ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【不妊と漢方/札幌】多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できますか?

【不妊と漢方/札幌】多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できますか?

head0089

多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できる?

最近、「多囊胞性卵巣でも妊娠できますか?」というお問い合わせが増えています。

特に妊娠、出産をご希望の方は、多囊胞性卵巣という病気をほおっておくと妊娠のタイミングを逃してしまいがちになり、気がつくと年を重ね安全に出産できる時期をも逃してしまうかもしれません。

少しでも早い時期に妊娠、出産に向けた身体づくりをしていくことが大切です。

そこで、今回は多囊胞性卵巣症候群とはどのような病気なのか?多囊胞性卵巣症候群でも無事に妊娠、出産ができるのか?についてのお話です。

女性ホルモンの役割

妊娠のカギは女性ホルモンが握っています。

まず女性ホルモンの働き、生理や妊娠の仕組みについておさらいしてみましょう。
女性ホルモンとは、ご存知の通り女性ならではの身体の機能や美しさをコントロールしているホルモンです。

毎月の排卵や生理、妊娠、出産が可能になるのは、全て女性ホルモンの働きによるものです。

一般的に女性ホルモンは卵巣から分泌されます。
○卵胞ホルモン(エストロゲン)
○黄体ホルモン(プロゲステロン)
という二種類のホルモンです。
この二種類のホルモンの働きは、脳の視床下部と下垂体という部分から分泌されます。
○性腺刺激ホルモン放出ホルモン
○卵胞刺激ホルモン
○黄体形成ホルモン
などがコントロールしています。

卵胞ホルモンと黄体ホルモンが分泌されることで、約28日周期の生理のリズムができあがります。

この二つのホルモンの分泌は視床下部と下垂体、卵巣がバランスよく働き合う事によってコントロールされています。

1)視床下部から性腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌され、下垂体を刺激します。

2)下垂体から卵胞刺激ホルモンが分泌されます。

3)これを受けて卵巣内の卵胞が成熟するとともに、卵胞から卵胞ホルモンが分泌されます。

4)卵胞ホルモンの分泌が排卵直前にピークになると、その情報を受けた下垂体から黄体ホルモンが分泌され、子宮内膜を厚く柔らかく整えて受精卵を向かい入れる準備をします。

妊娠しなかった時は生理として子宮内膜が血液と共に体外へ排出されます。

よって、女性にとっての生理は妊娠のために必要な身体が発するサインです。そして、その生理の要が女性ホルモンという訳で実に重要な役割を持っているのです。

多嚢胞性卵巣症候群とは?

多嚢胞性卵巣症候群は、生理周期が長いケースはありますがその疾患だからといって生理がないということではありません。

本来、疾患卵巣の中にある卵胞はそのうちの一つが成熟して排卵されるのですが、多嚢性卵巣の場合は卵巣の中で卵胞が連なって詰まってしまいどれも成熟せず、排卵しにくい状態になってしまうという疾患です。

排卵しにくい状態になる事によって卵巣が硬くなり、ますます排卵を誘発できず悪循環に陥ることになってしまいます。
近年、若い女性の約20〜30人に一人が多嚢胞性卵巣症候群に悩んでいると言われています。

多嚢胞性卵巣症候群は決して珍しい疾患ではないのですが、排卵がしにくい状態の身体になっているため無排卵月経や不妊に繋がる事が多い疾患です。

しかし、決して妊娠ができないという疾患ではありません。

特に妊娠・出産をご希望される方は、なるべく早い時期に治療して妊娠・出産に向けた万全な身体づくりをすることが最も重要です。

多嚢胞性卵巣症候群の原因と症状

太り気味の人、血糖値が高めの人、男性ホルモンの多い人に多く見られる傾向があると考えられており主な原因は次のとおりです。

【  原   因  】

1)日常生活でのストレス
2)食生活の乱れ
3)糖代謝及び内分泌の異常

これらの原因は、密接な関係にあり日常生活のストレスが食生活の乱れに繋がり、食生活の乱れが糖代謝及び内分泌の異常を引き起こす。そしてまたストレスが溜まりという悪いサイクルを生み出してしまうのです。

多嚢胞性卵巣症候群は、ホルモンに大きく左右される疾患です。です。

糖代謝の異常や内分泌の異常は、卵巣での男性ホルモンの異常分泌にも繋がり、女性ホルモンとのバランスが崩れて卵胞の発育に大きな影響をおよぼす可能性があります。

また、ホルモンバランスを崩してしまう要因の1つに自律神経の乱れが関係してきます。自律神経の乱れを治すことも多嚢胞性卵巣症候群を克服する為の重要なポイントの1つです。

主な症状は次のとおりです。

【  症 状  】

1)生理不順や無月経

2)不正出血

3)男性ホルモンの分泌による多毛やニキビ(ホルモンバランスの乱れ)

このような症状により排卵日が安定しなかったり、自力での排卵が困難になったりすることからタイミングがつかみにくく上手く妊娠に繋がらないケースが多いのです。

一般的な治療方法と漢方薬治療との違い

不妊治療の一般的な病院治療には、排卵誘発剤で排卵を促したり、腹腔鏡手術で卵巣の表面に穴をあけ卵子を出しやすくする治療があります。

ただ、たくさんの卵子が育ってしまう場合もあり効果の持続期間は1年位でそれほど長い間の効果が期待できないのも実情です。
病院での不妊治療になると精神的、金銭的負担が大きく断念してしまう方も多いでしょう。

そのことが悩みの種になりストレスを抱えてしまっては、元も子もありません。

病院治療を受けて排卵誘発剤で排卵を促したり、腹腔鏡手術を受けたとしても本来のご自身の身体がダメージを受け過ぎては、いざ妊娠!いざ出産!となった時のことを考えると心配や不安が募るばかりですよね。

ダメージは、少ないに越したことはありません。

そこで、もう1つの手立てとして有効的なのが漢方薬治療です。

漢方薬治療が一般的な病院治療と違う点は、妊娠・出産に向けて土台となる身体を根本的に作り上げていく点にあります。

漢方薬治療は、自らの持つ自然治癒力を高める治療法です。

免疫力を向上させたり、ホルモンバランスを整えたりしながら妊娠及び出産に向けた身体の土台作り」に効果を発揮します。

しかも漢方薬は、ホルモンバランスを崩す要因である自律神経の乱れについても緩和させるのに有効的です。

病院治療の際での精神的な苦痛や金銭的なことなどから来る不安で、安定しない心身の状態を本来のよりよい状態へと導き改善してくれると言っても過言ではないのです。

増してや、これから生命を宿し新しい生命を誕生させるお身体です。

そのしっかりとした身体の土台づくり、母体保護には精神的安定は必須です。

穏やかな心持ちで妊娠、出産に向けた準備をして行きたいものですね。

妊娠・出産に向けた身体づくり

まず、妊娠・出産に向けた身体づくりにあたり、多嚢胞性卵巣症候群の原因をご覧いただければお解りのとおり、太り気味であったり血糖値が高い方に多く症状がみられるという傾向なのは肥満、糖尿病、高血圧にもなりやすいというリスクがあるということです。

妊娠・出産に備える身体の土台づくりをしていく上では、生活習慣病も回避していくことも大切ですね。

1)バランスの取れた食生活
2)適度な運動
3)血の健康を保つ

太り気味の方や血糖値が気になる方は、治療の第一歩としてバランスの取れた食生活と適度な運動で減量を試みましょう。5%程度の減量でも排卵や妊娠率は上がります。
バランスのよい食生活と適度な運動を心掛ける事によって心身のバランスを整えて、妊娠・出産に備えた身体づくりの基盤を整えましょう。
東洋医学の観点からすると、妊娠に最も大切なのは【血:けつ】が健康であるという事です。

この【血】は、血液の事はもちろんですが「身体の各所に栄養を与える」という意味も含まれているのです。【血】が不足するとホルモンバランスが崩れやすくなり、生理不順、妊娠しにくいという問題を招いたり【血】の巡りが悪いと卵巣や子宮の機能に悪影響を与えてしまいます。

漢方薬は、血の流れを良くして滞りをなくすことにも役立ちます。
【血】の健康を保つ為にも、ご自身のお身体にあった漢方薬をしっかりと服用しながらバランスの良い食生活と適度な運動を心がけて積極的に取り組みましょう。

なつめ薬局へのお問合わせ

漢方専門 なつめ薬局では、カウンセリングでじっくりとお話を伺いご自身の体質に合った漢方薬を自社製造しております。
実際に多嚢胞性卵巣症候群でお悩みの方のご相談も増えており、なつめ薬局の自社製造の漢方薬で症状が改善され妊娠し、無事にご出産された方も多くいらっしゃいます。
妊娠・出産をご希望の方、多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できるのか?と不安を抱えていらっしゃる方はご相談下さいね。

【多嚢胞性卵巣と漢方/札幌】不妊の原因となる多嚢胞性卵巣とは?

女性の20人に1人はなっているといわれる多嚢胞性卵巣。排卵がうまくいかないため不妊の原因の一つです。超音波検査をして多嚢胞性卵巣だといわれた方もいるのではないでしょうか。多嚢胞性卵巣とはどういう状態なのか、治療にはどういったものがあるのかについてご紹介します。

【男性不妊】と食事から摂る脂肪の関係

以前、女性ではマグロやイワシなどの魚を食べると血液中にオメガ3系脂肪酸であるEPA・DHAが多く含まれ、結果体外受精での妊娠率が上昇したという研究結果についてのお話ししましたが、実は女性の不妊だけでなく、男性の不妊に関しても食事から摂取する脂肪酸が大きな影響を及ぼしているという海外の研究があるんです。

【不妊と漢方/札幌】妊活中のガタガタ基礎体温を改善する

妊活をしようとしている皆さん、妊活中の皆さんは、基礎体温をつけていますか?自分の体のことを知る方法のひとつに、基礎体温があります。基礎体温を毎日測るメリットは、いろいろありますが、実際に測定を始めると、予想しているよりも続けるのが大変ですし、思うような結果が現れないというケースも多いです。そのような時は漢方という方法がありますよ!

【逆子】の原因のアレとは??漢方的逆子の考え方

札幌・漢方専門 なつめ薬局に通っていただき冷えを改善し妊娠できた方がいらっしゃいました。その方は、医師から余計な物は飲まない方がいいと言われ、妊娠とともに漢方を止めてしまいましたそして、数ヵ月後、その方から連絡がありました。「妊娠後期に逆子になってしまった・・・」。

【不妊と漢方/札幌】赤ちゃんが欲しいと願う人必見!妊活を成功させるための食事

妊娠・出産を願う方は、何かしらの妊活に取り組んでいると思います。今回は基本に戻り、妊活における食事についてです。妊活の中でも食事は最も重要な役割を占めます。「赤ちゃんが欲しい」という目的のために、今一度ご自分の食生活について見直してみましょう。

【不妊治療中】に【うつ】になりやすい理由と予防法

不妊治療は夫婦で乗り切るものです。しかし、不妊治療は母体への身体的な負担は大きく、周囲からのプレッシャー、焦り、通院の負担など、女性側が受けるストレスの比重が大きいといえます。落ち込みがあったり、ふと涙が出てきたり、不安で押しつぶされそうになることも多いでしょう。そんな時に「自分はもしかしたらうつ病なのかも?」と気になったり、「事前の予防法を知りたい」という方も多いと思います。不妊治療時のうつが気になる方は、今回の記事を参考にしてくださいね。

【子宮内膜症と漢方/札幌】子宮内膜症による不妊と漢方

妊娠を望んでいる方の中には、子宮内膜症を患っている方も少なくないでしょう。子宮内膜症と不妊は大きく関係しています。子宮内膜症とはどのような病気なのかを理解して、妊娠に向けてできることを確認していきましょう。漢方を使って妊娠しやすいからだへと体質改善していくことが大切です。

【男性の生殖能力向上に亜鉛が有効】は本当か??

【男性不妊に対しては亜鉛】と思われており、実際に摂取している方は多い気がします。ですが、亜鉛と精液所見の関連を確認できた研究報告はありません。最近の専門家の見解としては亜鉛よりも抗酸化物質で一致しています。しかし抗酸化物質の摂取では十分な対策と言えない事も事実です。そこで必要なことは?

【妊活中の運動と漢方/札幌】妊活中も運動は大切!でも、できないときはどうしたら良い?

不妊に悩んでいる方の中には、生活習慣に気をつけて毎日を過ごしているという人も多いのではないでしょうか。妊娠しやすい体づくりのために、睡眠や食事、運動などの生活習慣は大切です。特に運動で体をしっかり動かすと、全身の血のめぐりが良くなり、卵子や子宮、精子が元気になっていきます。けれども、忙しさや新型コロナウイルスの流行などで思うように体を動かすことができないという悩みもあることでしょう。どうしても運動ができない場合は、運動以外で血のめぐりを良くしていく必要があるのです。

【妊活と漢方/札幌】食べる油の種類で妊娠のしやすさは変わるのか?取るべき油と避けたい油

妊娠・出産を希望している方の中には、食事に気をつかっている方も多いと思います。今回は、食の中でも油に注目して、科学的に研究された妊娠率との関連を紹介します。摂りたい油、避けたい油、あります。あなたはどんな油を摂っていますか?

コメントは締め切りました