ホーム / がん・癌 /

【癌と漢方/札幌】がん治療と漢方薬にできること

head035

札幌の漢方 専門 なつめ薬局です。

日本人のがん患者は増えつづけています。厚生労働省の発表によると、2016年の1年間で約100万人の方が新たにがんと診断されました。一生のうちでがんになる方は、2人に1人の計算です。

がん治療の中心は、西洋医学的な手法です。けれども、漢方薬にも大きな役割があります。からだのバランスを整えて、がんと戦う心身の土台をつくっていくのです。

【進んでいるがん治療とともに、漢方で、からだの土台を整えよう】

一般的に、がんの告知を受けた方は、「手術療法」「化学療法(薬による治療)」「放射線療法」のうち、いずれかの治療を受けることになります。この3つの治療法は、「がんの三大療法」とよばれていて、組み合わせても使います。

以前は、がんを手術でとってしまう手術療法が日本では中心でしたが、抗がん剤や分子標的薬など、がんに効果のある薬の開発や、放射線療法の技術も進んでいます。

また、人間の体内にもともともある免疫細胞の力を使って、がん細胞をやっつける「免疫療法」や、がん細胞に集まる薬剤を体内に入れて、放射線や光をあてるとその薬剤のある部分だけがダメージをうける治療法も、第4、第5のがん治療法として期待されています。

とはいえ、いまだがんに対する特効薬があるわけではありません。また、以前と比べて副作用の軽い治療法が出てきたといっても、副作用に悩まされている方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。

治療も大切ですが、難しい病気は自分のからだについて見つめ直すことが重要です。からだ全体が健康な状態でいるには、日々の積み重ねが大切になってきます。漢方には、この部分でできる役割があります。

運動や勉強も、力をつけるためには一夜づけでは難しいですよね。健康についても、同じように継続して整えていきましょう。

【がん治療の副作用の問題】

がん治療をするうえで、副作用の問題は避けて通れません。手術や放射線治療後は、からだに大きな負担がかかっています。

また、さまざまな治療法が進歩したおかげで、薬をのみながら、がんと長く共存して生活している方も増えています。

副作用のなかでも、特に抗がん剤治療でつらい思いをした経験のあるがん患者さんは多いでしょう。自分自身で症状を感じていなくても、白血球などの免疫細胞の数が減ると、インフルエンザやウイルス性肺炎、コロナウイルスなど感染症にかかるリスクも高まります。

副作用のだるさや吐き気でなにもできない方や、副作用がつらくて抗がん剤治療を続けられない方も少なくありません。

また、治療を続けることができても、毎日副作用でつらい日々を送っている方も多いでしょう。

がんと長くつき合っていく時代ですから、治療をうけながらでもQOL(生活の質・人生の質)を大切にしたいものです。そのためには、副作用のつらさを軽くすることが大切になってきます。

【がん・癌治療と漢方薬】

漢方では、副作用の苦しみを軽減したり、からだの土台を整えたりすることを目的としてケアができます。

「がんそのものによる苦痛」や、「手術や放射線、薬などがん治療の副作用」をやわらげるために、病院でも看護ケアや西洋医学的な治療は行われています。しかし、こういったつらさの軽減は、漢方が得意とする分野です。

しびれ、痛み、吐き気、貧血、下痢や便秘、だるさ、食欲不振、免疫細胞数の低下など、がん治療にともなう副作用はさまざまです。

また、手術や放射線、薬の治療は、からだに大きな負担を与えます。入院自体も普段と違う生活ですので、心身に大きな負担がかかっています。入院する前はできていたことが、治療をして家に戻ってきたらぐったりしてできなくなったという経験のある患者さんも多いのではないでしょうか。

これらの症状に漢方薬が頼りになることは、広く知られています。一般的な病院でも、がん治療の副作用に漢方薬を出すお医者さんも増えてきました。

けれども、ほとんどの病院では、漢方薬を出すときに患者さんそれぞれの中医学な体質は診ていません。本来、漢方薬は、気血水のバランスなど、ひとりひとりの体質を見極めたうえで、処方するものです。

一見、同じような副作用が出ていたとしても、漢方としてどのようなアプローチをするかは患者さんによってそれぞれ違います。

そもそも、がんという病気になったということは、からだの中でがん細胞が増殖しやすい状態になっています。それは、からだの中でなにかバランスが崩れているということです。

手術などで、癌をとりきったあとでも、からだのバランスを整えることで免疫もうまくはたらき、がんの再発予防につながります。

しっかりと体質を見極めたうえで自分にあう漢方薬をうまく活用することで、からだも心も整えていきましょう。

 

【漢方治療を始めようと思った時に、知らないと困る知識】

→ 【漢方】どこで漢方治療を始めるか?病院・クリニック・薬局を選ぶときに気を付けるポイントとは?

【起立性調節障害と漢方/札幌】朝起きられない、学校に行けない…辛い起立性調節障害から抜け出す方法とは

現在、あなたのお子さんが「朝起きられない」「午前中は特に調子が悪く、朝ごはんも食べられない」「強い怠さや眠気を訴える」そんな状態であるならば、それは自律神経失調症状のひとつである【起立性調節障害】と呼ばれる病気かもしれません。小学校高学年から中学生の時期に多いと言われる起立性調節障害ですが、なつめ薬局には高校生も多くご来局されていますよ。漢方で改善した16歳の女性の例をご紹介しますね。

【男性不妊】には【漢方】という方法があります

妊娠関係の相談が多い漢方専門なつめ薬局ですが、【男性不妊】の相談も多いです。精子の数が少ない、精子の運動能力が低い、などで男性不妊で病院を受診すると、病院では治療方法がありませんので、ご主人側のトラブルにも関わらず、奥様側が不妊治療をうけるという摩訶不思議な選択が行われているんですね。そこで、皆さん、漢方専門なつめ薬局にご相談くださると言う事なんです。

急な腹痛にふりまわされる生活から卒業!過敏性腸症候群(IBS)は漢方とFODMAPで改善

新しい腸活であるFODMAPという食事療法をご存じでしょうか?過敏性腸症候群(IBS)の改善に取り入れられることが増えています。今回はFODMAPのご紹介をします。食事療法に加えて漢方を取り入れることはIBSの改善への確実な近道となります。

葉酸は取り過ぎても胎児異常になりますよ

妊娠前・妊娠中に葉酸を取ろう!というのは今や常識になりつつありますが、葉酸を取り過ぎると胎児に先天性異常が現れる事は、あまり知られていないようです。妊娠に向けて、葉酸のことをいろいろ調べている方も多いと思います。ぜひご参考にしてください。

30代後半・40代からの【不妊治療】

最近の不妊漢方相談の方々が口をそろえて、「年齢の事があるので焦ってます。手遅れですか?もう無理ですか?何とかなりませんか?」とおっしゃいます。いろいろな情報を目にして、焦りを感じているようですね。妊娠出産は確かに年齢の影響を受けます。でも、何とかなります!が、、あることが必要です。

【認知症と漢方/札幌】認知症の基礎知識と漢方薬

高齢化が進んでいくなかで認知症患者も増えつづけています。軽度認知症を含めると65歳以上である高齢者の4人に1人が認知症または予備軍という調査もあります。認知症はとても身近なものではないでしょうか。認知症は患者さん本人だけでなく介護をする家族にとっても大きな問題です。認知症にはどのような種類があるのか、また病院での治療や漢方にできることをご紹介します。

【妊娠報告】いただきました!

なつめ薬局の漢方を5か月続けてくれた30代の方より妊娠の報告をいただきました!毎度のことながら、妊娠報告は本当に嬉しいですね。体外受精などは実は身体に負担がかかり、かなり消耗してしまうんです。そうなってしまう前になつめ薬局の漢方を始めていただいた事が早い段階での妊娠につながりました!

ご存知ですか?【自律神経失調】という状態を。

自律神経のバランスが崩れてしまうと、動悸・息切れ・めまい・頭痛・肩こり・不眠・イライラ・体のだるさ・気力の低下・発汗・下痢・便秘・食欲不振・むくみ・手足の冷えなど様々な体の不調が現れるのですが、辛くて病院にかかっても検査では特に異常が見つからなかったり…漢方を飲んで生活改善と食生活の見直しを図る事で上記のような辛い症状が改善されていきます。一度漢方を試してみては如何でしょうか?

【妊活】基礎体温のグラフがガタガタになる!高温期と低温期がない!不妊につながる不安定な基礎体温の原因と改善方法

妊娠しづらい体調のときに現れる「基礎体温がギザギザになる」「高温期がなく、グラフが二相にならない」という基礎体温のグラフの原因や改善方法を知り、身体を妊娠に向けて整えていきましょう。

【妊活と漢方/札幌】夏こそ体を温める!冷え対策の生活習慣とは?

女性にとって冷えは大敵。妊娠を望んでいるなら、なおさらです。夏でも体は冷えている、という話を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。または暑く感じているから自分は冷えていない!と思っている人もいるかもしれません。しかし、冷房や冷凍・冷蔵庫が完備された現代では、涼しい室内でキンキンに冷えたものを食べたり飲んだりしていたら、体は冷えていく一方です。冷えにくい体をつくる6つの生活習慣を取り入れて、冷え知らずの夏を過ごしましょう。

コメントは締め切りました