ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

妊活の第一歩!漢方で基礎体温を改善する

妊活の第一歩!漢方で基礎体温を改善する

head0003

妊娠を望んでいるのになかなか恵まれずに不妊に悩んでいる方にとって、基礎体温はとても大切なカラダの情報です。

 

さまざまな症状や困りごとをカラダ全体から診る 漢方 治療では、継続してカラダの状態を確認できる 基礎体温 グラフはとても貴重なデータとなります。

 

漢方 から考える 基礎体温

 

そもそも 基礎体温 とは、人間が生きていくうえで必要最低限のエネルギーしか使っていない状態の体温のことです。しっかりと睡眠をとって目覚めたときの体温を測るのがよいとされています。

 

女性は、生理周期 によって 基礎体温 が変化します。健康なカラダの 基礎体温 は、低温期と高温期の2層にきれいにわかれています。排卵期がわかるので、妊娠しやすいタイミングを予測することが可能です。

 

ところが不妊に悩んでいる方の多くは、この 基礎体温 のパターンが理想的な2層になっていません。

 

低温期からダラダラと上昇して高温期になるのでは排卵日がわからないパターン、低温期や高温期が短いパターン、高温期の途中で低温期になってしまうパターン、ジグザグで 基礎体温 の変動が激しいパターンなど、さまざまな 基礎体温 のパターンが見られます。

 

基礎体温 のパターンは、カラダの中を知るとても貴重な情報源です。西洋医学的に見ると、排卵はありそうか、女性ホルモンの分泌期間が正常か、卵巣の働きは悪くないか、などを知ることができます。

 

そして 東洋医学 の観点では、基礎体温 のパターンは排卵やホルモンの状態がわかるだけでなく、あなたの体質と関連しています。

 

東洋医学 には、気・血・水というカラダを健康に保つために重要な3つの要素があります。不妊 では、特に気や血と強く関連しています。また、東洋医学における内蔵の考え方である五臓(肝・心・脾・肺・腎)のうち、老化と関連する腎も不妊と大きく関係しています。

 

基礎体温 のパターンを見れば、気や血は不足していないか、きちんとめぐっているか、腎のはたらきは弱っていないか、陰陽のバランスは整っているか、などカラダの中が健康で妊娠できる状態に整っているかがわかるのです。

 

生理周期 と 漢方 治療

 

東洋医学 には 陰陽 という考え方もあります。自然界のさまざまな法則は、性質が相反する2つの要素で成り立っているというものです。

 

女性の1か月のカラダの変化を 陰陽 でみてみると、低温期が陰となり、陰が極まったところで排卵が起こり(排卵期)って、陽に転じて高温期へと変化します。そして、陽が極まると月経が起こり、陰へと転化するのです。

 

月経期は、不要となった月経血や子宮内膜をカラダからすべて出し切ることが大切です。体内に残ってしまうと、血のめぐりが悪くなります。

 

低温期は、卵子が育つ大切な時期です。陰と血が十分に満ちることで、質のよい卵子と厚い子宮内膜ができあがります。

 

排卵期では、陰から陽に転化します。スムーズな排卵をするためには、気や血が活発に働かなければなりません。また腎のはたらきも重要になってきます。

 

高温期は、受精卵が着床しやすくするために、体温がしっかりと上がりカラダが温まっていることが大切です。そのため、きちんと陽に転換している必要があります。また着床した後に受精卵に十分な栄養を与えるためにも、腎の補給もしていきます。

 

若くても 基礎体温 の乱れは放置しないようにしよう

 

なかなか妊娠にいたらない方の多くは、気虚、血虚、気滞、腎陽虚、腎陰虚などの体質になっています。しかも、ほとんどの方はどれかひとつの体質に当てはまるのではなく、いくつかの状態が複雑に混ざりあっています。

 

体質を整えて妊娠できるカラダへと変化するためには、健康的な食生活や適度な運動などの日常にも気を配り、ストレスを減らしていくことが大切です。また、冷えると気が不足したり血のめぐりが悪くなったりするので、妊活には大敵です。

 

これらの日々の気配りは重要ですが、それだけでは一度崩れてしまったバランスを戻すのは大変です。漢方 は、これらの不足を改善してめぐりをよくするお手伝いをします。

 

不妊の原因となっているカラダの状態はお一人おひとりで違います。そのため、あなたのカラダの状態によく理解して、あなたにあった 漢方 を自社で煎じてくれる漢方薬局を選びましょう。

【子宮筋腫と漢方/札幌】あなたの不妊やひどい生理痛、経血過多の原因は?子宮筋腫が及ぼす影響と漢方薬の活用

妊娠を目指しているけど中々うまくいかない、立っていられないくらい生理痛が酷くて仕事や日常生活にも支障が出ているような月経にともなう辛い症状、貧血気味で眩暈や立ちくらみが多く疲れやすさを感じている、腰痛があるため整体に行くけど全然改善しない、、、などの症状で婦人科にかかった時や、普段は無症状で過ごしていたけど子宮がん検診を受けた際に指摘される事が多いのが子宮筋腫です。今回は子宮筋腫の種類や症状及ぼす影響と漢方の活用についてです。

あなたの【妊娠力】を奪う、皆が当たり前にしている事とは?

皆様は普段ジュースや炭酸飲料など、清涼飲料水をお飲みになりますか?今回はジュースなどの甘い飲み物が妊娠力に悪影響を及ぼす!というお話です。

【男性不妊】には【漢方】という方法があります

妊娠関係の相談が多い漢方専門なつめ薬局ですが、【男性不妊】の相談も多いです。精子の数が少ない、精子の運動能力が低い、などで男性不妊で病院を受診すると、病院では治療方法がありませんので、ご主人側のトラブルにも関わらず、奥様側が不妊治療をうけるという摩訶不思議な選択が行われているんですね。そこで、皆さん、漢方専門なつめ薬局にご相談くださると言う事なんです。

【妊活/札幌漢方薬局】不妊の原因?基礎体温の低温期に体温が高いまま下がらない!原因とその改善方法とは?

「妊活のために基礎体温を測っている」という女性は多いのではないでしょうか。基礎体温からは排卵日や妊娠だけでなく、自分の体の状態、不調や不妊の原因などわかることがたくさんあります。この記事では、低温期に体温がしっかり下がらない場合の漢方の視点からみたからだの状態、またその原因と改善方法についてお伝えしていきます。

【不妊と漢方/札幌】多嚢胞性卵巣症候群でも妊娠できますか?

最近、「多囊胞性卵巣でも妊娠できますか?」というお問い合わせが増えています。特に妊娠、出産をご希望の方は、多囊胞性卵巣という病気をそのままにしておくと妊娠のタイミングを逃してしまいがちになります。少しでも早い時期に妊娠、出産に向けた身体づくりをしていくことが大切です。そこで、今回は多囊胞性卵巣症候群とはどのような病気なのか?多囊胞性卵巣症候群でも無事に妊娠、出産ができるのか?についてのお話です。

【妊活中の運動と漢方/札幌】妊活中も運動は大切!でも、できないときはどうしたら良い?

不妊に悩んでいる方の中には、生活習慣に気をつけて毎日を過ごしているという人も多いのではないでしょうか。妊娠しやすい体づくりのために、睡眠や食事、運動などの生活習慣は大切です。特に運動で体をしっかり動かすと、全身の血のめぐりが良くなり、卵子や子宮、精子が元気になっていきます。けれども、忙しさや新型コロナウイルスの流行などで思うように体を動かすことができないという悩みもあることでしょう。どうしても運動ができない場合は、運動以外で血のめぐりを良くしていく必要があるのです。

【顕微授精】も成功せず…。そんな方でも妊娠できます。

近頃、嬉しい妊娠報告を立て続けにいただいておりますが、今回はその中のお一人…漢方治療を始めて1年3カ月で妊娠判定が出た女性の例をご紹介します。その方は、初回相談時には既に40代、乳癌、子宮ポリープ等の手術経験もありました。さらに医師より…

【多嚢胞性卵巣と漢方/札幌】不妊の原因となる多嚢胞性卵巣とは?

女性の20人に1人はなっているといわれる多嚢胞性卵巣。排卵がうまくいかないため不妊の原因の一つです。超音波検査をして多嚢胞性卵巣だといわれた方もいるのではないでしょうか。多嚢胞性卵巣とはどういう状態なのか、治療にはどういったものがあるのかについてご紹介します。

【季節の変わり目】に弱い方は妊娠しづらいかも!?

「季節の変わり目には体調を崩すし、気分もあまり良くないの。」という方、妊娠しにくいかもしれません。季節の変わり目に体調を崩すのはいろいろな原因がありますが、影響力が大きいのが、ホルモンとも関係の深い【自律神経のバランスが悪い】ことです。

妊活中の冷えが妊娠を遠ざける?知っておきたい「漢方」から考えた夏の冷え

活中は妊娠のために良いと言われていることをたくさんしていると思いますが、意外と気づかないのが夏の冷えです。夏に起こりやすい冷えの原因と理由、妊活/妊娠への影響、漢方から考えた夏の冷えやその対処方法としての「温活」についてご紹介します。

コメントは締め切りました