ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【不妊と漢方/札幌】妊娠しやすい睡眠とは?アメリカの研究でわかったこと

【不妊と漢方/札幌】妊娠しやすい睡眠とは?アメリカの研究でわかったこと

head0091

札幌の漢方専門 なつめ薬局の薬剤師 阿部です。

妊娠を望まれている方のなかには、日々の生活習慣を気にかけている方も多いのではないでしょうか?

睡眠時間が短かったり不規則な生活であったりすると、不妊に影響しているのでないかと心配になることもあるかと思います。

アメリカのボストン大学では、妊娠を希望している女性にアンケートをとり、どういった睡眠をとっていた女性が自然妊娠をしやすかったかについての研究を行いました。

その結果のポイントは、量より質!

さっそく研究結果をチェックしていきましょう。

妊娠率とシフト勤務は関係なし!睡眠時間が短いとわずかに妊娠率が下がる傾向

今回の研究では、「睡眠時間や不規則な仕事は妊娠率にそれほど影響しない」ことがわかりました。

どういう風に調べているかというと、妊娠を望んでいる21歳~45歳の女性がインターネット上でアンケートを答える方法をとっています。

質問内容は次の3つ

  • この1ヵ月間の平均睡眠時間
  • この2週間の睡眠の質
  • 仕事がシフト勤務であるかどうか

アンケートは8週間ごとに行い、自然妊娠するまで最長1年間、継続的に同じ質問に答えてもらいました。

6,873人の女性にアンケートをとったところ、妊娠した人の数は3,933人。ここでは妊娠するまでにかかる時間も考慮して、妊娠率(妊娠のしやすさ)としています。

睡眠時間と妊娠率の関連

忙しい現代の生活では、睡眠時間をたっぷりとれる、という人は少ないかもしれません。睡眠時間の長さと妊娠率には、関連性があるかどうかを見ていきましょう。

1日の平均睡眠時間が8時間の女性の妊娠のしやすさを100とした場合の、それぞれの睡眠時間の妊娠のしやすさは次のような結果となっています。

  • 6時間未満・・・89
  • 6時間・・・95
  • 7時間・・・99
  • 8時間・・・100
  • 9時間・・・96

この数字を見ると、睡眠時間が短くなるごとにわずかに妊娠率は低くなっていることがわかります。

この数値は統計学上では誤差の範囲内で、睡眠時間の長さは妊娠のしやすさにそれほど影響はしていないと考えられるそうです。

とはいえ、妊活中の女性にとって、妊娠に至るまでの期間はとても貴重なものですよね。

睡眠時間はそれほど妊娠のしやすさに影響しないとはいえ、眠る時間が短めの方はできることなら十分な睡眠時間(6時間以上)を確保するようにしていきましょう。

シフト勤務と妊娠のしやすさについての関連

今回の研究結果では、シフト勤務であるかどうかについては妊娠率に関係しませんでした。

働く時間が不規則なため妊娠しづらいのではないか、と感じていた人は安心してくださいね。

睡眠障害があると妊娠率は低くなる

一方で、睡眠の質と妊娠のしやすさには関連がありました。睡眠の質は、睡眠障害がどれくらいあるかで判断しています。

睡眠障害のない女性の妊娠のしやすさを100としたときの、睡眠障害がある女性の妊娠のしやすさは次の通りです。

  • 睡眠障害はない・・・100
  • 睡眠障害のある日は全体の半分未満・・・93
  • 睡眠障害のある日が全体の半分以上・・・87

こちらは、統計学的に意味のある数字で、睡眠障害のある日が多いほど妊娠がしづらいことがわかりました。

今回アンケートに答えた女性のうち、20%が睡眠障害のある日が半分以上あったと答えています。

そのうち、1年間に妊娠できた人は64%で、睡眠障害がまったくない人の妊娠した割合は76%だったのに対して、がくんと低くなっています。

睡眠障害を改善しよう!

睡眠の質がよい状態の女性は、妊娠しやすいことがわかりました。質のよい睡眠をとれる体であるのならば、妊娠する可能性も高くなるということです。

もし現在、睡眠障害を持っているのであれば、睡眠トラブルを改善するところから不妊に対してアプローチしてみてはいかがでしょうか。

睡眠のトラブルに悩んでいる人は、自分なりに改善しようと努力している人もいるかもしれません。

昼間の活動量を増やしたり、たとえ夜間眠れた時間が少なくても毎朝同じ時間に起きるようにしたりなど、睡眠が整いやすくなるといわれている生活習慣はあります。

しかし、実は睡眠障害は、自分自身の努力だけでは改善しづらい側面が大きいのです。

そのため、病院の力を借りようと考えている人もいるでしょう。睡眠障害の現在の治療法は、病院で睡眠導入剤を処方してもらうことが一般的です。

確かに寝つきはよくなるかもしれませんが、これから妊娠・出産を考えているのであれば、赤ちゃんへの薬の影響も考え慎重になりたいところです。

できるだけ自然な状態で妊娠できるようになるといいですね。

本質的に睡眠の質を改善したいのであれば、生活習慣を見直しつつ漢方でサポートするのも一つの手です。

その際には、自社製造をし、信頼できる漢方を扱っている薬局を選ぶとよいでしょう。

漢方専門なつめ薬局でも、本格的な煎じの漢方を自社製造しています。漢方専門なつめ薬局は、大変混雑しておりますので、ご相談希望の方は、早めのご連絡をお勧めいたします。

【顕微授精】も成功せず…。そんな方でも妊娠できます。

近頃、嬉しい妊娠報告を立て続けにいただいておりますが、今回はその中のお一人…漢方治療を始めて1年3カ月で妊娠判定が出た女性の例をご紹介します。その方は、初回相談時には既に40代、乳癌、子宮ポリープ等の手術経験もありました。さらに医師より…

【妊活と漢方/札幌】妊活にはメンタルケアも大切!ストレスの影響を受けない身体づくり。

妊活中の方であれば、ストレスがあると妊娠しづらいという話を聞いたことがあるかもしれません。何年も続けていた不妊治療をやめたり休んだりしたとたんに妊娠した、というケースも耳にします。妊活そのものがストレスになっている人も多いでしょう。妊娠はとても個人的な問題なので、人に相談をしてストレスを発散することもなかなかできず、自分ひとりでため込んでしまう方も少なくありません。今回の記事では、ストレスを受けにくい心身になるにはどうしたらよいのか?を考えていきましょう。

【妊活中の運動と漢方/札幌】妊活中も運動は大切!でも、できないときはどうしたら良い?

不妊に悩んでいる方の中には、生活習慣に気をつけて毎日を過ごしているという人も多いのではないでしょうか。妊娠しやすい体づくりのために、睡眠や食事、運動などの生活習慣は大切です。特に運動で体をしっかり動かすと、全身の血のめぐりが良くなり、卵子や子宮、精子が元気になっていきます。けれども、忙しさや新型コロナウイルスの流行などで思うように体を動かすことができないという悩みもあることでしょう。どうしても運動ができない場合は、運動以外で血のめぐりを良くしていく必要があるのです。

【妊活/漢方薬局】不妊と仕事の関係とは?働き方によっては不妊の原因になることも?

「仕事をしながら妊活や不妊治療をしているけれど、なかなか妊娠できない」というご相談をいただくことがあります。実は働き方や仕事の内容、それに伴う生活習慣によって、不妊につながっている場合があるのです。この記事では、どんな働き方が妊娠しづらいのか?妊娠のためには外せない重要な生活習慣は何なのか?についてお伝えしていきます。

不妊症・不育症・流産に関わる「ある物」の存在。

私たちが不妊症・不育症・流産の相談を受けるとき、身体の様子を様々うかがっていきますが、そんな中でも特に重要視している「ある物」があります。不妊症・不育症・流産の方は、その「ある物」にトラブルがあります。この「ある物」は、検査はできるのですが、現在の検査技術ではトラブルを見つけられないことが多いです。この「ある物」の状態に応じて、札幌・漢方専門なつめ薬局では、あなた用の漢方薬をオーダーメイドで製造して、お渡しします。

【不妊と漢方/札幌】妊活中のガタガタ基礎体温を改善する

妊活をしようとしている皆さん、妊活中の皆さんは、基礎体温をつけていますか?自分の体のことを知る方法のひとつに、基礎体温があります。基礎体温を毎日測るメリットは、いろいろありますが、実際に測定を始めると、予想しているよりも続けるのが大変ですし、思うような結果が現れないというケースも多いです。そのような時は漢方という方法がありますよ!

【不妊と漢方/札幌】多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できますか?

最近、「多囊胞性卵巣でも妊娠できますか?」というお問い合わせが増えています。特に妊娠、出産をご希望の方は、多囊胞性卵巣という病気をそのままにしておくと妊娠のタイミングを逃してしまいがちになります。少しでも早い時期に妊娠、出産に向けた身体づくりをしていくことが大切です。そこで、今回は多囊胞性卵巣症候群とはどのような病気なのか?多囊胞性卵巣症候群でも無事に妊娠、出産ができるのか?についてのお話です。

葉酸は取り過ぎても胎児異常になりますよ

妊娠前・妊娠中に葉酸を取ろう!というのは今や常識になりつつありますが、葉酸を取り過ぎると胎児に先天性異常が現れる事は、あまり知られていないようです。妊娠に向けて、葉酸のことをいろいろ調べている方も多いと思います。ぜひご参考にしてください。

【妊娠/妊活/札幌】なかなか妊娠できず悩んでいる方へ、不妊改善のためにできること

赤ちゃんができない…と悩んでいる方の多くは病院で原因を調べたことがあるのではないでしょうか。検査をしても異常がなかったり、病名はついたけれど治療の効果が出ていなかったりする方はめずらしくありません。東洋医学では身体全体のバランスを総合的にみていきます。崩れているバランスを見極めてそこを回復させることで結果として出ている症状が改善していきます。漢方の力を借りて妊娠のしやすい身体づくりをめざしていきませんか。

妊活中の冷えが妊娠を遠ざける?知っておきたい「漢方」から考えた夏の冷え

活中は妊娠のために良いと言われていることをたくさんしていると思いますが、意外と気づかないのが夏の冷えです。夏に起こりやすい冷えの原因と理由、妊活/妊娠への影響、漢方から考えた夏の冷えやその対処方法としての「温活」についてご紹介します。

コメントは締め切りました