ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

30代後半・40代からの【不妊治療】

30代後半・40代からの【不妊治療】

head0024

札幌の漢方専門 なつめ薬局の阿部です(^^♪

暖かくなったせいか、

不妊漢方治療の相談が非常に増えています。

ただでさえ、漢方専門 なつめ薬局は不妊相談が多く、現在、妊娠中の方が、たくさんいます。その方々の状態把握も疎かにはできませんので、

新規の不妊漢方治療を受け入れるのが難しい状態です。

 

さて、

最近の不妊漢方相談の方々が口をそろえて言うのが、

年齢の事があるので焦ってます。手遅れですか?もう無理ですか?何とかなりませんか?

とおっしゃることです。

多少の語句の違いはありますが、このようなニュアンスの事を皆さんおっしゃいます。

いろいろな情報を目にして、焦りを感じているようですね。

結論から言うと、

何とかなります!が、自分と向き合い、素直に受け入れ、変わる行動が必要です!

妊娠出産は確かに年齢の影響を受けます。それは確かです。

ですが、

卵巣年齢・子宮年齢をはじめ、体内環境年齢は取り組み次第です。その取り組みを間違わなければ大丈夫です。

 

その取り組みを間違わない、というのがポイントなんですね。

皆さんが良かれと思ってやっていることがマイナスになっている、

なんて事がよくあります・・・

私たち、札幌の漢方専門 なつめ薬局は、あなたが妊娠・出産・産後まで、生活習慣や環境整備のアドバイスをしています。

・あなたの生活習慣・環境の中に、妊娠力を低下させる何かがあるかもしれないと向き合ってください。

・あなたの生活習慣・環境は、あなたの妊娠力を低下させる事だとお伝えしたことは素直に受け入れてください。

・あなたが妊娠・出産するために、私たちが提案した事は実践してください。

あなたの状態に応じた正しい取り組みと、

体質改善のオーダーメイド漢方薬を服用することで、

妊娠・出産は可能なのです。

さて、

不妊漢方治療の相談ですが、

ご新規の方で受け入れ可能なのは、

現在のところ、あと5組ほどが限界です><

すみませんm(__)m

ですので、すぐに、ご新規受け入れストップになると思います。

ですが、

札幌・漢方のなつめ薬局のブログをご覧いただいた方はなんとか優先できるようにしたいと考えております。

ですので、お問い合わせの際に

「ブログを見て、不妊漢方治療をうけたい」

と、お伝えください!!

優先的に受け入れが出来るように努力します(^^)

努力してもどうにもならないケースもありますので、その際はご容赦くださいね(^_^;)

【頭痛と漢方/札幌】つらい頭痛のタイプや原因はなに?どう対処したらよいのでしょう

頭痛はだれもが一度は経験のある症状ではないでしょうか。頭痛には、大きく分けて一次性頭痛と二次性頭痛の2種類があります。いわゆる「頭痛持ち」といわれるのが、一次性頭痛。原因となる病気が見つからず、日常的に頭痛をくり返す慢性頭痛です。頭が痛くなる原因はさまざまです。自分の頭痛のタイプを理解しておくことは、予防や対処に役立ちますよ。

一番妊娠しやすいタイミングは【排卵日】。というのは間違いです。

「排卵日」が妊娠できない日、というわけではありませんが、もっとよいタイミングがありますよ。

【慢性疲労症候群と漢方/札幌】慢性疲労・だるさ・倦怠感に抗うつ剤は有効か?

何となくだるい、やる気が出ないなど、明らかな病気はないけれど疲れが抜けず仕事や学校に行きたくない、という事はありませんか。実は、この疲れ・疲労感・倦怠感は、私たちに「休息が必要」だとか、「体に異常がある」という事を教えてくれる重要なサインであり、そのまま放置すると取り返しのつかない重大事になる恐れすらあります。病院受診・検査を受けても問題が見られない場合は心療内科・精神科などを勧められ安定剤や抗うつ薬を処方されるのですが、これらの薬では残念ながら改善しない事が多いようです。

【葉酸】が【妊娠】の可能性を上げる?

あなたが赤ちゃんを望んでいるのであれば、きっと【葉酸】という名前を聞いたとこがあると思います。現在厚生労働省は妊娠を計画している女性に対して1日0.4mg以上の摂取を勧めています。今回はこの【葉酸】と【環境ホルモン】と【不妊】についてのお話です。

【膀胱炎と漢方/札幌】繰り返す膀胱炎に有効な手段とは?

排尿トラブルは膀胱炎の恐れがあり、そのまま放置すると腎盂炎という腎臓の病気になることもあります。さらに悪化すると透析になる場合があります。膀胱炎の治療には、抗生物質や抗菌剤などが使われますが、膀胱炎を繰り返す人、抗生物質が効かない人は身体の防御機能を高める必要があります。生活習慣の見直しとともに有効な手段として漢方薬がありますよ。

妊娠中に漢方は飲んでもいいのでしょうか?

妊娠中の漢方服用を心配される方もいますが、身体の状態に応じて漢方を選べば問題はありません。むしろ流産を防いだり、つわりを軽減したり、出産後のお肌や髪の毛のラブルが防げたりとよいことだらけです。とはいっても、妊娠中に注意が必要な漢方薬もあります。なつめ薬局では一人ひとりの状況に応じた細かいアドバイスも行いながら、出産にむけてサポートしていきます。妊娠をお考えの方は、ご相談ください。

【起立性調節障害】のメカニズム

【起立性調節障害】は、血圧を正常にコントロールできないという血液の循環機能障害です。一方で、起立性調節障害に使用するお薬というのは多くありません。血圧に焦点を当てた薬ばかりで、しかも効果は残念ながらイマイチなんです。起立性調節障害は、病院では理解されにくく、治療方法も少ない為、昔から漢方治療を選択する人が多かった病気です。起立性調節障害でお悩みであれば、私たち漢方専門なつめ薬局に相談するというのも選択肢の一つですよ!

先天的な理由で不妊症・不育症・流産になる方はほとんどいない。

「赤ちゃんが欲しいと思ってから、初めて自分が不妊症だと気がつきました。」という方、多いです。妊娠によいと思っているその取り組みがあなたには合っていないかもしれません。

43歳女性の妊娠報告。

43才の女性で、なつめ薬局のオーダーメイド漢方で治療を始めて1年くらいになる方ですが、先日、妊娠の報告をいただきました!!漢方治療は、「不妊かも??」と思った時点からすぐに始めた方がいいんです。自然妊娠の確立が高くなりますし高度生殖医療の成果も期待できるんです。

マグロを食べると妊娠率アップ!?

今回はマグロを食べると体外受精の治療成績が上がる!というお話です。「マグロで妊娠率アップ!?」「え?どういうこと??」…

コメントは締め切りました