ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

head0067

漢方専門 なつめ薬局の薬局長藤本です。

 

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?という記事はすでにお読みになりましたか?

読まれていない方は、まずコチラをお読み下さい。

 

上述の記事で着床不全や不育症改善にはビタミンDが大切というお話をしましたが、今回も【ビタミンD】についてのお話です。

 

ビタミンDは実は食事から摂り入れられるだけでなく、体内でも作られています。

日光に当たり、紫外線を浴びることでコレステロールから合成されているのです。

1980年代に世界規模でフロンガスが大量に消費され、紫外線を防ぐオゾン層の破壊が問題となってから、皮膚がんやしみを予防する為に紫外線対策が注目されるようになりました。

特に女性はしみの無い白いお肌を守るために紫外線対策に熱心に取り組んでいますよね。

しかし、実は必要なビタミンD量のうち、体内でコレステロールから合成される量と食事から摂取される分の比率は7:3

体内で合成される割合の方が格段に多いのです。

 

日本における研究で、20代女性101人を対象に日焼け止めクリームの使用頻度や食習慣などを調べたところ、日焼け止めクリームを週に3回以上使用したグループでは、血中のビタミンDの濃度が通年で「欠乏状態」だったとの結果が出ています。

 何事も適度が大切ですが、紫外線も適度に浴びることが大事なのですね。

 

あなたが

着床不全や不育症に悩んでる

紫外線対策を毎日ばっちり行っている

ビタミンDが豊富な魚やキノコ類などをあまり食べていない

という自覚があるなら、今の紫外線対策を少し見直してみてください。

 

 

しみは怖いですよね。

皮膚がんも確かに怖い。

 

でも、「今」のあなたにとって何が一番大事なことなのか、考えてみてください。

卵子の老化は日々着実に進んでいきます。あなたが赤ちゃんを授かるために動くタイミングは、今。この先、今より卵子が若くなることはありません。

 

食事を改善し、日に当たってビタミンDを体内で合成し、そこに漢方薬を取り入れて崩れた身体のバランスを調えて後押しをしてあげれば、赤ちゃんを授かるまでの時間がぐっと短くなります。

漢方専門 なつめ薬局の本格的な漢方薬で赤ちゃんを授かる身体の土台を作っていくのだと決断された方はご連絡ください。

漢方相談の枠には限りがあります。大変込み合っておりますので、ご希望の日時がある方はお早めにどうぞ。

【冷え性】どなたにでも効果があるポカポカポイント

不妊でお悩みの皆さんに共通する体質の一つに【冷え性】があります。冷え性対策をしている方もいらっしゃるのですが、ご自分の状態には合っていない間違った方法をしている方が多くいらっしゃいます。冷え症の原因は人によって違いますので、その改善方法も人それぞれ異なりますが、今回はどなたにも効果的な温めポイントをお伝えします!

【妊活と漢方/札幌】妊活にはメンタルケアも大切!ストレスの影響を受けない身体づくり。

妊活中の方であれば、ストレスがあると妊娠しづらいという話を聞いたことがあるかもしれません。何年も続けていた不妊治療をやめたり休んだりしたとたんに妊娠した、というケースも耳にします。妊活そのものがストレスになっている人も多いでしょう。妊娠はとても個人的な問題なので、人に相談をしてストレスを発散することもなかなかできず、自分ひとりでため込んでしまう方も少なくありません。今回の記事では、ストレスを受けにくい心身になるにはどうしたらよいのか?を考えていきましょう。

ニキビはストレスが原因?治らない肌荒れでお悩みの方は漢方で体質改善しよう

不規則な生活やストレスが原因の「大人ニキビ」に悩んでいる20代〜30代の方は少なくありません。なかなか治らないのも厄介です。ですが漢方は、身体の内側から働きかけ体質の改善をしていくので、ニキビができにくい肌へ変わっていきます。

【めまい】軽いからと放置してしまう油断が、めまいを悪化させます。

めまいはクラッとする程度の軽いものならあまり気になりませんが、軽いからと油断して何もしないで放置しておくと症状がひどくなり、日常生活に支障をきたしてしまい、そのうち仕事も辞めなければいけない状況になるかも知れません。西洋薬のめまいのお薬は対症療法ですが、漢方薬は本質から改善していくことが出来ますよ。

更年期障害 のつらい症状は 漢方 で改善しよう

更年期のカラダの不調は多くの方が経験しますが、その症状の種類や重さは人それぞれです。カラダのどこを検査してもはっきりとした原因がわからない症状を不定愁訴といいますが、更年期の症状はまさに不定愁訴そのものです。今回は、更年期障害についてみていきましょう。漢方が不定愁訴の治療を得意とする理由をお話します。

漢方 を使って一人ひとりの体質に応じた うつ病 ・ うつ症状の治療を

メンタルの病気は、西洋薬による薬物療法やカウンセリングなどを中心に治療が進められていくことが多いのですが、漢方も選択肢のひとつです。しかし、病院で処方される漢方と、東洋医学の理論で処方される漢方では異なる点があります。漢方の本来の使い方をみていきましょう。

【不妊と漢方/札幌】赤ちゃんが欲しいと願う人必見!妊活を成功させるための食事

妊娠・出産を願う方は、何かしらの妊活に取り組んでいると思います。今回は基本に戻り、妊活における食事についてです。妊活の中でも食事は最も重要な役割を占めます。「赤ちゃんが欲しい」という目的のために、今一度ご自分の食生活について見直してみましょう。

【不妊と漢方/札幌】子宮の中に細菌が!?妊娠・出産との関連とは!?

長い間、子宮の中に細菌はいないと考えられていました。ところが、最近の進んだ技術により子宮内にも細菌がいることがわかってきました。さらに近年では、膣や子宮に住んでいる細菌と妊娠や流産、早産などの関係を調べた報告が増えてきています。いったいどんな細菌がどんな影響を与えているのでしょうか。

【男性不妊】と食事から摂る脂肪の関係

以前、女性ではマグロやイワシなどの魚を食べると血液中にオメガ3系脂肪酸であるEPA・DHAが多く含まれ、結果体外受精での妊娠率が上昇したという研究結果についてのお話ししましたが、実は女性の不妊だけでなく、男性の不妊に関しても食事から摂取する脂肪酸が大きな影響を及ぼしているという海外の研究があるんです。

コメントは締め切りました