ホーム / なつめさんの為になる漢方ブログ /

卵子の老化を進める皆がしている習慣とは

卵子の老化を進める皆がしている習慣とは

head0062

漢方専門 なつめ薬局の薬局長藤本です。

 

あなたはメラトニンという卵子の老化に関係しているホルモンをご存知ですか?

日本において、メラトニンが卵子にどう影響を及ぼすか というマウスを使った研究で、メラトニンは卵子の数や質の低下を遅らせる働きをしている、という結果が出ております。

 

メラトニンは卵子のアンチエイジングに役立っている

実験を簡単にお伝えすると

  1. メラトニンを添加した水を摂取させたマウス
  2. 水だけを与えたマウス

 

上記A、Bを同齢のマウスで比較すると、Aのメラトニンを含んだ水を飲んだマウスの方が

  • 卵子の数が多い
  • 体外受精の治療成績も良好
  • 抗酸化作用・長寿遺伝子発現量も増加

していました。

メラトニンそのものが抗酸化物質として働いて卵子の老化を遅らせているだけでなく、細胞の寿命にも影響を与え、結果として卵子の数や質の低下を遅らせているのです。

それは是非とも沢山分泌してもらいたいですよね。

 

では、メラトニンとは何なのか?どうすれば増えるのか?と言うと

 

主に脳の松果体という部分から分泌されるホルモンです。メラトニンは体内時計に働きかけ、睡眠と覚醒に大きくかかわっているホルモンですが、主に光によって以下のように調節されています。

  • 明るくなると分泌量が減少
  • 暗くなると分泌量が増加

 

つまり明るい電気の光の中、夜更かしをしているとメラトニンの分泌量が減少してしまうのです。

 

更に注意しなければいけない物は、スマホやタブレット、パソコンの液晶画面から出る脳を刺激してしまう「ブルーライト」。

夜にブルーライトを浴びることにより、脳が昼間と勘違いしてメラトニンの分泌量を減らしてしまうのです。

明るい部屋で毎日のように夜更かし

寝る直前までパソコンやタブレットの画面と向き合っている

ベッドにまでスマホを持ち込んで寝付くまでいじっている

そんな習慣のある方は要注意です。その毎日の光の環境があなたの卵子の減少や老化に影響を及ぼしている可能性が大きいのです。

 

あなたが不妊に悩んでいて、卵子の数の減少や質の低下を少しでも遅らせたいのであれば、夜、寝る前にはパソコン・タブレット・スマートフォンの画面から離れることをお勧めします。

そして寝る1時間前には部屋を暗めにしたり、暖色系の照明や間接照明に切り替えてください。そして日付が変わる前には眠りにつくようにしてください。

そうすれば、夜にメラトニンがしっかり分泌され卵子のアンチエイジングが出来ます。

 

ただ、メラトニンは加齢とともに分泌量が低下していくものです。

生活改善でメラトニンを分泌させて、今より卵子のアンチエイジングは出来ても、やはり老化は進んでいきます。

卵子の減少や老化が進む前に、早く元気な赤ちゃんを授かりたい。その為に漢方薬で妊娠・出産に備えた身体を作るんだという方は、漢方専門 なつめ薬局へご連絡ください。

相談枠には限りがありますので、ご希望の日時があるようならお早めにどうぞ。

【口臭】あなたの知らない口臭の原因とは。

「口が臭いよって指摘されて傷ついた。」「話し相手が口を押さえたのがショックだった。」最近、上記のようなお辛い思いを抱えて来局されている方が増えています。「口臭があることで相手に不快な思いをさせているのではないか。」「臭いが気になるから行動も自分で制限してしまう。」この様に、症状に加えてストレスを感じている方は少なくありません。ストレスが口臭の原因になる。口臭を気にして更にストレスが溜まるという悪循環のループにはまっていくのです。

【不眠と漢方/札幌】リモートワークで増えている不眠を解消しよう!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で一般的になりつつあるリモートワークですが、続けているうちに体に不調を感じたという方もいるのではないでしょうか。リモートワークが原因で睡眠障害に悩まされている人も少なくありません。その原因と漢方での不眠についてのお話です。

1生理周期の中で妊娠する日としない日と。

「そもそも妊娠する日としない日はいつなの?」案外、知られていないようですが、これを知るだけでも妊娠確率は上がるかもしれません。

【妊活と漢方/札幌】食べる油の種類で妊娠のしやすさは変わるのか?取るべき油と避けたい油

妊娠・出産を希望している方の中には、食事に気をつかっている方も多いと思います。今回は、食の中でも油に注目して、科学的に研究された妊娠率との関連を紹介します。摂りたい油、避けたい油、あります。あなたはどんな油を摂っていますか?

【掌蹠膿疱症と漢方/札幌】掌蹠膿疱症に漢方薬が効果的である理由とは?

掌蹠膿疱症の患者さんの7-8割は原因が不明と言われています。病院治療で一般的な塗り薬による治療(ステロイド軟膏など)、紫外線療法で効果が期待できる場合もありますが、いずれも病院の治療は対処療法でしかありません。掌蹠膿疱症の症状が起きているということは、皮膚だけでなく体のどこかに問題が生じているということだからです。

【保険適用】の漢方で、あなたは治りましたか?

病院で漢方薬を処方してもらった経験がある方も数多くいらっしゃるかと思います。しかし、病院で使える漢方薬には「保険適用」という縛りがあるんです。つまり使える漢方薬の種類が少ないということ。あなたに合った漢方ではないかもしれません。

くりかえす皮むけ「落屑(らくせつ)」、なかなか治らないアトピー性皮膚炎に漢方は効く?

秋から冬にかけて乾燥が強くなると、皮膚がパラパラと剥け落ちる落屑がより気になってくるというアトピー性皮膚炎の方も多いと思います。漢方は乱れた体内のバランスを整えて体質を改善するので、繰り返す落屑でなかなか治らない皮膚の根本的な回復に繋がります。

出産報告を続々といただいております(^^)

札幌のなつめ薬局に漢方不妊相談にいらっしゃる方は、基本的には不妊症の方で、病院治療で結果の出なかった方々が多いです。つまり妊娠確率の相当低い方々ばかりが集まっているんです。そんな中の出産ラッシュ!本当にうれしいです!!

あなたは赤ちゃんをあきらめて白いお肌を取りますか?

【着床不全】・【不育症】の改善に必要な栄養素とは?という記事はすでにお読みになりましたか?この記事で着床不全や不育症改善にはビタミンDが大切というお話をしましたが、今回も【ビタミンD】についてのお話です。

【慢性疲労症候群と漢方/札幌】慢性疲労・だるさ・倦怠感に抗うつ剤は有効か?

何となくだるい、やる気が出ないなど、明らかな病気はないけれど疲れが抜けず仕事や学校に行きたくない、という事はありませんか。実は、この疲れ・疲労感・倦怠感は、私たちに「休息が必要」だとか、「体に異常がある」という事を教えてくれる重要なサインであり、そのまま放置すると取り返しのつかない重大事になる恐れすらあります。病院受診・検査を受けても問題が見られない場合は心療内科・精神科などを勧められ安定剤や抗うつ薬を処方されるのですが、これらの薬では残念ながら改善しない事が多いようです。

コメントは締め切りました