ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

卵管狭窄(閉塞)と言われました。漢方で妊娠はできますか?

卵管狭窄(閉塞)と言われました。漢方で妊娠はできますか?

head0027

札幌の漢方専門なつめ薬局の阿部です(^_^)/

 

【卵管狭窄(閉塞)と言われました。漢方で妊娠できますか?】

 

この手のお問い合わせは実は多いです。

この卵管狭窄の部分が他の病気に置き換わっていることもあります。

が、とにかく多いです。

 

この答えですが・・・

これだけでは答えにくいです。

というのが本音です。

ですが、

【漢方は服用した方がいいです!】

ここでは卵管狭窄を例に出してお話ししますが、

卵管狭窄であれば、少なくとも、

どの程度の狭窄なのか?

左右両方なのか?

原因は何か?

この辺りは知りたいところです。なぜなら、

狭窄の程度や部位によっては、漢方で自然妊娠も望めますし、

原因が炎症や水腫であれば、漢方でそこを改善すれば自然妊娠を望めます。

 

仮に、両方が完全閉塞していた場合、病院でなんらかの治療を受けて妊娠を目指すと思いますが、

事前に漢方を服用しておけば、妊娠に向けて子宮や卵巣の状態が整いますので、病院治療の成功率を上げられます。

 

しっかり体質に合わせて製造する、【札幌の漢方専門 なつめ薬局】のオーダーメイド漢方であれば副作用の心配もほとんどありませんし、

服用しない方がもったいないと思いますよ(^^)

 

とは言っても、状況は1000人いれば1000通りですから、

まずはお問い合わせくださいね(^_^)/

【ニキビと漢方/札幌】自粛生活で肌への影響が出ていませんか?運動不足とニキビの関係

コロナ禍で日常生活への影響が長期化する中、肌のトラブルに悩まされている人も多いのではないでしょうか。在宅勤務が増えたり思うように外出や趣味のスポーツを楽しめなくなったりしている方も少なくないでしょう。大人ニキビはさまざまな要因が組み合わさって発生しますが、運動不足もニキビができる大きな原因のひとつです。今回の記事ではニキビの漢方的な考え方と運動不足の関係についてまとめてあります。

漢方薬は花粉症の治療もできます。

スギ・ブタクサ・ヨモギ・シラカバなどなど…花粉症の方は毎年毎年「ああ、今年もこの時期が来たか~」と憂鬱になりますよね。東洋医学で花粉症は「水分の循環が悪くなり身体に溜まってしまった状態」と考えます。抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬で副作用に悩んでいる方、漢方を試してみませんか?

【めまい】軽いからと放置してしまう油断が、めまいを悪化させます。

めまいはクラッとする程度の軽いものならあまり気になりませんが、軽いからと油断して何もしないで放置しておくと症状がひどくなり、日常生活に支障をきたしてしまい、そのうち仕事も辞めなければいけない状況になるかも知れません。西洋薬のめまいのお薬は対症療法ですが、漢方薬は本質から改善していくことが出来ますよ。

夜間にスマホを使うと妊娠に悪影響?妊活に活用したい子午流注と漢方

現在妊活をしている方も、これから妊娠を考えている方も、夜間のスマホ利用は妊娠を遠ざける可能性があることを知っていますか?妊娠したいなら、夜にスマホを使わないほうがよい理由があります。西洋医学からみても東洋医学からみても、質の良い睡眠をとることは妊娠に向けてとても大切です。

大豆食品は【出産率】を上げるのか?

ある研究では、大豆食品の摂取で環境ホルモンの不妊治療成績へのマイナスの影響が緩和されるという結果が出ています。しかし別の研究では違う結果も出ています。

【 うつ病 と 漢方 / 札幌 】うつ病を改善するために必要な取り組みとは。

「最近、やる気がでない」「何をするのもおっくうに感じる」「昔ほど趣味が楽しめなくなった」こういった症状が出ていたら、もしかしたらうつ病かもしれません。うつ病は、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、ゆううつな気分や意欲の低下といった状態が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状をともなうことも珍しくありません。今回はうつ病の原因や治療について、そして漢方で期待できることをみていきましょう。

【起立性調節障害】を改善する漢方専門なつめ薬局/札幌

起立性調節障害は、病院受診・検査をしても異常は認められないことが多く、「怠け者」「甘えている」と思われたりしてしまいます。この病気を放置してしまうと、かなりの高確率で「不安症やうつ病などの精神疾患」になるとも言われています。私たちは、対処療法ではなく、患者さまの状況を漢方理論で分析し、あなたの症状の本質は何かを見極めます。その上で、あなたの為の漢方薬を自社製造します。

【妊活と漢方/札幌】夏こそ体を温める!冷え対策の生活習慣とは?

女性にとって冷えは大敵。妊娠を望んでいるなら、なおさらです。夏でも体は冷えている、という話を聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。または暑く感じているから自分は冷えていない!と思っている人もいるかもしれません。しかし、冷房や冷凍・冷蔵庫が完備された現代では、涼しい室内でキンキンに冷えたものを食べたり飲んだりしていたら、体は冷えていく一方です。冷えにくい体をつくる6つの生活習慣を取り入れて、冷え知らずの夏を過ごしましょう。

急な腹痛にふりまわされる生活から卒業!過敏性腸症候群(IBS)は漢方とFODMAPで改善

新しい腸活であるFODMAPという食事療法をご存じでしょうか?過敏性腸症候群(IBS)の改善に取り入れられることが増えています。今回はFODMAPのご紹介をします。食事療法に加えて漢方を取り入れることはIBSの改善への確実な近道となります。

メンタルや感情が病気の原因になる、東洋医学的な理由

「漢方・中医学を学ぶ」第6回目は内因と不内外因です。私たちの感情も生活習慣も病気の原因となることについて学びます。

コメントは締め切りました