ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【頻尿】トイレが近い!改善するための近道とは。

【頻尿】トイレが近い!改善するための近道とは。

head0068

札幌の漢方専門 なつめ薬局の薬剤師宝田です。

 

頻尿や残尿感など泌尿器系のトラブルでお悩みの方は多いと思います。

 

旅行に行く時が心配

映画を見るのが好きなのに、トイレが近くて行けない

仕事の会議の時に集中できなくなる。

など、日常生活に支障が出てしまいます。

 

日本泌尿器科学会によると頻尿とは「朝起きてから寝るまでの間の排尿回数が

8回以上」と定義されていますが、症状には個人差があり排尿回数がそれ以下

であってもトイレが近いと感じたり、残尿感を感じる場合もありますので一概

には言えません。

 

【頻尿】漢方理論からみた主な原因。

 

腎虚(加齢によるもの)

水分代謝をコントロールしている腎は、年齢を重ねるにつれて弱くなっていき

排尿トラブルが起こりやすくなります。

 

脾虚

食べ物から栄養分を吸収したり、内臓をしっかりあるべき場所に

留めておくと考えられている脾と呼ばれる場所があります。

ここが弱ると、内臓が下に下ってしまい膀胱や尿道が圧迫されて

尿意を感じやすくなってしまいます。

 

陽虚

体を温める機能が低下すると、体が冷え尿量が増えます。

 

ストレス

精神的なストレスや緊張によるもの。

泌尿器には問題がないのに気の巡りが悪くなると

膀胱に影響が及び尿意を催しやすくなります。

 

【頻尿】泌尿器のトラブルは漢方薬で改善できます。

 

頻尿が起きる原因も様々なため、患者様一人一人の状況を
 
カウンセリングで確認しどこが影響を受けているのか探っていきます。

 

・緊張状態が続いて神経過敏になっていないか

・冷えを感じていないか

・最近、なんか疲れやすい感じがする

 

など、思い当たることはありませんか。

 

患者様の体質にあわせて漢方薬をオーダーメイドでお作りします。

漢方薬をしっかり服用して併せて生活習慣や食生活も見直していく

ことで体質は改善し、頻尿などの泌尿器のトラブルは改善できます。

 

頻尿など泌尿器のトラブルをしっかり治したい方は

漢方専門 なつめ薬局に電話またはメールで

ご予約をお願い致します。

 

漢方相談は完全予約制となっております。

相談枠には限りがありますので、ご希望の日時があれば早めに

ご連絡をお願い致します。

【不育症と漢方/札幌】病院で出来る事は少ないのが不育症。漢方的な考え方とは?

赤ちゃんを望んでいる方の中には、妊娠はするけれど出産まで至らず悩んでいる方も多いでしょう。不育症を改善するためにはどのようなことができるのでしょうか。西洋医学では様々な治療もスムーズに解決に結びつかないことが多いというのが実情ですが、漢方では患者さん一人ひとりの体質を見極め赤ちゃんがお腹の中で元気に成長できるようにお母さんのカラダ全体のバランスを整えていくことができます。

【不眠と漢方/札幌】リモートワークで増えている不眠を解消しよう!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で一般的になりつつあるリモートワークですが、続けているうちに体に不調を感じたという方もいるのではないでしょうか。リモートワークが原因で睡眠障害に悩まされている人も少なくありません。その原因と漢方での不眠についてのお話です。

【糖尿病と漢方/札幌】糖尿病は不治の病なのか?治る為に必要な本当の治療とは?

糖尿病は治らない、一度なると一生付き合う病気と今までの通説ではいわれてきました。しかし、イギリスで行われている研究では完治する可能性が報告されました。早めの取り組みが糖尿病の改善に有効ですよ。

【妊活/札幌漢方薬局】不妊の原因?基礎体温の低温期に体温が高いまま下がらない!原因とその改善方法とは?

「妊活のために基礎体温を測っている」という女性は多いのではないでしょうか。基礎体温からは排卵日や妊娠だけでなく、自分の体の状態、不調や不妊の原因などわかることがたくさんあります。この記事では、低温期に体温がしっかり下がらない場合の漢方の視点からみたからだの状態、またその原因と改善方法についてお伝えしていきます。

【橋本病】でも妊娠を目指せます!

今回は妊娠報告の中の一例をご紹介します!一人目を帝王切開にて出産後、全身の浮腫みや産後うつ・貧血などに悩まされ二人目不妊となってしまった、橋本病の40代女性の方です。1年間、漢方専門なつめ薬局の漢方薬で身体づくりをしていただき、嬉しい妊娠の報告をいただきました。

【妊活中の運動と漢方/札幌】妊活中も運動は大切!でも、できないときはどうしたら良い?

不妊に悩んでいる方の中には、生活習慣に気をつけて毎日を過ごしているという人も多いのではないでしょうか。妊娠しやすい体づくりのために、睡眠や食事、運動などの生活習慣は大切です。特に運動で体をしっかり動かすと、全身の血のめぐりが良くなり、卵子や子宮、精子が元気になっていきます。けれども、忙しさや新型コロナウイルスの流行などで思うように体を動かすことができないという悩みもあることでしょう。どうしても運動ができない場合は、運動以外で血のめぐりを良くしていく必要があるのです。

【不妊/漢方薬局】妊活中の甘いものが妊娠を遠ざける?知っておきたい甘いものとの付き合い方

妊活中に「妊娠するためにはコレがいい!」と言われるものがたくさんあり、さまざまな食品やサプリをとっている方がいるかもしれません。しかし、実は摂らない方が妊娠に近づくものがあり、「甘いもの」はその一つです。精製糖、人口甘味料、黒糖、甜菜糖などたくさんの種類がありますが、身体によいもの、よくないものを知っておくことは妊活にはとても大切です。

【 うつ病 と 漢方 / 札幌 】うつ病を改善するために必要な取り組みとは。

「最近、やる気がでない」「何をするのもおっくうに感じる」「昔ほど趣味が楽しめなくなった」こういった症状が出ていたら、もしかしたらうつ病かもしれません。うつ病は、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、ゆううつな気分や意欲の低下といった状態が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状をともなうことも珍しくありません。今回はうつ病の原因や治療について、そして漢方で期待できることをみていきましょう。

妊活中の冷えが妊娠を遠ざける?知っておきたい「漢方」から考えた夏の冷え

活中は妊娠のために良いと言われていることをたくさんしていると思いますが、意外と気づかないのが夏の冷えです。夏に起こりやすい冷えの原因と理由、妊活/妊娠への影響、漢方から考えた夏の冷えやその対処方法としての「温活」についてご紹介します。

1生理周期の中で妊娠する日としない日と。

「そもそも妊娠する日としない日はいつなの?」案外、知られていないようですが、これを知るだけでも妊娠確率は上がるかもしれません。

コメントは締め切りました