ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

【季節の変わり目】に弱い方は妊娠しづらいかも!?

【季節の変わり目】に弱い方は妊娠しづらいかも!?

Depressed young woman crying from sorrow or despair on bench at autumn park. Upset millennial lady hugging her knees, feeling stressed or exhausted, suffering from loneliness outdoors
【札幌】の【漢方専門なつめ薬局】の阿部です(^^♪

 

【季節の変わり目】に弱い方は妊娠・出産しづらいかもしれません
 【季節の変わり目は体調を崩しやすい】と聞いた事はありませんか?

 

1)聞いた事はあるけれど、私は経験したことが無いです。

2)そうなの!季節の変わり目には体調を崩すし、気分もあまり良くないの。

 

1)の方と、2)の方、どちらが妊娠・出産しやすいかわかりますか?まあ、当然、1)の方が妊娠・出産しやすいんですけどね(^_^;)これはなぜなんでしょう?

季節の変わり目に体調を崩すのは、いろいろな原因があります。その中でも無視できないほど影響力が大きいのが、【自律神経のバランスが悪い】場合です。

 

この自律神経というのは、全身に張り巡らされていて、体温調節とか、ホルモンバランスとか、免疫系統とか、と連動して働いています。この自律神経のバランスが悪くなる、正常に働かなくなると、冷えが強くなり、ホルモンバランスが悪くなり、体調を崩しやすくなるんです。つまり、

季節の変わり目に体調を崩しやすい方は、自律神経のバランスが崩れている恐れがあり、自律神経と連動している体温調節やホルモンバランス、免疫系も悪くなり、妊娠出産の障害になっている。

と考えられるんですね。ですから、妊娠出産の準備として、季節の変わり目に弱い体質を改善することも、必要なことになります。

札幌・漢方のなつめ薬局では、妊娠・出産・不妊・不育の改善を見据えた自律神経を整える取り組みを提案しています。その提案は各個人で異なりますので、詳細は漢方服用する方に個別にお伝えしています。気になる方はご相談くださいね。

【起立性調節障害】の【改善】に必要な5つのポイント

【起立性調節障害】に限った話ではありませんが、人が何かの症状を改善しようとする時には、必ず生活習慣や環境を見直す必要があります。私たち、【札幌】の【漢方専門なつめ薬局】では、【漢方薬】を用意するだけではなく、あなたに合った生活習慣や置かれている環境などの改善の提案も必要と考えています。その5つのポイントとは?

【起立性調節障害と漢方/札幌】朝起きられない、学校に行けない…辛い起立性調節障害から抜け出す方法とは

現在、あなたのお子さんが「朝起きられない」「午前中は特に調子が悪く、朝ごはんも食べられない」「強い怠さや眠気を訴える」そんな状態であるならば、それは自律神経失調症状のひとつである【起立性調節障害】と呼ばれる病気かもしれません。小学校高学年から中学生の時期に多いと言われる起立性調節障害ですが、なつめ薬局には高校生も多くご来局されていますよ。漢方で改善した16歳の女性の例をご紹介しますね。

【保険適用】の漢方で、あなたは治りましたか?

病院で漢方薬を処方してもらった経験がある方も数多くいらっしゃるかと思います。しかし、病院で使える漢方薬には「保険適用」という縛りがあるんです。つまり使える漢方薬の種類が少ないということ。あなたに合った漢方ではないかもしれません。

【春の不調】漢方理論からみた原因とは。

春になり進学や転勤など新しい環境で生活を始められる人も多いことと思います。早く新しい生活に慣れようと焦りが生まれ、必要以上に頑張りすぎてしまったり、無理をしてしまうことが心と体に負担をかけて自分を追い込んでしまうことになり、不調をもたらすことになってしまいます。そんなときは漢方の出番です。

漢方で治った!抑うつ症状が改善

「朝起きられない」「学校や会社に行けない」「夜眠れない」「やる気が起きない」「気分が落ち込みやすい」など、こころの不調はSOSのサインです。気づいたときは早めに相談したり対処したりすることが大切です。心療内科やメンタルクリニックを受診するほどではないけれど、こころの不調を感じている、そんな方は1人ひとりの状態を丁寧に聞きとり、自身のチカラを引き出してくれる漢方による治療法を提供してくれる漢方専門の薬局に相談してみませんか?

【男性不妊】と食事から摂る脂肪の関係

以前、女性ではマグロやイワシなどの魚を食べると血液中にオメガ3系脂肪酸であるEPA・DHAが多く含まれ、結果体外受精での妊娠率が上昇したという研究結果についてのお話ししましたが、実は女性の不妊だけでなく、男性の不妊に関しても食事から摂取する脂肪酸が大きな影響を及ぼしているという海外の研究があるんです。

【妊活/漢方薬局】不妊と仕事の関係とは?働き方によっては不妊の原因になることも?

「仕事をしながら妊活や不妊治療をしているけれど、なかなか妊娠できない」というご相談をいただくことがあります。実は働き方や仕事の内容、それに伴う生活習慣によって、不妊につながっている場合があるのです。この記事では、どんな働き方が妊娠しづらいのか?妊娠のためには外せない重要な生活習慣は何なのか?についてお伝えしていきます。

【漢方からひも解く】夏に悪化!ジュクジュクするアトピーや皮膚炎の解決法

梅雨から夏にかけてアトピーや皮膚炎が悪化し、我慢できないかゆみに悩まされている人はいませんか?一般的に汗や紫外線がその原因であるとされていますが、漢方では「湿」と「熱」がキーワードになっています。漢方治療で過剰になった湿と熱を取り除いて皮膚トラブルの解消し、夏を気持ちよく過ごしましょう。

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】掌蹠膿疱症とたばこや電子タバコとの関係とは!?

掌蹠膿疱症の原因は、扁桃腺炎や虫歯、歯周囲炎などの感染病巣と密接に関連していることが知られていますが、多くの場合、原因は不明と言われています。ただ、掌蹠膿疱症を悪化させる要因として【たばこ】【アイコス】等の喫煙習慣が挙げられています。掌蹠膿疱症の患者の85%以上が喫煙者であり特にヘビースモーカーが多いことや、発症リスクの上がることなどがわかっています。

子宮内膜症だけど妊娠したい!漢方による治療が効果的な理由とは?

子宮内膜症は妊娠可能な年齢の10人に1人が発症するともいわれています。子宮内膜症になったら妊娠できないの?治療法はあるの?と気になっている方へ、漢方による効果的な治療法についてご紹介します。正しい知識を得て、赤ちゃんを迎える準備をしましょう。

コメントは締め切りました