ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?

head0053

漢方専門 なつめ薬局の薬局長藤本です。

 

あなたが幾度か流産を経験している、もしくは不育症と言われたことがあるなら…

もしかしたら、「とある栄養素」が不足しているのかもしれません。

その栄養素を摂る事で免疫が整えられ、着床不全や不育症のリスクが軽減するという研究結果があります。

では、その免疫を正常な動きにしてくれる栄養素とは何なのか?

 

それは【ビタミンD】です。

ビタミンDという名称は良く耳にされると思いますが、そのビタミンDが関係する免疫が一体どのように着床不全や流産、不育症に係わって来るのかをお話します。

 

あなたは「ヘルパーT細胞」という名前を聞いたことがありますか?

 

ヘルパーT細胞とは免疫応答に関与するリンパ球「T細胞」の一つです。抗体を作らせるために抗原の情報を伝えたり、免疫応答を誘導したりして司令塔として働きます。

その中に相反する働きをするTh1とTh2というものがあるのですが、その二つが着床や妊娠継続に大きく係わっています。Th1とTh2は着床時において以下の様な働きをします。

Th1は胚を排除しようとする

Th2は胚を受け入れようとする

 

つまりTh1が優勢になると着床しづらくなったり、流産しやすくなったりするのです。

上記の2つのバランスがとれていれば問題ないのですが、ビタミンDが不足すると免疫が乱れTh1とTh2のバランスが崩れてしまい、妊娠しづらく・また妊娠を継続しにくい身体になってしまうのです。

 

日本において不妊女性(276名)をビタミンD欠乏(<20ng/ml)・ビタミンD不足(21~30ng/ml)・ビタミンD充足(>30ng/ml)に分け研究した結果は以下の通りです。

  • ビタミンD欠乏…130名(約47%)
  • ビタミンD不足…111名(約40%)
  • ビタミンD充足…35名(約13%)

 

どうでしょう。一目瞭然ですね。不妊女性276名のうちの約87%もの方達でビタミンDが足りていない状況である、という結果になりました。

そして、上記のビタミンDが足りていない女性では胚を排除しようとするTh1が優位だったという結果も出ています。

 

繰り返す流産や不育症にお悩みのあなたはビタミンD、足りていますか?

 

足りている自信がない…と言う方はこれから積極的に摂ってみてください。

しかし、安易にサプリメントに頼る、というのも考え物です。

ビタミンDは脂溶性のビタミンで、摂り過ぎると身体に蓄積し、過剰症を引き起こしてしまうのです。

ビタミンD過剰症の症状としては

  • 悪心
  • 嘔吐
  • 腎障害(多尿)
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 高カルシウム血症
  • 石灰沈着

などが挙げられます。

まずは普段の食事から意識して改善してみてください。どうしても足りてない、食事で摂ることが出来ないと感じる時のみサプリに頼るようにしてください。

何事も適量が重要です。

ビタミンDが豊富な食材としては、きくらげや身欠きにしん、いわし、しらす干し、鮭などが手に入りやすいですね。

 

食事をしっかり見直しながら、漢方薬を服用していただくともっと早く妊娠・出産に備えた体質に変わることが出来ます。赤ちゃんを授かる為に動きだすタイミングは「今」です。あなたが赤ちゃんを授かるんだと決意なさっているのであれば、漢方専門 なつめ薬局までご連絡ください。

力のある煎じの漢方薬でぐぐっと後押しをして妊娠・出産に備えた身体づくりが出来ます。

漢方相談の枠には限りがあります。大変込み合っておりますので、ご希望の日時がある方はお早めにどうぞ。

【慢性疲労症候群と漢方/札幌】慢性疲労・だるさ・倦怠感に抗うつ剤は有効か?

何となくだるい、やる気が出ないなど、明らかな病気はないけれど疲れが抜けず仕事や学校に行きたくない、という事はありませんか。実は、この疲れ・疲労感・倦怠感は、私たちに「休息が必要」だとか、「体に異常がある」という事を教えてくれる重要なサインであり、そのまま放置すると取り返しのつかない重大事になる恐れすらあります。病院受診・検査を受けても問題が見られない場合は心療内科・精神科などを勧められ安定剤や抗うつ薬を処方されるのですが、これらの薬では残念ながら改善しない事が多いようです。
漢方 札幌 なつめ薬局

【漢方】どこで漢方治療を始めるか?病院・クリニック・薬局を選ぶときに気を付けるポイントとは?

漢方薬での治療を考えた時に、どこで、どのように、漢方薬を手に入れたらいいのか困ったり、悩んだりした経験はありませんか?今回の記事は、漢方薬のグレードや、漢方薬をどこで手に入れたらいいのかなど悩んだ時の参考にしていただければと思います。

【口臭】口臭の原因は口の中だけではない!口臭と心の意外な関係とは。

患者様のご相談を受けていると、ストレスとの関わりがとても多くて深いと感じることが多いです。口臭や自臭症の場合もそうですが、心の影響が口臭や自臭症に繋がってしまいますし、反対に口臭や自臭症が気になると落ち込みやすくなったり不安を感じやすくなってしまいます。心と体は繋がっているということを患者様のご相談を受けながら毎日ひしひしと感じています。では、心と口臭や自臭症はどのように関わっていくのでしょう。ちょっと知りたくありませんか?

出産報告を続々といただいております(^^)

札幌のなつめ薬局に漢方不妊相談にいらっしゃる方は、基本的には不妊症の方で、病院治療で結果の出なかった方々が多いです。つまり妊娠確率の相当低い方々ばかりが集まっているんです。そんな中の出産ラッシュ!本当にうれしいです!!

【膀胱炎と漢方/札幌】繰り返す膀胱炎に有効な手段とは?

排尿トラブルは膀胱炎の恐れがあり、そのまま放置すると腎盂炎という腎臓の病気になることもあります。さらに悪化すると透析になる場合があります。膀胱炎の治療には、抗生物質や抗菌剤などが使われますが、膀胱炎を繰り返す人、抗生物質が効かない人は身体の防御機能を高める必要があります。生活習慣の見直しとともに有効な手段として漢方薬がありますよ。

【不妊と漢方/札幌】妊活中のガタガタ基礎体温を改善する

妊活をしようとしている皆さん、妊活中の皆さんは、基礎体温をつけていますか?自分の体のことを知る方法のひとつに、基礎体温があります。基礎体温を毎日測るメリットは、いろいろありますが、実際に測定を始めると、予想しているよりも続けるのが大変ですし、思うような結果が現れないというケースも多いです。そのような時は漢方という方法がありますよ!

1生理周期の中で妊娠する日としない日と。

「そもそも妊娠する日としない日はいつなの?」案外、知られていないようですが、これを知るだけでも妊娠確率は上がるかもしれません。

【春の不調】漢方理論からみた原因とは。

春になり進学や転勤など新しい環境で生活を始められる人も多いことと思います。早く新しい生活に慣れようと焦りが生まれ、必要以上に頑張りすぎてしまったり、無理をしてしまうことが心と体に負担をかけて自分を追い込んでしまうことになり、不調をもたらすことになってしまいます。そんなときは漢方の出番です。

季節と住処と【不妊】の関係とは?

以前の記事で妊娠とビタミンDの関係についてお話をしました。あなたの不妊の要因かもしれない、その大事なビタミンDですが…今回は住んでいる場所や季節によっても体内濃度に違いが出るというお話です。

【下痢と漢方/札幌】下痢を治すのに漢方が適切である理由

どなたでも必ず経験がある下痢ですが、実は毎日のように頻繁になる方がいます。下痢は、身近な症状ではあるのですが、身近ゆえに本人の辛さとは裏腹に、重篤な症状としては受け止められず、周りの人たちに理解されず困っている人が実に多いです。下痢・軟便で悩んでいる人は、なぜ下痢・軟便・腹痛が起きるのか?を考えなければいけません。下痢・軟便に対して、本質的に原因にアプローチできるのが漢方の強みです。

コメントは締め切りました