ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

大豆食品は【出産率】を上げるのか?

大豆食品は【出産率】を上げるのか?

head0064

漢方専門 なつめ薬局の薬局長藤本です。

 

あなたは【環境ホルモン】という言葉を聞いたことはありますか?

 

【内分泌かく乱物質】と呼ばれ「動物の生体内に取り込まれた場合に、本来その生体内で営まれている正常なホルモン作用に影響を与える外因性の物質」と定義されていますが…

 その中の一つ、ビスフェノールA(BPA)に曝される量が多くなるほど精子数や性ホルモンレベルが低くなる事がわかっています。

BPAはポリカーボネートやエポキシ樹脂と呼ばれるプラスチックの原料となっています。例えば

食器や容器

缶詰や飲料缶のコーティング

汁椀や箸の塗装

など私たちの身近で多く使用される物にも含まれています。

 

アメリカのハーバード大の研究では、大豆食品がこの環境ホルモンであるビスフェノールA(BPA)の不妊治療成績へのマイナスの影響が緩和されるという結果が出ています。

体外受精に臨む女性の尿を調べたところ

大豆食品をあまり食べない女性 → 尿中のBPA濃度が高くなるほど出産率が低下した

大豆食品をよく食べる女性 → 尿中のBPA濃度が高くなっても出産率は低下しなかった

つまり、環境ホルモンBPAに曝される量が多くなっても、大豆食品を多く摂取する女性はその影響を受けにくいのです。

かといって、大豆製品ばかりをたくさん取ればよいのかというとそうではありません。

  1. 毎日豆乳を400mL飲んだ女性
  2. 豆乳を飲まなかった女性

 

上記A・Bを比較した日本の研究ではAの豆乳を飲んだ女性の方がエストラジオール(E2)の数値が低下したという別の研究結果も出ているのです。

 

エストラジオール(E2)は女性ホルモンであるエストロゲンの中で最も強い卵胞ホルモン作用をもち、卵巣機能の調節や卵胞発育、子宮内膜増殖に関わっています。

この、本来卵巣から分泌されるべき女性ホルモンが少なくなり、結果月経周期が長くなってしまったのです。

 

つまり、大豆食品は、環境ホルモンの影響から私たちを守ってくれる。しかし、極端に摂取するのはかえって悪影響を及ぼす。

何事も適量が大切である、ということですね。

 

 

現在の我が国ではきちんと規制されているので、私達がBPAに曝される量は減っています。が、0になったわけではもちろんありません。

BPAがヒトの尿中から検出され、それが出産率の低下につながっているという研究結果が示されている以上、例え曝される量が以前より少なくなったとはいえ、なつめ薬局ではその影響を軽視できないと考えております。

 

不妊に悩んでいる方は、まずバランス良く色々な種類の食品を摂って様々な栄養素を身体に取り入れてあげてください。偏った栄養素では偏った身体しかできません。

そのうえで、適度に大豆食品を摂り入れて、環境ホルモンの影響から身を守っていってください。

 

大豆食品もしっかり摂っているんだけど…食事も気をつけているんだけど中々赤ちゃんを授からないとお悩みの方。

あなたの身体にはもうひと押しが必要です。そのひと押しには体質を改善できる力を持っている漢方薬が最適です。

妊娠・出産に備えた身体を作り早く元気な赤ちゃんを授かるんだと決意された方は、漢方専門 なつめ薬局へご連絡ください。

相談枠には限りがありますので、ご希望の日時があるようならお早めにどうぞ。

【多嚢胞性卵巣と漢方/札幌】不妊の原因となる多嚢胞性卵巣とは?

女性の20人に1人はなっているといわれる多嚢胞性卵巣。排卵がうまくいかないため不妊の原因の一つです。超音波検査をして多嚢胞性卵巣だといわれた方もいるのではないでしょうか。多嚢胞性卵巣とはどういう状態なのか、治療にはどういったものがあるのかについてご紹介します。

【不妊漢方相談】39歳女性の出産報告

40歳を目前にした女性が不妊症の漢方相談にきました。その方は、それまで病院の漢方や他局の漢方を服用し不妊治療していました。漢方服用歴はその時点で4年にのぼります。不妊相談ですが、今回用意したのは不妊に使う漢方ではありません。それでもその方は妊娠し、無事出産までたどり着きました。

【起立性調節障害】の【改善】に必要な5つのポイント

【起立性調節障害】に限った話ではありませんが、人が何かの症状を改善しようとする時には、必ず生活習慣や環境を見直す必要があります。私たち、【札幌】の【漢方専門なつめ薬局】では、【漢方薬】を用意するだけではなく、あなたに合った生活習慣や置かれている環境などの改善の提案も必要と考えています。その5つのポイントとは?

不妊症・不育症・流産に関わる「ある物」の存在。

私たちが不妊症・不育症・流産の相談を受けるとき、身体の様子を様々うかがっていきますが、そんな中でも特に重要視している「ある物」があります。不妊症・不育症・流産の方は、その「ある物」にトラブルがあります。この「ある物」は、検査はできるのですが、現在の検査技術ではトラブルを見つけられないことが多いです。この「ある物」の状態に応じて、札幌・漢方専門なつめ薬局では、あなた用の漢方薬をオーダーメイドで製造して、お渡しします。

繰り返す下痢・便秘・腹痛は過敏性腸症候群(IBS)かも?そのお悩み、漢方治療で改善

過敏性腸症候群は、腸の炎症や腫瘍がないにも関わらず、下痢や便秘、腹痛、お腹にガスが溜まるなどの便通異常を慢性的に繰り返します。症状が悪化するとトイレが不安で外出が難しいなど生活にも影響が出てきます。原因は主にストレスだといわれていますが明確にはわかっていません。原因は分からなくても漢方では乱れた身体のバランスを整えて症状を改善します。

漢方医学の基本 陰陽五行論と五行色体表から心身の不調の原因と対処方法を知る

今回から、漢方・中医学を学ぶためのブログを始めます。第1回目は漢方・中医学の基本「陰陽五行論」です。五行色体表という便利な表の使い方を学びます。

【 うつ病 と 漢方 / 札幌 】うつ病を改善するために必要な取り組みとは。

「最近、やる気がでない」「何をするのもおっくうに感じる」「昔ほど趣味が楽しめなくなった」こういった症状が出ていたら、もしかしたらうつ病かもしれません。うつ病は、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、ゆううつな気分や意欲の低下といった状態が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状をともなうことも珍しくありません。今回はうつ病の原因や治療について、そして漢方で期待できることをみていきましょう。

一番妊娠しやすいタイミングは【排卵日】。というのは間違いです。

「排卵日」が妊娠できない日、というわけではありませんが、もっとよいタイミングがありますよ。

【耳鳴り】放置しておくと、もっと辛い症状が待っていますよ。

軽いのも含めたら、耳鳴りを経験されたことのある方は多いのではないでしょうか。耳鳴りがしている間、他の人の話し声が聞こえにくかったり、耳鳴りが気になって眠れなくなったり、いつまで続くのか不安で気持ちも落ち込みとても辛いですよね。でも漢方薬は耳鳴りにも効果を発揮するんです。

コメントは締め切りました