ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

マグロを食べると妊娠率アップ!?

マグロを食べると妊娠率アップ!?

head0051

漢方専門なつめ薬局の薬局長藤本です。

今回は マグロを食べると体外受精の治療成績が上がる! と言うお話です。

 

マグロで妊娠率アップ!?

え?どういうこと? と思いますよね。

なぜマグロで妊娠率が上がるのか、と言うと…

 

それは【EPA】や【DHA】が豊富に含まれているから!なんです。

 

皆様ご存知の通りEPAやDHAは

血液をサラサラにする

心臓病の危険を減らす

動脈硬化を防ぐ

子供の脳の成長を助ける

などなど、人の身体とその健康維持の為の良い効果が知られています。でも、それが妊娠率に関わってくるなんて聞いたことがない…

という方が多いのはないでしょうか。

しかし。

アメリカの研究で、そのEPA・DHAが血液中に多く含まれている方は、体外受精による妊娠率が上昇したとの報告があるのです!

妊活中の方には朗報ですね!

 

じゃあ、どうすれば血中のEPA・DHAを増やせるのか?と言うと…

マグロを食べればいい、それだけです。

お手軽な妊娠率アップ法ですね!

 

もう少し詳しく説明いたしますと…EPA・DHAはオメガ3系脂肪酸と呼ばれるもので【必須脂肪酸】、つまり身体の中で合成されない為、食事から摂るしかないものなのです。

 

だから、是非食べていただきたいのです。

魚を!マグロを!

何故ならEPA・DHAは

マグロの脂身

いわし

ぶり

さんま

さば

たい

などに多く含まれているからです。

先に記述した通り、アメリカの研究では、血液中のオメガ3系脂肪酸のDHAやEPAの割合を増やすことが体外受精での妊娠率、出産率の増加につながったとの結果が出ております。

それも、ただオメガ3系脂肪酸の摂取量を増やすのではなく

ヒトの全体のエネルギー摂取、その中の1%の飽和脂肪酸と呼ばれるものを、DHAやEPAに置き換えれば、出産率では2倍以上の差が出るのです。

飽和脂肪酸?一体何をEPA・DHAに置き換えれば良いの?というと…

飽和脂肪酸は肉・牛乳・バター・卵黄・チョコレート・ココアバター・ココナッツ油・パーム油に多く含まれていますので

 

つまり。普段の食事において

肉食を控えめにしてEPA・DHAを多く含む魚をよく食べるようにすると妊娠率・出産率UPに効果的!

と言うことです。簡単ですね!

 

ちなみに、DHAよりEPAの方が妊娠率・出産率の上昇効果が高く、EPA濃度が1%上昇する毎に

  • 妊娠率→10%上昇
  • 出産率→15%上昇

 

となります。

 

DHAは脳内に多いのですが、妊娠・出産率の上昇効果の高いEPAは血液中に入ってくれるので、食事を変えることで血液中のEPAを増やすことは比較的簡単にできます。

 

不妊に悩まれている方々!これは摂らない手はありませんよ!

 

「魚より肉の方が調理が簡単だから、やっぱり肉が多くなってしまう」というお話も相談中にはよく耳にします。

そしてマグロの脂身、つまりトロは高いので、それほど頻繁には食べられないかもしれません。

そんな時には!

ツナ缶!そしてサバ缶にイワシの缶詰です!

それならお手軽に摂る事ができますよね!

妊娠を希望される方には是非ともEPA・DHAを多く含んだ魚を積極的に摂って妊娠率を上げていただきたいと思います。

 

余談ですが、オメガ3系脂肪酸の一つにα-リノレン酸というものがありますが、これは

  • えごま油
  • 亜麻仁油

 

に含まれ、体内に入った後代謝されて10%程度がEPAやDHAになります。

サラダなどに上記の油で作ったドレッシングなんかをかけて摂るとより効果的ですね。

 

油の種類を変えたり、肉を少し減らして魚を食べたり…と、ちょっとだけ食生活を見直せば妊娠率・出産率を上げることができます!

 

しかし、「妊娠率アップに良いから」と、そればかり食べればよいというものではありません。

一番良いのはバランスのとれた食事です!

過ぎたるは及ばざるが如し。食べすぎには十分注意して動物性の食材より、植物性の食材をしっかり摂るよう心掛けてください。

 

食事のバランスを見直した。それでも中々結果に繋がらない…とお悩みの方は、是非なつめ薬局の漢方薬をプラスして服用してみてください。

なつめ薬局の本格的な煎じの漢方薬を服用して、身体の崩れたバランスを調え体質改善を行っていけば、より早く妊娠・出産に備えた身体作りができます!

妊娠までの時間がぐっと短縮されますよ!

【向精神薬が不安な方必見】漢方薬で起立性調節障害を治すには

朝なかなか起きられず学校にいけない子どもは、もしかしたら起立性調節障害かもしれません。病院を受診しようと考えているけれど向精神薬の使用に不安を持っている保護者の方には、心身への負担が少なくお子さんに合った治療が可能な漢方をおすすめします。

【高プロラクチン血症】と言われたら。

高プロラクチン血症といわれたら、あなたはどうしますか?はっきりと原因がわからないことも多いですが、そんなときにも漢方もが活躍します。

【パニック障害と漢方/札幌】この不安はパニック障害!?症状にふりまわされないための方法

最近はスポーツ選手やタレントなどパニック障害を持っていると発表している著名人も少なくありません。パニック障害は100人に1人はかかることもあると言われておりめずらしい病気ではなくなりました。とはいえ、パニック障害をお持ちの方にとっては、外出意欲をそがれたり、何かにつけて無気力になったりする原因となってしまいます。パニック障害とはどのような病気なのかどのような治療法があるのかを理解して、不安に支配されない生活を取り戻しましょう。

鎮痛剤・ピルに頼らない!漢方の力でつらい生理痛から解放されよう

学校や仕事を休むなど生活に支障をきたすほどの重い生理痛は「月経困難症」という病気になりますが、病院で検査しても原因が見つからないことがあるかもしれません。そんなときは東洋医学の出番です。一人ひとりの体質や体調に合わせた漢方の養生法で、生理痛のない生活を送れるようになりますよ。

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?という記事はすでにお読みになりましたか?この記事で着床不全や不育症改善にはビタミンDが大切というお話をしましたが、今回も【ビタミンD】についてのお話です。

【頻尿】トイレが近い!改善するための近道とは。

頻尿や残尿感など泌尿器系のトラブルでお悩みの方は多いと思います。今回は東洋医学からみた泌尿器のトラブルについてお話します。日常生活に支障が出てしまう前にお読み下さいね。

【季節の変わり目】に弱い方は妊娠しづらいかも!?

「季節の変わり目には体調を崩すし、気分もあまり良くないの。」という方、妊娠しにくいかもしれません。季節の変わり目に体調を崩すのはいろいろな原因がありますが、影響力が大きいのが、ホルモンとも関係の深い【自律神経のバランスが悪い】ことです。

1生理周期で【妊娠する確率】を知っていますか?

人間は、他の哺乳動物と比べると【妊娠率】が低いと言われていますが、具体的にどのくらいなのかご存知ですか?健康で何の問題も無いカップルでも、お子さんを希望してタイミングを合わせるようにしてから1周期あたりで考えてみると驚きの確率なんです。

43歳女性の妊娠報告。

43才の女性で、なつめ薬局のオーダーメイド漢方で治療を始めて1年くらいになる方ですが、先日、妊娠の報告をいただきました!!漢方治療は、「不妊かも??」と思った時点からすぐに始めた方がいいんです。自然妊娠の確立が高くなりますし高度生殖医療の成果も期待できるんです。

【葉酸】が【妊娠】の可能性を上げる?

あなたが赤ちゃんを望んでいるのであれば、きっと【葉酸】という名前を聞いたとこがあると思います。現在厚生労働省は妊娠を計画している女性に対して1日0.4mg以上の摂取を勧めています。今回はこの【葉酸】と【環境ホルモン】と【不妊】についてのお話です。

コメントは締め切りました