を使う作業は避けましょう。

黒ゴマ、黒豆、プルーンなどの黒色食材をとるように心がけましょう。

 

瘀血(おけつ)

冷たい食べ物は避け、食物繊維が多い食材をとるように心がけましょう。

運動や入浴で身体を温め、血行を促進しましょう。

 

「水」の要素に効果がある対処法

 

「水」の要素は1種類です

 

水滞(すいたい)または水毒(すいどく)

水分を摂りすぎないようにしましょう。

白砂糖など甘いものは身体を冷やす作用があるのでなるべく控えるようにしましょう。

身体を温める作用がある根菜類や生姜、発酵食品を摂るように心がけましょう。

 

1人ひとりにあった漢方薬をつくってくれるなつめ薬局

 

精神科や心療内科、メンタルクリニックを受診するほどではないけれど、こころの不調を感じている。

そんな方におすすめなのは、1人ひとりの状態を丁寧に聞きとり、自身のチカラを引き出してくれる漢方による治療法を提供してくれる漢方専門のなつめ薬局です。

漢方専門のなつめ薬局では、厳選した生薬から自社製造している煎じタイプの漢方薬を提供しています。

顆粒や錠剤・シロップタイプの漢方薬と比較すると名称が同じ漢方薬でも効果がしっかりしているのが特徴となります。

何かしらこころの不調を感じている人は、気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

漢方で 不安障害・パニック障害 を改善

突然理由もなく不安になり呼吸が苦しくなる...いつまた発作が出るのか不安が続いて日常生活を満足に送れない...、このような不安障害やパニック障害は薬や精神療法で治療が進められますが、なかなか症状が改善しないという方には西洋医学とは全く異なるアプローチで治療する漢方がおすすめです。

漢方 を使って一人ひとりの体質に応じた うつ病 ・ うつ症状の治療を

メンタルの病気は、西洋薬による薬物療法やカウンセリングなどを中心に治療が進められていくことが多いのですが、漢方も選択肢のひとつです。しかし、病院で処方される漢方と、東洋医学の理論で処方される漢方では異なる点があります。漢方の本来の使い方をみていきましょう。

子どものチック症は治るの?チック治療と“漢方薬”の関係

子どものチック症は西洋薬で症状の軽減を図る治療が主流ですが、それだけでは対応できないこともあります。病院では西洋薬に漢方をあわせる治療が増え、症状が良くなるケースも多く、漢方が効くと期待されています。ここでは子どものチック症に対する漢方の有効性についてご紹介します。

うつの薬から脱却!漢方で回避できる

「朝起きるのがつらくて学校や仕事に行けない」「やる気が起きなくて食欲も出ない」などの症状があり、心療内科やクリニックを受診してみようか悩んでいる人は多いでしょう。一方、心療内科やクリニックを受診してもなかなか症状が改善されず、薬の量が増えていき悪循環の輪の中から抜け出せない、いわゆる薬漬けになってしまったという声も多く聞かれます。ここでは、うつの薬の副作用や問題点について解説しながら、漢方による考え方と効果についてご紹介します。

男性にも起こる更年期障害、漢方薬で治療してイライラや不調を改善しよう!

加齢による原因不明の様々な不定愁訴といえば、更年期障害を思い浮かべる方は多いかもしれません。その不調は女性だけではなく男性にも現れます。原因も症状も辛さも人それぞれですが、漢方ではあなたに合わせた対応ができます。…

【パニック障害と漢方/札幌】この不安はパニック障害!?症状にふりまわされないための方法

最近はスポーツ選手やタレントなどパニック障害を持っていると発表している著名人も少なくありません。パニック障害は100人に1人はかかることもあると言われておりめずらしい病気ではなくなりました。とはいえ、パニック障害をお持ちの方にとっては、外出意欲をそがれたり、何かにつけて無気力になったりする原因となってしまいます。パニック障害とはどのような病気なのかどのような治療法があるのかを理解して、不安に支配されない生活を取り戻しましょう。

【向精神薬が不安な方必見】漢方薬で起立性調節障害を治すには

朝なかなか起きられず学校にいけない子どもは、もしかしたら起立性調節障害かもしれません。病院を受診しようと考えているけれど向精神薬の使用に不安を持っている保護者の方には、心身への負担が少なくお子さんに合った治療が可能な漢方をおすすめします。

【 うつ病 と 漢方 / 札幌 】うつ病を改善するために必要な取り組みとは。

「最近、やる気がでない」「何をするのもおっくうに感じる」「昔ほど趣味が楽しめなくなった」こういった症状が出ていたら、もしかしたらうつ病かもしれません。うつ病は、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、ゆううつな気分や意欲の低下といった状態が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状をともなうことも珍しくありません。今回はうつ病の原因や治療について、そして漢方で期待できることをみていきましょう。

【不妊治療中】に【うつ】になりやすい理由と予防法

不妊治療は夫婦で乗り切るものです。しかし、不妊治療は母体への身体的な負担は大きく、周囲からのプレッシャー、焦り、通院の負担など、女性側が受けるストレスの比重が大きいといえます。落ち込みがあったり、ふと涙が出てきたり、不安で押しつぶされそうになることも多いでしょう。そんな時に「自分はもしかしたらうつ病なのかも?」と気になったり、「事前の予防法を知りたい」という方も多いと思います。不妊治療時のうつが気になる方は、今回の記事を参考にしてくださいね。

【起立性調節障害と漢方/札幌】朝起きられない、学校に行けない…辛い起立性調節障害から抜け出す方法とは

現在、あなたのお子さんが「朝起きられない」「午前中は特に調子が悪く、朝ごはんも食べられない」「強い怠さや眠気を訴える」そんな状態であるならば、それは自律神経失調症状のひとつである【起立性調節障害】と呼ばれる病気かもしれません。小学校高学年から中学生の時期に多いと言われる起立性調節障害ですが、なつめ薬局には高校生も多くご来局されていますよ。漢方で改善した16歳の女性の例をご紹介しますね。

コメントは締め切りました