ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

head0067

漢方専門 なつめ薬局の薬局長藤本です。

 

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?という記事はすでにお読みになりましたか?

読まれていない方は、まずコチラをお読み下さい。

 

上述の記事で着床不全や不育症改善にはビタミンDが大切というお話をしましたが、今回も【ビタミンD】についてのお話です。

 

ビタミンDは実は食事から摂り入れられるだけでなく、体内でも作られています。

日光に当たり、紫外線を浴びることでコレステロールから合成されているのです。

1980年代に世界規模でフロンガスが大量に消費され、紫外線を防ぐオゾン層の破壊が問題となってから、皮膚がんやしみを予防する為に紫外線対策が注目されるようになりました。

特に女性はしみの無い白いお肌を守るために紫外線対策に熱心に取り組んでいますよね。

しかし、実は必要なビタミンD量のうち、体内でコレステロールから合成される量と食事から摂取される分の比率は7:3

体内で合成される割合の方が格段に多いのです。

 

日本における研究で、20代女性101人を対象に日焼け止めクリームの使用頻度や食習慣などを調べたところ、日焼け止めクリームを週に3回以上使用したグループでは、血中のビタミンDの濃度が通年で「欠乏状態」だったとの結果が出ています。

 何事も適度が大切ですが、紫外線も適度に浴びることが大事なのですね。

 

あなたが

着床不全や不育症に悩んでる

紫外線対策を毎日ばっちり行っている

ビタミンDが豊富な魚やキノコ類などをあまり食べていない

という自覚があるなら、今の紫外線対策を少し見直してみてください。

 

 

しみは怖いですよね。

皮膚がんも確かに怖い。

 

でも、「今」のあなたにとって何が一番大事なことなのか、考えてみてください。

卵子の老化は日々着実に進んでいきます。あなたが赤ちゃんを授かるために動くタイミングは、今。この先、今より卵子が若くなることはありません。

 

食事を改善し、日に当たってビタミンDを体内で合成し、そこに漢方薬を取り入れて崩れた身体のバランスを調えて後押しをしてあげれば、赤ちゃんを授かるまでの時間がぐっと短くなります。

漢方専門 なつめ薬局の本格的な漢方薬で赤ちゃんを授かる身体の土台を作っていくのだと決断された方はご連絡ください。

漢方相談の枠には限りがあります。大変込み合っておりますので、ご希望の日時がある方はお早めにどうぞ。

【向精神薬が不安な方必見】漢方薬で起立性調節障害を治すには

朝なかなか起きられず学校にいけない子どもは、もしかしたら起立性調節障害かもしれません。病院を受診しようと考えているけれど向精神薬の使用に不安を持っている保護者の方には、心身への負担が少なくお子さんに合った治療が可能な漢方をおすすめします。

年齢による 大人 肌 の悩みは 漢方 でカラダの中から整えよう

30代になってから、大きなトラブルがあるわけではないけれどシミが気になってきたなど、なんとなく肌に変化を感じている方もいるかもしれません。そのまま過ごしていると、40代、50代で急激な肌の老化にショックを受けてしまうでしょう。…

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】掌蹠膿疱症に漢方薬が効果的である理由とは?

掌蹠膿疱症の患者さんの7-8割は原因が不明と言われています。病院治療で一般的な塗り薬による治療(ステロイド軟膏など)、紫外線療法で効果が期待できる場合もありますが、いずれも病院の治療は対処療法でしかありません。掌蹠膿疱症の症状が起きているということは、皮膚だけでなく体のどこかに問題が生じているということだからです。

東洋医学で考える、健康と病気とは?

「漢方を知ろう!」シリーズの第7回目は、病機についてです。漢方で病気が発生する過程のことを病機といいます。病機から、健康や未病、病気の捉え方の西洋医学との違いを知ると漢方についての理解がグッと深まります。

【糖尿病と漢方/札幌】糖尿病ってどんな病気?原因や対策を知って、漢方を活用して合併症を予防しよう

糖尿病はインスリンの働きが十分ではないために、血液中の糖の量が増えてしまう病気です。そのままにしておくと、網膜症や腎症、神経障害など合併症が進行してしまいます。そのためきちんと治療を続け血糖値のコントロールをすることが必要です。糖尿病はどのような病気でどういった治療があるのか、理解したうえで糖尿病とつきあっていくことが大切です。

子供が欲しい方は【PMS】改善が必要です

あなたの生理は「ふつう」ですか?生理痛があったり気持ちが不安定になったり、、それは「ふつう」ではないかもしれません。まずは「ふつう」の生理に整えてあげるとぐっと妊娠へつながっていきますよ。

【妊活/漢方薬局】不妊と仕事の関係とは?働き方によっては不妊の原因になることも?

「仕事をしながら妊活や不妊治療をしているけれど、なかなか妊娠できない」というご相談をいただくことがあります。実は働き方や仕事の内容、それに伴う生活習慣によって、不妊につながっている場合があるのです。この記事では、どんな働き方が妊娠しづらいのか?妊娠のためには外せない重要な生活習慣は何なのか?についてお伝えしていきます。

漢方医学の大原則:気血津液と精について

「漢方・中医学を学ぶ」第4回目は気血津液についてです。これなくして東洋医学は語れないという重要な物質について学びます。

【妊娠力】を高める【地中海食】とは?

【地中海食で妊娠率が上がる】という情報を聞いたことはありますか?これは海外での調査結果を基にした根拠のある情報なのですが、「おしゃれで、おいしそうな料理やワインがメインの華やかな料理を食べると妊娠しやすくなる!」と、少し勘違いしてる方もいるようなので、すごく簡単にですが説明しようと思います。

【掌蹠膿疱症】人の視線を気にせず過ごせる手のひら、取り戻しませんか?

長年、掌蹠膿疱症に悩まされていた現在治療中のお一人も、手の平は全体的に膿疱が潰れ、皮膚がボロボロに剥けてしまっている状態でしたが、対症療法じゃ駄目だと考え、漢方薬で体質改善をして治したい!と来局されました。1年半、病院の治療と共になつめ薬局の本格的な煎じの漢方薬を続けて頂いた結果、今は膿疱があった跡も見当たりません!

コメントは締め切りました