ホーム / ご案内 /

ご利用者の声/漢方専門 なつめ薬局

ご利用者の声/漢方専門 なつめ薬局

head034
cs-tmb001

去年の秋くらいから体調が悪くて、原因は何か?と、五ヶ所病院に行きましたが、結果は異常無しでした。交通機関を使うと息苦しさと動機も酷くてタクシーも乗るのも怖くて真冬でも歩いてました。
もう一度自分の体調の悪さを携帯で調べてみたら、自律神経系なのかなと思いネットで色々と調べてみたら漢方が良いとの事で、なつめ漢方屋をネットで見つけて行ってみたら、阿部先生はどこの病院よりも、親身に私の体の不調のお話しを聞いて下さり、原因を突き詰めてくれました。やっぱり自律神経のバランスがストレスで崩れて頭痛や下痢と体温調節のコントロールが上手く出来なくなっていて辛かったですが、漢方を飲んでから1年間で息苦しさも動機も殆ど出なくて元気に過ごせています。
先生とお話しをする事で心も癒されますし、励まして頂けたりと前向きになれました。まだ漢方を続けて健康で元気な体を目指して頑張ります!いつもありがとうございます!

M.Y 様 自律神経失調症

cs-tmb003

なつめ薬局さんの漢方を飲み始めて、ほどなく体の冷えと便秘が改善されて、夜も深く眠ることができるようになり、半年を過ぎた頃に、赤ちゃんを授かることができました。
高齢なので、ちゃんと育ってくれるか、早産にならないか、出産は大丈夫かなど、いろいろ心配もありましたが、トラブルもなく、予定日の3日前に、無事に3050gの元気な赤ちゃんを出産しました。
阿部さんには、親切に相談にのっていただき、妊娠中も、とても心強かったです。産後の経過も順調で、一人目の時より抜け毛も少なかったり、体調もよいので、きっと漢方を飲んでいるおかげだと思っています。
本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

T.K 様 不妊

tmb039

仕事を始めてから日常的に吐き気を感じるようになり、外でご飯を食べる事が苦手になりました。同時に、疲れやむくみ、肩こりや頭痛など、なんとなく調子が悪い事が続き、生理痛も酷くて、会社を休むほどでした。疲れがたまっているだけだ、休めば治ると思っていたのですが、症状が1年以上続き、どんどん外に出るのが億劫になり、性格も変わっていったように思います。内科などの病院にも通いましたが、対処療法のみで根本的な解決につながりませんでした。何とかしなくてはと思い、似た症状の方が漢方でよくなったというのを見て、なつめ薬局さんに、お世話になる事になりました。

飲み始めて一か月くらいは、「なんとなく元気になった気がする・・・かな」という感じでしたが、二か月、三か月と続けていくうちに、「そういえば症状が出ていない」「調子が悪いことを忘れていた」という事が増えていきました。具合が悪くなる事が怖くて、外に出るのが億劫な時期もありましたが、漢方を飲み始めて四か月を過ぎると、体調の事を考えずに、外に出てご飯を食べる、仕事をする、遊ぶという事が、どんどん普通にできるようになりました。生理痛もとても軽くなり、痛み止めの薬も必要なくなりました。気持ちの面でも、不安が強く、始める前から「無理かも・・・」という事が多かったのですが、体調が良くなるにつれて「できるかも!」「やってみよう!」と元々の積極的な性格が戻ってきました。

始めたころは、劇的な変化がなかったので、正直、「効果あるのかな・・・」という思いもありましたが、飲み続けていく中で、身体の中心から、ゆっくり元気になっていった気がします。以前は、心も体も、少し無理をすると、すぐ体調を崩していましたが、今は少し無理をしてもちゃんと回復する力が備わった気がします。

また、月一回の診察の際に、阿部先生とお話しする中で、自分の体調をきちんと把握できたことや、良くなっているところ実感できるのも楽しみでした。

体調を気にせず、普通の事が普通にできる、楽しいことをちゃんと楽しめる、元気に生活をすることができるようになり、本当に、本当に嬉しいです。ありがとうございます!!

Y.S 様  自律神経失調症

cs-tmb002

僕は大学生の頃からお腹を壊しやすく、ひどいときには1日4~5回くらいトイレに行くこともありました。
大学の講義中にトイレに行くことも多く、ずっと何とかしたいと思っていました。
体質改善するために病院や針治療にも通ってみましたがあまり効果がありませんでした。
そんな中、インターネットでなつめ薬局のことを知り、漢方を試してみることにしました。
なつめ薬局では普段の生活習慣や身体の状態等を詳しく聞き、一人ひとりに合った漢方を出してくれるので今まで受けた治療よりも信頼することができました。
そして徐々に体質が改善されていき、トイレに行く回数も減っていきました。
今では社会人になりましたが、お腹の調子で仕事に支障が出たことは1度もありません。
これからも完治に向けて漢方を続けていこうと思います。

Y.N 様 過敏性腸症候群(IBS)

tmb039

数年前に突然始まったアトピー様の皮膚症状。いろいろ試しましたが、なかなか良い兆候がみられず、そんなときに漢方にたどり着きました。漢方を初めて、一年がたちました。皮膚は一進一退を繰り返していますが、ひどくなっても以前のような最悪な状態になることはなくなっています。もう少し続けたら時々出てくるブツブツや痒みも出なくなることを期待して、またもし出てきても一喜一憂せず、前向きに付き合っていこうと思います。

S.T 様 アトピー 皮膚トラブル

tmb039

私は10年近く皮膚科で治療をしてきましたが、なかなか良くならず、薬も段々強い物になるのに皮膚が弱くなっていることに不安と限界を感じ、こちらのなつめ薬局での治療を始めました。
初めから順調だった訳ではありませんが、明らかに皮膚が強くなっていることを実感出来ます。
阿部先生はいつも優しく話しを良く聞いてくれて患者の気持ちを理解してくれます。
そして自分に合う漢方だとこんなに良くなるんだと実感してます。
健康だった自分の皮膚に戻るようにこれからも続けていきます。

N.I様 アトピー

【妊活中】の【食事】を考えるために。

妊活相談をお受けする際に重要視している事があります。それは食事についてです。そして、食事内容を考える際に重要になるのが、「痩せているのか?太っているのか?」ということです。

妊娠中に漢方は飲んでもいいのでしょうか?

妊娠中の漢方服用を心配される方もいますが、身体の状態に応じて漢方を選べば問題はありません。むしろ流産を防いだり、つわりを軽減したり、出産後のお肌や髪の毛のラブルが防げたりとよいことだらけです。とはいっても、妊娠中に注意が必要な漢方薬もあります。なつめ薬局では一人ひとりの状況に応じた細かいアドバイスも行いながら、出産にむけてサポートしていきます。妊娠をお考えの方は、ご相談ください。

【多嚢胞性卵巣と漢方/札幌】不妊の原因となる多嚢胞性卵巣とは?

女性の20人に1人はなっているといわれる多嚢胞性卵巣。排卵がうまくいかないため不妊の原因の一つです。超音波検査をして多嚢胞性卵巣だといわれた方もいるのではないでしょうか。多嚢胞性卵巣とはどういう状態なのか、治療にはどういったものがあるのかについてご紹介します。

【糖尿病と漢方/札幌】糖尿病ってどんな病気?原因や対策を知って、漢方を活用して合併症を予防しよう

糖尿病はインスリンの働きが十分ではないために、血液中の糖の量が増えてしまう病気です。そのままにしておくと、網膜症や腎症、神経障害など合併症が進行してしまいます。そのためきちんと治療を続け血糖値のコントロールをすることが必要です。糖尿病はどのような病気でどういった治療があるのか、理解したうえで糖尿病とつきあっていくことが大切です。

漢方で 不安障害・パニック障害 を改善

突然理由もなく不安になり呼吸が苦しくなる...いつまた発作が出るのか不安が続いて日常生活を満足に送れない...、このような不安障害やパニック障害は薬や精神療法で治療が進められますが、なかなか症状が改善しないという方には西洋医学とは全く異なるアプローチで治療する漢方がおすすめです。

【 うつ病 と 漢方 / 札幌 】うつ病を改善するために必要な取り組みとは。

「最近、やる気がでない」「何をするのもおっくうに感じる」「昔ほど趣味が楽しめなくなった」こういった症状が出ていたら、もしかしたらうつ病かもしれません。うつ病は、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、ゆううつな気分や意欲の低下といった状態が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状をともなうことも珍しくありません。今回はうつ病の原因や治療について、そして漢方で期待できることをみていきましょう。

【妊活】基礎体温のグラフがガタガタになる!高温期と低温期がない!不妊につながる不安定な基礎体温の原因と改善方法

妊娠しづらい体調のときに現れる「基礎体温がギザギザになる」「高温期がなく、グラフが二相にならない」という基礎体温のグラフの原因や改善方法を知り、身体を妊娠に向けて整えていきましょう。

【漢方】と西洋医学

東洋医学や漢方薬の考え方は、一般の方はもちろん、西洋医学の医師や薬剤師・看護師などですら理解しにくいものですが、大まかにでも、それぞれの特徴は知っておいた方が良いと思います。それぞれの特徴についてお話します。

更年期障害 のつらい症状は 漢方 で改善しよう

更年期のカラダの不調は多くの方が経験しますが、その症状の種類や重さは人それぞれです。カラダのどこを検査してもはっきりとした原因がわからない症状を不定愁訴といいますが、更年期の症状はまさに不定愁訴そのものです。今回は、更年期障害についてみていきましょう。漢方が不定愁訴の治療を得意とする理由をお話します。

【不妊/漢方薬局】妊活中の甘いものが妊娠を遠ざける?知っておきたい甘いものとの付き合い方

妊活中に「妊娠するためにはコレがいい!」と言われるものがたくさんあり、さまざまな食品やサプリをとっている方がいるかもしれません。しかし、実は摂らない方が妊娠に近づくものがあり、「甘いもの」はその一つです。精製糖、人口甘味料、黒糖、甜菜糖などたくさんの種類がありますが、身体によいもの、よくないものを知っておくことは妊活にはとても大切です。

コメントは締め切りました