ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

マグロを食べると妊娠率アップ!?

マグロを食べると妊娠率アップ!?

head0051

漢方専門なつめ薬局の薬局長藤本です。

今回は マグロを食べると体外受精の治療成績が上がる! と言うお話です。

 

マグロで妊娠率アップ!?

え?どういうこと? と思いますよね。

なぜマグロで妊娠率が上がるのか、と言うと…

 

それは【EPA】や【DHA】が豊富に含まれているから!なんです。

 

皆様ご存知の通りEPAやDHAは

血液をサラサラにする

心臓病の危険を減らす

動脈硬化を防ぐ

子供の脳の成長を助ける

などなど、人の身体とその健康維持の為の良い効果が知られています。でも、それが妊娠率に関わってくるなんて聞いたことがない…

という方が多いのはないでしょうか。

しかし。

アメリカの研究で、そのEPA・DHAが血液中に多く含まれている方は、体外受精による妊娠率が上昇したとの報告があるのです!

妊活中の方には朗報ですね!

 

じゃあ、どうすれば血中のEPA・DHAを増やせるのか?と言うと…

マグロを食べればいい、それだけです。

お手軽な妊娠率アップ法ですね!

 

もう少し詳しく説明いたしますと…EPA・DHAはオメガ3系脂肪酸と呼ばれるもので【必須脂肪酸】、つまり身体の中で合成されない為、食事から摂るしかないものなのです。

 

だから、是非食べていただきたいのです。

魚を!マグロを!

何故ならEPA・DHAは

マグロの脂身

いわし

ぶり

さんま

さば

たい

などに多く含まれているからです。

先に記述した通り、アメリカの研究では、血液中のオメガ3系脂肪酸のDHAやEPAの割合を増やすことが体外受精での妊娠率、出産率の増加につながったとの結果が出ております。

それも、ただオメガ3系脂肪酸の摂取量を増やすのではなく

ヒトの全体のエネルギー摂取、その中の1%の飽和脂肪酸と呼ばれるものを、DHAやEPAに置き換えれば、出産率では2倍以上の差が出るのです。

飽和脂肪酸?一体何をEPA・DHAに置き換えれば良いの?というと…

飽和脂肪酸は肉・牛乳・バター・卵黄・チョコレート・ココアバター・ココナッツ油・パーム油に多く含まれていますので

 

つまり。普段の食事において

肉食を控えめにしてEPA・DHAを多く含む魚をよく食べるようにすると妊娠率・出産率UPに効果的!

と言うことです。簡単ですね!

 

ちなみに、DHAよりEPAの方が妊娠率・出産率の上昇効果が高く、EPA濃度が1%上昇する毎に

  • 妊娠率→10%上昇
  • 出産率→15%上昇

 

となります。

 

DHAは脳内に多いのですが、妊娠・出産率の上昇効果の高いEPAは血液中に入ってくれるので、食事を変えることで血液中のEPAを増やすことは比較的簡単にできます。

 

不妊に悩まれている方々!これは摂らない手はありませんよ!

 

「魚より肉の方が調理が簡単だから、やっぱり肉が多くなってしまう」というお話も相談中にはよく耳にします。

そしてマグロの脂身、つまりトロは高いので、それほど頻繁には食べられないかもしれません。

そんな時には!

ツナ缶!そしてサバ缶にイワシの缶詰です!

それならお手軽に摂る事ができますよね!

妊娠を希望される方には是非ともEPA・DHAを多く含んだ魚を積極的に摂って妊娠率を上げていただきたいと思います。

 

余談ですが、オメガ3系脂肪酸の一つにα-リノレン酸というものがありますが、これは

  • えごま油
  • 亜麻仁油

 

に含まれ、体内に入った後代謝されて10%程度がEPAやDHAになります。

サラダなどに上記の油で作ったドレッシングなんかをかけて摂るとより効果的ですね。

 

油の種類を変えたり、肉を少し減らして魚を食べたり…と、ちょっとだけ食生活を見直せば妊娠率・出産率を上げることができます!

 

しかし、「妊娠率アップに良いから」と、そればかり食べればよいというものではありません。

一番良いのはバランスのとれた食事です!

過ぎたるは及ばざるが如し。食べすぎには十分注意して動物性の食材より、植物性の食材をしっかり摂るよう心掛けてください。

 

食事のバランスを見直した。それでも中々結果に繋がらない…とお悩みの方は、是非なつめ薬局の漢方薬をプラスして服用してみてください。

なつめ薬局の本格的な煎じの漢方薬を服用して、身体の崩れたバランスを調え体質改善を行っていけば、より早く妊娠・出産に備えた身体作りができます!

妊娠までの時間がぐっと短縮されますよ!

【糖尿病の薬は太る】という事実

皆さんの会社の健康診断はいつでしょうか?健診の結果はいかがでしたか?健康診断後に増える漢方相談のひとつに糖尿病があります。糖尿病は命に関わる病気ですのでそのリスクを減らす為に、病院では薬を出さざるを得ないんです。でも、漢方薬は糖尿病にも使うことできるんですよ!!

妊活の第一歩!漢方で基礎体温を改善する

妊娠を望んでいるのになかなか恵まれずに不妊に悩んでいる方にとって、基礎体温はとても大切なカラダの情報です。また、さまざまな症状や困りごとをカラダ全体から診る…

妊活中の冷えが妊娠を遠ざける?知っておきたい「漢方」から考えた夏の冷え

活中は妊娠のために良いと言われていることをたくさんしていると思いますが、意外と気づかないのが夏の冷えです。夏に起こりやすい冷えの原因と理由、妊活/妊娠への影響、漢方から考えた夏の冷えやその対処方法としての「温活」についてご紹介します。

【多嚢胞性卵巣と漢方/札幌】不妊の原因となる多嚢胞性卵巣とは?

女性の20人に1人はなっているといわれる多嚢胞性卵巣。排卵がうまくいかないため不妊の原因の一つです。超音波検査をして多嚢胞性卵巣だといわれた方もいるのではないでしょうか。多嚢胞性卵巣とはどういう状態なのか、治療にはどういったものがあるのかについてご紹介します。

【頻尿】オシッコの悩みありませんか?

日中頻繁にトイレに駆け込むため仕事に支障が出てしまう、夜中に何度も起きてトイレに…そのせいで熟睡できず疲れが取れない、、そんな状態になってはいませんか?普段の生活習慣や食事に気を配る事により身体の機能を保ち、頻尿を予防・改善することが重要となりますが、それでも改善しない場合には、なつめ薬局の漢方薬を試してみませんか?

妊娠中に漢方は飲んでもいいのでしょうか?

妊娠中の漢方服用を心配される方もいますが、身体の状態に応じて漢方を選べば問題はありません。むしろ流産を防いだり、つわりを軽減したり、出産後のお肌や髪の毛のラブルが防げたりとよいことだらけです。とはいっても、妊娠中に注意が必要な漢方薬もあります。なつめ薬局では一人ひとりの状況に応じた細かいアドバイスも行いながら、出産にむけてサポートしていきます。妊娠をお考えの方は、ご相談ください。

【逆子】の原因のアレとは??漢方的逆子の考え方

札幌・漢方専門 なつめ薬局に通っていただき冷えを改善し妊娠できた方がいらっしゃいました。その方は、医師から余計な物は飲まない方がいいと言われ、妊娠とともに漢方を止めてしまいましたそして、数ヵ月後、その方から連絡がありました。「妊娠後期に逆子になってしまった・・・」。

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】掌蹠膿疱症に漢方薬が効果的である理由とは?

掌蹠膿疱症の患者さんの7-8割は原因が不明と言われています。病院治療で一般的な塗り薬による治療(ステロイド軟膏など)、紫外線療法で効果が期待できる場合もありますが、いずれも病院の治療は対処療法でしかありません。掌蹠膿疱症の症状が起きているということは、皮膚だけでなく体のどこかに問題が生じているということだからです。

【自律神経失調症と漢方/札幌】自律神経失調症との向き合い方

あなたは原因不明の体調不良に悩んでいませんか??ふと気づくと動悸や息苦しさを感じたり、だるさや疲れがなかなか抜けず無気力になったり、それなのに夜なかなか寝付けなかったり…。病院を受診しても特に異常は見つからず、これは気のせいなのでは?と思われている方、それは決して気のせいなのではなく自律神経の乱れからくる自律神経失調症という病気かもしれません。今回は、この『自律神経失調症』にまつわるお話をしたいと思います。

【起立性調節障害】心の持ち方、関わり方。

起立性調節障害は周りの理解が得られにくい病気です。また、ご本人も症状を明確化しづらく伝える事自体がストレスになります。ですので、身体的症状以上に周囲との関係に苦しむ病気なのです。起立性調節障害を本質的に改善するには日数がかかりますので、この心理的ダメージのケアが必ず必要になります。

コメントは締め切りました