ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

30代後半・40代からの【不妊治療】

30代後半・40代からの【不妊治療】

head0024

札幌の漢方専門 なつめ薬局の阿部です(^^♪

暖かくなったせいか、

不妊漢方治療の相談が非常に増えています。

ただでさえ、漢方専門 なつめ薬局は不妊相談が多く、現在、妊娠中の方が、たくさんいます。その方々の状態把握も疎かにはできませんので、

新規の不妊漢方治療を受け入れるのが難しい状態です。

 

さて、

最近の不妊漢方相談の方々が口をそろえて言うのが、

年齢の事があるので焦ってます。手遅れですか?もう無理ですか?何とかなりませんか?

とおっしゃることです。

多少の語句の違いはありますが、このようなニュアンスの事を皆さんおっしゃいます。

いろいろな情報を目にして、焦りを感じているようですね。

結論から言うと、

何とかなります!が、自分と向き合い、素直に受け入れ、変わる行動が必要です!

妊娠出産は確かに年齢の影響を受けます。それは確かです。

ですが、

卵巣年齢・子宮年齢をはじめ、体内環境年齢は取り組み次第です。その取り組みを間違わなければ大丈夫です。

 

その取り組みを間違わない、というのがポイントなんですね。

皆さんが良かれと思ってやっていることがマイナスになっている、

なんて事がよくあります・・・

私たち、札幌の漢方専門 なつめ薬局は、あなたが妊娠・出産・産後まで、生活習慣や環境整備のアドバイスをしています。

・あなたの生活習慣・環境の中に、妊娠力を低下させる何かがあるかもしれないと向き合ってください。

・あなたの生活習慣・環境は、あなたの妊娠力を低下させる事だとお伝えしたことは素直に受け入れてください。

・あなたが妊娠・出産するために、私たちが提案した事は実践してください。

あなたの状態に応じた正しい取り組みと、

体質改善のオーダーメイド漢方薬を服用することで、

妊娠・出産は可能なのです。

さて、

不妊漢方治療の相談ですが、

ご新規の方で受け入れ可能なのは、

現在のところ、あと5組ほどが限界です><

すみませんm(__)m

ですので、すぐに、ご新規受け入れストップになると思います。

ですが、

札幌・漢方のなつめ薬局のブログをご覧いただいた方はなんとか優先できるようにしたいと考えております。

ですので、お問い合わせの際に

「ブログを見て、不妊漢方治療をうけたい」

と、お伝えください!!

優先的に受け入れが出来るように努力します(^^)

努力してもどうにもならないケースもありますので、その際はご容赦くださいね(^_^;)

PMS(生理前症候群)の改善方法

PMSは生理前症候群とも呼ばれていて、生理が始まる3~10日ほど前から起こる、からだやココロの不快な症状のことです。PMSは、排卵後の女性ホルモンの急激な変化が関係していると言われていますが、はっきりとした原因はわかっていません。PMSの改善には薬による治療とそうでない治療のふたつの方法が考えられますが、PMSから本当に解放され気にせず過ごしたいのであれば、対処療法ではなく薬に頼らない根本からの治療が必要です。

【アトピー】と【熱】と【漢方】と。

日常生活に大きな悪影響を及ぼすアトピー性皮膚炎に悩まされている方…最近、増えています。現在、かゆみで眠れない・集中出来ない・じゅくじゅくした浸出液がつらい・落屑があって人目が気になる・ステロイド剤をやめたい、そんなお悩みを抱えている方、なつめ薬局の本格的な漢方薬で悪さをしている「熱」を追い出してみませんか?

東洋医学で考える、健康と病気とは?

「漢方を知ろう!」シリーズの第7回目は、病機についてです。漢方で病気が発生する過程のことを病機といいます。病機から、健康や未病、病気の捉え方の西洋医学との違いを知ると漢方についての理解がグッと深まります。

【妊活中】の【食事】を考えるために。

妊活相談をお受けする際に重要視している事があります。それは食事についてです。そして、食事内容を考える際に重要になるのが、「痩せているのか?太っているのか?」ということです。

【起立性調節障害】の【改善】に必要な5つのポイント

【起立性調節障害】に限った話ではありませんが、人が何かの症状を改善しようとする時には、必ず生活習慣や環境を見直す必要があります。私たち、【札幌】の【漢方専門なつめ薬局】では、【漢方薬】を用意するだけではなく、あなたに合った生活習慣や置かれている環境などの改善の提案も必要と考えています。その5つのポイントとは?

ニキビはストレスが原因?治らない肌荒れでお悩みの方は漢方で体質改善しよう

不規則な生活やストレスが原因の「大人ニキビ」に悩んでいる20代〜30代の方は少なくありません。なかなか治らないのも厄介です。ですが漢方は、身体の内側から働きかけ体質の改善をしていくので、ニキビができにくい肌へ変わっていきます。

【頻尿】オシッコの悩みありませんか?

日中頻繁にトイレに駆け込むため仕事に支障が出てしまう、夜中に何度も起きてトイレに…そのせいで熟睡できず疲れが取れない、、そんな状態になってはいませんか?普段の生活習慣や食事に気を配る事により身体の機能を保ち、頻尿を予防・改善することが重要となりますが、それでも改善しない場合には、なつめ薬局の漢方薬を試してみませんか?

うつの薬から脱却!漢方で回避できる

「朝起きるのがつらくて学校や仕事に行けない」「やる気が起きなくて食欲も出ない」などの症状があり、心療内科やクリニックを受診してみようか悩んでいる人は多いでしょう。一方、心療内科やクリニックを受診してもなかなか症状が改善されず、薬の量が増えていき悪循環の輪の中から抜け出せない、いわゆる薬漬けになってしまったという声も多く聞かれます。ここでは、うつの薬の副作用や問題点について解説しながら、漢方による考え方と効果についてご紹介します。

お肌のニキビ・吹出物はあなたの内臓が原因かもしれません

「皮膚は内臓の鏡」と言う言葉を聞いたことはありますか?ニキビに対しては身体の内側からの改善が不可欠なのです。そしてどれだけ生活習慣に気をつけていても、ニキビ・吹出物が治らない方がいます。そんなときは漢方の出番です。

コメントは締め切りました