ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【頻尿】トイレが近い!改善するための近道とは。

【頻尿】トイレが近い!改善するための近道とは。

head0068

札幌の漢方専門 なつめ薬局の薬剤師宝田です。

 

頻尿や残尿感など泌尿器系のトラブルでお悩みの方は多いと思います。

 

旅行に行く時が心配

映画を見るのが好きなのに、トイレが近くて行けない

仕事の会議の時に集中できなくなる。

など、日常生活に支障が出てしまいます。

 

日本泌尿器科学会によると頻尿とは「朝起きてから寝るまでの間の排尿回数が

8回以上」と定義されていますが、症状には個人差があり排尿回数がそれ以下

であってもトイレが近いと感じたり、残尿感を感じる場合もありますので一概

には言えません。

 

【頻尿】漢方理論からみた主な原因。

 

腎虚(加齢によるもの)

水分代謝をコントロールしている腎は、年齢を重ねるにつれて弱くなっていき

排尿トラブルが起こりやすくなります。

 

脾虚

食べ物から栄養分を吸収したり、内臓をしっかりあるべき場所に

留めておくと考えられている脾と呼ばれる場所があります。

ここが弱ると、内臓が下に下ってしまい膀胱や尿道が圧迫されて

尿意を感じやすくなってしまいます。

 

陽虚

体を温める機能が低下すると、体が冷え尿量が増えます。

 

ストレス

精神的なストレスや緊張によるもの。

泌尿器には問題がないのに気の巡りが悪くなると

膀胱に影響が及び尿意を催しやすくなります。

 

【頻尿】泌尿器のトラブルは漢方薬で改善できます。

 

頻尿が起きる原因も様々なため、患者様一人一人の状況を
 
カウンセリングで確認しどこが影響を受けているのか探っていきます。

 

・緊張状態が続いて神経過敏になっていないか

・冷えを感じていないか

・最近、なんか疲れやすい感じがする

 

など、思い当たることはありませんか。

 

患者様の体質にあわせて漢方薬をオーダーメイドでお作りします。

漢方薬をしっかり服用して併せて生活習慣や食生活も見直していく

ことで体質は改善し、頻尿などの泌尿器のトラブルは改善できます。

 

頻尿など泌尿器のトラブルをしっかり治したい方は

漢方専門 なつめ薬局に電話またはメールで

ご予約をお願い致します。

 

漢方相談は完全予約制となっております。

相談枠には限りがありますので、ご希望の日時があれば早めに

ご連絡をお願い致します。

女性の 薄毛 ・ 抜け毛 はカラダ全体のバランスを整えることで解決しましょう。 漢方 で出来る事。

更年期にさしかかる40代から薄毛が気になり始める女性が多いものの、20代、30代の若いうちから髪の薄さに悩んでいる方も少なくありません。体質だから、もう年だから、とあきらめてしまっている方はいないでしょうか?薄毛の原因となっているカラダ全体のバランスの崩れを根本的に改善できれば、頭皮の状態が良くなり髪の毛の状態も良くなってきます。漢方は、この崩れてしまったバランスを正しく整える手助けをします。

【子宮内膜症と漢方/札幌】子宮内膜症による不妊と漢方

妊娠を望んでいる方の中には、子宮内膜症を患っている方も少なくないでしょう。子宮内膜症と不妊は大きく関係しています。子宮内膜症とはどのような病気なのかを理解して、妊娠に向けてできることを確認していきましょう。漢方を使って妊娠しやすいからだへと体質改善していくことが大切です。

【妊活中】の【食事】を考えるために。

妊活相談をお受けする際に重要視している事があります。それは食事についてです。そして、食事内容を考える際に重要になるのが、「痩せているのか?太っているのか?」ということです。

【大人ニキビ】が冬に悪化するのはナゼなのか?

この数日で、大人ニキビの相談予約がドカドカ入りまして・・・今年もこの季節が来たか~と感じています。そうなんです、大人ニキビは冬に悪化しやすいんです。その理由と対策についてご説明しますね。

【不眠と漢方/札幌】リモートワークで増えている不眠を解消しよう!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で一般的になりつつあるリモートワークですが、続けているうちに体に不調を感じたという方もいるのではないでしょうか。リモートワークが原因で睡眠障害に悩まされている人も少なくありません。その原因と漢方での不眠についてのお話です。

ご存知ですか?【自律神経失調】という状態を。

自律神経のバランスが崩れてしまうと、動悸・息切れ・めまい・頭痛・肩こり・不眠・イライラ・体のだるさ・気力の低下・発汗・下痢・便秘・食欲不振・むくみ・手足の冷えなど様々な体の不調が現れるのですが、辛くて病院にかかっても検査では特に異常が見つからなかったり…漢方を飲んで生活改善と食生活の見直しを図る事で上記のような辛い症状が改善されていきます。一度漢方を試してみては如何でしょうか?

【顕微授精】も成功せず…。そんな方でも妊娠できます。

近頃、嬉しい妊娠報告を立て続けにいただいておりますが、今回はその中のお一人…漢方治療を始めて1年3カ月で妊娠判定が出た女性の例をご紹介します。その方は、初回相談時には既に40代、乳癌、子宮ポリープ等の手術経験もありました。さらに医師より…

【癌と漢方/札幌】がん治療と漢方薬にできること

日本人のがん患者は増えつづけています。厚生労働省の発表によると、2016年の1年間で約100万人の方が新たにがんと診断されました。一生のうちでがんになる方は2人に1人の計算です。がん治療の中心は西洋医学的な手法です。けれども、漢方薬にも大きな役割があります。からだのバランスを整えてがんと戦う心身の土台をつくっていくことができます。

【冷え性】どなたにでも効果があるポカポカポイント

不妊でお悩みの皆さんに共通する体質の一つに【冷え性】があります。冷え性対策をしている方もいらっしゃるのですが、ご自分の状態には合っていない間違った方法をしている方が多くいらっしゃいます。冷え症の原因は人によって違いますので、その改善方法も人それぞれ異なりますが、今回はどなたにも効果的な温めポイントをお伝えします!

【妊活とお酒とカフェインと】

【妊活】と【アルコール】と【カフェイン】と、妊活中に摂取していいかどうか、ご相談中にたくさん聞かれます。皆さんの関心がそれだけ強いんですね。このテーマは世界的にも関心が高く、ハーバード大学やコペンハーゲン大学からも研究報告が出されています!

コメントは締め切りました