ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【更年期障害】 不快な症状を改善できるのは漢方薬です。

【更年期障害】 不快な症状を改善できるのは漢方薬です。

体調不良のミドル女性

札幌の漢方専門 なつめ薬局の薬剤師宝田です。

 

病院で検査を受けても異常がないと言われました。

でも、症状があって辛いです。

このような訴えで来局される患者様は多いです。

 

更年期障害の代表的な症状は

 

・(血管運動神経症状)ホットフラッシュ、発汗、動悸

・(精神神経症状)イライラ、不安、落ち込み、不眠、意欲の低下

・(運動器官系症状)肩こり、腰痛

 

など、全身のあらゆる所に複数の症状が現れている方が多いです。

 

【更年期障害】女性の体は7の倍数で変化していきます。

 

東洋医学では女性の体は7の倍数で節目を迎えるとされています。

 

 7歳 永久歯に生えかわる

14歳 初潮を迎える

21歳 女性の体ができあがる

28歳 女性として体が最も充実する

42歳 容姿が衰えはじめる。

49歳で閉経を迎え、閉経前後に不調が起こりやすくなる。

 

この閉経の前後約10年間を更年期といい

この時期に女性ホルモンが急激に減少し様々な

不調が出てくるようになります。

 

東洋医学ではこの世の全てのものを「陰」と「陽」の

2つに分けられると考えられています。

 

「陽」は火のように体を温める役割

「陰」は体の余分な熱を冷ましたり潤したりする働き

になります。

 

陰と陽のバランスが崩れてくると体に色々な不調が出てくることになります。

例えば、ほてりや多汗など暑い時に見られるような症状は

陰の機能が低下していることになります。

反対に冷え性の人は陽の機能が低下するため

温められなくなり手足が冷えたりします。

 

また、睡眠は体の熱を鎮める効果があるため

不眠の症状が現れるということは陰の力が弱くなっている

ことが考えられます。

 

【更年期障害】不快な症状の治療は漢方薬が得意としています。

 

検査で異常はないけれど、ほてりや汗などの不快な症状が出ていて辛い。
 
このような様々な更年期障害の不快な症状の治療は
 
漢方薬が一番得意としているところです。
 

 

陰陽のバランスがどちらに傾いているのか

体のどこに問題がおきているかなどカウンセリングを通して

患者様の状態をしっかり把握し漢方薬をオーダーメイドでお作りしています。

 

漢方薬をしっかり服用し、併せて食生活や生活習慣も見直していくことで

更年期障害は本質から改善できます。

 

更年期障害をしっかり治したい方は

漢方専門 なつめ薬局に電話またはメールで

ご予約をお願い致します。

目に見えることだけが【成果】ではないんです。

何年間も生理不順や不正出血で悩んでおり、婦人科の検査では原因が見つからず、赤ちゃんが欲しいけれど、できなかったので何とかしたい、ということで、札幌・漢方専門なつめ薬局に漢方相談にいらした方が、昨年末に出産なさいました。目に見える成果がなかなか無い中で続けるのは大変ですが、自分が信じた取り組みをしっかり続けることが大切です。

【糖尿病の薬は太る】という事実

皆さんの会社の健康診断はいつでしょうか?健診の結果はいかがでしたか?健康診断後に増える漢方相談のひとつに糖尿病があります。糖尿病は命に関わる病気ですのでそのリスクを減らす為に、病院では薬を出さざるを得ないんです。でも、漢方薬は糖尿病にも使うことできるんですよ!!

【男性不妊と漢方/札幌】身の回りの化学物質が男性不妊の原因になっている!?

男性側に不妊の原因のある割合はどれくらいかご存知でしょうか?不妊症カップルの少なくとも48%で男性にも不妊の原因があるとされています。妊娠を望んでいるカップルであれば、精子の働きは気になるところですが、私たちが日常使っている日焼け止めや歯磨き粉、食品添加物などに含まれている化学物質が精子の機能に直接的に影響しているという研究結果が報告されました。

【男性不妊】と食事から摂る脂肪の関係

以前、女性ではマグロやイワシなどの魚を食べると血液中にオメガ3系脂肪酸であるEPA・DHAが多く含まれ、結果体外受精での妊娠率が上昇したという研究結果についてのお話ししましたが、実は女性の不妊だけでなく、男性の不妊に関しても食事から摂取する脂肪酸が大きな影響を及ぼしているという海外の研究があるんです。

急な腹痛にふりまわされる生活から卒業!過敏性腸症候群(IBS)は漢方とFODMAPで改善

新しい腸活であるFODMAPという食事療法をご存じでしょうか?過敏性腸症候群(IBS)の改善に取り入れられることが増えています。今回はFODMAPのご紹介をします。食事療法に加えて漢方を取り入れることはIBSの改善への確実な近道となります。

【不妊と漢方/札幌】赤ちゃんが欲しいと願う人必見!妊活を成功させるための食事

妊娠・出産を願う方は、何かしらの妊活に取り組んでいると思います。今回は基本に戻り、妊活における食事についてです。妊活の中でも食事は最も重要な役割を占めます。「赤ちゃんが欲しい」という目的のために、今一度ご自分の食生活について見直してみましょう。

【妊活中の運動と漢方/札幌】妊活中も運動は大切!でも、できないときはどうしたら良い?

不妊に悩んでいる方の中には、生活習慣に気をつけて毎日を過ごしているという人も多いのではないでしょうか。妊娠しやすい体づくりのために、睡眠や食事、運動などの生活習慣は大切です。特に運動で体をしっかり動かすと、全身の血のめぐりが良くなり、卵子や子宮、精子が元気になっていきます。けれども、忙しさや新型コロナウイルスの流行などで思うように体を動かすことができないという悩みもあることでしょう。どうしても運動ができない場合は、運動以外で血のめぐりを良くしていく必要があるのです。

【起立性調節障害】のメカニズム

【起立性調節障害】は、血圧を正常にコントロールできないという血液の循環機能障害です。一方で、起立性調節障害に使用するお薬というのは多くありません。血圧に焦点を当てた薬ばかりで、しかも効果は残念ながらイマイチなんです。起立性調節障害は、病院では理解されにくく、治療方法も少ない為、昔から漢方治療を選択する人が多かった病気です。起立性調節障害でお悩みであれば、私たち漢方専門なつめ薬局に相談するというのも選択肢の一つですよ!

ご存知ですか?【自律神経失調】という状態を。

自律神経のバランスが崩れてしまうと、動悸・息切れ・めまい・頭痛・肩こり・不眠・イライラ・体のだるさ・気力の低下・発汗・下痢・便秘・食欲不振・むくみ・手足の冷えなど様々な体の不調が現れるのですが、辛くて病院にかかっても検査では特に異常が見つからなかったり…漢方を飲んで生活改善と食生活の見直しを図る事で上記のような辛い症状が改善されていきます。一度漢方を試してみては如何でしょうか?

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】掌蹠膿疱症に漢方薬が効果的である理由とは?

掌蹠膿疱症の患者さんの7-8割は原因が不明と言われています。病院治療で一般的な塗り薬による治療(ステロイド軟膏など)、紫外線療法で効果が期待できる場合もありますが、いずれも病院の治療は対処療法でしかありません。掌蹠膿疱症の症状が起きているということは、皮膚だけでなく体のどこかに問題が生じているということだからです。

コメントは締め切りました