【漢方】と西洋医学

この記事を共有する

head0075

東洋医学(漢方)と西洋医学の違いは何か?

東洋医学や漢方薬の考え方は、一般の方はもちろん、西洋医学の医師や薬剤師・看護師などですら理解しにくいものですが、大まかにでも、それぞれの特徴は知っておいた方が良いと思います。

西洋医学の特徴

西洋医学では、血液や尿、CTやエコー、MRIなど、その検査方法は様々です。様々な検査で何をしているのかというと、原因は肝臓なのか?腎臓なのか?血液なのか?など、身体を器官や組織などに細分化し病巣を局所的に分析しようとしているのです。そして、その分析は解剖学や生理学、病理学などに基づいて行われ、体内に侵入した細菌やウイルス、体内にできた悪い物を排除するような治療(手術や抗生物質など)をしていきます。西洋医学の治療の優れている点は、感染症や怪我などの命にかかわる緊急の状態を回避することができる点です。また、検査によって身体の状態を把握できるのも大きなメリットです。一方で、慢性疾患(アトピーや免疫疾患などなど)や生活習慣病(高コレステロールや高血圧、糖尿病などなど)は対処療法しかできず、その対処療法は副作用が強く、苦手としている分野になります。また、メリットであるはずの検査についても、現在の技術で数値化できない症状は病気として見てもらえず、治療が受けられない事があります(そもそも治療方法がない場合も多いです)。

東洋医学・漢方の特徴

東洋医学・漢方では、人体を細分化せずに、全身が連動し関連性を持った一つの有機体と捉えています。何かしらの症状が出てきたときに、その部位だけの問題として捉えず、全身として、こうなっているから、その部位に症状がでるのだろう、という統合的な考えをします。また、漢方・東洋医学の基本的な考え方は、西洋医学の解剖学や生理学・病理学とは異なり、陰陽五行論、気血水論、臓腑経絡論が中心となっています(この理論が一般の方や医療従事者が分かりにくい部分だと思います)。漢方・東洋医学の優れている点は、慢性疾患や生活習慣病を改善できる点と、数値化されていない症状でも改善できるという点です。検査では異常として現れない不定愁訴(肩こり・めまい等さまざまな自覚症状はあるが、検査をしてもその原因を特定できないもので、西洋医学では治療をしないか安定剤や抗うつ剤などの精神神経系のお薬を使用する)も、漢方・東洋医学では、身体のバランスを整え、自然治癒力を高めることで改善できます。一方で、感染症や怪我などの命にかかわる緊急状態への対応は苦手としています(出来なくは無いのですが、西洋医学の方が良いと思います)。

どちらの医学が優れているか?

お問い合わせをいただいた時に、患者様のよくあるお悩みとして、病院で治療した方がいいのか、漢方で治療した方がいいのか?悩んでいる。というのがあります。どちらの治療が優れているという優劣ではなく、それぞれに得意とする分野・苦手とする分野があり、相互に補完できるのが、東洋医学と西洋医学です。どちらか一方で治療するのではなく、両方の医学から、それぞれが得意とする分野をイイトコ取りするのが、賢い取り組みです。

例えば、不妊治療ですが、

赤ちゃんが授からない場合、病院に行って西洋医学的な治療を受けるのが一般的かもしれませんが、その前に、まず漢方薬で身体の状態を整えて、妊娠力を底上げしてから、人工授精や体外受精といった特別な治療を受ければ、妊娠確率はぐっと上がります。そもそも、漢方薬で妊娠力を底上げしただけで、妊娠できる可能性がでてきます。それこそ、自然妊娠です。もし仮に、人工授精等の治療がうまくいかなかった場合でも、漢方薬で身体の基本的な力を底上げしておけば、病院治療による女性の身体の負担は少なくて済みますので、次の治療にスムーズに挑戦できます。

この例は不妊治療でしたが、他の病気でも同じです。どちらか一方で治療するのではなく、それぞれが得意とする分野を活かすのが賢い取り組みと言えます。私たち、札幌の漢方専門 なつめ薬局は、西洋医学の医師と共に活動していた薬剤師が在籍しておりますので、あなたの症状・病気が西洋・東洋どちらの取り組みが適しているかを適切にアドバイスすることが可能となっております。

冷えと乾燥は女性の天敵!漢方で考える「温活」で冬を健やかに

今年も残すところあとわずか。寒さも本格化し、これから長い冬が続きます。12月は「師走」という言葉の通り、仕事でもプライベートでも忙しい日々が続きます。日常生活に追われて、何となく気になっていた不調を引きずってしまっている方も多いのではないでしょうか。病院に行くほどではないからといって不調をそのままにしておくと、次に訪れる春に気力がでないことはもちろん、大きな病気にもつながります。そこで今回は、冬に起こりやすいトラブルと、免疫アップにもつながる漢方流お手軽「温活」をご紹介します。

漢方医学の基本 陰陽五行論と五行色体表から心身の不調の原因と対処方法を知る

今回から、漢方・中医学を学ぶためのブログを始めます。第1回目は漢方・中医学の基本「陰陽五行論」です。五行色体表という便利な表の使い方を学びます。

30代後半・40代からの【不妊治療】

最近の不妊漢方相談の方々が口をそろえて、「年齢の事があるので焦ってます。手遅れですか?もう無理ですか?何とかなりませんか?」とおっしゃいます。いろいろな情報を目にして、焦りを感じているようですね。妊娠出産は確かに年齢の影響を受けます。でも、何とかなります!が、、あることが必要です。

【慢性疲労症候群と漢方/札幌】慢性疲労・だるさ・倦怠感に抗うつ剤は有効か?

何となくだるい、やる気が出ないなど、明らかな病気はないけれど疲れが抜けず仕事や学校に行きたくない、という事はありませんか。実は、この疲れ・疲労感・倦怠感は、私たちに「休息が必要」だとか、「体に異常がある」という事を教えてくれる重要なサインであり、そのまま放置すると取り返しのつかない重大事になる恐れすらあります。病院受診・検査を受けても問題が見られない場合は心療内科・精神科などを勧められ安定剤や抗うつ薬を処方されるのですが、これらの薬では残念ながら改善しない事が多いようです。

子供が欲しい方は【PMS】改善が必要です

あなたの生理は「ふつう」ですか?生理痛があったり気持ちが不安定になったり、、それは「ふつう」ではないかもしれません。まずは「ふつう」の生理に整えてあげるとぐっと妊娠へつながっていきますよ。

【妊活とお酒とカフェインと】

【妊活】と【アルコール】と【カフェイン】と、妊活中に摂取していいかどうか、ご相談中にたくさん聞かれます。皆さんの関心がそれだけ強いんですね。このテーマは世界的にも関心が高く、ハーバード大学やコペンハーゲン大学からも研究報告が出されています!

からだの外側から訪れる、不調や病気の7つの原因

「漢方・中医学を学ぶ」第5回目は外因です。東洋医学で考える病気の原因のひとつで、自然界が身体に悪さをすると病気の原因になることについて学びます。

【喘息】漢方で分析する咳の考え方とは。

「肺」の潤いが不足し機能低下が起こると、咳や痰、息切れ、喘息といった呼吸障害だけでなく、むくみや頻尿、尿量の減少、発汗といった水分代謝に関わるトラブル。そして風邪を引きやすくなるなどの免疫に関わるトラブルが生じやすくなります。

卵管狭窄(閉塞)と言われました。漢方で妊娠はできますか?

「卵管狭窄(閉塞)と言われました。漢方で妊娠できますか?」この手のお問い合わせは実は多いです。この答えですが・・・これだけでは答えにくいです。ですが、「漢方は服用した方がいいです!」もちろんちゃんと理由があります。

【膀胱炎と漢方/札幌】繰り返す膀胱炎に有効な手段とは?

排尿トラブルは膀胱炎の恐れがあり、そのまま放置すると腎盂炎という腎臓の病気になることもあります。さらに悪化すると透析になる場合があります。膀胱炎の治療には、抗生物質や抗菌剤などが使われますが、膀胱炎を繰り返す人、抗生物質が効かない人は身体の防御機能を高める必要があります。生活習慣の見直しとともに有効な手段として漢方薬がありますよ。

この記事を共有する

コメントは締め切りました