ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

ご存知ですか?【自律神経失調】という状態を。

ご存知ですか?【自律神経失調】という状態を。

head0005

札幌・漢方専門なつめ薬局の藤本です。

 

まず自律神経とは何か?ということですが・・・

自律神経とは、交感神経(覚醒時の神経・緊張時の神経)と副交感神経(睡眠時の神経・安静時の神経)の2つの神経の事を言います。

この2つの神経がバランスを取りながら24時間働いて、呼吸・血液循環・消化吸収などを調節しています。

その為、この自律神経のバランスが崩れてしまうと様々な体の不調が現れるのです。

 

その症状は、動悸・息切れ・めまい・頭痛・肩こり・不眠・イライラ・体のだるさ・気力の低下・発汗・下痢・便秘・食欲不振・むくみ・手足の冷えなど様々です。

 

辛くて病院にかかっても、検査では特に異常が見つからなかったり…。

それが自律神経失調症です。

 

また、うつ病では憂鬱な気分、気持ちの落ち込み、不安感、意欲の低下が続くといった精神的な症状と、倦怠感が続いたり眠れなかったりといった身体の症状が現れます。

 

それがストレスとなり、自律神経のバランスが崩れて動悸・めまい・下痢・便秘などを生じる場合もあります。

 

東洋医学では自律神経失調症は生命エネルギーの不足やその流れの滞り、また、血行不良や血液の全体的な量の不足などで生じている病態。

そしてうつ病は、生命のエネルギーが不足したり、流れが滞っている状態と考えられます。その状態が長く続くと身体全体のバランスが崩れ始め、やはり血行不良になったりしてしまうのです。

 

漢方には西洋医学の薬には無い、生命エネルギーの量を増やしてあげたり、滞っているエネルギーを流してあげたり、血液を作らせ循環を良くする事により自律神経失調症や鬱病の不快な症状を取り除くと言う力があるのです。

 

少し時間はかかるかもしれませんが、漢方を飲んで生活改善と食生活の見直しを図る事で上記のような辛い症状が改善してきます。

 

西洋医学の薬の副作用が強い方も、漢方薬を一緒に飲むことで副作用を軽減出来たり、将来的には西洋医学の薬を減量出来たりしますので一度漢方を試してみては如何でしょうか?

 

ご予約・お問い合わせ

お電話:011-206-9759

お電話の際は、

「ホームページを見ました。漢方相談がしたいので、予約をお願いします。」

と、言っていただけるとスムーズです。

下部の問い合わせフォームからは、24時間受け付けております。ご返信は翌営業時となりますので、ご了承ください。

なお、携帯電話のメールアドレスをご記入なされた場合、漢方専門なつめ薬局からの返信が届かない場合がございます。その際は、ご記入いただいたお電話番号へ連絡させていただきますので、ご了承ください。

葉酸は取り過ぎても胎児異常になりますよ

妊娠前・妊娠中に葉酸を取ろう!というのは今や常識になりつつありますが、葉酸を取り過ぎると胎児に先天性異常が現れる事は、あまり知られていないようです。妊娠に向けて、葉酸のことをいろいろ調べている方も多いと思います。ぜひご参考にしてください。

【口臭】口臭の原因は口の中だけではない!口臭と心の意外な関係とは。

患者様のご相談を受けていると、ストレスとの関わりがとても多くて深いと感じることが多いです。口臭や自臭症の場合もそうですが、心の影響が口臭や自臭症に繋がってしまいますし、反対に口臭や自臭症が気になると落ち込みやすくなったり不安を感じやすくなってしまいます。心と体は繋がっているということを患者様のご相談を受けながら毎日ひしひしと感じています。では、心と口臭や自臭症はどのように関わっていくのでしょう。ちょっと知りたくありませんか?

【不妊漢方相談】39歳女性の出産報告

40歳を目前にした女性が不妊症の漢方相談にきました。その方は、それまで病院の漢方や他局の漢方を服用し不妊治療していました。漢方服用歴はその時点で4年にのぼります。不妊相談ですが、今回用意したのは不妊に使う漢方ではありません。それでもその方は妊娠し、無事出産までたどり着きました。

漢方で治った!抑うつ症状が改善

「朝起きられない」「学校や会社に行けない」「夜眠れない」「やる気が起きない」「気分が落ち込みやすい」など、こころの不調はSOSのサインです。気づいたときは早めに相談したり対処したりすることが大切です。心療内科やメンタルクリニックを受診するほどではないけれど、こころの不調を感じている、そんな方は1人ひとりの状態を丁寧に聞きとり、自身のチカラを引き出してくれる漢方による治療法を提供してくれる漢方専門の薬局に相談してみませんか?

急な腹痛にふりまわされる生活から卒業!過敏性腸症候群(IBS)は漢方とFODMAPで改善

新しい腸活であるFODMAPという食事療法をご存じでしょうか?過敏性腸症候群(IBS)の改善に取り入れられることが増えています。今回はFODMAPのご紹介をします。食事療法に加えて漢方を取り入れることはIBSの改善への確実な近道となります。

【妊活中】の【食事】を考えるために。

妊活相談をお受けする際に重要視している事があります。それは食事についてです。そして、食事内容を考える際に重要になるのが、「痩せているのか?太っているのか?」ということです。

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?という記事はすでにお読みになりましたか?この記事で着床不全や不育症改善にはビタミンDが大切というお話をしましたが、今回も【ビタミンD】についてのお話です。

【アトピーと漢方/札幌】アトピー性皮膚炎とは?漢方を活用してステロイド治療の無限ループから抜け出そう

かゆみや皮ふの状態がつらいアトピー性皮膚炎。患者数は増加し続けており、厚生労働省の調査によると、2017年の日本国内における患者総数は51万人を超えるということです。症状や治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。また、漢方におけるアトピー性皮膚炎についての考え方もご紹介します。

漢方 を使って一人ひとりの体質に応じた うつ病 ・ うつ症状の治療を

メンタルの病気は、西洋薬による薬物療法やカウンセリングなどを中心に治療が進められていくことが多いのですが、漢方も選択肢のひとつです。しかし、病院で処方される漢方と、東洋医学の理論で処方される漢方では異なる点があります。漢方の本来の使い方をみていきましょう。

目に見えることだけが【成果】ではないんです。

何年間も生理不順や不正出血で悩んでおり、婦人科の検査では原因が見つからず、赤ちゃんが欲しいけれど、できなかったので何とかしたい、ということで、札幌・漢方専門なつめ薬局に漢方相談にいらした方が、昨年末に出産なさいました。目に見える成果がなかなか無い中で続けるのは大変ですが、自分が信じた取り組みをしっかり続けることが大切です。

コメントは締め切りました