ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

子供が欲しい方は【PMS】改善が必要です

子供が欲しい方は【PMS】改善が必要です

head0012

札幌・漢方専門なつめ薬局の阿部です。

 

先日、不妊症の漢方相談にいらした方がいます。

ここでは、仮にSさんとします。

 

Sさんに、生理の状態をお伺いしたところ、

「普通の生理です」

とお答えになったのですが、

詳しく確認していくと、

「生理周期が遅れがち」

「生理痛がある」

「気持ちが不安定になる」

「経血の色が暗く、塊が混ざる」

という状態でした・・・

 

Sさん・・・

全然普通じゃありませんよ!!

と、突っ込んでしまいました(^_^;)

 

このような生理状態では、

妊娠は難しいですし、

妊娠できたとしても流産する恐れがあります。

 

最近はPMS(生理前症候群)という言葉もあり、

生理は上の赤文字のような症状があるのが当たり前と思っている方がいるようですが、

まったくそんなことはありません。

 

生理は、

「周期は規則的」

「生理痛はない、あっても軽度で違和感程度」

「気持は安定している」

「経血の色は普通の血よりは濃い色だけれど塊は無い」

のが普通なんです(^_^)

 

Sさんは、

妊娠する為に重大な役割を持っている「ある物」の状態が著しく悪いので、生理状態も悪い。

という状況ですので、

まずは、妊娠する為に重大な役割を持っている「ある物」の状態改善を進めていきます。

そこが改善できれば、妊娠はぐっとしやすくなりますので、これからが楽しみですね!

 

Sさん、がんばりましょう(^_^)/

 

こちらもご覧ください→【不妊症・不育症・流産でお悩みの方へ】

 

ご予約・お問い合わせ

お電話:011-206-9759

お電話の際は、

「ホームページを見ました。漢方相談がしたいので、予約をお願いします。」

と、言っていただけるとスムーズです。

下部の問い合わせフォームからは、24時間受け付けております。ご返信は翌営業時となりますので、ご了承ください。

なお、携帯電話のメールアドレスをご記入なされた場合、漢方専門なつめ薬局からの返信が届かない場合がございます。その際は、ご記入いただいたお電話番号へ連絡させていただきます。

葉酸は取り過ぎても胎児異常になりますよ

妊娠前・妊娠中に葉酸を取ろう!というのは今や常識になりつつありますが、葉酸を取り過ぎると胎児に先天性異常が現れる事は、あまり知られていないようです。妊娠に向けて、葉酸のことをいろいろ調べている方も多いと思います。ぜひご参考にしてください。

【口臭】口臭の原因は口の中だけではない!口臭と心の意外な関係とは。

患者様のご相談を受けていると、ストレスとの関わりがとても多くて深いと感じることが多いです。口臭や自臭症の場合もそうですが、心の影響が口臭や自臭症に繋がってしまいますし、反対に口臭や自臭症が気になると落ち込みやすくなったり不安を感じやすくなってしまいます。心と体は繋がっているということを患者様のご相談を受けながら毎日ひしひしと感じています。では、心と口臭や自臭症はどのように関わっていくのでしょう。ちょっと知りたくありませんか?

【不妊漢方相談】39歳女性の出産報告

40歳を目前にした女性が不妊症の漢方相談にきました。その方は、それまで病院の漢方や他局の漢方を服用し不妊治療していました。漢方服用歴はその時点で4年にのぼります。不妊相談ですが、今回用意したのは不妊に使う漢方ではありません。それでもその方は妊娠し、無事出産までたどり着きました。

漢方で治った!抑うつ症状が改善

「朝起きられない」「学校や会社に行けない」「夜眠れない」「やる気が起きない」「気分が落ち込みやすい」など、こころの不調はSOSのサインです。気づいたときは早めに相談したり対処したりすることが大切です。心療内科やメンタルクリニックを受診するほどではないけれど、こころの不調を感じている、そんな方は1人ひとりの状態を丁寧に聞きとり、自身のチカラを引き出してくれる漢方による治療法を提供してくれる漢方専門の薬局に相談してみませんか?

【妊活中】の【食事】を考えるために。

妊活相談をお受けする際に重要視している事があります。それは食事についてです。そして、食事内容を考える際に重要になるのが、「痩せているのか?太っているのか?」ということです。

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?という記事はすでにお読みになりましたか?この記事で着床不全や不育症改善にはビタミンDが大切というお話をしましたが、今回も【ビタミンD】についてのお話です。

【アトピーと漢方/札幌】アトピー性皮膚炎とは?漢方を活用してステロイド治療の無限ループから抜け出そう

かゆみや皮ふの状態がつらいアトピー性皮膚炎。患者数は増加し続けており、厚生労働省の調査によると、2017年の日本国内における患者総数は51万人を超えるということです。症状や治療法にはどのようなものがあるのでしょうか。また、漢方におけるアトピー性皮膚炎についての考え方もご紹介します。

漢方 を使って一人ひとりの体質に応じた うつ病 ・ うつ症状の治療を

メンタルの病気は、西洋薬による薬物療法やカウンセリングなどを中心に治療が進められていくことが多いのですが、漢方も選択肢のひとつです。しかし、病院で処方される漢方と、東洋医学の理論で処方される漢方では異なる点があります。漢方の本来の使い方をみていきましょう。

目に見えることだけが【成果】ではないんです。

何年間も生理不順や不正出血で悩んでおり、婦人科の検査では原因が見つからず、赤ちゃんが欲しいけれど、できなかったので何とかしたい、ということで、札幌・漢方専門なつめ薬局に漢方相談にいらした方が、昨年末に出産なさいました。目に見える成果がなかなか無い中で続けるのは大変ですが、自分が信じた取り組みをしっかり続けることが大切です。

【掌蹠膿疱症】人の視線を気にせず過ごせる手のひら、取り戻しませんか?

長年、掌蹠膿疱症に悩まされていた現在治療中のお一人も、手の平は全体的に膿疱が潰れ、皮膚がボロボロに剥けてしまっている状態でしたが、対症療法じゃ駄目だと考え、漢方薬で体質改善をして治したい!と来局されました。1年半、病院の治療と共になつめ薬局の本格的な煎じの漢方薬を続けて頂いた結果、今は膿疱があった跡も見当たりません!

コメントは締め切りました